フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 常識を疑えという普遍的な教えに関する一考察 | トップページ | 土曜日の素敵 »

2011年3月 4日 (金)

出直し名古屋市議会選挙 やっぱ勝ち馬に乗る人が多いみたいだ

各地の地域政党っていうのだろうか、名古屋のカワムラ氏の減税日本だとか、なんとか維新の会とか、いやに盛んですね。ま、国政のほうがグダグダで、なんとかしなくちゃいけないなどと言うことでしょうか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110304-OYT1T00897.htm

出馬したのは定数75を大幅に上回り、44年ぶりに130人を超える計138人。同市議選は、4月の統一地方選の前哨戦として、注目されている。投開票は13日。

 候補者の内訳は、民主党27人、自民党24人、公明党12人、共産党16人、みんなの党8人、諸派の減税日本41人、無所属10人。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

減税日本が41人も候補を出したようです。過半数を得られるかが焦点とか。

だけどこれらが「改革」だとか、「維新」だとか言う度に、眉に唾をつける回数が増えて行く私です。前総務相のハラグチさんが大阪府のハシゲなんかと連携というから余計に気持ちが離れる。特に「維新」が流行しているみたいだが、その後に「富国強兵」なんていうことが起こるんじゃないだろね。

減税は確かにうれしいですし、木っ端役人の給与が民間水準より高いのにも憤慨する。議員報酬の高さにも腹が立つ。

特に議員報酬などはやっぱりべらボーに高いと思う。それ以外に政策調査費という名目で別に金を頂いている。それを政策のため、勉強のため利用しているんならまだしも。テメーの生活や趣味・飲み食い・遊興費、下らんことに使う輩がいることは、その時々の報道で皆さんご承知の通り。

あまりに腹が立って「自腹でやれ!テメーの金を使うのがそれ程までに嫌なのかよ。辞めさせろ、そんなクズ」と思うこともしばしば。
もっと言えば自腹といっても、そのフトコロの原資は税金だったりするから余計始末が悪い。

■対立と解散請求

でもしかし、カワムラ氏がやったように、議会のリコール請求を市民に求めるやり方、というのはどうにも。
私など諸手を挙げて賛成とはいえません。
いやそれに市民が賛成したではないか、という向きがあるでしょうが。市民が選択したことが本当に良いことなのかどうかは、それが実際に行使されて初めて判明することだと思うのですね。それはやってみなきゃ分からんということで片付くかもしれないですがね。

10パーセント減税が平等だという思い込みは早計みたいですね。なにしろ、パーセントで減らすということは、お金を持っている人が多くの恩恵を受けることになる訳ですからね。

それに、首長が議会と対立したからと言って議会をリコールするように煽る、という図式はどうしても「独裁」というイメージを抱いてしまう。
まあ、カワムラ氏も市長を辞職して、改めて信を問うたではないかということでしょうが、議会の解散請求が成立した時点で彼の当選は決まったようなもんです。それが計算できないようなら政治家は辞めなきゃいけません。

■公務員の給与を目の敵にするのは?

もうひとつ。
阿久根市の前市長さんがやったように、役人の給与水準が高いからといってむやみに攻撃の対象にするのですが。
ま、私も高給を取りやがって、とも思うし。偉そうに市民に相対する連中も居るのも事実です。民間の給与との格差を指摘するのも尤もだと思う。

だけれども、ここにも大きな落とし穴があるんですね。仮に役人の給与が下がったとしてごらんなさい。きっと日本の強欲大企業を中心とする民間企業は「公務員の給与レベルと比較して我が社の給与は高い」などと、今より更に下げるに決まっているんでしょうしね。雀の涙が何の涙になるのだか想像もつかない。

公務員の給与が比較対象になって決まっている部分てのはかなり有ると思うので。それにその高給を貰っている何十万人という公務員がいることでようやくこの景気です。不景気が益々酷くなるような気がするのは間違いでしょうかね。

« 常識を疑えという普遍的な教えに関する一考察 | トップページ | 土曜日の素敵 »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

somethingさん。今晩は。
私、何とか息をついていました。(笑)

>ここにも大きな落とし穴があるんですね。仮に役人の給与が下がったとしてごらんなさい。きっと日本の強欲大企業を中心とする民間企業は「公務員の給与レベルと比較して我が社の給与は高い」などと、今より更に下げるに決まっているんでしょうしね。

凄く大事なご指摘だと思いました。きっと大企業を中心とする民間企業はご指摘のように言ってくると思います。
ですから、働くもの、庶民としては逆に、原則としては、「条件の良い方に引き上げよ」と迫った方が良いと思います。
そうでなく、今のままでアジティター達の言い分に乗せられていたら民間労働者も庶民も返って徹底的に打ちのめされてしまうと思います。私達も人間ですから、時には条件の良い人たちを羨み「ヤッカミ」も芽生える時もあります、そこを悪党連中は突いて来ます。今こそ大所高所に立ったほうがよいように思いました。

スジとしては、働くものや庶民を苦しめている元凶に迫らなくては根本的な解決は出来ないとおもいます。ふやけた議員、高級公務員はともかく、一般公務員をイジメるということは内輪もめをするようなものだと思います。悪党どもが喜んでウハウアしていることでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/51030161

この記事へのトラックバック一覧です: 出直し名古屋市議会選挙 やっぱ勝ち馬に乗る人が多いみたいだ:

» 自民党名、民主党名がダメなら、今度は「減税党」? 「減税」の筈が庶民は実質増税、福祉切捨て。 [ブログ blog で 情報交換]
近頃おかしな政治の流れが作り出されております。嫌な予感がします。これって、悪政悪 [続きを読む]

« 常識を疑えという普遍的な教えに関する一考察 | トップページ | 土曜日の素敵 »