フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« NHK解約急増 2 | トップページ | 裁判所 「けんさつしょ」と ルビをふれ »

2011年9月30日 (金)

NHK解約急増 3

今日も前回の続きを書きます。

「契約の自由」などと云う法律用語をひっぱり出してきてグダグダ書いてまいりましたが、まかり間違っても、NHKを相手に裁判を起こそうなどと思ってはいけません(笑)。去年でしたか、札幌地裁で夫名義の受信契約を、妻が代理で行ったという、契約の無効云々を争った裁判がありましたが、一審の地裁ではNHKが負けましたが、その後の高裁はNHKの逆転勝利、そして最高裁では、視聴者側の控訴を棄却という門前払いを受けているそうです。

この国が「法治国家」などと云うのは幻想にすぎません。原発事故でも、それまでの被曝放射線量の許容量を大幅に増やしてしまい、それまでの規定を「無かったこと」してしまったわけでして。どこまで行っても、体制側がてめえ勝手に都合の良い法解釈と法律の運用をしていく独裁国家状態でして。このあいだの小沢氏秘書の裁判でも不当判決が出ていたようですね。

NHKに対してよからぬ感情を抱いている私のような人は、受信装置(テレビ)を設置しない、ということでしか、彼らに鉄槌を下せないような国家システムになっているようです。

まあ、NHKにはそんな裁判を起こしたり、強制執行を申し立てたりする暇があるんなら、スクランブルかけて放送を見れないようにした方が経費も掛からず良いんでないかい?と言いたいのですが、スクランブル化で、多くの人が視聴しないのではないか?という危惧を抱いているのか、スクランブル化など致しません、ということらしいです。「全国あまねく視聴できるという体制の維持と、お金を払った人とそうでない人との情報格差ができてしまいます。」などと、口幅ったくノタマッテいるようです。

私など、自分たちが制作する番組に対して、自信が無いからか?と思ってしまいますがね。

■みなさまのNHKは、受信契約者になんの断りもなくスカパーなどに勝手に番組を売っているのだろうか?

ところで、指摘したい問題点は他にもありまして。拙宅はCSのスカパーを有料で(当たり前ですが)視聴しています。スカパーを見ている方はご存知だと思いますが、スカパーの各チャンネルはNHKの過去のアーカイブ番組が溢れています。

大河ドラマは言うに及ばず、紀行番組、朝の連続小説、ドキュメンタリー、それにNHKが買い付けて吹き替えを行った海外ドラマ「シャーロックホームズ」「ポワロ」「ミスマープル」「名探偵モンク」・・etc。もうそれこそNHKがなければ夜も日も明けない、という状態です。

ここで大きな疑問があるのですね。つまり「みなさまのNHK」が「みなさまの視聴料」で制作した番組を、これらの放送局に販売しているのでしょうか?ということです。まさか、無償で再放送番組を提供している訳はなく。NHKがそんなお人好しであるならば、強制執行を申し立てるなどの行為は致しません(笑)。

一度は視聴者から頂いたお金で番組を制作しておきながら、それをまた、視聴者の了解を得ることもなく、勝手に再販しているということでしょうか?つまり、NHKと契約していて、さらにスカパーとも契約している世帯は、重複してお金を払わされている、ということになるのですね。

これって法的には問題ないかもしれませんが、非常に理不尽で、あまりにも酷いNHKの経営手法だと思うのでして。ありていに言えばペテン師的というか(笑)。私自身は契約していませんので、重複してお金を払っていませんが。だけど結局NHKに支払っていることになる訳でして。すごく悔しい(笑)。

・・と、長々と駄文を綴ってまいりました。まあ、簡単に言うと、私はNHKが嫌い、という結論ですか。
その他の民放も嫌いですがね(笑)。

« NHK解約急増 2 | トップページ | 裁判所 「けんさつしょ」と ルビをふれ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/52870152

この記事へのトラックバック一覧です: NHK解約急増 3:

« NHK解約急増 2 | トップページ | 裁判所 「けんさつしょ」と ルビをふれ »