フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 怒りのテツゲン | トップページ | 子や孫にシャッキン残すより、ゲンパツ残す方が罪悪だ »

2011年4月 7日 (木)

原発列島を行くを読む

2001年発行だから10年前の本です。既読の方も多いだろうけれども、今回の福島第一原発事故を目の当たりにした今、この本を読む意味は重要だと思います。

派遣の劣悪な環境を自ら体験して書いた「自動車絶望工場」で有名な鎌田慧氏の著書です。はじめに、と題しての一文が印象的なので紹介します。

(引用ここから)

いまのわたしの最大の関心事は、大事故が発生する前に、日本が原発から撤退を完了しているかどうか。つまり、全ての原発が休止するまでに、大事故に逢わないですむかどうかである。大事故が発生してから、やはり原発はやめよう、というのでは、あたかも二度も原爆を落とされてから、ようやく敗戦を認めたのとおなじ最悪の選択である。

(引用ここまで)

大事故に逢わないですむかどうか、と危惧する鎌田氏の心配は現実のものとなりまして。いくら官房長官が「きちっとモニタリングして・・」としたり顔で発言しても。原子力安全委員会などが「そんなに深刻な事態ではない」と隠蔽しても。時間を経るごとにどんどん状況は悪化していくばかりで、後追いで事実を小出しにしていくだけみたいです。

菅首相は福島第一原発の廃炉は示唆したようですが、津波と爆発で崩壊して海水をぶっかけた原子炉は使い物になる訳はなく。未だ原発行政について明確な撤退の方向性を打ち出せていないのです。つまり、鎌田氏の言を借りれば、原爆を落とされてもまだ敗戦を認めていないのと同じことでして。それでもまだ推進するというのなら、あとどれだけの人数の国民が被害を受ければ、原発を廃止するのかと、訊きたいくらいです。

« 怒りのテツゲン | トップページ | 子や孫にシャッキン残すより、ゲンパツ残す方が罪悪だ »

原発」カテゴリの記事

コメント

昨日のNHK9時のニュースでリスクカンリセンモンカと称するセンセーが
「生きている限り危険はある。(放射能が)出たものは仕方ない。それを受け止めガマンして立ち向かって行くことが大事」とか仰ってました。
この手の論調を流し責めを負うべき人間の責任を曖昧にし、すべて各個人の自己責任に帰する様に持って行くのがニホン統治者の伝統的な有様で。
何となくコイズミジュンイチローサンに似ているところがブキミな方です
http://www.justmystage.com/home/hiroseh/index.html

為政者やそれに寄生して生きている人間は常に弱い個人の自己責任を喚くものです。生きている限り危険は付きまとう、ってそんな当たり前のこと。(オメーに言われなくても分かってらあ)、ということですよね。これで、責任逃れして「ヤレヤレ」と枕を高くして寝やがっているんでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/51329337

この記事へのトラックバック一覧です: 原発列島を行くを読む:

« 怒りのテツゲン | トップページ | 子や孫にシャッキン残すより、ゲンパツ残す方が罪悪だ »