フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« おこがましいにもほどがある | トップページ | いま何とかしなければならないのはハシズム(橋下イズム)だろう »

2011年10月17日 (月)

“最強トップバッター”真弓さん、お疲れ様でした

ブログのテンプレートを変えてみました。ま、それだけのことですが。

久々に阪神ネタ。今年は4位に終わったそうで、残念でした。かと言って、熱心に見ていたわけではないので、熱烈なトラキチからはお叱りを受けるだろうけれど。で、そんなチームの不振の責任を取らされる格好で真弓監督が解任?辞任?ま、どちらにしても詰め腹を切らされたのでしょうか。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111017-850931.html

日刊スポーツ

真弓明信監督(58)が、今季限りで辞任することが16日に決定した。広島戦の試合前に3位巨人が中日に勝利してCS進出が消滅。2-0で勝利した広島戦後、真弓監督は「それなりの戦力をあずかっていて、結果が出せなかったということです」と話した。

 南社長によると、7日の横浜戦後に、横浜市内のホテルで会談し辞任を申し入れられたという。同日は南社長も今後の去就を話し合う予定でおり「あうんの呼吸で、監督の方から察していただいた」

あうんの呼吸って、外堀を埋めてきたんでしょうが。
「それなりの戦力を預かっていて・・」と、真弓さんの言葉ですが、「それなり」で思い出したけれど、昔のフィルムのCMで「美しい方はより美しく、そうでない方は・・」「そうでない方は?」「それなりに・・」「・・それなりに・・」というのがありました。つまり、「それなり」って、決して強力ではない、ということに繋がるのかな(笑)。今の選手はなんだか、こじんまりとしていて、ドーンとした、バーンというか、ガーッとしてない、と、かなり抽象的ですけれど(笑)、そんな魅力が不足しているような。

ともあれ、最近の阪神はこういう面でも「スマート」になってきたようです。昭和の頃はストーブリーグの王者で、在阪スポーツ紙では「阪神またもやお家騒動」なる活字が躍ったものでした。あれって、売れ行きが良かったんでしょうなあ。監督が後藤のクマさんだったり、村山さんだったり、金田(正泰)さんなど、あの頃は毎年ゴタゴタしてましたなあ。

考えますと、当時は人気なかったですね。大阪は阪神ファンという印象が強いのでしょうが、私の実感では85年に優勝するまではナベツネ軍の方がファンは多かったですね。10人いれば5人はジャイキチで、3人がトラキチっていう感じだったかなあ。あくまでも私感ですけれど。
甲子園でも閑古鳥鳴いてましたもの。それがいまや、屈指の人気球団ですからね。そのあたりがまた、判官びいきで偏屈な私の熱狂が高まらない点かもしれませんけれど。

追記

ゴミウリのナベツネがこの阪神タイガースの監督後任人事に横から口を差し挟んだようです。

http://npn.co.jp/article/detail/71115261/

巨人のナベツネこと渡辺恒雄球団会長(85)が余計なコメントを発したため、阪神・坂井オーナーが困惑してしまったのだ。14日、ナベツネ会長は阪神の監督人事にふれ、「落合クンなら、阪神を強くできる。アレは名監督だから。坂井さんともこの話をしたんだけど、やっぱり巨人と阪神でがんばろうと。そうじゃなかったら、プロ野球がね、ドンドン、人気が落ちる一方だよ。やっぱり巨人、阪神ががんばってどっちかがいつも優勝に絡む、という状況じゃなかったらダメだよ」と熱弁を奮ったのだ。

この爺さん、三途の川をまだ渡っていなかったみたいで。いつものように他球団のことにアレコレ御託を並べているようです。
強欲な爺さんは、テメエのアナクロ球団だけに専念してれば、それでボケ防止になるんではないかと。

« おこがましいにもほどがある | トップページ | いま何とかしなければならないのはハシズム(橋下イズム)だろう »

ニュース」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

コメント

なめぴょん共和国名誉市民である真弓明信氏に心からの感謝と両手いっぱいのお疲れ様を贈ります。
監督就任時より主力が衰え始めてたのでビンボくじ引かされるの目に見えてました。
確かに【それなり】ですよね、この勝負弱さw
打率もHRも打点もぜんぜんあてにならない、だって二線級のピッチャーを弱い者いじめして稼いだ上げ底の数字なんだもん。

自分とこやツイッターでさんざん言ってますが、監督がもてはやされる風潮は間違ってます。
三流ビジネス書の組織論なんていらない。
だったらおれは目の前のプレイだけに反応するアホのど素人でいます。

そんで、暗黒の90年代だってけっこう楽しかったですよ。

お久しぶりです。
真弓さんと言えば、85年の広岡西武との日本シリーズ第一戦、先頭バッターとして三遊間(だったかな?)を痛烈に破るヒットを放ち、シリーズの趨勢を決定づけたのが、強烈な印象として残っています。
この戦力ではこの成績も仕方がないですね。

>監督がもてはやされる風潮は間違ってます。

おっしゃる通りです。監督とは、いかに選手のモチベーションを上げてやるか、そこでしょう。裏方さんだと思いますがね。すぐに○○阪神だとか、組閣だとか。うるせい、と言いたい時もありますなあ。
暗黒の90年代とおっしゃいますが、全く先が見なかった「ブラックホールの70年代」はマジで俺が生きている間に阪神優勝するんだろうか?と思っていましたもの。それに比べれば90年代は一度優勝を見た後ですから。逆に70年代の方が私の熱狂は、遥か彼方を超えていましたね。

 阪神はスタメンもけっこうベテランが多くて過渡期にあったと思うんですが、それでも監督は結果を出さなければ真っ先にクビ切られる立場ですからBクラスでは致し方なかったのでしょう。監督の采配よりも阪神の場合はフロントがフラフラすることが多く、現場がそれに振り回されてしまうのがダメ虎になる大きな要因なのかもしれません。

 そして、ナベツネ。本当に此奴は「今すぐにでも消えてくれ!」と声を大にして言いたいですよ。
○巨人 渡辺会長「横浜の買い手はモバゲー発言」
http://gendai.net/articles/view/sports/133233
 この記事にニトリとかの話もあったとかほざいてますが、そんなことありえません。ニトリは札幌に本社があり、ハンカチ王子がキャンプで練習している後ろにデカデカとニトリの文字があったくらいでファイターズにお金を出してます。去年まではJ2のコンサドーレ札幌の胸スポンサーでもあり、旧厚生年金会館の命名権を買い取ってニトリ文化ホールとしているくらいですから横浜ベイスターズを買い取るなんて話は与太話にすらなりません。記事上では株価に影響を与えないとも限らないとありますが、ナベツネ発言の影響で一時80円くらい(だったかな?)株価は下がってます。

 ナベツネは永久に日本プロ野球の悪性腫瘍です!!!!

>ナベツネは永久に日本プロ野球の悪性腫瘍です!!!!

「悪性腫瘍」が聞いたら、気を悪くしますよw

ナベツネは何の権利があって他球団のことに口出すんでしょうかねえ。ベイスターズの件でも「横浜はどこかに移った方が良い」とほざいていましたね。横浜がよそに移ればそれは「横浜」じゃなくなるっつーの。正力さん親子がアチラで待っているので早くイッテあげた方が良いかと思いますな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/53016004

この記事へのトラックバック一覧です: “最強トップバッター”真弓さん、お疲れ様でした:

« おこがましいにもほどがある | トップページ | いま何とかしなければならないのはハシズム(橋下イズム)だろう »