フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

老害ワタナベコーモンの茶番劇

休日返上で衆院予算委員会を開いている国会。昨日、民主党の福島県選出低レベル耄碌廃棄物ワタナベコーモンが質問に立ち世迷言を涙ながらに訴えたそうで。 カンソーリが自民党のタニガキ総裁に電話で入閣要請したことについて「まだ政治経験が浅い」と喝破したとか(笑)。

「私だったら、黙って自民党本部に行って手をついてタニガキ総裁に、国のため貴方が総理になって下さい!私が副総理でお仕えします!そう言えばタニガキ総裁も断らなかった」などと世迷言を吐いて周囲を戸惑わせたみたいです。それに対して、カンソーリは「色々な面で私の態度が不十分だったことをお詫びしたい」と陳謝。

「オールジャパンキャビネット!」だとか。
なんだかお手盛り臭がプンプンと漂うのですが。

このコーモンさんにとっては、いつの間にやら自民党の総裁をソーリにするのが当然のような話になっていて、このジジイはトロイの木馬よろしく、民主党に潜り込んだ自民党のスパイどころか、初めから筋書き通りではないかとさえ勘ぐりたくなる。

さらに、カンソーリも神妙な顔をしてお詫びしたい、といって陳謝するところをみると、ソーリの座をタニガキ総裁に譲っても良いと考えているのか。しっかりと仕事を全うしたいと、しがみついてた筈だけれども。だったら即刻辞任して解散総選挙でも何でもすればいいのに。

こんな時だからと、いつの間にやら大連立が大前提で話が進んでいるようで、自公に民を足せば、政権交代も無に帰す訳で、09年の総選挙は壮大な虚構に終わってしまうのでしょうな。

ま、しかし。このコーモンさんに冒頭で「低レベル耄碌廃棄物」と書いたけれど。もはや頭がモーローとしているのか?とも思う。自民党時代から原発を推進してきて、今さら「私は国策だから応援してきたたんだ」と開き直る厚かましさだけは「高レベル」かもしれません。

wiki参照

なにせ、3号機のプルサーマル計画を受け入れた現知事の佐藤雄平氏はワタナベコーモンさんの甥っ子だというのですから、親族一同で甘い汁を吸っていたのか、とさえ詮索されていますからね。

2011年4月29日 (金)

久しぶりにお気楽日記~屋内退避なう

今日からGWという事で。
あちこちでは人々が観光地などに繰り出して、歓声がこだましているんでしょうか。カレンダーの関係上、なかには10連休という方もいるそうでして。羨ましいかぎりであります。

それでも、私も世間様並みに今日はお休みを頂きまして。
拙ブログなんか読んでいるお暇な人は皆無だろうけれども、ヒマにあかせて今日二本目の記事です。

しかしあれですね。この震災後復興のため自粛ムードばかりでは如何なものかと、頭では分かっているのですが、再開したディズニーランドに、若者を中心に人々が殺到したというニュースで、開園と同時にアトラクション目指して猛ダッシュで走りだす人々に「なんだかなあ」という感想も抱くのですな。

簡単に言えば、嫉妬だろうと思うのですが「アンタら他に心配事ないのかよ」という全身ヒガミ根性が満ちてくる訳です。今も上空にはセシウムだとか、ストロンだとか、プルトンだとか、楽しくない仲間が何万テラベクレルと、ポポポポーンと舞っているというのに、などとね。

だけれども、自粛ばかりではイカンとも思うし、ささやかながら私もお気楽な休日を過ごしてみたのです。まあ、早い話が昼間っからビール、という常套手段でしかないのですがね。

Tumami_001

酒の肴は冷蔵庫に入っていたコレ。

枝豆をネリモノで揚げた一品です。ネーミングが「つまみ天 枝豆」だそうで(笑)、タケシ軍団にそんな奴がいたような。
きっと、この食品会社の担当者もその辺りを意識したんでしょうな。

これでやっと、拙宅も自粛ムードを払拭し、ニッポン経済に貢献したい(どこが)・・・と言っても、2割引きのシールが悲しいのでありますな。

それでも原発再稼働を希望する電力会社

中部電力(チュウデン)が定期点検中の浜岡原子力発電所3号機を7月から稼働させたいと、その旨を発表した。

チュウデンの水野明久社長は会見で「業績見通しの前提としては、収支の計算上、3号の停止を6月末までとした」と語り、7月から稼働したいという希望を表明した。これに対し、“原子力危険不安院”の西山審議官は「事業者としての希望表明であろうと思います。それと実際にそうなるかは別だと、そう考えている」と語り、再稼働については白紙を強調した。

http://youtu.be/Bp_QL393Gls(TBSニュース動画)

~と、まあマスゴミ風に書いてみました。
大地震が想定されている立地の「世界で最も危険な原発」と異名をとる浜岡原発の再稼働を「収支の計算上」という理由で「再開したい」ということだろう。民間の営利企業だし金儲けを第一義に考えるんだろうから、むべなるかな。

つまり、芸のためなら女房も泣かす、という唄の文句ではないが、金のためなら国民を泣かすということでしょうな。「安全・安心より経営上の事由を申し述べました。経営者としてトーゼンであります」と言いたいのでありましょうか。

一方で、電力会社の本社と原発の距離があることも指摘されていまして。この中部電力は名古屋に本社があり、意思決定に時間がかかるとも言われています。
当地の四国唯一の愛媛県伊方原発を擁する四国電力(ヨンデン)も、本社が香川県高松市にあります。先日ようやく、これでは問題だということで松山市に「原子力本部」を移転させる、という決定がされたそうです。

これも、遠く離れた場所に原発を置き、自分たちは原発のない、安全な場所でエラソーに能書きを垂れている訳でして。
電力の需要場所と供給場所の関係とおなじです。しかもヨンデンの場合、愛媛県伊方町に司令部を置かないというから、松山市からまだ距離があるので、少しだけ近づいた、つーことでしかないのですな。

ヨンデンの伊方原発もプルサーマル発電の3号機を4月29日から定期点検で3カ月間の停止に入るそうです。停止後の再開には地元の合意を得たいとも言っていますが、一方で「経常利益400億円を達成したいが、震災で不確定要素が大きい。3号機の再開が大幅にずれ込めば達成は難しい」とこの電力会社の社長さんもやはり、利益達成に言及する訳。
「衣の下から鎧が見えている」と言ったアンバイでしょうね。

さらに、地元ニュースで見たのだが、このヨンデンの千葉社長は「原発の安全性をさらに高める、ということになれば、それは電気料金に反映せざるを得ない」と言ったようです。

ありていに言えば「安全性を高めれば、電気代も高くつくぜ」とドーカツしているのと同じで、その辺のゴロツキと変わらない理屈をノタマッていて、絶対安全だと、今まで喚いていたこともウソでしたと、はからずも認めたようなものですな。

追記:

5月6日菅首相が中部電力浜岡原子力発電所の稼働中の4・5号機を含む全原発の停止を要請したようです。それについては、良しとしてですね。
まあ色々な思惑があるんでしょうが。ただし廃炉ということじゃなくて、津波を防ぐ防潮堤を造れば・・っていう説明みたいですな。

2011年4月27日 (水)

そーゆーことではないんだろうなあ

記者 「1号機の格納容器を水で満たす、『水棺(スイカン)』についてですが・・・

記者 「・・・長官、長官?聞いています?

Mannga_001_2

2011年4月26日 (火)

世田谷区長に保坂展人氏

いささか旧聞ではありますが。東京都世田谷区の区長選挙で保坂展人氏が当選されまして。数少ないグッドニュースのひとつであります。

しかし、区民が83万人にも上るというから「区」と言ってもケタ違いの規模ですね。近年乱発している「政令指定都市」よりも大きい。

まあ、保坂氏に期待いたしますねえ。
ゴーガンフソン都知事との対照的な政策を打ち出して欲しいですな。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chihosen11/tko/CK2011042502000046.html

現職の引退に伴い激戦となった東京都世田谷区長選を制したのは、「脱原発」を訴えた元社民衆院議員の保坂展人さん(55)だった。東京二十三区で最多の人口約八十三万人の世田谷区で、全国的にも珍しい社民の国会議員出身の首長が誕生する。

 保坂さんは当確情報が流れた直後の午後十一時二十分、下北沢駅近くの選挙事務所に笑顔で登場し、大歓声で支援者らに迎えられた。「組織もなく、時間もなかった。夢のよう」と万歳三唱した。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

だけど、イシハラシンタローを都知事に選んだ東京都は保坂氏も選択するという、ちょっと不思議な。ありていに言えば訳分からん、つーか。

2011年4月25日 (月)

東京電力には入社後、ただちに「社畜」となる恐れがある、みたいだ

知っている方も多いかもしれませんがご紹介いたします。Livedoorニュースからこんなネタを拾いました。
怒り心頭に達するというか、呆れ果て脱力するというかね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://news.livedoor.com/article/detail/5505295/

2011年に新入社員として東京電力に入社したと思われる女性Pさん(22歳)が、インターネット上に過激な書き込みをして物議をかもしている。とある人物が東京電力を批判する日記をSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)に書いたところ、Pさんが「よく考えてから批判するように!! 文句あるなら電気使うな!」と反論の書き込みをしたのだ。

Pさんの書き込みはそれだけに留まらず、「批判する人間は自分が原発に行けばいい」「電気を使わせて貰ってる人間が東電は許さないとか知識人ぶるのは滑稽」など、何度も反論の書き込みをしている。どの書き込みもかなり過激で、多くの人たちが驚きを隠せずにいる。以下は、Pさんの東京電力批判に対する反論コメントである。

・Pさんの東京電力批判に対する反論コメント
「東京電力の批判をしてますが、今電気を使えてるのは誰のお陰ですか? よく考えてから批判するように!!!文句あるなら電気使うな! あなたみたいな陰湿な事をいう人間がいるから日本人の質が問われるんです」
 
「世間知らずはどっちでしょうね。批判してるのは極一部ですよ。普通の人は東電頑張れと応援してくれてます! 今批判的なことを言うのは妬みだと思います。あと社長が悪いとか幹部が悪いとか言いますがみんな必死にやってます! そういう人間を批判する人間は自分が原発に行けばいいんじゃないですかね?行く度胸もなく、ただ電気を使わせて貰ってる人間が 東電は許さない とか言い知識人ぶるのは滑稽です(笑)」
 
「脳がないって(笑)。偉そうに言ってるけど原発の事とか何もしらないのでは? 他にも色々と矛盾してること言ってますしね。もうちょっと色々と勉強してから物事を発言したほうがいいですよ。あと会った事もない人間におまえ呼ばわりされる筋合いもありません!」(引用ここまで)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まあ、いちいち反論するのもバカバカしいかぎりでありますがw

今電気を使えてるのは誰のお陰ですか?よく考えてから批判するように!!!文句あるなら電気使うな!

この女性?の家庭がなんとなく想像できるのでありまして。こうして育ってきたんだろうな、とゆー。これを叫んだもん勝ち、みたいな(笑)。
「お前はだれのお陰でこうして生活できると思っているんだ!」などと言うDVオヤジの戯言と同じレベル。

世間知らずはどっちでしょうね。

「のし」つけて返してやるぞ。
よく考えてから批判するようにとは、アンタのことだ。だいたい、電気を恵んでやっている、てな、このモノ言い(笑)。

ねーちゃんよ。いつから電気は無料で支給されているんだ?
それによ、アンタの給料は何処から出てるんだ?民間会社という認識があるのかよ。

批判する人間は自分が原発に行けばいい

ここで、語るに落ちやがるのだが(笑)。原発に行けばいい!なんて。「原発に行け!」が厳罰(笑)だということは分かっていらっしゃる。つまり危険だというね。あのね、アンタが社員なんだろうから、まずアンタが行けよな。社外の人間が行けるのか?

「社畜」とは、「家畜」になぞらえた造語ですけれど。
会社にここまで飼いならされるのは、何十年とかかるかと思えば、東電にまだ入って間もない社員がここまでの「社畜」ぶりを発揮するとはw

さぞかし、東電の清水社長も感激するでありましょうな。
表彰してくれるかもしれん(笑)。

2011年4月23日 (土)

備えあれば憂いなし(あらゆることは想定外だけど)

電器屋でラジオを買ってきた。AM/FMで乾電池と充電仕様となっている。さらにランタンとスポットライト付き。充電して約1分間ラジオが聞けるとのこと。早い話が、防災グッズだ。

レジで2800円を2500円にまけてくれた。

充電はハンドルをグルグル回すタイプだ。試しにかなり回してみたがなかなか充電ランプは点灯しなかった。いざ、となればその時はハンドルを回すヒマがあるだろうか。

てゆーか、情報を流す放送局が存在してれば、の話だが。

てゆーか、私らが助かれば、の話だが。

Bousai_004

Bousai_003

これで非常時の対策はバッチリだ(どこが)。

<追記>

「防災グッズ」ってそれ自体で災害を防げるわけではないのにそう言いますな。非常時に活躍するという意味では「被災グッズ」が正しいのではないかと。だけど、それだと売れ行きが悪いんだろうなあ。

2011年4月22日 (金)

ようするに判断の先送りだろが

エダノカンボー長官の定例会見や緊急会見が多くて。
ま、政府広報スポークスマンでもあるから露出は仕方がないのだろうが、いいかげん食傷いたしますな。
被災地を訪れてはお得意の「食べるパフォーマンス」に勤しんだり、「反省させて下さい」と謝罪するカンソーリよりもよほど発信力があるようだ。浅非新聞は会見内容全部を記事にするほどで、その一部を抜粋してみた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.asahi.com/politics/update/0422/TKY201104220315.html

――計画的避難区域について戻ってこられる時期の見通しと避難区域の拡大の可能性についての見通しは。

 「1点目については、原発が収束することによって新たな放射性物質の堆積(たい・せき)あるいは放射線量が高まるということがなくなるということが前提になる。そうすると、先日示されたように、6カ月から9カ月でそうした状況を目指すという工程表が示されている。その段階ではじめてそこから先の具体的なことについての検討ができることになっていく。当然、発表した通り、モニタリングについてはこの間強化をしてこの程度の土壌の汚染量だからこれぐらいの期間で戻ってこられるようになりそうだという見通しはその間に蓄積できていくと思うが、実際にプラントを収束させた時点から最終的な確認をしないと出てこない。そこから先はそれぞれの今回指定してお願いしている地域の中においても放射線量、放射性物質の量については違いがあるので、そうしたことをかなり細かく詳細に分析した上で示していくことになる。2点目については、今回指定しなかった周辺地域についてもさらに詳細なモニタリングをする。そのモニタリングを評価していくということになるが、少なくとも現時点で把握している情報の中、つまり放射線量のモニタリングの中からは原発の状況がこれ以上悪化しない中であればということが前提になるが、新たな指定の拡大についていま何か検討しているということはない」

 ――避難期間が月単位でなく年単位に拡大する可能性もあるか。

 「いま申し上げた通りだ」

 ――避難解除は段階的に地域の放射線量を見て解除していくということか。

 「原発の事態を収束させた上で、さまざまなモニタリングを最終的に確認して、それに基づいて判断するということに尽きる」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

会見全文の一部でこれだけです。まあ、ベラベラベラベラ、よう舌が回ること。どうでもいいことだけれど「モニタリング」がお好きなようで、この会見で16回も連発している。モニタリンサクってどっかの県知事にいなかったけ。

それはともかく、法的拘束力がある警戒区域とは別に「計画的避難区域」の見通しに対してのマスゴミからの質問に答えているのだが。

要するに、工程表?かなんか知らんが、6~9ヵ月後に判断をするっていうことだけだ。たったそれだけのことを、こんだけグダグダ言うエダノカンボー長官。

さらに、回りくどい言い回しばかりなので、PCのタッチタイピングに忙殺されているアホマスゴミも何度もくどく聞き直すのだね。で、イラつくのか「今申し上げた通りだ」とエッラーそうに。

茶番ですな。

ただ、よーく分かったことと言えば。

「計画停電」とか「計画的避難区域」だとか。こいつらは具体的じゃなく確信が持てない場合や言質を取られないために「計画」などと使うようだということ。しかも「的」までつけているんだから、それは「計画的」です。消費者金融か。

田中好子さんの死

子どもの頃から、黒目がちでクリクリッとした瞳の女性にヨワカッタ私は「あなたに夢中」という歌を唄っている女の子三人組に目を奪われた。特に真ん中の女の子の魅力が、栗の花男子高校生だった私の胸を貫くのは簡単なことだった。

それからしばらくヒットに恵まれなかった当時のキャンディーズは、テレビ出演が少なかったせいもあり、思春期のオトコには、もうすでに物足りない番組だった「8時だよ!全員集合」のステージ脇に立っていた彼女らのわずかな出番を食い入るように見たものだ。

http://youtu.be/yPDFlUppC30

センターをスーからランへと変更した「年下の男の子」のヒットで大人気アイドルとなったキャンディーズだった。スーちゃんファンでもある私は「青田買いのへそ曲がり」で、彼女らが全国区になるにつれ「熱狂的」という冠ははずしていくのだが。

バラエティ番組で小松政夫、伊藤四郎との抱腹絶倒コントでライバルであったピンク・レディーに向かってカメラ目線で、ランが「ピンク・レディー、見てる?」と挑発するなど、そのセンスも好きだった。

「普通の女の子に戻りたい」とキャンディーズが解散した以降は、アイドルに興味がなくなって、特にファンでもなくなった。その後、女優に転身した田中好子さんの主演映画「黒い雨」。風呂場で髪の毛が抜けおちるシーンは静謐な場面で印象的だった。

“キャンディーズ”はこの年代のオトコどもの、ふと思い出すたびに声が「ウッ」と出そうになるほど、恥ずかしい過去と共に今も生きているような、そんなものかも知れない。

―――――

あまり死亡記事は書きたくないのですが、普段の生活を知りえない者にとっては急死と言える同世代の死は、やはりショックです。55歳とは若すぎます。

田中好子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

2011年4月19日 (火)

ナイトメアか

原子力発電所を造るために「クリーンで安全」と嘘っぱちをたれ流し、洗脳し、金で横っ面を張り倒して国民を騙してきてです。
今度は人災事故を起こしました。

・・で、巨額の賠償金が必要です、・・と。
つきましては、そのお金を捻出しなければなりませんので、電気料金の値上げを致したい・・と考えているんですが・・、みたいな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041901000922.html

政府は19日、東京電力福島第1原発事故で被害を受けた周辺住民らへの損害賠償の支払い財源を確保するため、電気料金を引き上げる検討に入った。賠償金が巨額になるため、東電だけでは負担しきれないとみており、各電力会社が電気料金に反映させている電源開発促進税を増税し、政府が賠償の一部を肩代わりする。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これって、どういう図式だろうか。例えをアレコレ考えるけれど適当なケースを思いつかないのですね。

1・交通事故を起こしたバカ息子が新車購入代金を出してくれた親に、事故の賠償金を払って欲しいと言っているような?

2・あるいは、人に車でぶつかっておいて「ワタクシ、保険に入っていないのでアナタ自身で治療費を出してね」と言っているような?

悪夢のようなニュースだと思うんですけれど。私だけでしょうか。

復興の財源にも消費税増税を言いだすし。
なし崩しで国民に痛みだけを押し付けてね。

浅非新聞の世論調査では「増税やむなし」が48%で「国債発行」が25%。

さらに、原発を「減らす」「止める」を合わせて41%。

「現状程度」が51%。増やすが5%ですと。

http://www.asahi.com/special/08003/TKY201104170324.html

これが、浅非新聞の捏造調査でなければ。

ニッポン国民はマゾですか。

2011年4月18日 (月)

原子力安全委員会の会議は5分

この原発事故が起こってから以降、原子力安全委員のお歴々は会議もそこそこに、5分か、そこらの集まりでお茶を濁していたという。こんな連中に年間8億4千万もの費用を出しているんですと。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

原発爆発後も会議時間はたった5分!原子力安全委員会のノー天気

http://gendai.net/articles/view/syakai/129957

委員会議事録を見ると、東日本大震災が起きた3月11日の臨時会議はわずか5分で終了。中身は「地震について」だが、福島原発への影響が確認された形跡は見られない。当時は「安全」との認識だったのだろうが、驚くのはその後。1号機が爆発した直後の14日の会議時間も5分、さらに2号機、3号機と相次いで爆発した後に開かれた17日も5分で終了なのだ。

(中略)

こんな役立たずの審議会のどこが「専門集団」なのか。つぎ込まれている8億4000万円(10年度予算)のカネは明らかにムダだし、年間1500万円以上の報酬を得ながら「どのような形で処理できるか知識を持ち合わせていない」なんてサジを投げた班目委員長も論外。委員は頭を丸めて福島原発に向かうべきだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こんなクソ(クソが聞けば怒るかな)の役にも立たない、学者センセーを養うのに一人/年間1500万だそうですぜ。

ノーテンキって、原発の緊急用電源がダメだったので『デンキがノー』っていう意味か。シャレにもならんわ。

2011年4月17日 (日)

あ~、歳は取りたくないねえ

なんかもう、歳ばっかり喰って、我ながら嫌になるんですがね。
ワタクシ、まもなく56歳になるそうですって、・・他人事みたいに(笑)。

まさか自分がそんな歳になるとは20代の時には想像もしなかったのですね。

特にイヤだったのは30歳になる時。

「あ~、俺も三十路かよ」と思いましてね。それは、それは。20代とは隔絶された世代のような気がしていましたね。

でもそれがいまや、厚かましくも50も半ばを過ぎてしまいまして。本を読むときには老眼鏡が欲しくなるんですよ。いや読めるんですよ、まだね。・・って見栄張ってますが(笑)。

去年までは55歳ということで「GO!GO!」なんて「郷ひろみ」みたいなことを言ってはヒンシュクを売って・・いや、かっていたのですがね。

実際に郷ひろみと同い年でして。あと、明石家さんまだとかも同い年。江川も掛布も。

松山千春もそうみたいで。千春よ、あんなにオツムが淋しくなるなんて「長い夜」の頃は想像できなかったぞ。

彼らとは、エライ違いだけれど(笑)。

だけど、みんなオッサンや。そこだけは一緒でなんとなく嬉しい。

オッサンというよりジジイじゃん、と思ったあなた。

あなたもいずれこうなるんですよ。

ま、でも、誕生日なんてねえ。

この歳になれば、冥土の旅の一里塚、ってことでしょうかね。

2011年4月16日 (土)

原発推進派の学者さんたちが次々謝罪だとか

原発推進派の学者センセ方が次々と謝罪したそうだ。
そんな報道を見るにつけ、今さら謝ってもらってもなんになるんだ!と言いたいけれど。
振り上げたこぶしの力が少しばかり緩む・・・もんかい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.j-cast.com/2011/04/16093099.html

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

   「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そんな人情論も、与謝野みたいに「推進してきたことは決して間違いではない」「謝る気はない」と、居直り強盗みたいに謝罪しなけりゃしないで、頭が水素爆発しそうになるし。こちとらの怒りを持続させるためには、こんなクソジジイも必要悪なのかと思ったり。

ところで、松本健一内閣参与が原発周辺は10年、20年住めないと発言したのか、あるいはカンソーリが言ったのかうやむやな感じだけれど。
だけど、原発周辺に住まいの方にはお気の毒だが、これは実際のところ本当だろうと思いますが。

この事故を起こした原発は廃炉にするしかないのはもはや隠せない事実だろう。その処理に、ある企業の見積もりでは30年、短くて10年と、いずれにしても長期間かかるとされたそうだ。しかもその費用は1兆円という巨額のカネが必要だそうで。賠償だけでも東電は賄えないかもしれないとなると・・、あとは当然国民のお金ということになると思うと、私のハラワタが炉心溶融してしまう。
つまり、どちらに転んでも国民にとって、被害が甚大なわけです。

その松本氏の更迭を検討する、とエダノ官房長官が言ったそうで。本当のことを言って首になるならば。じゃ、聞くが「今のところキチッとモニタリングして、適切に対処をしている、と聞いている」などと、エダノ官房長官の事故発生当初のテキトー答弁は許されるのか、と。
その辺りの指摘はキチッとモニタリングしておきます。

2011年4月15日 (金)

反原発で発信する人たちと、推進してきて今は押し黙る連中

俳優の山本太郎氏がtwitter上で反原発のツイートをしたそうで、ちょっとしたニュースになっています。

http://twitter.com/yamamototaro0/status/56402429368991744

>原発発言やリツイートはCHECKされ必ず仕事干される、お前がその事に触れられぬ事は皆判ってくれる。二週以上前から母は僕に釘をさし続けた。日雇い労働役者稼業明日から干されてどう生きてく?だからって黙ってテロ国家日本の片棒担げぬ。親不孝許せm(__)m日曜高円寺行くのも許してチョ

10日のデモにも参加したそうです。しかし、テロ国家ニッポンって。
よう、ゆーた(笑)。

ブログでは14歳の藤波心ちゃんが、スッキリ明快な反原発を記事に立ち上げ話題になったばかりですし、歌では斉藤和義の「ずっとうそだった」が話題をさらいました。でも、これらに誹謗中傷するヤカラがいるというのも事実でムカつくんですがね。

有名人が反権力的なことを言うと、本人にはリスクは高い訳ですが、影響力が強いので、広く知られるという意味で良いことだと思います。
原発のCMに出演していたタレントは・・まあ、百歩譲ったとしてですね。文化人だとか知識人みたいな連中はこの事態をどう思っているのか、なんとか言って欲しいもの。

例えば大宅映子というオバハンはどうなんだと、日刊ゲンダイにあります。原子力安全委員会のメンバーにも名を連ねたそうですなあ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日刊ゲンダイ

また、テレビコメンテーターにも原発擁護・推進派が多いといわれているが、例えばそのひとりは原子力安全委員会の政策評価会議のメンバーも務めたジャーナリストの大宅映子氏である。10日放送のTBSの「サンデーモーニング」では「原発は世界の問題」として「やる必要はないとやめることも必要だった」などとコメントしたが、これまで推進してきたことについての説明がない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

オヤジの過去の威光だけで「文化人」やってんのですかね。他人のことには口を歪めて「説明責任」を問うくせに、自分のことには口をつぐむっていうのを、ダブスタって言うんじゃなかったのか。

2011年4月13日 (水)

ボヤかな、しゃーない

あまりにも嫌な話ばかりで。

この辺りで古き良きお笑いでも見ましょうか。

笑いは人間の潤滑油にして、コリと疲労の回復剤(by 人生幸朗)

「君の瞳は10000ボルト」私、この歳になるまで目の玉に電気代払ったことない

「ほんまやね~、そんなら原発なんか要らんかったのにねえ。」と、今ならツッコミを入れたいとろですか(笑)。

私がこのなかで一番好きなボヤキは。

ニューミュージックの松山千春のあの歌。『小さい部屋の窓から見える空の青さはわかるけど、空の広さはわからない』~長生きせーよ!

これですねえ(笑)。

2011年4月12日 (火)

レベル7 ことここに至ってまで

福島が「FUKUSIMA」として世界で語り継がれるようになりましたな。
“原子力危険・不安院”がチェルノブイリの事故と並ぶ原発事故の深刻度のレベルを7にしたそうですね。

この第一原発事故が起きてから既に63万テラベクレル(テラは兆)の放射性物質が外部に放出されたとか。63万テラってどんな数字ですかね。兆の63万倍だと言うんですがね。
さっぱり想像もつかないのだが。まあ、要するににダダ漏れで。

しかも、この不安院の西山というテレビでお馴染みの官僚は言うにこと欠いて「ただし、チェルノブイリと比べて、放射性物質の放出量は1割です」というのですな。
オメエ、それ自慢なのかよ?

さらに、別の黒木とかいう審議官が事故当時に比べて放出量が減っているので「最悪の事態は今は脱した」とヌカシタんですと。
事故当初、安全委員会の東大のエライセンセー方は「そんなに危機的状況じゃない」とかホザイてたアレは、どうなんだ?ウソでしたと?

語るに落ちやがって。
はじめっから、最悪の事態だったと、今になって認めたってゆーことです。木っ端役人がテメーの保身と、隠蔽と責任回避がまず最優先で。
逃げることしか考えていないのは明明白白。さらに、いまも最悪の事態に変わりはないのに、「最悪の事態を脱した」とまだ隠蔽しようということみたいです。

<ここにYOUTUBE貼っていたんですが、削除されたんで、こっちも削除しました>

ま、あれです。ことここに至っても。

チェルノブイリに比べればまだましですぜ、ダンナさん。

とゆーことを、原子力危険・不安院は言いたいみたいですな。

2011年4月11日 (月)

ああ、腹立たしい、うっとおしい

繰り言になるし、今さらと言えば今さら。
結果が確定する前からあのジジイが当選するであろうということは織り込み済みだったのですがね。昨日の東京都知事選選挙は予想通りイシハラシンタローが当選となってしまい、ヨソ者である私もがっかり。改めて胸くそ悪い結果となりました。

田舎モンである私に直接関係ないとは言え、傲岸不遜を絵にかいたようなジジイがこれからもマスゴミに出ては、都政以外のあらゆる世情に口出しをしてはエラソーに御託を並べるかと思うとアンタンたる思いにかられるのですな。

レイシスト極右政治家にして、利益誘導弱者排除型政治屋の典型と言っていいあのジジイを選ぶ理由はなんでしょうか。現職の強みと言ってしまえばそれまでですが、震災後「天罰」発言があったにも拘らずこのジジイに一票を入れるのですから、都民の選択は確信的なんでしょう。

「東京が貧乏になっても良い。震災の復興のためになんでもします」と言ったこのジジイが、仮定の話ですが、復興のために都民税を増額するとしても文句は言えない訳でしょうね。

ま、この選挙は選択肢が限られた選挙で、もっと言えばジジイを落選させるためには共産党の小池さんしかなかったんでしょうしね。
そのまんま調子コクバルは国政へ打って出る布石だろうし。強欲企業家は政治を会社経営と同じだと思っているし。あとは、いつものように出てくる泡沫候補ばかりだったし。

多くの都民は「ま、イシハラしか居ないでしょ」という消去法だったんでしょうがね。でも、それなら投票所まで行って無効票でも投票した方がマシだったかもしれません。それぐらい酷い選択だったような気がしますな。

ただ一つ。原発推進派のこのジジイに期待するとしたら、築地移転予定場所の豊洲に原発を持ってくるという、新銀行東京みたいな破綻政策を発表してくれないか、と思いますね。
そうなって初めて、都民は「間違った選択をしてしまった」と後悔するんでしょうか。

あと、大阪ではハシゲのナントカの会が第一党だとか。こんな連中ばかりがのさばって、ホントこの国の将来は無いなと。そんな気さえする、桜花満開にもブルーなマンデーです。

2011年4月10日 (日)

夏の節電を呼び掛ける大新聞の矛盾

野球は好きだが、高校野球は最近トンとご無沙汰である。特に夏の選手権というあの大会は、通りがかりのお店や喫茶店でもテレビ放映されていると、ただそれだけで、よけい暑さが倍増するので立ち去るか近寄らないようにしているのです。

だいたい、あの応援がより体感温度を上昇させる。ブラバンが何度も何度も同じフレーズを演奏しますよね。特に私にとって苦手なのが、山本リンダの「ウララ、ウララ、ウラウラで・・」というあのメロディーがダメで。体が拒否反応を示すのですね。汗が「タラリ、タラリ、タラタラで・・」となってしまう。

ま、それはともかく。
その大会を主催し、純真な、(かどうかは別にして)高校生を新聞の拡販に利用している浅非新聞がどーゆー訳か、コラム「天声人語」で今夏の電力不足を乗り切るため国民に節電を呼び掛けています。

http://www.asahi.com/paper/column20110408.html

夏の大停電は、大節電で防ぐほかない。政府は、大きな工場やビルには25%、家庭にも20%の節減を求めるらしい。需給の見通しを日々伝える「電気予報」も検討されている▼町工場や病院を泣かせる計画停電ながら、あえて功を探せば節電意識の高まりだろう。節電とは皆が「そば屋の店長」になること。照明も空調もほどほどでいい。「輝ける都市生活」を、薄明の下で省みたい。

(一部抜粋)

不要不急の電気を使用をせず、優先順位があろうとエラソーに問いかけるのです。高校野球を、エアコンの効いた涼しい部屋でテレビの前で観戦している大人たちの電力使用量はいかほどなのだろうか。電気使用量のピーク時は14時から15時だとかで、甲子園では第3・4試合がタケナワな時間帯ですな。

節電対策として設定温度を一度下げるとか細かい対策などを国民に知らせる義務があるというのなら、そのエアコン・テレビの使用が高まる原因の一つである高校野球を、今年は開催を見送るとか、それが無理なら電力使用量が一番多い夏を避けて開催時期をずらすとか。
アンタらの対策はないのか?と思いますが。

>照明も空調もほどほどでいい。「輝ける都市生活」を、薄明の下で省みたい。

「輝ける都市生活」などとキレイごとを。

嗚呼、自分のことを棚に上げ、我田引水する新聞に、栄冠は君に輝かないのである。

2011年4月 9日 (土)

トモダチなら・・

「オペレーション・トモダチ(トモダチ作戦)」と名付けた救援活動を展開している在日米軍。

あのー・・、厚かましいようですけれど、・・できましたら。

この際「思いやり予算」も遠慮して頂けないでしょうか。

この人もこう言ってます。

2011年4月 8日 (金)

子や孫にシャッキン残すより、ゲンパツ残す方が罪悪だ

前回の記事はクソ真面目な論調でツマラン!とお思いのあなた。そうです。
閑古鳥もここに極まる、と言われるぐらいの別ブログにアップした4月2日の記事でございまして。手抜きでございます。申し訳ありません、てなことでした。

ところで、最近ひそかに訝しく思っているのは、金持ちの婦女子は原発銀座のニッポン列島を見放して、もう既に海外に脱出しているんではないかと・・、ゲスの勘ぐりではございますがね。年末やゴールデンウイークで海外に脱出するニッポンジンは地上波のニュースにも流れますが、さすがに、放射能を恐れて海外へ~などの報道はしにくいですわね。

金持ちほどカネに執着し、執着するからこそ『金持ち』である訳でして。節約志向の人間はほとんど金持ちであります。ビンボー人がカネにあれほど執着するならビンボー人をしていないのですな。
なにしろビンボー人は節約しようにも、今がカツカツでどこをどう削ればいーんだ!ということです。ですから東京の極右知事(またこ奴がどうも再選するそうで、オメデタイですなあ)が酒を飲んで歓談している場合か、とヌカシタこともテメーは都民の税金でヌクヌクと生活できるから、自粛とか節約とか上から目線で半強制的なドーカツをノタマウのです。

んで、今度の大震災の復興予算で財源が云々ていうニッポン政府でありますが。まだこの期に及んでも財源、ザイゲン。白い巨塔か。
それで来年度から子ども手当を取り止めだとか、高速道路一律料金休日千円・平日二千円も止めるとか。

これ幸い、止める口実ができた、と小躍りしてんじゃないだろな。義援金だけで、もう1200億円以上集まっているわい。ボケ政府。
例えば、高速平日、2千円止めて、年間1000億円が確保されるってな。これだけの被害は、1000億円確保されても焼け石に水でしょうが。復興には何兆円規模の話でしょ。せっかくつけたETC、どーしてくれるのだ。
ええ、私怨ですけど、ナニか?

財政至上主義っていうか、規律派はすぐに「借金を子どもや孫に残す訳にはいかない」とか尤もらしいことを言うのですが。
借金残しても、原発残す方がよっぽど具合悪いでしょ。

元気があれば何でもできる!とイノキセンセーも仰ってるでしょうが。元気であればその借金も返せるけれど。
国民が原発被害で力尽きれば借金も返せねー、っちゅうのだ。そんなことも分からんで、スッカラカンやグダグダエダノみたいな口から先男が言葉多くして、なんの政府だというのだ。

2011年4月 7日 (木)

原発列島を行くを読む

2001年発行だから10年前の本です。既読の方も多いだろうけれども、今回の福島第一原発事故を目の当たりにした今、この本を読む意味は重要だと思います。

派遣の劣悪な環境を自ら体験して書いた「自動車絶望工場」で有名な鎌田慧氏の著書です。はじめに、と題しての一文が印象的なので紹介します。

(引用ここから)

いまのわたしの最大の関心事は、大事故が発生する前に、日本が原発から撤退を完了しているかどうか。つまり、全ての原発が休止するまでに、大事故に逢わないですむかどうかである。大事故が発生してから、やはり原発はやめよう、というのでは、あたかも二度も原爆を落とされてから、ようやく敗戦を認めたのとおなじ最悪の選択である。

(引用ここまで)

大事故に逢わないですむかどうか、と危惧する鎌田氏の心配は現実のものとなりまして。いくら官房長官が「きちっとモニタリングして・・」としたり顔で発言しても。原子力安全委員会などが「そんなに深刻な事態ではない」と隠蔽しても。時間を経るごとにどんどん状況は悪化していくばかりで、後追いで事実を小出しにしていくだけみたいです。

菅首相は福島第一原発の廃炉は示唆したようですが、津波と爆発で崩壊して海水をぶっかけた原子炉は使い物になる訳はなく。未だ原発行政について明確な撤退の方向性を打ち出せていないのです。つまり、鎌田氏の言を借りれば、原爆を落とされてもまだ敗戦を認めていないのと同じことでして。それでもまだ推進するというのなら、あとどれだけの人数の国民が被害を受ければ、原発を廃止するのかと、訊きたいくらいです。

2011年4月 6日 (水)

怒りのテツゲン

■森田健作も防災服か

アンタも着用してたのかよ。

■防災に強い東京

って、放射能Uターンのドクター・ナカマツさん。「防災」に強くてどうすんだ。

■講釈2分、段取8分って言うやろ昔から

汚染水・水ガラスを1500リットルで少し減りました。明日もう一度1500リットル入れて様子を見ます・・・・。初めっから用意しとけ、ボケ!

■つげ義春さんは・・

「ねじ式」が有名だけど。「ドロナワ式」は東電さんですか。

■原子力安全・保安院

頼むからさ、後ろ向いて、相談するのを止めてくれ。プロレスの悪役が「せん抜き」をトランクスから出すようで怖いんですけど。

■今夏の停電避けたい

だから、くだらんテレビの制作と放映を止めろよ。

■パーアワー

わたしの酒量は100ml/h。
ちびちびかよ。

■100億円ポンと

そ、ソンな。   ― ヤナイさん

2011年4月 4日 (月)

ナニ言ってんだ

「魚を食べてもまず問題ない」

「暫定基準値厳しすぎる」

「ただちに健康に影響は出ない」

「放射性物質に汚染された水が海にながれても希釈されるので問題ない」

「X線検査と比べてもごくわずかの量」

「チェルノブイリでは子どもの甲状腺がんが10倍になっただけ」

「放射線量、各地で減少傾向続く」

「線量計、各グループにひとつだった」

「いまのところ、健康被害ほとんど問題ない」

「乳児の水道水摂取制限、念には念を入れた結果」

「妊婦は飲んでも大丈夫」

2011年4月 1日 (金)

火事場のバカ政局

・・で、久しぶりに政局なんですが、この国難と言える大災害・人災原発事故がこの国を襲って、これを乗り切るためには大連立も視野に!ということらしくって。タニガキ総理、センゴク副総理でどうでしょう、という話が自粛ムードの中シュクシュクと進んでいるという話も流れています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110402k0000m010089000c.html

民主党の岡田克也幹事長は1日、自民党の石原伸晃幹事長と国会内で会談し、復興担当相など閣僚3人を増員する内閣法改正案を近く国会に提出する考えを伝え、協力を要請した。石原氏は「個人的には賛成だ」と述べ、来週幹部に諮った上で回答する考えを示した。菅直人首相は3月19日、自民党の谷垣禎一総裁に電話で副総理兼震災復興担当相での入閣を要請し拒否された経緯があるが、自民党側にも応じるべきだとの声が出ており、将来的な民主、自民両党の「大連立」を視野に入れた動きといえる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こんなにも大変な時期だから派手に選挙をやってる場合か、というピッタリの口実が見つかって、国民不在の大連立をやってしまおうということですか。カンソーリのあの眠たそうな目を見ていると、心底この人じゃダメだと思う。一方で、目に力を入れたカンさんはもっと白々しいし。かと言って、どこの誰が自民党のタニガキソーリを認めたのかよ。テメーらだけで決めてしまい、野合原発推進靖国参拝新自由主義親米右翼記者クラブ温存検察官僚支配独裁国家でもやるつもりかね。(てゆーか、今もそうですか)

秩序が素晴らしいと外国から称賛される国民性ですが、被災地では窃盗が多くて自警団も組織して、というのと同じですな。罹災したり、困難を強いられている国民をとことん馬鹿にした話で。どさくさの火事場泥棒と言われたとしても政治屋さん、アンタらどう応えるつもりなんだ?

どさくさと言えば、復興のため財源を確保なんていうことで消費税を増税しようとか、政策の転換をこの機会にやってしまおうと、財政至上主義の連中がひそかに画策していて。09年の衆院選挙での民意は地中深く、高レベル放射性廃棄物と一緒に埋められてしまうのでしょうなあ。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »