フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東電・賠償の「財源」は電気料金値上げで | トップページ | 御前崎市長原発停止を批判 »

2011年5月 6日 (金)

普天間移設問題のウィキリークスをエラソーに報道する朝日

自民党政権末期から鳩山政権までの外交文書がウィキリークスで明らかになったそうで。それを朝日新聞がデカデカと報道したようですね。

5日の浅非の社説によると、ウィキで公開された米外交公電で「ニッポンの害務・暴衛官僚」が、いわゆる「親方日の丸」ではなくて「親方星条旗」だったという、今やだれもが知っている後追い事実を、これまたクサレマスゴミの代表、浅非が新聞でエラそーに、私たちがジャーナリズムの良心として報道しました、なんて胸を張っているみたいだ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浅非新聞 社説 http://www.asahi.com/paper/editorial.html

ウィキ米公電―日本外交の病理あらわ

 民主党政権の発足直後、外務・防衛官僚は、米側に「あまり早期に柔軟さを見せるべきではない」などと助言していた。
異論があれば、まず自国の政権に意見を具申するのが筋だろう。交渉相手と裏で通じて新政権に対処しようというのでは、官僚の役割をはき違えている。

 不明朗な動きは、民主党政権だけではない。自公政権時代にも、米海兵隊のグアム移転の関連費用について、日本側の負担割合を見かけ上減らすために、関連費用を水増しすることを日米間で認めていた。

何が国民の利益かを考える一貫した視座は、そこにはない。強いていえば、すべてを貫くのは対米配慮である。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

>ニッポン外交の病理あらわ

今になって後出しジャンケンよろしく「寒々しい風景」などと、ご大層にゴタクを並べている。

ここで時計の針を2009年に戻すと。
12月21日、普天間問題で迷走を重ねる鳩山政権当時。在沖縄海兵隊普天間基地の移設問題で、自民党が決定した現行計画を、先送りするということは、同盟である両国関係に与える悪影響を懸念していると、急遽ヒラリー・クリントン国務長官から呼び出しがあったとか。

早速「忠米」の藤崎大使があたふたと国務省のビルに駆けつけた。
それをご丁寧にも【急遽】呼び出されたはずである藤崎大使が、車から降りてくる姿をマスゴミのカメラが待ち構えていた、という噴飯モノの茶番劇付きで。しかもその後、アメリカ・国務省のクローリー次官補は「我々は呼び出してはいない、彼が立ち寄ったのだ」とコメントしていた。

こんな事象があったにも関わらず、マスゴミが藤崎大使に対してそんな事実を追及でもしたのだろうか?外務官僚としてどちらを向いた外交しているのか?と少しでも批判したのだろうか。それが今になって「全てを貫くのは対米配慮である」と手垢のついた言葉を並べて何になる。

なぜその時、その時点で調査しなかったのか?隠された事実を掘り起こさず放棄しておいて、今さら「こんな事実がありました」で済ませる。それがジャーナリズムかよ。どこかで誰かが調べてリークしたモノを取り上げて批判するなら、拙ブログのような素人ブログと同じレベルだ。クソタワケが。

鳩山政権が官僚とアメリカに懐柔されて崩壊した今になって、良い子ちゃんを演じたいのか、大上段に振りかぶるから却って姑息さが際立つ感じだ。太平洋戦争で散々大本営発表をたれ流し、国民を欺いてきた大政翼賛新聞が敗戦後「私たちは間違っていました」と、反省と悔恨の姿勢を見せたようだけれども、それが実はポーズだけで眉唾ものだった、という証左でしかないようで。

« 東電・賠償の「財源」は電気料金値上げで | トップページ | 御前崎市長原発停止を批判 »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

まぁカンサンの浜岡原発停止要望と一緒で出しただけでもマシと言うことで。このネタを踏まえてどれだけ厳しく当事者を追い込めるかどうかがホントのジャーナリズムですけど。
アサヒもマスコミ界のアメポチの雄フナバシサンが辞めて多少はマトモになろうとしているのか、単なるアリバイ作りのポーズなのか全く定かではありませんが、ここはじっくり注視して行く必要がありそうです(フルダチ”電波芸人”イチロー風)

まあ、出さないよりは出した方がすっきり爽やか、と便秘薬のコマーシャルみたいですがね。事実を独自に追及していくのがプロであり、本当のジャーナリズムだと思っていましたが。船橋がやめて浅非が変わるのかどうかは、これから注視していく必要がありそうです、と私も真似をしてみる。でも経済的にはネオリベ路線であろうと思いますが。
カンさんの、確かにトートツ感はありますが「世界一危険な原発」浜岡原発を停止要請を言いだすという、安全安心から言えば、ごく当たり前のことをやろうとして驚かれ、波紋を広げたりするのが逆に不思議の国ニッポンっていうことでしょうね。ただし、カンさんは防潮堤ができればまたやろうと思っているみたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/51596070

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間移設問題のウィキリークスをエラソーに報道する朝日:

« 東電・賠償の「財源」は電気料金値上げで | トップページ | 御前崎市長原発停止を批判 »