フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 結婚「しない」から「できない」へ | トップページ | 今日の晩飯は「おでん」で »

2011年11月28日 (月)

ハシズム、維新の会当選の雑感

その昔、自民党総裁選で大平に敗れた福田赳夫が「民の声は天の声というが、天の声にも変な声もたまにはあるな」ホーホー、(この口癖を知っている人も少なくなったでしょうな)と語ったと言う。

そもそも民の声が天の声と言うほど正しい判断をしてきたか?という気がせんでもないけれど。
最近の天の声はずーっと「変な声」のオンパレード。政権交代を果たせたと思って喜んでいれば。政権与党のジャガーチェンジか先祖がえりか。50年間続いた政党と結局、なんら変わり映えしないのでして。国民の淡い期待をぬか喜びに変えてくれるのです。

特に首長選挙ではそんな傾向が顕著でして、「テレビに出てる人」が当選してしまうという相変わらずの情けなさ。今回もご多分に漏れず、大阪W選挙でハシズム徹・維新の会が「予想通り」当選してしまった。今の政治に必要なのは独裁です、とうそぶくその手法は、民意を得た選良たる俺様が決めたことに逆らうものは許さん、というファシズムそのもの。それが今の政治でできるのかと言う向きもあろうかと。だがしかし、地方の首長はそれができてしまうから怖いのですな。大阪都なんてどうでも良いけれど、行政の無駄だというのなら、府庁舎移転で1200億円の損害を出すのは無駄だと言わないのか。

教育基本条例では、教育に行政が立ち入るという戦前、戦中体制の愚を繰り返そうということなのか。教育とは、知識を詰め込むものではなく「自分の頭で考える」ことのできる人材を育てていくことだ、と私は思っているけれど、ハシズムのそれは、教育とは言わず「洗脳」と言っても差し支えないほど。一方、教職員には日の丸君が代強制起立を求め、お上に逆らってはなんねえだ、というセンセから教えを受けた「従順でおとなしい」ニッポン国民を大量生産するのが目的なのでしょ。

ハシズムも週刊誌から出自や何だかを攻撃されていました。それが事実だとすれば。幼少のころから色んなことがあった人は、負けてたまるか、と頑張ってきた人ではないかと思います。それは大変だったろうし、立派だとは思うけれども。弁護士になって、テレビに出て、お金が稼げて、挙句、為政者にまで登りつめるという、そんな成功体験を持つ人はほんの一握りです。案外そんな人間が社会弱者に厳しい目を持ったりする。「今のニッポンはすべて自己責任です」と言い放ち、社会保障とか福祉の予算は出したくない。その代わり第二名神だとか御堂筋ライトアップだとか(原発の電力を使ってライトアップしてたのかよ)そんなものには金を惜しまなかったり。

「頑張らない人に使う税金はない」などとという政治家がいかに多いか。派遣村の時、石原東京都ジジイが「職を紹介しても、あれが嫌これが嫌と言う。人生の姿勢として如何なものか」とノタマッテいました。アンタに人生の姿勢を云々されるいわれはないけれどね。一方で、そう言いながら「派遣なんていう安易な仕事を選んだくせに、首を切られたとしても、そんなものは自己責任だ」と、そんな風潮の著しい自家撞着、右傾化ニッポン。

頑張って、みんなそんな風になれるのなら、大阪中ハシモトトオルだらけですわな(笑)。サッカーのジーコが、将来サッカー選手になるにはどうすればいいか?と聞かれ、即座に「まず才能が必要だ」と答えたそうです。
そんな、アラレもない、と言えばそうだけれど。頑張ることや努力することは大切だし、必要だとは思うけれど、努力しても頑張っても報われないことは、世の中にゴマンとあるという現実でしょ。みんながプロ野球選手やプロのサッカー選手に成れないのは分かりきったことです。

つまり、上手くいかなかった人に対する救いの手と言うか、セーフティネットの拡充をしていくのが為政者の務めだと思うけれど、このハシゲなんかはそんな優しい眼差しはこれっぽちも持ち合わせていないことは、4年間の府知事時代に証明済みです。

「子どもが笑う大阪、と言うのは君たちが笑うことではない」と高校私学助成金削減で対話した高校生たちとの議論でうそぶいたのですから。挙句「そうしたいのなら、あなたが知事になってすれば良い」と勝ち誇ったように言い、高校生から「それは私の仕事ではない」言い返されてしまうのです。私たちには学ぶ権利があるという高校生に「中学まではある」と義務教育と教育を受ける「権利」の違いも分からない、なんちゃって弁護士の人間が為政者の大阪は、この先、何処へでも行ってしまうのでしょうな。

参考:everyone says I love youhttp://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/3e562ceb8beb7cca8424c65067df5080

« 結婚「しない」から「できない」へ | トップページ | 今日の晩飯は「おでん」で »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

 まあ、当然の帰結でしょう。橋下は結局成り上がりたいだけなんですよ。ハゲの東なんとかがいい反面教師です。アイツは今はすっかりカネのない浪人生で文字通り金策に「走り回って」いますからw。大阪を子飼いとでたらい回しするのはプーチンとメドヴェージェフの関係に倣ったのかもしれませんね。知事から市長へは一見ダウンストリームですが、知事にはしっかり子飼いが当選しているし。

 今ごろ橋下はどんな大物議員がやってくるかいなと舌なめずりしているでしょう。ムカつきますが。
 

junk_in_the_box さん。
なるほど、大阪をたらい回しにするその手法はロシアに習ったんですか。松井一郎(しかしなんという名前だろうか)がメドベージェフで、ハシズムがプーチン。ハシズムは「ラスプーチン」と言った方が良いかもしれませんねw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/53354351

この記事へのトラックバック一覧です: ハシズム、維新の会当選の雑感:

» 20111128(月)記 大阪ダブル選挙で政治の対決点が更に明確になった!!  [ブログ blog で 情報交換]
転成仁語http://igajin.blog.so-net.ne.jp/11月2 [続きを読む]

» 大阪秋の陣、維新の会が勝利 [虎哲徒然日記]
大阪府知事・大阪市長のダブル選は27日投開票され、市長選は大阪維新の会代表で前知事、橋下徹氏(42)が、現職の平松邦夫氏(63)=民主府連支援、自民府連支持=を破り、 ... [続きを読む]

« 結婚「しない」から「できない」へ | トップページ | 今日の晩飯は「おでん」で »