フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« クソの役にも立たない支持率調査 | トップページ | サマータイム導入で、おかげサマー? »

2011年9月 7日 (水)

東電「決して損はしない総括原価方式」のくせに値上げだと

今日久々に、テレビで東電の記者会見の場面に遭遇した。
いつものようにマツモト“カリメロ”ジュンイチ氏があらかじめ記者連中に配布した「お手もとの資料」を読み上げています。

「えー、次に福島第一原発付近における海水の調査結果でございますが、3ページ目の裏面にありますように、タイトルとして『福島第一原発三号機取水口付近における海水の放射能調査』でございます。副題としてカッコつきで、トレンチからの流出の調査、カッコ閉じるでございます・・・・」

などと、タンタン、グダグダ、ダラダラと「カリメロ・マツモト」がまくし立てて参ります。このおっさん、カリメロみたいだけど、東電の原子力・立地本部長代理だとか。偉いさんなのですな。
その辺の木端役人でも、ここまで上手くは喋れないだろな、という、官僚答弁の教科書みたいな人材として、東電の最終兵器の様相を呈しております。

こんだけの事故を起こしていながら、さも、何事も無かったかのような淡々とした言い回しが、不思議と安心感と安定感を醸し出すのか、それとも煙に巻くのか、何を、どう、質問すればいいのか?という印象すら与えています。それが原因なのか、記者団の姿も最近ではまばらで、テレビで見る限り数名という感じでした。

ところがです。
こんなダラダラ記者会見で愚だ愚だ述べている数値や現象がそののち、何週間か数か月後、奴らによって「訂正がございます」との一言で覆っていくのですな。
テロ電力会社東電の姿勢は推して知るべし。

しかも、東電は来春の電気料金値上げを検討しているとか、盗人猛々しいにもほどがあるのですが、調査委員会で約10年前以上から「総括原価方式」における余計なコストを算定いていたと、言われています。

http://mainichi.jp/select/biz/news/20110907ddm008020086000c.html

東京電力福島第1原発事故の損害賠償に備え、東電の資産査定などを行う「東京電力に関する経営・財務調査委員会」の下河辺和彦委員長は6日の第6回会合後の会見で、東電の電気料金のコスト構造を見直す方針を表明した。また、東電が料金値上げを検討していることに対しては「安易な負担は避ける」と述べ、大幅な引き上げをけん制した。

「総括原価方式」とは、電力を作るすべての費用を「原価」として、さらにその上に利益を乗せる方式だそうで、これは決して電力会社が損をしない仕組みとなっているようです。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/07/21/tv-asahi-jul-21/

「小出裕章非公式まとめ」参照

つーことはですな。

今まで、濡れ手で粟というか、損は出さない方式でやっておきながら原発再稼働が無理っぽいし、火力に切り替えますので、電気料金値上げを企みますよ、っつー、とんでもない電力会社でして。

東電改め「トン電」にしろ!ボケカス。

« クソの役にも立たない支持率調査 | トップページ | サマータイム導入で、おかげサマー? »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/52671575

この記事へのトラックバック一覧です: 東電「決して損はしない総括原価方式」のくせに値上げだと:

« クソの役にも立たない支持率調査 | トップページ | サマータイム導入で、おかげサマー? »