フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

東電の「脱原発」を否決した株主は立派な原発事故加害者ですな

株主総会がこの二日ほど集中しているようです。東京電力の株主総会も昨日行われたとか。402人の株主が提案を行った「順次廃炉」「新たな原発は作らない」などの提案は圧倒的多数で否決されたんだそうで。

まあ、一体全体です。株主なんて連中は何を見ているんでしょうかね。事故を起こしていない電力会社であれば「これからも、最大限に安全性に配慮して・・」とかなんとかの言い訳もまだ受け入れたとして。

福島第一原発の事故を目の当たりにして、それでもまだ原発は必要だということを改めて認めたんですからね。
しかし、フツーなら巨額損害賠償などで、会社存続も危ぶまれる事態でしょ。投資家として会社が潰れれば、株なんて紙切れになってしまう。それでも、まださらに原発なんてリスクの高い事業を推進して行けというんですから、我々素人ビンボー人の理解の範疇をはるかに超えているのだね。

私に言わせれば「狂気の沙汰」としか思えませんがね。

機関投資家がほとんどなんだろうけれど。だけど、法人などの投資家も最終的には個人に行き着くわけでして。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110629ddm003020075000c.html

株主総会では、福島第1原発事故問題に質問が集中。402人の株主から出された(1)古い原発から順に停止・廃炉とする(2)原発の新増設は行わない--との「脱原発」提案がどれだけ賛成を集めるかが最大の焦点だった。これまでの総会でも同様の提案や質問はあったが、賛成は5%程度にとどまっていた。

 しかし今回は、福島第1原発の地元・福島県の南相馬市と白河市が賛成に回るなどして、賛成比率は約8%と小幅ながら増えた。東電の株式の6割超は法人が保有しており、「当面は原発に頼らざるを得ないのが現実」とする大株主から東電は委任状を集めていた。賛成票の大部分は個人株主と見られ、しがらみの無い一般株主の間に「脱原発」の動きが広がりつつあることが裏付けられた。

 株主提案を主導した市民団体「脱原発・東電株主運動」は総会後、「(議案が否決され)不十分だったが、いろいろな意見を出せて、大勢の人が賛同してくれて一歩前進した」と評価。東電幹部も「事故を目の当たりにした株主の考えが変化した」と目を見張る。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「国策民営」会社の株主は法人が6割を超えているんだそう。
なかには東京都だとかの自治体も大口株主なんでしょうな。それらが委任状を提出して原発をこれからも進めるべし、と言うんだから、これは東電だけじゃなく脱原発を否決した投資家・企業・自治体すべての責任となったんですよね。

なんなら、巨額の補償金も負担してやれよな。一蓮托生だろが。

ま、もちろん。
東電が倒産すれば株なんて紙切れなんだし、損失を抱えるだけなんだろうけれども。だが、東京都などの自治体はその株を都民の税金で購入している。つまり広い意味で言えば都民も東電の株主であるわけで。

これで、都民も共犯者という図式がいっちょう上がり、つーことですな。まあ、その前にイシハラシンダローなんて輩を都知事に選んでいるんですから、自業自得と言えば、それまでですか。やれやれ。

2011年6月25日 (土)

アナログ終了「あなたのテレビ大丈夫?」余計なお世話、トットト終わって

今日は6月25日。
スズメの涙の給料日・・てなことは関係なく。最大のマスメディア、テレビのアナログ放送終了まで一ヶ月を切った日なんだそうで。

7月24日からは地デジチューナー付き、或いは地デジチューナーが無ければテレビは見られない、という大変めでたい環境になるのですな。おお、結構なことだ。早くその日が来てくれ、と我が家ではアナログテレビのまま、待ち構えております。

バッチコーイ!アナログ終了。

ちらっとテレビで見たけど「あなたのテレビ、大丈夫?」と車に大きくペイント。ふざけたキャンペーンをしているようです。
私んちのテレビより、おめーらの頭が大丈夫かよ、と逆に世話を焼きたくなるほど、アナログだろうが、デジタルに変わろうが、どちらも腐りきった下らん同じ番組を垂れ流ししてやがるくせに、大きなお世話です。

謙遜と謙譲の音楽 やきとりさんから、次のようなコメントを頂きました。

>11時から4時ぐらいまで放送休止
全面的に賛成です。私も同じことを考えてました。ワイドショーに通販番組に再放送ドラマ、埋め草番組を垂れ流すくらいなら休止した方がマシですね。個人的には節電を「東電への不買運動」と捉えて、積極的に推進中でございます。とはいえ、元々電気なんか大して使ってないので、あまり役には立ってないかもしれませんが(笑)。

放送休止を言ったのはひまださんですが、まったくおっしゃる通りでして。電力使用量のピーク時、14時ごろから15・6時ごろって、最近地上波は見ないので知らないが、再放送のドラマか通販番組ばっかりでしょ。
そんな、「砂嵐」を流すわけにはいかないから、てな安易なことで漫然と放送しているくせにね。

一方では、国民に大スポンサー様、電力会社の手先となって「節電のお願い」という原発再稼働後押しキャンペーンを展開。この夏、節電で熱中症が増えるんでないかと、手の込んだやり方で恐怖感を煽りまくり。

さりとて、電力供給不足の不安を喚く割に、テメーらは放送自粛なんて、髪の毛の先ほども考えていなくて。これをテメー勝手と言わずして、なんとゆうジ。

その昔の石油ショックでは、深夜放送自粛なんてやっていた放送業界は、考えれば今より少しばかりましだったんですなあ。

2011年6月23日 (木)

「節電節電」ってやかましわ。お前らを儲けさせたくないから節約してるだけだ

「全国的な電力供給不足で、私どもグループ・店舗では節電をいたしており、皆様にはご迷惑をおかけいたしますが・・・」云々と近くの商業施設では節電をセツセツと御訴えしております。

何の根拠で「電力供給不足」なのか説明もなく、節電・節電と毎日、毎日アチコチで煩いことです。原発が動かないと供給不足だとの恫喝に、マスゴミ総動員で国民洗脳に忙しい。

それに加えて、経団連提唱で一部の企業や自治体が「サマータイム」を実施予定か、或いはもう既に実施しているようです。
でも、一時間早めに出勤しても、ピークの14時から15時の間は操業したり営業時間内だったりして。夏場のピーク時に危機感があったはずですがね。

率直に「おかしいだろが」と思うのは違うのでしょうか。

挙句の果て「スーパークールビズ」ってただの普段着を「ビズ」ってよ、まったく意味不明だし。
こぞって横並びのこの国ってホント暑苦しい、って感じるのはひょっとして梅雨明けしたんじゃないか?と思うくらいの、夏至を迎えて気温上昇中のニッポン列島です。

マスゴミがダダ流しする「節電」ってやかましわい。
「節電」という言葉を聞くだけで体感温度が上昇するけんね、と思いませんか。

私んちはただ単に、電力会社に無駄な金を払いたくないだけだわな。

言っちゃ悪いが、福島第一原発杜撰人災事故よりずーっと以前から節電しとるけんの。

追記

急に思い出したんだけどもね。
今日のテロ朝「モーニングバード」ですかね、節電のなか、暑さ対策として「窓を開けて風通しを良くする」というのを大きな画面で示していましたが。

どこまで視聴者をバカにしてんのか、お?

2011年6月21日 (火)

原発再稼働を言うカンソーリのペテン

昨日、仕事で夜中に帰宅したのだが、車の運転も慎重にならざるを得ないほどの土砂降りの雨で、時折昼間のように夜空を焦がす雷が恐怖心を倍増させた。

土砂降りと言えばカン政府もドシャメシャで、居直りというか居座りというか、政権にしがみつくカンソーリに、誰が鈴をつけるのかとミンシュトウ幹部が右往左往だとか。

いや、もうとっくに鈴はついてんだけど「それがどーした?」と言わんばかりのソーリは「チリンチリン」と鈴を鳴らしながらも平気で闊歩しているようです。

カイエダ経産相が原発の安全が確認されたと、原発再開を要望したことにカンソーリはそれを追認したそうで、いよいよこの男の似非・脱原発が白日のもとになっています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京新聞 社説

(一部抜粋)

 首相は五月上旬、自ら記者会見し、中部電力浜岡原発について、近い将来極めて高い確率で発生が予想される東海大地震への備えが不十分として、全面停止を要請した。その後も原発重視をうたう現行のエネルギー基本計画を「白紙に戻して議論する必要がある」と語った。

 二〇二〇年代の早い時期に自然エネルギーの占める割合を20%に引き上げると国際社会に表明するなど、脱原発に大きくかじを切ったかに見えた。

 しかし、形ばかりの検査で原発再稼働を認めるようでは、首相の“本気”を疑わざるをえない。

 それどころか、首相は消費税増税や脱小沢のように、脱原発を政権延命の道具にしようとしているのではないか。浜岡停止後の世論調査で首相の評価は上がり、退陣を求める意見は減った。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前回拙ブログの記事にも書きましたが、全くその通りで。

この社説でも書かれていますが、カンソーリのテメーの保身と権力維持のためだけに、すべての政治的思惑が働くみたいで。「トンデモソーリ」にも程があると言うしかない。

カイエダ経産相の「電力不足は産業の空洞化を招く」という手垢のついた産業界の恫喝に賛同しているのはカンソーリそのものであり、そこには国民の安心・安全・健康・生命などと言うものは、1マイクロシーベルトも存在しないのでしょうな。

私が今まで非正規雇用・派遣問題で完全同意していた連中、例えば森永卓郎だとかが原発容認になっていることには驚きを通り越して怒りすら抱きます。森永も産業の空洞化をホザイていて。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

NEWSポストセブン

日本の電気代はただでさえ高いのに、原発全廃でさらに高騰すれば、製造業は国際競争力を失い、国内に踏みとどまっていた工場の海外移転が加速する。

 失業率が上昇し、下請けの中小企業は倒産し、日本経済は坂道を転がり落ちていく。日本人全員がエアコンもパソコンもなかった昭和30年代の暮らしをする覚悟ができているなら構わない。

 それは牧歌的でもなんでもなく、貧困や不衛生、暗い街では治安も悪化するだろう。そんななかで暮らすということだ。

(SAPIO 6月29日号)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まあ、SAPIOなんて雑誌に語るくらいだから、森永も語るに落ちたんでしょう。こいつも中部電力のCMに出てたとかなんとか。

これまで格差貧困問題を熱心に取り上げてきた左派リベラル?系のブログでも「原発反対派が言う、原発が無くなれば世の中すべて上手くいくような能天気」などの原発容認のアホ発言はいかんともしがたい。

電気が無くなればオマンマが食い上げだということかもしれないが、現実に起こった原発事故で、住む家も追われた人々。それこそ仕事が無くなり、避難所で支給された弁当を、煌々とした灯りの下で食って何の意味があるのか。

その上で、なんの国際競争力だというのだ。

こんな連中は、現実が見えないのか、それともそれぐらいの想像力すらも働かないのだろう。

2011年6月18日 (土)

官僚と経済界の手先、海江田経産相

カイエダ経産相が各地の点検などで停止している原発の再稼働を働きかけるんだそうで、地元の合意を得るためには立地自治体を説得したいというニュースが流れています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011061800232

海江田万里経済産業相は18日、東京電力福島第1原発事故を踏まえ、全国の原発に指示した追加安全対策が、実施済みであることを確認したと発表した。併せて、定期検査を終えた原発の再稼働を認めるよう要請する方針を表明したが、立地する自治体の理解を得られるどうかは依然不透明だ。
 「電力の供給不安は、日本企業を海外に退避させ、産業の空洞化を招く恐れがある」。経産相は18日の臨時記者会見でこう指摘し、自治体に理解を求めるため、自ら出向いて説明することに意欲を示した。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まあ、しかし、カイエダなんてカバトットみたいな顔した奴の事は始めから信用しちゃいませんがね。こいつは何の根拠があって「追加」の安全対策が有効だと自信たっぷりに言えるんだろうか。思いっきり皮肉をこめて言えば勇気があるな、と褒めたいくらい。

仮にどこかで災害がまた起こり「想定外」で原発が崩壊してしまうということも可能性としては全くゼロではないのに、こうして産業の空洞化を招く、などと経団連御用達の戯言をのたまうっていうのは勇気というよりも無謀といったほうが正しいのでしょう。アンタその時責任とれるのか?辞めれば済むとおもってんのか?

もう早速、大阪のハシゲを筆頭に各自治体の首長が反対の姿勢を示していますがね。こういう経産省言いなりの政府閣僚がこーゆー姿勢である限り、カン内閣は鳩ポッポではないが「ペテン師内閣」ということです。

いくらカンソーリが浜岡原発を止めようが「その他の原発は安全だから停止要請は致しません」と言い、活断層に立地している伊方原発の危険性がアウトオブ眼中の、政権しがみつきノー天気ソーリを評価する人の気がしれません。

白紙で原発行政を議論したいと言いながら、G8では「世界最高水準の安全性を追求した原発の構築」と言う、コウモリのような人間がてめえの権力維持のためにほざく、再生可能エネルギー促進法案などと誰が信用するのか。
眠たいことゆーてるなよ。ボケ」ということだ。

2011年6月16日 (木)

道後温泉付近散策

先日の原発反対デモの帰り、久しぶりに「道後」に寄ってみた。デモの汗を道後温泉で流そう・・ということでもなく、ただなんとなく・・というか。まあブログのために写真でも撮ってくるか、といういやらしい作為的な臭いも否めないのだが。

027

<この日は土曜日ということもあり入浴待ちの客が列をなしていた>

温泉本館の前の道路は以前訪れたときには車が通行できたのだが、通行禁止になっていた。もうかなり前になるんだろう。ここら辺りもすっかり観光地としてアカ抜けしてきたようだ。ちなみに私は道後温泉に入ったことはない。もちろんこの日も。

034

<そうか、湯上りビールが冷えてるか・・>

こういうのを見ると、じゃ、せっかくだし、道後地ビールを飲みたいし、ひとっ風呂浴びるかあ、と本末転倒な考えもむくむくと頭をもたげてくる。この店は温泉を出て右手をひょいと見るってえと、目に飛び込んでくるっていう寸法でさ。なかなかに商魂逞しいっていいますか、そんな風な街角でございまして・・。

030

<伊予鉄 道後温泉駅 手前は「坊っちゃん列車」>

029

<ああ、入っちゃいましたよ、お父さん>

ビール好きには後髪をひかれながら、いやいや、車で来てんだからと、その誘惑を振り払う。それにしても人出が多い。観光客が西日本に集中しているのだろうか。こんなに人気あったっけ。

032

<からくり時計前 足湯でくつろぐ人々>

5~6年ぶりだから、その間に道路整備やなんだかんだ、狭い道だったのを広くしたり、市営の駐車場を造ったりしたようだ。その市営駐車場に行く手前にこんな看板が。

035

<私有地ですから駐車せられません、なもし>

あっ、なもしって、最近はあんまり言わないみたいです。

ところで、これは旅館の塀に張ってあったのだが。国語の文法は苦手だけど、未然形のサ行変格活用なんだろうか?ここはフツーに「私有地ですから駐車しないでください」でいいと思うんだけれど(笑)。

「・・せられん」ってこちらでは「・・してはいけない」という風に言う。これってやっぱり、方言でしょうなあ。・・せられませんって、書き文字が面白いので写真を撮ってしまった。

2011年6月11日 (土)

私も愛媛県・松山の「原発さよなら」デモに参加しましたよ

夜来からの雨が心配されましたが、この時ばかりは天も味方してくれたのか、どんよりした空模様ながらも、雨だけは降らないでいてくれたようです。

026

<松山城を仰ぎ見る広場に集合>

・・という訳で、足元が悪いなか「原発さよなら四国ネットワーク~SOUND DEMO GOOD BYE NUKES」6月11日のデモに参加してきました。

003

<SOUNDカーは軽四でした>

004

<さよなら伊方、もう二度と表れんなよ>

006

<ストップルト君も参加>

写真をいいですか?と言うと、快く「ストップ」のポーズをとって頂きました。勇気があるよなあ、と思っちゃいました。うら若き女性です。

009

<プルト君と違ってストップルト君はみんなのお友達、だそうです>

ここで白状すると、人生初めてのデモ参加でございまして。授業ボイコットくらいですか。サイな性格が・・、そうそう角が生えてる・・じゃなくて。シャイな性格でシュプレヒコールも初めは小さかったが慣れてくると「伊方を止めろ!」とオラブ(伊予弁で「叫ぶ」)ようになるのでした。

014

<愛媛県庁 中村さん、伊方を再稼働させんなよ>

017

<松山地裁>
私が労働審判をやったところ。あの、会社側につく裁判官め、忘れんぞ・・って関係ないか。

020

県庁前を経て松山の繁華街「大街道」を行く。NHKのどーも君が待ち構えるのです。こんなところで地デジの宣伝してやがったのか。

022

<主催者発表は知らないけれど、およそ150人くらいの参加ですか>

SOUNDデモっていうのは「クラブ↘」のDJノリなんですね。やっぱシュプレヒコールだけの旧態依然としたデモよりはノリノリになれますね。約二時間くらいのデモ行進を終えて帰宅いたしました。

「節電」は決して悪いことじゃないけれど、原発が無ければ困るんだぜ、という電力会社のプロパガンダは許せんのです。
大阪府のハシゲが関電に対して、昨日激怒したそうです。
まあ悔しいが、これだけはそうだ!と思いましたな。こ奴は風を読むのが得意で、困ったもんです。

反原発は「命あってのものだね」だからです。コストだとか、グローバリズムだとか、利益だとかいう前に。生きてるからこその「それら」だろが、ボケ。ということだからです。

首相と官房長官の会話 最終回?

E:この会話も最終回になりますね。

K:なんだ。なぜ最終回なんだ。

E:いや・・「首相と官房長官の会話」シリーズも、ポストが変われば必然的に終わるのかなあ、と。

K:何言ってんだ。まだ1回しかやってないだろ。やきとりさんのところの「AとN」なんかかなり長いぞ。なにしろ一方はもう居ないのにやってんだからな。まあここはやはり、一定のメドがつくまではやらないとな。

E:「一定のメド」と言った時のカンさんの笑い顔に背筋が凍る、と言ったテレビのコメンテーターがいたそうですよ。

K:深層心理が顔に出た、というやつだな。

E:他人事みたいに。

K:一定のメドと言った、私の言葉に責任があるんだよ。

E:政策には責任を持たないくせにね。

K:なんだ、その言い草は。だいたい君は「ソーリは、そんなに長く居座るつもりはない」とか勝手に記者会見で語ったそうじゃないか。

E:・・・・。

K:うすら笑いはやめろ。このまま俺が簡単に辞めるとでも思っているのかね。まだまだ辞めないぞ。なにしろあの、近代的な中にも和風調が有る官邸が好きなんだよ。

E:よくご存じですねえ。

K:へえ、私、あそこのもんですねん(笑)。

E:何の話ですか。そんな古くてローカルなCM、誰も知りませんよ。

K:それにだ。うちの女房がなかなか辞めさせてくれないんだよ。気が強くて怖いんだからな、ウチのファーストレディは。

E:ノブコさんは、我が強いですからねえ。

K:ファーストレディ・ガガ(笑)。

E:それが言いたかったんでしょ。

K:そう、それだけ(笑)。会話を終るか?

E:終わってどうすんですか。

K:まあ、あれだ。東電のいい加減を画にかいたような工程表で言うところの「冷温停止」まではソーリの座を離れんぞ。

E:つーことは、ほとんど辞めない、ということと同義ですね。

K:いや、セシウムの半減期くらいまでには辞めるかな。

E:息子さんのセシュウもその時までには上手くいってますか。

K:それが言いたかったんだろ。

E:そう、それだけ。会話を終りましょう(笑)。

<PAT:謙遜と謙譲の音楽

2011年6月 7日 (火)

お知らせ

いやはや、ブログの更新が止まってしまい、楽しみにしておられる方々には本当に申し訳ございません。(・・ってそんな奇特な方がいるのか)

この間から我が家のオンボロPCが駄々をこねていまして。劣化著しいニッポン政府と同等か、はたまた勝てない「トラさんチーム」か。とうとうCドライブのフォーマットにまで陥るていたらくぶり。

だがしかし、リカバリまでしたんだからこれで何とか上手くいけるか、と思いきや・・、またもやフリーズの嵐になってしまいまして。なんとかしてよ、フリーズ・ミー!と言っても機械ごときに通用いたしませんで。

あれこれいろいろ試した結果、どうも増設したメモリに不具合があるんではないかと。元のしょぼいメモリに戻したところ、あら不思議(なにが)動作が安定した模様です。

ところが福島原発と同じように、まだまだ予断を許しませんで、しばらく様子を見守ることといたします。そのあたり「きちっとモニタリング」をいたしたいと。

さらには、メモリの交換をいたしまして、復活なったあかつきにはブログも再開いたしたいと・・、かように考える次第でございまして、今しばらく、今しばらくお待ちいただきたい・・、と伏して(伏してないし)お願い申し上げます。

コメントのお返しもままならない事があるかもしれませんが、その節はよろしくお願いいたします。

それまで、よろしければ音楽でもお聞きください。

http://youtu.be/lt9m2EijdgY

<GONTITI 「休暇届け」>

2011年6月 1日 (水)

政局が風雲急を告げるそうだし

我が家のパソコンすぐフリーズするし。

風邪が長引いて体調も悪いし。

阪神タイガース、弱いし。

セレッソ大阪、リーグ戦で勝てないし。

ブログ書くモチベーション下がりまくりだし。

スーパークールビズって、フツーにカジュアルだし。

電気・ガス4カ月連続で値上げだし。

ネット監視法案成立らしいし。

高速道路土日休日千円廃止だそうだし。

消費税、段階的に引き上げだそうだし。

野菜とか、本当に風評被害だけかどうか怪しいもんだし。

国旗国歌起立斉唱の強制は合憲だそうだし。

東電と政府が責任のなすりつけ合いだし。

会見で質問に答えるエダノのうすら笑いが腹立たしいし。

政局が風雲急を告げるそうだし。

今になって内閣不信任案だ、・・そうだし。

遅いし。

やるんなら去年にやって欲しかったし。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »