フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 波乱?今年のプロ野球ドラフト | トップページ | 野ダメ、TPP参加する意向 »

2011年10月29日 (土)

社会保障給付が過去最高? だからどうだというのか

社会保障給付費が過去最高だった、といってマスゴミがそのニュースを流すのは、そこに恣意的な何かがあるのではないかと、穿った見方をするのは天邪鬼なのでしょうか。

毎日jp

社会保障給付費:09年度、99兆円 6.1%増で過去最高

国立社会保障・人口問題研究所は28日、09年度の社会保障給付費が前年度比で6・1%増え、過去最高の99兆8507億円に達したと発表した。10年度は100兆円を超えているとみられる。年金が50兆円を突破するなど高齢者経費が伸びたのに加え、失業関連が倍増するなど現役世代向けの給付も増加したために全体が押し上げられ、95年度(7・0%)以来14年ぶりの高い伸び率となった。

 社会保障給付費は税金や保険料から年金や医療、介護などに支払われた総額。高齢者向け給付費は前年度比5・0%増の68兆6422億円だった。

 一方、厳しい雇用状況を反映し、失業手当や雇用調整助成金などの失業関連給付は前年度の1兆2482億円から2兆5243億円へと倍増した。現役向けの給付増により、全体に占める高齢者給付の割合は0・8ポイント減の68・7%となった。

 また、生活保護は3446億円(14・5%)増え、2兆7198億円だった。失業関連とともに比較可能な95年度以降、過去最高の伸び率となっている。

高齢化が進んでいるのは周知の事実だろうし、何をいまさら「過去最高」だと口幅ったく報道しなければいけないのだろうか。900兆円にも上る国の借金が有るにも拘らず、こんなにも社会保障に使っているんですよ、という当局の思惑をそのまま垂れ流しているに過ぎないのでは。国民に早く死んでくれと言わんばかり。必要な所に必要なだけ給付するのが、まるで悪いことが行われたように感じます。

そもそもこの09年度は、国民から預かった年金を、運用の拙さから10兆円も損失を出しています(※)。それに対して謝罪すらせず、のうのうと損失を出しましたと、へらへらしている連中に損害賠償請求したいくらい。しかも、年金という大事な資金を株式に投資するという、あのアメリカでさえやっていないことをしてやがるくせにです。

それにこの年は、リーマンショック後の派遣切りやリストラが横行した年。失業保険だとか雇用調整助成金など、それは大量に解雇したり、雇用確保のためという恫喝で、強欲経済優先のツケがもたらした「たまもの」だろう。強欲大企業がその増えた分を補てんして欲しいくらいです。
こうして今日も恣意的な財務当局の「税と社会保障の一体改革」などという、あざとい消費税増税下地作りの世論誘導作戦にせっせと邁進しているマスゴミということだと思いますね。

世界四季報参照

« 波乱?今年のプロ野球ドラフト | トップページ | 野ダメ、TPP参加する意向 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/53109016

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障給付が過去最高? だからどうだというのか:

« 波乱?今年のプロ野球ドラフト | トップページ | 野ダメ、TPP参加する意向 »