フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 経産省幹部 更迭じゃなく退職勧奨 | トップページ | 大連立ってなにが「大」なんだ »

2011年8月13日 (土)

早場米の季節

sinmai2

                              <稲の刈り取り風景>

この映像だけを見ると、まるで秋の暖かい日差しのようだが、実はじりじりと照りつける夏の太陽が写真を撮っている私の首筋にその熱を容赦なく降り注いでいる。
当地の近所で撮影したものだが、早場米がすでに刈取りの時期を迎えている。

           sinmai3

                         <実るほど首を垂れる稲穂かな>

今の世の中、偉くなるとふんぞり返る御仁ばかりで困ったものです。自分の願望含めて、人間こうありたいものですな、ご同輩。ま、ワタクシは決して偉くないので、コウベを垂れる必要はないけれど。

sinmai4

                          <暑い中お疲れ様です!>

このあたりは、早い年だと彼岸の頃に田植えをしていて、お盆には新米を、と作付けしている農家が多数あります。

ところでお米と言えば、フジ系の東海テレビの情報番組「ぴーかんテレビ」ですか、不適切なテロップを流したカドでとうとう番組打ち切りだそうですね。(怪しいお米セシウムさん)などと不適切も極まりないのでした。

AD1:どうですかこれ?

AD2:ん?バカヤロ。こんなモノ作りやがって(笑)

AD1:でも、デラ面白いでしょ(笑)。

AD2:う~ん、イマイチだなあ。「セシウムさん」だけじゃなくて「怪しいお米ストロンチウムさん」だとか、もうひとひねり欲しいところだな。だもんで、ボツ!

AD1:ボツに決まってるがに!(笑)。

AD1・AD2:ワハハハハハハ。

・・とか何とか言って軽いノリでやってたんでしょうなあ。ま『ギヨーカイ人』てな人種は、いまだにバブル時期の残滓があって、毎日、オモシロおかしく暮らしてるんでしょうかね。聞くところによると、外部の制作会社の人間だとかで、今回もトカゲのしっぽ切りだったんでしょうか。だけど、このバカヤロ達も本音の部分では間違っていなくてですね。

じゃ、東北産のお米を買うか?となると、ほとんどの人々が遠慮したい、と思っていることも事実でありまして。だから22年度産、つまり古米が高値で取引されたり、あるいは復活したお米の先物取引ではお米不足を見越して高値がついたりしたそうで。つまり国民みんな「怪しいお米」は避けたいのも、動かしがたい事実でございまして。

sinmai1

                                   <夏の田園風景>

このあたりの農家は今年の収入が伸びることを期待してるとか。
こうしてのんびりと見えるニッポンの原風景もその実、いろんな思惑がうごめいていたりするんでしょうな。

« 経産省幹部 更迭じゃなく退職勧奨 | トップページ | 大連立ってなにが「大」なんだ »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/52464420

この記事へのトラックバック一覧です: 早場米の季節:

« 経産省幹部 更迭じゃなく退職勧奨 | トップページ | 大連立ってなにが「大」なんだ »