フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 野ダメ、TPP参加する意向 | トップページ | 福島原発の5・6号機の溜まり水を飲んだ、そうで »

2011年10月31日 (月)

TPPに関連しての「ある事情」― 備忘資料 (住友化学 モンサント)

ネットから得た情報、資料として保管しておく。

住友化学(PDF)

農作物保護(雑草防除)分野におけるモンサント社との長期的協力関係について

住友化学、および同社の米国での農薬開発・販売子会社であるベーラントUSA社は、このほど、米国の大手種子・バイオ・化学メーカーであるモンサント社との間で、農作物保護(雑草防除)分野における長期的な協力関係の構築について合意し、契約を締結いたしました。

この契約締結は2010年10月20日に発表された。
住友化学は経団連の米倉会長が会長を務めている。

次に、モンサント社の記述があったニュース。

Democracy Now!

ドイツのボンに集まった約80人のライトライブリフッド賞受賞者たち中に、カナダの農民パーシー・シュマイザーの姿がありました。受賞理由は、生物多様性と農民の権利を守るための勇気ある行動、すなわち巨大バイオ企業モンサントに対して戦いを挑んだダヴィデのような行動です。その発端は、隣家が育てていたモンサントの遺伝子組替えナタネの花粉が風で飛ばされシュマイザーの畑に混入し、50年かけて改良を重ねた自家開発の品種品種を汚染した事件でした。取り返しのつかない損失に打ちひしがれるシュマイザーに追い打ちをかけるように、モンサントは自社のGM種子を無断で栽培したとしてシュマイザーを特許侵害で訴え賠償金を要求したのです。あまりの理不尽と傲慢なやり方が彼を奮い立たせ、農民の権利のための戦いが始まりました。シュマイザー夫妻の戦いの記録を通じて、モンサント社と遺伝子組換え産業の危うさが浮き彫りになります。
(一部抜粋)

(太字は管理人による)

Democracy nowは動画あり。

« 野ダメ、TPP参加する意向 | トップページ | 福島原発の5・6号機の溜まり水を飲んだ、そうで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/53128640

この記事へのトラックバック一覧です: TPPに関連しての「ある事情」― 備忘資料 (住友化学 モンサント):

« 野ダメ、TPP参加する意向 | トップページ | 福島原発の5・6号機の溜まり水を飲んだ、そうで »