フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 首相と官房長官の会話 本当に最後? | トップページ | およそ人間の体毛で「まつ毛」だけが黒くて太くて喜ばれるのは何故だろう »

2011年8月26日 (金)

海江田みたいなのを支持する小沢一郎

民主党の年中行事、代表選挙が今年も無事行われる運びとなった。巷では、立候補予定の人たちがB級グルメ候補者だと揶揄する声もあるが、それこそB級グルメに対して失礼な言い回しだろう。

マエハラ、ノダ、カノ、マブチとかの名前ともう一人。海江田経済産業大臣が立候補するとか。

この人は6月には佐賀県の玄海原発を「安全が確認された」と再稼働に並々ならぬ意欲見せたお方。その時点で菅首相も再稼働に向け理解を得たい、としていたが君子豹変。ストレステストを再稼働の条件としたいと言い出した。自身の人気を考えたのか、反原発にかじを切ったかのような菅首相も首相だが、経産省の手先となり原発再稼働なければ産業の空洞化をもたらすという経団連御用達のような発言をノタマウ海江田も腐りきっている。

はしごを外された、とマスゴミで盛んに報道された結果、国会の委員会で手のひらに「忍」と書いたり涙を流したり。そこに追い打ちをかけるように九電によるやらせメールが発覚。
経産省の描いた原発再稼働の青写真というか目論見は、そんなこんなでもろくも崩れ去ったけれど、そこには終始一貫して経産省の官僚の言いなりとなって動いてきた海江田がいる。

いや、官僚の言いなりではない、私の信念だというのならもっと始末が悪い。

そんな海江田を民主党党員資格停止中の小沢一郎が今度の代表選挙で支持するのだそうだ。

小沢元代表 海江田氏支持表明

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110826/t10015182171000.html

小沢に対する2009年の西松献金疑惑から陸山会土地取得に至る政治資金収支報告書事件。
私もこれは特捜検察当局による不当な捜査で、よほど小沢に権力を握られると困る勢力があるんだろう。背後にはこの国を牛耳っている官僚・産業界やマスメディアなどの力が働いたのか、小沢の政治生命を断とうとする動きだろうと思ってきた。ブログ記事にも書いてきた。そして今もそう思っている。

ただ、私自身は決して「なにがなんでも小沢」で凝り固まっていない。所詮他人である政治家を投票はしても、身も心も捧げんばかりに信奉する方がおかしいのだ。一線を引いて冷静に観察する方が正しい在り方だろう。ファン=狂信的、になってはいけないと思う。

その、小沢が先の海江田を民主党代表選挙で支援支持するということらしい。政治的な思惑が色々とあるのだろうか。素人や当事者以外では知りえない何かがあるのかもしれない。
だが、この報道が真実ならば、今度の小沢の行動はサイテーだとさえ思っている。

原発容認派としてこれからやっていくであろう、海江田を小沢が支援するということは、つまり、ひいては小沢も原発容認派だということである。まさかいまさら脱原発に向けて頑張ります、とは口が裂けても言えまい。ネットで拝見する小沢支持者の人々には反原発の人がかなり多くいるようだ。これからどうするのだろうか。

万が一、海江田が国民の人気取りで脱原発などと言うのなら、それこそ信じるに値する人間ではない、ということだけが明確になるだろう。そしてそこには小沢も当然入ってくるのだ。

« 首相と官房長官の会話 本当に最後? | トップページ | およそ人間の体毛で「まつ毛」だけが黒くて太くて喜ばれるのは何故だろう »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

somethingさん今日は。
>一線を引いて冷静に観察する方が正しい在り方だろう。ファン=狂信的、になってはいけないと思う。

これですね。涼風の如しです。近頃は「サメ頭」が多くなったのか、雑な感情だけで言動を弄する輩がちょいちょい目に付きます。冷静に対象を観察・洞察するのが苦手のようです。右翼や暴力団塗れテレビなどの扇情番組等に影響されたり、「日の丸」、「君が代」思想といった国定哲学を強制注入される学校教育のせいか、一部感情は肥大に成長するも、豊かな感性に裏打ちされた理性は逆に貧しくなるような若者が増えて来ているからでしょうか?
もしかしたら、小沢も基本的には「サメ頭」?

hamhamさん
いくらその省の大臣だからと言って官僚の振り付け通りに動く情けない人物の見本みたいな海江田が
「国民のために、政治主導で原点回帰」などと虚言を弄してもだれが信じるのでしょうか。
そしてそれを権力闘争だからと、支持する小沢の政治姿勢。「担ぐ神輿は軽くてパーがいい」と言われたような話が本当で、今回もその線で首相を担ぐのでしょうか。
結局、自民党となんら変わらない政治が繰り返されるだけです。「政権交代可能な二大政党」というのは、
「俺にも権力の甘い汁を吸わせろ」という勢力が二倍に増えただけみたいですな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/52574405

この記事へのトラックバック一覧です: 海江田みたいなのを支持する小沢一郎:

» 民主党代表選、候補者乱立 [虎哲徒然日記]
日本のリーダーを、こんなに簡単に決めてしまうから、寿命も短いのだ。という議論には確かに一理あると思った。とくに今回は選挙期間が短すぎる。共和制にして大統領を国民の投票 ... [続きを読む]

« 首相と官房長官の会話 本当に最後? | トップページ | およそ人間の体毛で「まつ毛」だけが黒くて太くて喜ばれるのは何故だろう »