フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 田中好子さんの死 | トップページ | 備えあれば憂いなし(あらゆることは想定外だけど) »

2011年4月22日 (金)

ようするに判断の先送りだろが

エダノカンボー長官の定例会見や緊急会見が多くて。
ま、政府広報スポークスマンでもあるから露出は仕方がないのだろうが、いいかげん食傷いたしますな。
被災地を訪れてはお得意の「食べるパフォーマンス」に勤しんだり、「反省させて下さい」と謝罪するカンソーリよりもよほど発信力があるようだ。浅非新聞は会見内容全部を記事にするほどで、その一部を抜粋してみた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.asahi.com/politics/update/0422/TKY201104220315.html

――計画的避難区域について戻ってこられる時期の見通しと避難区域の拡大の可能性についての見通しは。

 「1点目については、原発が収束することによって新たな放射性物質の堆積(たい・せき)あるいは放射線量が高まるということがなくなるということが前提になる。そうすると、先日示されたように、6カ月から9カ月でそうした状況を目指すという工程表が示されている。その段階ではじめてそこから先の具体的なことについての検討ができることになっていく。当然、発表した通り、モニタリングについてはこの間強化をしてこの程度の土壌の汚染量だからこれぐらいの期間で戻ってこられるようになりそうだという見通しはその間に蓄積できていくと思うが、実際にプラントを収束させた時点から最終的な確認をしないと出てこない。そこから先はそれぞれの今回指定してお願いしている地域の中においても放射線量、放射性物質の量については違いがあるので、そうしたことをかなり細かく詳細に分析した上で示していくことになる。2点目については、今回指定しなかった周辺地域についてもさらに詳細なモニタリングをする。そのモニタリングを評価していくということになるが、少なくとも現時点で把握している情報の中、つまり放射線量のモニタリングの中からは原発の状況がこれ以上悪化しない中であればということが前提になるが、新たな指定の拡大についていま何か検討しているということはない」

 ――避難期間が月単位でなく年単位に拡大する可能性もあるか。

 「いま申し上げた通りだ」

 ――避難解除は段階的に地域の放射線量を見て解除していくということか。

 「原発の事態を収束させた上で、さまざまなモニタリングを最終的に確認して、それに基づいて判断するということに尽きる」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

会見全文の一部でこれだけです。まあ、ベラベラベラベラ、よう舌が回ること。どうでもいいことだけれど「モニタリング」がお好きなようで、この会見で16回も連発している。モニタリンサクってどっかの県知事にいなかったけ。

それはともかく、法的拘束力がある警戒区域とは別に「計画的避難区域」の見通しに対してのマスゴミからの質問に答えているのだが。

要するに、工程表?かなんか知らんが、6~9ヵ月後に判断をするっていうことだけだ。たったそれだけのことを、こんだけグダグダ言うエダノカンボー長官。

さらに、回りくどい言い回しばかりなので、PCのタッチタイピングに忙殺されているアホマスゴミも何度もくどく聞き直すのだね。で、イラつくのか「今申し上げた通りだ」とエッラーそうに。

茶番ですな。

ただ、よーく分かったことと言えば。

「計画停電」とか「計画的避難区域」だとか。こいつらは具体的じゃなく確信が持てない場合や言質を取られないために「計画」などと使うようだということ。しかも「的」までつけているんだから、それは「計画的」です。消費者金融か。

« 田中好子さんの死 | トップページ | 備えあれば憂いなし(あらゆることは想定外だけど) »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、こんばんは
記者もこんな分かりきった質問をするし、答える枝野官房長官も長々と持って回って答えるものだと思います。
放射線量が減って暮らせるようになったら戻ってこれるし、放射線量が増えて暮らせなくなったら区域は広がります。
取り敢えず6〜9月としたが、確たる収束の見通しはないで済むことです。
記者はこんな下らんことではなく、もっと大事なことを聞き、答える方は回りくどく話すのではなく、率直に本当のところを喋ることであり、どっちもどっちですね。

ようするに(笑)、自宅に帰れる時期はいまの段階で分かりません、ということだけれど。それを言うと非難されるから逃げているだけなんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/51459815

この記事へのトラックバック一覧です: ようするに判断の先送りだろが:

« 田中好子さんの死 | トップページ | 備えあれば憂いなし(あらゆることは想定外だけど) »