フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

小松左京氏逝く

昨日から訃報が続く。

元ロッテ・阪神などの伊良部秀輝氏がアメリカで亡くなったそうだ。
ご冥福をお祈りいたします。

話を別にするが、先日、よそ様のブログにコメントした。
SFは好きでした。御三家と言われる中では小松左京氏が好きでした、と。

その小松左京氏が死去したとの報が流れた。イメージとしては黒々とした髪を後ろになでつけて、煙草を常に口にしていた黒縁メガネのおじさん、とあったのだが。

80歳だったそうだ。というから、昭和6年生まれだろう。父親の年代が次々と亡くなっていく。

氏の作品で有名どころでは「日本沈没」「さよならジュピター」「復活の日」などが挙げられる。
「日本沈没」だとか「復活の日」などは映画を見た。「飢えなかった男」などのホラーSFも読んだりした。時空ものも好きだった。

私の印象深いのが「こちらニッポン・・」という作品だ。氏の得意とするシュミレーションSFだ。

日本中から人々が消失する、という話で、夢中になって読んだ本だ。主人公が泥酔し、階段から落ちて意識を失っていた間に世間の人々が跡形もなく消えてしまった、という話だ。

なんといっても、主人公が徘徊する大阪の街が文章でリアルに描かれていることにすごく興奮したのを覚えている。ヒロインがバイクで阪神高速福島ランプを経て、ホテルプラザで主人公との初の邂逅を果たす、というあたりが何とも言えずリアルで、まざまざと映像が浮かぶのだ。

「ゴドーを待ちながら」という不条理劇を話の鍵にするが、場面設定のリアルさがサイエンスフィクションを忘れさせた。

小松左京氏のご冥福をお祈りいたします。

ところで、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E2%80%A6)によると、舞台を「京王プラザ」と表記している。
だが、作品では私の記憶に間違いがなければ大阪朝日放送が経営していて、その後破たんする、大淀にあった「ホテルプラザ」の間違いではないだろうか。

2011年7月25日 (月)

アナログ終了で問い合わせ殺到(笑)

アナログ放送終了ってことで、やれやれと思って。

これでウチはスカパーオンリーになったんですね。

ところでスカパー、コマーシャル多すぎだろ!金ふんだくってるくせに。

Cimg0867

<昨日の我が家の旧式平面ブラウン管テレビ>

その後のニュースで知ったのですがね。

テレビが映らなくなった、と言ってあちこちに問い合わせが殺到したって、つーことですか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110725-OYT1T00447.htm

東日本大震災で大きな被害が出た岩手、宮城、福島の3県を除く44都道府県でテレビのアナログ放送が終了したことを受け、24日から25日朝までに、総務省の地デジコールセンターとNHKに約17万5000件の問い合わせがあった。

 総務省への問い合わせでは、アナログ放送終了への苦情が全体の3割を占めたほか、受信機の対応方法や受信不良に関する相談が多かった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「アナログ放送終了への苦情が全体の3割を占めた」

ギャグですか。

あれだけテレビで、ここ何年間も1年365日昼夜問わず「2011年7月24日に終了」ってやってたのにな。

てゆーか。

そんなにテレビが好きで見たいのなら。

そういう情報もどこかで知っていたはず、と思うのがフツーだと。

それが素人のアカサタナでしたね。

理解することを超えている理解不能な人々。

だめだこりゃ。

2011年7月22日 (金)

アホらし 「三題」

いまさら何言ってんの?「国民に率直に謝罪」

このクソ暑いのに政治屋の戯言に付き合っているほど、こちとら暇じゃねえんだバーロー、って急に江戸っ子風な言い方になってしまったが、ニッポンの政治屋なんて皆同じ、「どいつもこいつも状態」でこいつ等に税金むしりとられているかと思うとなおさら腹が立つ。今更ながらミンシュトウのマニフェスト詐欺政策を腐乱嫌・オカダが「見通し甘かった」とノタマウ。

09年の総選挙マニフェストについて、実現できないことで国民に謝罪したそうだ。一応曲がりなりにも今のところ、政権に就いていやがるくせに、もうこれからは一切約束は守りません、って宣言しているようなもの。どいつもこいつも権力の旨みに浸りきって、議席を守ることだけに、キューキューとしている状態。そこには国民に約束したマニフェストっていう絵空事なんか存在そのもが邪魔なだけなんでしょうな。

もう、どーでもええわ、ミンシュトウ。

■「電力不足で海外へ出ていかざるを得ない

クサレ経団連、大企業我田引水恫喝団体の会長の子泣きジジイ・ヨネクラが原発の再稼働が遅々として進まないのに業を煮やしたのか、煮詰めたのか、電力不足が続けば企業は海外へ出ていかざるを得ない、と聞き飽きたいつものワンフレーズ。さすが昭和の臭いふんぷんのクソジジイ連中の寄り合いサロンだけあって、壊れたラジカセみたいに、繰り返し、繰り返しリピートするんですな。

こいつらはどんな問題でも、てめーらの不利になりそうだと察知すれば、すぐに「海外へ出ていかざるを得ない」とぬかすのです。拙ブログでも何度も取り上げているけれども。国民を人質に取り、雇用の不安を盾に、こればっかりですわ。

1、製造業への派遣禁止などの政策が実現されれば「海外へ出ていかざるを得ない」と大声でホザイテいたし。

2、法人税が高すぎると「海外へ出ていかざるを得ない」とワメクし。

3、温室効果ガスの削減率が多いと「海外へ出ていかざるを得ない」泣き叫ぶし。

こーなりゃ、どんな理由、問題でも「海外へ出ていかざるを得ない」と言い出すのですな。ひょっとして、巨人ファンが多いだろうから、ごみうりナベツネ軍が優勝できなかったら「海外へ出ていかざるを得ない」と言い出しかねないのですな。その内に、ニッポンの夏は湿気が多くて「海外へ出ていかざるを得ない」と駄々をこねるかも。

どっちにしても、もうすでに、あちこっちの海外に工場造ってんじゃんかよ。
とっとと、出て行ってくれよ。どーでもいいからよ。

レンホーのtwitterが炎上とか

女子ワールドカップでニッポンが優勝したって大騒ぎ。
ふだん「なでしこリーグ」のチーム名のひとつも知らないくせに、こんな時だけすぐ「感動をありがとう」と泣き叫ぶのですな。そんなウザい連中がレンホーの「すごい!なでしこジャパンおめでとう」とツイートに。

「お前が言うな」と批判の嵐とか。

アノ、なんの法的拘束力もない下らんセレモニー、エダノとレンホーのディベート大会「事業仕分け」でレンホーがスポーツ補助金を削減をやったとか?あるいはスパコン仕分けで「2位じゃダメなんですか?」と言ったことをあげつらって炎上したんだそうですな。

レンホーを擁護する気はサラサラないけれど、だいいち縮減や廃止などとテレビで大げさに取り上げたけれど、文科省に言わせると、10年度実績で、スポーツ補助金は削減していないそう。
そもそも、削減したらメダルを取れないって、当時、スポーツ選手を動員して記者会見やっていましたがね。

「スポーツが大好きなので、スポーツという分野で予算が縮減されるということを聞いて、すごく悲しくなりました。今回、予算が削減されるということでスポーツが苦しくなり、縮減された分、メダルの数も少なくなるかもしれないです

と、どのスポーツ選手だったか忘れたけど、筋肉脳丸出しの言い回しで「縮減されたらメダルの数も少なくなるかもしれないです」と言っていたのですがね。今回メダル取ったんですけれど。

仮に縮減されていたとしても、別に影響はないっていう証明になるんだけれどもな。そんなことより、そんなに女子サッカーが好きで感動したんなら、せっせと試合見に行って、普段からサッカーで飯が食える環境にしてやれよ、ヒノマル好きさんよ。

ところで、北京オリンピックで優勝した女子ソフトボール。その後どうなったんでしたっけ。

2011年7月19日 (火)

風評被害って、火に油のマスゴミ報道

台風6号が四国に上陸するかもしれない、というのに仕事つーのも辛いものがある、と言いながらブログの駄文を書いたりしていますが。

よく「風評被害が怖い」とか政治家や経済評論家あるいはマスゴミに出てくるコメント屋稼業の文化人が言いますね。今回の「汚染稲わら疑い牛」(これって正しいのでしょうか?)がいったん発覚すれば日がな一日こればっか。

女子サッカーの騒動(騒動でなければ何でしょうか。そんなに女子サッカーが好きなら普段からもっと応援してやれよ)がなければ、もっと報道戦線は拡大していたでしょうね。風評被害が怖いと言いながら、その火に油を注ぐ、というやり方が今のマスゴミ報道でしょうか。

これだけ流通し、きれいさっぱり消費してしまい、ご馳走様でした、と言ったところで発表するっていうのは何かそこには意図するものがあるのですかね。

こうなれば、今まで「和牛」がブランドだったのが一転。アメリカ産やオージービーフなどが高級ブランドとなり「逆産地偽装」が横行したりして。
「松坂牛をタスマニアビーフと偽り販売!」などのニュースが新聞紙面を飾る日が遠くないような気がするのは、デジャヴでしょうか。

「あら、奥様、今日のお献立は?」

「えー、オージービーフのステーキなんですの」

「まあ、良いわねえ。うちなんか予算の関係で和牛のすき焼きなんですの」

「まあ、おたく、勇気あるわね」

なんて、会話が近所のスーパーで交わされるかもしれないですね。

ここではっきりと「原発事故がなければこんなことは起こらない。原因はすべて原発であり、東電に責任がある」ということを声を大にして言わなければ、マスゴミと原発ムラの誘導作戦にしてやられてしまいますな。

2011年7月16日 (土)

つぶやきの真似です

これで700本目の記事になります。我ながらよく書いたものです。閑古鳥鳴いてんのに。

 
       
  • このクソ暑いのに体育大会やっている学校があるそうで。熱中症で生徒が何人も病院に搬送される、てなニュースが流れている。7月にやんなよ。

       
  • 原発担当は細野“モナ”豪志大臣だが、ゲンバさんがやれば良かったのに。「ゲンバゲンパツショウ」なんとなく語呂が良い。ゲンゲンゲンパツ!あなたのPCにも!あれは「ガンガンガンソク」か。

       
  • 脱原発?のカンソーリ。トルコには原発を輸出したいんだそうで。
  •    
  • なでしこジャパン決勝へ。そんなに女子サッカーに興味あるんなら「Lリーグ」がなぜ潰れたんだよ。

       
  • イシハラ都知事懲りずに五輪立候補。招致活動をやりたいだけなんでしょ。外国観光できるし、高級ホテルでドンペリだろうし。

       
  • 企業は電力供給不足のためなどと嘘を言うな。経費節減のためだと本音を言えよな。

       
  • 「もんじゅ廃止」とは言ってません、と文科相。ナトリウムの中に塩素ぶち込んで食塩でも作れないもんですか。「もんじゅの塩」って製造できればねえ。

       
  • 阪急電車っていう原作の映画があるんだそうで。西宮北口の地上交差レールが懐かしい。

2011年7月15日 (金)

アメリカ国債ランク引下げ見通し いままで最上位だったのか?

アメリカ様の財政問題でも取り上げるか、なんてエラソーに格好つけても仕方がないので、とりあえずコピペから。NHKニュースのウェブ版です。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110711/t10014119921000.html

アメリカのオバマ大統領は、政府・与党と野党の間で対立が続いている連邦債務の上限の引き上げの問題を巡って10日、ホワイトハウスで議会指導部と休日返上で協議を行いましたが、野党との隔たりは大きく、先行きは不透明な状況です。

アメリカでは国の債務が法律で定める上限に達したため、来月2日までに議会が上限の引き上げに同意しなければ、債務不履行という最悪の事態に陥る可能性も出ており、オバマ大統領は、この問題の進展を図るため、現地時間の10日夜、日曜日にもかかわらず議会の与野党指導部をホワイトハウスに招いて協議を行いました。協議は1時間余りにわたって行われましたが、議会が債務の上限の引き上げに同意する代わりに、どのように巨額の財政赤字を削減するかを巡って政府・与党と野党の立場の隔たりは埋まりませんでした。


ここで話は横道にそれますが、この文章ってなんか馬鹿にされている感じがするのは私だけでしょうか。ま、それはさておき。

このまま、与野党の協議がうまくいかないと、アメリカ様は債務不履行になってしまうそうです。ただでさえ、ニッポンや中国など外国に国債を「買わせている」アメリカ様が財政破たんするかもしれない事態に陥れば、この国ニッポンも多大な損害を被るのは想像に難くない、なんて固い言い方をしたが、ニッポンが大量に保有しているアメリカ国債が紙切れ同然になってしまう事態だということです。

・・で、アメリカの格付け会社S&Pだとかが偉そうに、対外債務の多いアメリカ国債のランクを下げるぞ、と警告したそうです。驚くべきは今のランクがトリプルAだそうでして。
一方、その国債保有分の大多数が国内にある、ニッポン国債のランクがダブルAマイナスだったと思うのですけれど。不思議ですね。

余談だがその時、カンソーリは記者に問いかけられて「そういうことに疎いもんですから」といってバカにされたのが記憶に新しい。

(wikipediaより)

  • AAA - 最高位
  • AA
  • A - 投資適格程度
  • BBB - 中程度のリスク
  • BB - 投機的要素あり
  • B - 信用力に問題あり
  • ※上記に + - が加わる (例 A+ BB- など)

    デフォルトもありうるかもしれないジャンク級のアメリカ国債が今までトリプルAだった、ということが噴飯ものですな。てめーの国の格付けは甘いこと甘いこと。
    そのお陰で円が買われてドルを売るという流れが加速・・てな経済は私には難しいからさておいて。
    アメリカ様の格付け会社なんてもんは腐れマッチポンプのいい加減なもんだという、これだけはシロートにも分かり易いですわな。

    2011年7月14日 (木)

    覚悟が足りないね

    カンソーリが「脱原発」っていうか、原発に頼らない社会を実現したいと会見で述べたそうで。・・・でも、そこには「将来」っていうキーワードがちりばめられていて。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.asahi.com/politics/update/0713/TKY201107130598.html

    菅直人首相は13日、首相官邸で記者会見し、原子力を含むエネルギー政策について「原発に依存しない社会をめざすべきだと考えるに至った。計画的、段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくてもやっていける社会を実現していく」と語り、「脱原発」社会を目指す考えを表明した。実現のための政治プロセスや原発削減の数値目標、電力需給の見通しなどは具体的に示さなかった。

    (中略)

    「エネルギー政策の転換はかなりの議論を必要とし、国会でも行われている。それを踏まえ、私が(政権に)責任を持っている間は私の段階で議論、計画を立案するが、私の段階ですべてできると思っているわけではない」と語った。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    昨日の会見を私も見ていましたが、はっきりと脱原発、っていう発言はしていませんでしたね。あくまでも言質を取られないように「国民的議論を深めたい」と。上記にあるように「私の段階ですべてできるとは思っていない」とも吐露するんですな。

    ところが、マスゴミ、特にゴミウリだとかは「首相、脱原発を表明」みたいな話になっていて。ソーリを叩くために脱原発派に仕立て上げたい意図がありありでして。

    だけれども、カンソーリの方も「私が政権に責任を持っている間は・・」と言うから、そのあとは野となれ山となれ、粗にして野だが卑ではない、とかなんとか言って辞めりゃすむと思ってんでしょうね。

    まあ、そのー。「原発の依存度を下げなくてはいけない。それが、大きな原発事故を経験した首相の務めだと思う~」なんて辺りには少しばかり「ホホウ」とも思ったりしましたがね。

    でもやはり、予想した通り。エダノカンボーチョーカンが「脱原発ではありません」と火消ししたりするから、あ~~、やっぱりね、と。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.asahi.com/politics/update/0714/TKY201107140323.html

    首相の「脱原発」発言を修正 枝野氏「総理の希望」

    これについて枝野氏は「総理は遠い将来の希望を語った。今すぐにという次元で言ったのではない」と説明。そのうえで「原発を活用しながら、段階的に依存度を下げることは、ほぼ国民的なコンセンサスが得られている」とし、今後、原発を稼働させながら依存度を下げる手法について議論を深める考えを示した。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    エダノによるとカンソーリは「遠い将来の希望を語った」という訳です。ま、カンソーリがいくら頑張って延命しても、あと1年半くらいしかない首相の座です。
    要するに、原発依存度が在任中に下げられなくても「途半ばで私も大変遺憾ですが・・」と言えばそれで、ノープロブレムですわね。

    どうせ、いずれ首になるソーリの座です。鵺(ぬえ)みたいにドーデモいい発言は止めて、はっきりと「私は原発の撤廃を政策の柱にして・・」と言えば簡単なのに産業界や宗主国様などからの批判を恐れてばかりで「覚悟」が足りないですわな。

    見ていると、その時々で立ち位置を変えながら生きていく手法ですな。その昔、ナカソネ大勲位が「風見鶏」とか言われたけれど、さしずめカンソーリは平成の「股膏薬」っていうか。あっちへこっちへペタペタとひっつくのですね。

    だって、佐賀の玄海原発再開問題では安全が確認された、って言うカバトット経産相の発言を認めていたんですからね。

    ところで、稼働させながら依存度を下げる手法ってなんだべ?

    2011年7月12日 (火)

    最近の若い者は

    最近の若い者は・・云々と言い出すと、言い出したそいつが年を取った証拠なんて、申しますな。私などとっくにオッサンの領域に首までどっぷりと浸かっていまして。100数えるまで出てはいかんよ・・などと言われなくても出ませんが。
    この頃すぐに「近頃の若い者は・・」って思いがちなんですね。

    エジプトの遺跡にも「最近の若い者は」と記述があったそうですから、古今東西永遠にして普遍の理だそうで。私が最近つとに気になるのがいわゆる「コンビニ言葉」って言うのでしょうか。例えばコンビニでの買い物後のレジの場面。

    「789円です」と店員のお兄ちゃん、もしくはおねーちゃん。

    そこで1000円札を差し出す私。

    1000円からで。

    「ん?1000円からで・・・・・、それだけかい。その後はなんだよ」ってツッコミを入れたいところだが、丸坊主のあんちゃんだったり、半袖のシャツの右肘にサポーターを巻いてたりすると「あー、タトゥね・・」と思ったりするもんだから怖くてツッコめませんけれどね。

    ま、それはともかく。当世の若いもんは「ナニナニからで・・、」っていう言い方をしますね。
    「・・からでよろしいでしょうか?」っていうことなんだろうけれど。
    略しちゃってるんでしょうか。

    まあね、分かってれば良いんだろっ、ていうことですがね。

    あと「ご注文の方、以上で」って、ファミレスだとか居酒屋とか。そう言います。

    以上で・・、なんだよ!」ってツッコむのがオッサンの証拠です。
    しかも、「ご注文の方」ってどの方向だよ!とまで考えたりする。

    ~~~~

    ・・やって貰って良いでしょうか」って若いねーちゃんを中心に言いますな。

    嫌だと言えば、どーすんだよ!」って思うのがオジンの証拠です。

    あと、スポーツ選手が「ファンに一言」って、促されて言うのが。

    えーと、これからも頑張るので、応援お願いいたします」って言いますね。

    「えーと、これからも頑張りますので、応援お願いいたします」って言ってほしい。すんごく違和感感じるんですけれど。

    こんなこと言ってるから、クソジジイ丸出しな私です。

    2011年7月11日 (月)

    やらせ「ストレス」テストだな

    政府が原発の「ストレステスト」とやらを実施するとかで連日マスゴミ報道されています。
    ・・が、まあ、なんのかんの言ってもそのテストは「まず再稼働ありき」で実施及び検証されるんでしょうなあ。

    聞くところによると、実際に原発の全電源を喪失するんじゃなくて、あくまでも「シュミレーション」なんだそうで。電源喪失にどれだけ耐えられるか、あるいはそこからどれぐらいで復旧できるかをコンピューター上で検証するだけだろうと言われています。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00203120.html

    EU(ヨーロッパ連合)が発表したストレステストの内容は、「何らかのトラブルにより電源を喪失したとき」、「冷却機能を喪失したとき」、そして、「電源と冷却機能の両方を喪失したとき」の3つの場合について、最悪の事態になるまで、どのくらいの時間的余裕があるのか、また、追加の対応策は考えられているのかを検証する内容となっている。

    (次の手を打つために、どれぐらい時間的な余裕があるかを把握するためのテストのようですが、実際に電源を止めたりということもある?)
    それはないと思いますね。あくまでも、どれぐらいの時間、安全性を保てるかをコンピューターを使って、シミュレーションで解析するテストなわけです。
    ですから、原発を停止したりすることはありません。
    ヨーロッパでも、原発の運転を続けながら、来年(2012年)の4月までかけて確認することになっています。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    つーことはですね、その原因が例えば「津波」で、それで電源が喪失したとすれば、それからどれくらいで電源が確保されるかとかのテストなんだそうで。
    んーと、素人の親父の素直な感想ですけれど(しかも久しぶりのブログで戸惑い気味)、その原因となる天変地異だとか、人間様のミスをインプットした時点でそれらはすべて「想定内」だと思うのは間違いですかね。

    事故や災害が起こる時ってゆーのは、つまりその、人知を超えたところで発生するものではないかと。初めから分かっているんなら事は対処しやすいですわな。
    電源喪失しました・・、ハイ、手動で復旧します・・・。だがしかし、それを扱う人間様が無事だという「想定」が正しいのでしょうかね。
    原発所内の人間がすべて被災して動きが取れない、ということだって考えられなくはないでしょうが。

    それぐらいのこと、シロートレベルでも、考えます。
    まあ結局、「想定内」でしかないのを「想定」するわけですから、安全だという結果しか出ませんわな。

    「原子力危険不安院」は、ストレステストは原発の安全が確保されている前提の上での実施だとか言ってましたっけ。
    そもそも、安全が確保されているんならテストする必要があるのかよ。いくらシミュレーションでも税金の無駄使いでしかない。もっと言うなら、ストレステストそのものが九電のやらせメールと同じで。

    「原発再開を前提」としたテストなんて、クソくらえですな。
    悔しければ、手動で復旧できない場合を想定してみろ。
    初めっから、魂胆は丸見え。当然、合格させるためのテストでしかない。しかも内容なんてまだなんにも決まっていないし。

    ストレステストって言うのは、結局のところ危険に脅かされ続ける、国民のストレス耐性を試すっていう意味ですか。
    いやはや。

    2011年7月 9日 (土)

    またのご贔屓を

    久々のブログ更新となります。

    我が家の旧オンボロPCが起こす「頻繁フリーズ」との戦いで、あれこれ抵抗を試みてまいりましたが、とうとう刀が折れ矢が尽き果てて(カンソーリ)しまいました。これ以上の試行錯誤は精神衛生上にもかなりの悪影響を及ぼしそうです。例えば、よそ様のブログに短文のコメントを書き込むだけでも三度も固まってしまっては、ホント、機械ごときになんですが、怨嗟の炎が渦巻いたりしますのですね。

    ・・「コノヤロー!(かどうかはわかりませんが)窓から放り出すぞ!」とも思ったりして。それは、どうやら実際に口走っていたようです(笑)。

    そんなこんなで、新しいPCを購入してしまいました。
    私どものようなビンボ所帯にはとんだ散財でございます。

    ようやく各設定も整いまして。これからボチボチと、またもや駄文を書いてまいりますゆえ、拙ブログのご贔屓をよろしくお願いいたします。

    « 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »