フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ポッポさんの耐えられない軽さ | トップページ | 温故知新とはいいますが »

2011年2月16日 (水)

カンカラカンソーリこそ「許しがたい暴挙」をする

カンカラカン政府は「ねじれ国会」で予算執行ができないと危機感も露わに野党にすり寄って「熟議」っていう変なことを言って話し合いしましょうよ、とひれ伏さんばかり。それでナンミョー党がダメなら、一度別れた糟糠の妻(社民党)ともよりを戻そうと必死ですが。
で、身内が多いほど有利なのに党員を減らそうとするしね。

ところで、な・なんと。
カンカラカンソーリは消費税増税を含む「改悪」を決めたアソー政権の法律を守ろうとしているそうで。11年度末までに法制化しなければならないとノタマッタとか。その法案とは、所得税法の付則に「消費税を含む税制抜本改革を11年度までに法制化する」というものを根拠にしているそうです。

こ奴は。

罵声をいくら投げつけても足りませんな。

これは有名な話だが、消費税増税を声高に叫ぶ経団連などの強欲大企業どもは「輸出戻し税」で08年度実績で6兆6700億円もの巨額をポッケにないないしているのですぞ。

しかも、「単価105円?なんだ5円は。消費税?バカヤロ、税込みで100円にしろ」って下請けを泣かせている。つまり払ってないも同然な訳で。

内政干渉するIMF(クソ)でも、ニッポンの財政再建は待ったなしデース。消費税上げるべきデース、とかぬかしているけれど。

「法人税減税は財政再建にはプラスになりまセーン」とこれだけは至極当たり前なことを言ってますな。

当ったり前だろが。
消費税上げても法人税減らせば「ザルで水をすくっているようなもん」っていうのは「サル」でも分かるというのだ、アホカンだら。

« ポッポさんの耐えられない軽さ | トップページ | 温故知新とはいいますが »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/50887121

この記事へのトラックバック一覧です: カンカラカンソーリこそ「許しがたい暴挙」をする:

« ポッポさんの耐えられない軽さ | トップページ | 温故知新とはいいますが »