フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« トモダチなら・・ | トップページ | ああ、腹立たしい、うっとおしい »

2011年4月10日 (日)

夏の節電を呼び掛ける大新聞の矛盾

野球は好きだが、高校野球は最近トンとご無沙汰である。特に夏の選手権というあの大会は、通りがかりのお店や喫茶店でもテレビ放映されていると、ただそれだけで、よけい暑さが倍増するので立ち去るか近寄らないようにしているのです。

だいたい、あの応援がより体感温度を上昇させる。ブラバンが何度も何度も同じフレーズを演奏しますよね。特に私にとって苦手なのが、山本リンダの「ウララ、ウララ、ウラウラで・・」というあのメロディーがダメで。体が拒否反応を示すのですね。汗が「タラリ、タラリ、タラタラで・・」となってしまう。

ま、それはともかく。
その大会を主催し、純真な、(かどうかは別にして)高校生を新聞の拡販に利用している浅非新聞がどーゆー訳か、コラム「天声人語」で今夏の電力不足を乗り切るため国民に節電を呼び掛けています。

http://www.asahi.com/paper/column20110408.html

夏の大停電は、大節電で防ぐほかない。政府は、大きな工場やビルには25%、家庭にも20%の節減を求めるらしい。需給の見通しを日々伝える「電気予報」も検討されている▼町工場や病院を泣かせる計画停電ながら、あえて功を探せば節電意識の高まりだろう。節電とは皆が「そば屋の店長」になること。照明も空調もほどほどでいい。「輝ける都市生活」を、薄明の下で省みたい。

(一部抜粋)

不要不急の電気を使用をせず、優先順位があろうとエラソーに問いかけるのです。高校野球を、エアコンの効いた涼しい部屋でテレビの前で観戦している大人たちの電力使用量はいかほどなのだろうか。電気使用量のピーク時は14時から15時だとかで、甲子園では第3・4試合がタケナワな時間帯ですな。

節電対策として設定温度を一度下げるとか細かい対策などを国民に知らせる義務があるというのなら、そのエアコン・テレビの使用が高まる原因の一つである高校野球を、今年は開催を見送るとか、それが無理なら電力使用量が一番多い夏を避けて開催時期をずらすとか。
アンタらの対策はないのか?と思いますが。

>照明も空調もほどほどでいい。「輝ける都市生活」を、薄明の下で省みたい。

「輝ける都市生活」などとキレイごとを。

嗚呼、自分のことを棚に上げ、我田引水する新聞に、栄冠は君に輝かないのである。

« トモダチなら・・ | トップページ | ああ、腹立たしい、うっとおしい »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/51349867

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の節電を呼び掛ける大新聞の矛盾:

« トモダチなら・・ | トップページ | ああ、腹立たしい、うっとおしい »