フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 原発列島を行くを読む | トップページ | トモダチなら・・ »

2011年4月 8日 (金)

子や孫にシャッキン残すより、ゲンパツ残す方が罪悪だ

前回の記事はクソ真面目な論調でツマラン!とお思いのあなた。そうです。
閑古鳥もここに極まる、と言われるぐらいの別ブログにアップした4月2日の記事でございまして。手抜きでございます。申し訳ありません、てなことでした。

ところで、最近ひそかに訝しく思っているのは、金持ちの婦女子は原発銀座のニッポン列島を見放して、もう既に海外に脱出しているんではないかと・・、ゲスの勘ぐりではございますがね。年末やゴールデンウイークで海外に脱出するニッポンジンは地上波のニュースにも流れますが、さすがに、放射能を恐れて海外へ~などの報道はしにくいですわね。

金持ちほどカネに執着し、執着するからこそ『金持ち』である訳でして。節約志向の人間はほとんど金持ちであります。ビンボー人がカネにあれほど執着するならビンボー人をしていないのですな。
なにしろビンボー人は節約しようにも、今がカツカツでどこをどう削ればいーんだ!ということです。ですから東京の極右知事(またこ奴がどうも再選するそうで、オメデタイですなあ)が酒を飲んで歓談している場合か、とヌカシタこともテメーは都民の税金でヌクヌクと生活できるから、自粛とか節約とか上から目線で半強制的なドーカツをノタマウのです。

んで、今度の大震災の復興予算で財源が云々ていうニッポン政府でありますが。まだこの期に及んでも財源、ザイゲン。白い巨塔か。
それで来年度から子ども手当を取り止めだとか、高速道路一律料金休日千円・平日二千円も止めるとか。

これ幸い、止める口実ができた、と小躍りしてんじゃないだろな。義援金だけで、もう1200億円以上集まっているわい。ボケ政府。
例えば、高速平日、2千円止めて、年間1000億円が確保されるってな。これだけの被害は、1000億円確保されても焼け石に水でしょうが。復興には何兆円規模の話でしょ。せっかくつけたETC、どーしてくれるのだ。
ええ、私怨ですけど、ナニか?

財政至上主義っていうか、規律派はすぐに「借金を子どもや孫に残す訳にはいかない」とか尤もらしいことを言うのですが。
借金残しても、原発残す方がよっぽど具合悪いでしょ。

元気があれば何でもできる!とイノキセンセーも仰ってるでしょうが。元気であればその借金も返せるけれど。
国民が原発被害で力尽きれば借金も返せねー、っちゅうのだ。そんなことも分からんで、スッカラカンやグダグダエダノみたいな口から先男が言葉多くして、なんの政府だというのだ。

« 原発列島を行くを読む | トップページ | トモダチなら・・ »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/51332870

この記事へのトラックバック一覧です: 子や孫にシャッキン残すより、ゲンパツ残す方が罪悪だ:

» 原発危機:まぼろしの安比高原スキー場レストハウス [静かなる革命2009]
1978年(昭和53年)の宮城沖地震のときわたしは仙台で大工をやっていた.大工を始めて5年目,ようやく一人前の職人として認められるようになった頃だ.地震発生は17時15分,マグニチュード7.4という大きなものだった.そのときわたしは仙台市内の建前(たてまえ)を終えたばかりでまだ外も囲っていない木造2階建ての現場にいた.その建物は入母屋(いりもや)造りの純日本建築だったが,建坪50坪ほどあり民家としては大きい部類に入る.グラグラっと来たときにすぐ,これは大きいぞ!というのが分かった.外を見るとコンクリ... [続きを読む]

» 今度は地球丸ごと道連れ [マスコミに載らない海外記事]
Chris Hedges 2011年3月7日 truthdig.com 今は堆積した泥に埋もれている、イラクのバビロンや、古代ローマ都市、ローマ帝国シリアの首都アンティオキアの、荒涼とした遺跡の中を歩いたことがある。現在は、トリポリ南東の荒涼とした流砂の中で孤立している、かつてローマ帝国で最重要な農業中心地の一つであっ... [続きを読む]

» 原発危機:まぼろしの安比高原スキー場レストハウス(続き) [静かなる革命2009]
現場に入ったのが遅かったから自ずと工期は詰まり,激しいブリザードの日は何日もあったが,この約50日間の間で休んだのは1日だけという突貫工事となった.前も見えないほどの猛吹雪の朝,雪中の作業には慣れているはずの地元勢にも不穏の空気が漂い,結束して今日はどうあっても仕事できないという強硬な申し入れがあったときでさえ,わたし達仙台勢だけは現場を空けなかった.仙台から乗り込んだ手勢は現場近くの民宿に止まっていたので風呂には毎日入ることができたが,一度も洗濯しなかったので履き替えの軍足が50足後に残った.その... [続きを読む]

« 原発列島を行くを読む | トップページ | トモダチなら・・ »