フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« またのご贔屓を | トップページ | 最近の若い者は »

2011年7月11日 (月)

やらせ「ストレス」テストだな

政府が原発の「ストレステスト」とやらを実施するとかで連日マスゴミ報道されています。
・・が、まあ、なんのかんの言ってもそのテストは「まず再稼働ありき」で実施及び検証されるんでしょうなあ。

聞くところによると、実際に原発の全電源を喪失するんじゃなくて、あくまでも「シュミレーション」なんだそうで。電源喪失にどれだけ耐えられるか、あるいはそこからどれぐらいで復旧できるかをコンピューター上で検証するだけだろうと言われています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00203120.html

EU(ヨーロッパ連合)が発表したストレステストの内容は、「何らかのトラブルにより電源を喪失したとき」、「冷却機能を喪失したとき」、そして、「電源と冷却機能の両方を喪失したとき」の3つの場合について、最悪の事態になるまで、どのくらいの時間的余裕があるのか、また、追加の対応策は考えられているのかを検証する内容となっている。

(次の手を打つために、どれぐらい時間的な余裕があるかを把握するためのテストのようですが、実際に電源を止めたりということもある?)
それはないと思いますね。あくまでも、どれぐらいの時間、安全性を保てるかをコンピューターを使って、シミュレーションで解析するテストなわけです。
ですから、原発を停止したりすることはありません。
ヨーロッパでも、原発の運転を続けながら、来年(2012年)の4月までかけて確認することになっています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

つーことはですね、その原因が例えば「津波」で、それで電源が喪失したとすれば、それからどれくらいで電源が確保されるかとかのテストなんだそうで。
んーと、素人の親父の素直な感想ですけれど(しかも久しぶりのブログで戸惑い気味)、その原因となる天変地異だとか、人間様のミスをインプットした時点でそれらはすべて「想定内」だと思うのは間違いですかね。

事故や災害が起こる時ってゆーのは、つまりその、人知を超えたところで発生するものではないかと。初めから分かっているんなら事は対処しやすいですわな。
電源喪失しました・・、ハイ、手動で復旧します・・・。だがしかし、それを扱う人間様が無事だという「想定」が正しいのでしょうかね。
原発所内の人間がすべて被災して動きが取れない、ということだって考えられなくはないでしょうが。

それぐらいのこと、シロートレベルでも、考えます。
まあ結局、「想定内」でしかないのを「想定」するわけですから、安全だという結果しか出ませんわな。

「原子力危険不安院」は、ストレステストは原発の安全が確保されている前提の上での実施だとか言ってましたっけ。
そもそも、安全が確保されているんならテストする必要があるのかよ。いくらシミュレーションでも税金の無駄使いでしかない。もっと言うなら、ストレステストそのものが九電のやらせメールと同じで。

「原発再開を前提」としたテストなんて、クソくらえですな。
悔しければ、手動で復旧できない場合を想定してみろ。
初めっから、魂胆は丸見え。当然、合格させるためのテストでしかない。しかも内容なんてまだなんにも決まっていないし。

ストレステストって言うのは、結局のところ危険に脅かされ続ける、国民のストレス耐性を試すっていう意味ですか。
いやはや。

« またのご贔屓を | トップページ | 最近の若い者は »

原発」カテゴリの記事

コメント

やんないよりはやった方がいいんじゃね?と思ってましたが、小出先生も「稼働させる為のアリバイ作り」と断罪してたんで、まぁ、そう言うことですね。つかテストで安全確認されたゲンパツが事故起こした場合に合格判定出した個人個人が刑事責任と民事賠償責任問われる様にしておけば、誰も合格出さないかと。まぁそもそもゲンパツ動かしていること自体が犯罪ですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/52180110

この記事へのトラックバック一覧です: やらせ「ストレス」テストだな:

« またのご贔屓を | トップページ | 最近の若い者は »