フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 鉢呂氏は経産省官僚の『虎の尾を踏んだ』のか | トップページ | 自分でもよく分からんのですけど »

2011年9月23日 (金)

馬脚を現した「野グソ」政権

今さら、この野ダ政権を批判するのもアホらしい限りで。物言えば唇寒し状態なんだけど。ネットでは「野ダメ」と言われているようですが、私なんぞ、ビロウな言い方で申し訳ないが「野グソ」政権だと考えていまして。誠心誠意ってほざいていたけれど。
哀れ秋風よ心あらば伝えてよ、政治屋に誠意なんてあったのか。

自公政権の末期、お腹が痛くなったり、逆切れしたり、とてつもない金持ち氏など、次々首相の首をすげ替えてきた自民党の政権運営にミンシュトウは首相のたらい回しだ、と批判して総選挙を訴えていたと記憶していますけれど。

そのミンシュトウ自身も鳩ポッポ→カン→野グソと、立派なたらい回し政権。「政権交代」と言っても自民党Aから自民党Bになっただけと言われるその運営手法というか、その詐欺的「やり口」も、コピペしたようにマルマル同じで。

しかも、国民に約束した「国民の生活が第一」なんて嘘っぱちを「財源がありません」の一言で、次々反故にしてしまい、推進する政策は寸分違わぬ自民党政治。消費税増税へ、TPP推進、普天間基地は日米合意を順守で辺野古沖へ。・・その他多すぎて枚挙に暇がない。

今度首相になったらしい「野グソ」なる男が毎年恒例(皮肉です)の国際舞台デビュー、国連の原子力安全会合で「世界最高水準の安全性を確保して」原発を再稼働していくと明言したようです。
しかも前任者も言っていたが、原発の輸出は継続していくそうで、売国・守銭奴政策にもますます磨きがかかってきた。

クサレ自民党とどこが違うのか、クサレ民主党。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110923ddm005010129000c.html

人類が英知によって原発事故の突きつけた挑戦を克服し、福島が「人々の強い意志と勇気によって人類の未来を切り開いた場所」として思い起こされる日が訪れると確信する。日本は事故の当事国として全力で責務を担い、行動する。【共同】

(太字は管理人)

核廃棄物の処理どころか、放射性ガレキの処理にも右往左往していやがるくせに、なにが人類の英知だ、エイチが聞いて呆れる。

~「官僚・政治屋の強い権力欲と金銭欲によって人類の未来をずたずたに切り裂いた場所」として永遠に語り継がれるのは間違いないと確信する。

野グソ首相さんよ、こういう風に言うのが正しいニホン語と言うもんだ。

宗主国アメリカ様のオバマ大統領が「彼とは一緒に仕事がやっていける」とノタマッタようだが、意訳すれば「彼は俺たちの手足となり、キャッシュディスペンサー、忠犬となってやってくれるだろう」ということの期待表明です。

« 鉢呂氏は経産省官僚の『虎の尾を踏んだ』のか | トップページ | 自分でもよく分からんのですけど »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/52806123

この記事へのトラックバック一覧です: 馬脚を現した「野グソ」政権:

« 鉢呂氏は経産省官僚の『虎の尾を踏んだ』のか | トップページ | 自分でもよく分からんのですけど »