フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

ひとこと文句タレ

パンダが上野にやってきた

移動だけで大騒ぎだな。中国嫌いじゃなかったのかよ。

菅伸子さん党の宣伝チラシに

いよいよ、ノムラサッチー化してきたな。

民主党・岡田幹事長「誰が見てもできないことを、いつまでも出来ると言うのは、国民に対する不正直だ」

あのね。本当の正直者はできませんでしたと、謝罪して権力を降りるもんだ。偏屈フランケンめ。

NZ地震被害広がる

安否不明者の家族に「今のお気持ちは」とか聞くなボケマスゴミ。その気持ちも分からんようじゃ、アンタ終わっている。

リビアで無差別に国民を銃撃

国家なんて独裁者でなくても国民を殺します。

エビゾー暴行裁判

なんだチンピラ同士の喧嘩じゃん。

カンソーリ、外遊を優先

「勝手に行った奴をなんで助けなきゃいけないんだ」
結局コイズミと同じかね?

大相撲八百長問題

あら?最近とんとご無沙汰でしたわね~。

日ハムキャンプ地大賑わい

佑ちゃんだけが今年の新人かよ。去年の日本一はロッテですよ。

財源がないからできません

派遣法改正と郵政と全面可視化はいくら予算が必要なんだよ。

財政健全化1

一般家庭の家計に例えるなよ。国はお札を刷れるんです。

財政健全化2

消費税を上げないと財政が破たんするって、消費税は社会保障目的じゃなかったのか?なんだ、借金返済に回すのかよ。

検察証拠改ざん事件

あら~、こちら本当にひさしぶりねえ~。どうしてたのよお。

税と社会保障の一体化集中審議で新聞社四社が提言

マスゴミ、ブン屋ごときに提言を求めるなよ。
ところで朝日新聞さん、入ってなかったのでしたか?残念でございますわね奥様。

新聞、読者離れ

どうせ、購読者より大企業スポンサーの方と顔色しか見てないんでしょ。いっそフリーペーパーにすれば?

2011年2月26日 (土)

カンさん、本当に「勝手に行った奴」なんて言ったんですか

本人は否定している。だからその真偽のほどは闇の中、みたいな話です。
ムバラク退陣で混乱の極みにあったエジプトで邦人約500人が空港で足止めを食った。

その時、我がスッカラカンソーリはスイスのダボス会議の出席ため政府専用機を使用しました。だけど、外務省が邦人の移動便宜のため専用機使用を打診したところ、カンソーリは「勝手にいった奴をなぜ助けるのか」と怒ったとか?

なんだか、この話。チラ見したけど、ネットでもカンカンガクガクやっていましたね。私の感じでは、官僚の自作自演マッチポンプ内部告発臭もプンプンしていて限りなく怪しい話ではあるんですね。だって、官僚が「いいひと」を演じているし(笑)。

週刊朝日の記事によるとそういうことだ、みたいな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

週刊朝日 3月4日号

  • エジプト騒乱で菅首相がキレた
    「邦人救出よりも自分の外遊」
  • ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    まあ、当然首相側は全否定しているそうですけれど。
    そらそうだわなあ。あのコイズミの「なんでそういう所へ行くのかねえ、自己責任!」と同じ話になってしまう訳でして。

    イラク大量破壊兵器があるんです!テロとの戦い!と「自衛隊が行く地域が非戦闘地域なんです」などとたわごとを弄し、今度は民間人が人質になれば「そんな危ない所へ行くのは自己責任だ」
    非戦闘地域じゃなかったのかよ。

    国家や権力者なんてものが責任を回避するための「方便」でしかない「自己責任」。弱い個人に責任転嫁するための「自己責任」。ま、こんな話は当時のネットで散々語られたことでしょうし、このへんで止めにしますがね。

    拙ブログでもボロクソにスッカラカンと貶している。

    しかし、私自身も以前は支持していた人なので、ちょっとだけ、もうほんの少~しだけ、私の中に残っている或る思いに、これが本当なら・・、あまりにも酷い変質ぶりにカンさん本人に訊きたいくらい。あなた本当に(勝手に行った奴・・)なんて言ったのでしょうか?ウソだと言ってくだされ。

    ・・あ、ウソだと言っているんでしたか。

    ただ、記事のソースとカンソーリ自身、その両方を疑いながら慎重に判断する必要がある、ということでしょう。
    これもいわゆる政治不信の表れだと思いますな。ここでも所詮政治家なんてそんなもん、とゆーね。

    2011年2月25日 (金)

    民主の亀裂広がる、というよりも崩壊一歩手前でしょ

    別に赤門かバカモンか知らないけれども、最高学府の東大出でなくても、高名な政治評論家でなくても。私みたいな素人オヤジでも分かること。

    短期的には法案を通そうと思えば多数決だから、賛同者を増やすだけのこと。そのために政党というものを作って多数工作をするのはあたりまえです。長期的には政権を担ったその与党が盤石の構えでいて、野党から見れば、これは長期政権になりそうだからちょこっとすり寄って、できれば政策協議でも協定でもして与党になりたいと思わせるのが強固な政権基盤の造り方ではないのかねえ。

    小沢氏の是非は横へ置くとして。
    そもそも、党内に最大のグループを持つ(とされる)小沢氏を排除すれば、いくら党内が混乱しても、めでたく支持率も上がり野党もすり寄ってくると、そんな欺瞞を既得権益を手放したくないマスメディアと強欲大企業がささやく声に、その後押しに乗っていれば我が身は安泰と考えたのでしょうかね。クサレ民主党の現執行部は。

    国旗侮辱法を議員立法で提出しようかという、「アンタらそこから一歩も出ていないのかよ」というほど劣化著しいクサレ自民党でも、あるいは某カルト政党でも「民主党は内部崩壊が始まっているな。誰が崩壊寸前の政権に協力するかよボケナス」と、自分たちが政権に復帰することを当然考えるに決まっていますわな。

    経団連をはじめとする強欲大企業が大スポンサー様で、その顔色伺いの浅非・ゴミウリの政治部のエラいさんが吹き込んだ捏造世論を疑いもせず、その結果テメーらがしがみつき、一番大事にしている権力をも手放すことになってしまうことすら分からんほどのお花畑な連中ばかりが集まっているのが民主党の現執行部なんでしょうな。

    だからスッカラカンの嫁ハン・ノブコ(下世話なオバハンでっせ)さんを党の宣伝に使うという脱力路線をやるんでしょうか、アホタレ執行部は。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/scope/CK2011022502000034.html?ref=rank

    東京新聞 2月25日

    「中身が問題だ。無駄なカネを使うな」

     二十四日昼の党代議士会で、元代表を支持する大谷啓衆院議員は数枚のビラを掲げ声を荒らげた。

     手にしたのは、党広報委員会が統一地方選向けに作成し、各県連などに送付した政策ビラ。首相の伸子夫人の似顔絵をあしらった図柄もあり、民主党政権の成果などをPRしているが、「伸子さんを広告塔にすることを決めた覚えはない」と切り捨てた。

     高山智司広報委員長代理が「ぜひ活用を」と理解を求めると、「何を言っているんだ」「文句があるなら一緒に作れ」などと、場内は騒然となり、収拾がつかない状態に。

     これには、日ごろ冷静な岡田克也幹事長も「しゃべった人、立って」と珍しく怒気を強めた。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    別のメディアは「学級崩壊」とバカにしてましたね。
    ま、こんな連中はさっさと崩壊でも溶解でもなんでもしてくれたまえ。

    腐りきった眼でテメーのことしか考えないスッカラカンや変わり者フランケン、ウカツなエダノ、アメリカの手先マエハラ、センダニ、変な目つきのゲンバ等々を見ていると反吐が出るばかり、とkabumasaさんがよくおっしゃるのですね。だけれども、ここ最近政治には絶望食傷気味で、もう反吐も出ませんてなことでしょうかね。

    ほほう

    もう寝るつもりでいたんだけれども。

    ショートエントリです。

    ネットのニュースで見たこれが思わず酔いも醒めるほど。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022401000898.html

    宗教法人「幸福の科学」(東京)の大川隆法総裁による信者向けの発言で名誉を傷付けられたとして、妻きょう子氏が24日、大川総裁と教団に計1億円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

     きょう子氏は既に、東京家裁に離婚を申し立てている。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    まあ、さしあたっては。ご自分の幸福を実現してからにしてね。

    2011年2月24日 (木)

    ま、ま、とりあえず。

    休肝日なんてどこ吹く風。毎晩飲んでいて大丈夫か俺?と自問自答してみるもののやっぱり仕事が終われば「ま、ま。とりあえず♪」と酒瓶に手が伸びる。

    若い頃は外呑みばかり。なにが悲しゅうて、わが家で飲むもんかとあっちへふらふらこっちへウダウダと夜な夜な繁華街を徘徊したもの。

    昨日妻が旅行へ行った。・・そうそう、私にアイソが尽きたみたいで・・違う(笑)!

    ・・で、これ幸いとたまにゃ居酒屋でも・・と頭では考えるのだが外へ出かけるのが億劫でたまらないのだ。

    結局、スーパーで惣菜を買って我が家でクダを巻くのですが。
    スーパーで「紅ショーガの天ぷら」を発見。つい懐かしくて買ってしまう。

    紅ショーガの天ぷらって美味いんですよ。文字通り食紅どっぷりっていう感じにあの毒々しいショッキングピンクの生姜の薄切りがコロモの向こうに透けているやつ。

    Takaraの焼酎ハイボールを一緒に購入。これが初めて呑んだ「チュウハイ」を思い出させる甘味料0の辛口で。

    ブログ用に写真を取ろうと思えば。コンデジ持って行きやがったな。

    はあ~、今日も元気だ酒がンマイって。

    庶民はこれぐらいしか無いのか。

    2011年2月19日 (土)

    浅非の社説がなんともはや

    ゴミもリサイクルすれば資源になると言われて久しいですがね。
    以前に検察の不利を隠す、もはや「ゴミ」ですらないマスゴミという記事を書いたのですがホント、マスゴミだけは度し難いです。

    ナベツネ率いる悪の帝国ゴミウリ系の日テレが懲りずにまたやったそうですな。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.asahi.com/national/update/0219/TKY201102180580.html

    日本テレビ系の報道番組「news every.サタデー」で先月、やらせ行為があったとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が18日、審議入りすることを決めた。

     同委員会によると、1月8日に放送された同番組でペットビジネスについて報じた際、ペットサロンやペット保険を利用する女性客たちを取材したように放送したが、実際には客でなく、それぞれを運営する会社の社員だった。

     日テレは事実関係を認め、「公正であるべきニュースの取材対象としては誠に不適切な内容でした。視聴者の皆様に深くおわび申しあげます」とコメントした。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    前にも「報道記者バンキシャ!」でしたか岐阜県の裏金を報じるガセネタがあったのだけれども。またやっちゃった、というか。

    まあ、何のかんのと言ってもクサレマスゴミがインタビューと称して、色んな所で「街の声」を流したりしているのも限りなく怪しいのでして。テメーらの主張を裏付けるように持って行こうとするからサクラでも使うだろうし、都合の悪い声は消すだろうし。眉に唾付けて見るのが正しいのですが、それにコロッとひっかる視聴者がいるから、マスゴミにすれば「やめられまへんなあ」ということでしょう。

    そして、それを喜々として伝える浅非だけれど、テメーはどうなのかと。社説でこうノタマッているのでしたか。

    http://www.asahi.com/paper/editorial.html

    朝日新聞  2月19日 社説

    「小沢氏系造反―異様な行動に理はない」

    (前の部分はカット)

    進退さえ取りざたされるほど、首相の政権運営が行き詰まっていることは間違いない。しかし、ここでまたぶれることは最悪の選択でしかない。

     小沢氏の処分を早く決め、マニフェストの見直しや社会保障と税の一体改革も決然として進めなければならない。もはや「党分裂」を恐れて迷い、ためらっている段階ではない。

     社民党の協力を得て、予算関連法案を衆院の再可決で成立させる道は事実上閉ざされた。極めて困難な道のりではあるが、野党第1党である自民党、そして公明党との政策協議に本気で向き合うしかない。そのためにマニフェストの見直しを一部先行させ、大胆な予算修正もためらうべきではない。

    09年のマニフェストを支持し、政権交代に期待した主権者国民をバカにした社説でしかありません。
    自民党と公明党と政策協議に本気で向き合え、と言い。マニフェストの見直しをしろ、とも言い。たかが一私企業のくせして、いかに報道機関と言えどここまで思い上がった戯言をほざくとは一体何様か?と罵倒したい気持ちですな。

    「クサレ自民党やナンミョーと野合でもしてマニフェストを見直して(撤回して)でも権力にしがみついていろ。スッカラカンは御しやすいから」というのをむき出しにして社説で喚いて見せた、ということでしょう。

    2011年2月18日 (金)

    温故知新とはいいますが

    ナニゲにテレビ(スカパー)をつけると、90年のモントリオールジャズフェスティバルにおけるライオネル・ハンプトンっていう人のコンサートライブを見た。

    馬鹿にされるのを承知で白状するが、音楽に無知な私はまったく知らない人だった。番組説明を見ると世界的なビブラフォン奏者だ、とのこと。自身のビッグバンドを率いてのステージだ。

    これがエンターテイメントに徹していてホント楽しいステージですっかり見入ってしまった。しかもジャズに疎い私でもいつか耳にしたことがあるスタンダードばかりですんなり入っていける。

    ハンプトン氏は1908年生まれで、この当時82歳だったそうで、ビブラフォンは立って演奏するのがシンドかったのか後半はドラムを演奏していた。だが歌って踊っての精力的なステージは、お歳を考えてもエンターテナーとしてのこだわりを感じた。

    この人はドラムの演奏も素晴らしくて、打楽器奏者というのはこいうものかとも思えば、その後調べるとルイ・アームストロングとの共演がきっかけでドラマーからビブラフォンを演奏するようになったとか。アームストロングで有名な曲を演奏していたのもなるほどとうなずける。

    Mack The Knife

    Sweet Jorge Brown

    Sing Sing Sing

    It’s a Wonderful World

    こう書くととタイトルを知ってました風な、生意気なもの言いだが、一生けんめいメモしました(笑)。でも曲そのものは何度も聴いていて脳裏にこびりついているものばかり。

    とくに、“Mack The Knife”なんて曲は何度も聴いているがタイトルを初めて知った(恥)。そういえばこの曲、ウチにあるジャズのオムニバス盤CDに入っていた。この人で有名でしたね。「死体」などが出てくる歌詞なのに、その明るいメロディがアンバランスで印象的です。

    エラ・イン・ベルリン完全版(+4)

    エラ・フィッツジェラルド  Wikipedia

    (引用はじめ)

    エラ・フィッツジェラルドは1917年4月にヴァージニア州ニューポート・ニューズに生まれ、ニューヨーク州ヨンカーズで成長した。内縁の関係であった両親は彼女の誕生後間もなく関係を解消している。母はエラを連れて別の男性とニューヨークへ出た後、妹をもうける傍ら、彼女を孤児院に預けた時期もあった。さらに14歳の時には母が心臓発作で死亡し彼女は孤児となった。

    境遇の劣悪化にともない、学業への関心は薄れ、やがて売春宿マフィアの下働きをするようになる。警察による補導や少年院送りを繰り返しながら、ホームレス生活をし 辛酸を味わう。

    (中略)

    晩年のエラは糖尿病により盲目となり、1993年には手術で両足を切断、表舞台から距離を置く。1996年6月15日、カリフォルニア州ビバリーヒルズで死去。亡骸はロサンゼルスにある、イングルウッドの墓地に埋葬された。

    (引用ここまで)

    こうやって、そのことがきっかけで「ジャズの巨人」たちをいろいろと調べると音楽そのものだけじゃなく、その人となりや「壮絶」という表現が良いのかどうか分からないが、その激しい人生にも思いを馳せる今日この頃だった。

    2011年2月16日 (水)

    カンカラカンソーリこそ「許しがたい暴挙」をする

    カンカラカン政府は「ねじれ国会」で予算執行ができないと危機感も露わに野党にすり寄って「熟議」っていう変なことを言って話し合いしましょうよ、とひれ伏さんばかり。それでナンミョー党がダメなら、一度別れた糟糠の妻(社民党)ともよりを戻そうと必死ですが。
    で、身内が多いほど有利なのに党員を減らそうとするしね。

    ところで、な・なんと。
    カンカラカンソーリは消費税増税を含む「改悪」を決めたアソー政権の法律を守ろうとしているそうで。11年度末までに法制化しなければならないとノタマッタとか。その法案とは、所得税法の付則に「消費税を含む税制抜本改革を11年度までに法制化する」というものを根拠にしているそうです。

    こ奴は。

    罵声をいくら投げつけても足りませんな。

    これは有名な話だが、消費税増税を声高に叫ぶ経団連などの強欲大企業どもは「輸出戻し税」で08年度実績で6兆6700億円もの巨額をポッケにないないしているのですぞ。

    しかも、「単価105円?なんだ5円は。消費税?バカヤロ、税込みで100円にしろ」って下請けを泣かせている。つまり払ってないも同然な訳で。

    内政干渉するIMF(クソ)でも、ニッポンの財政再建は待ったなしデース。消費税上げるべきデース、とかぬかしているけれど。

    「法人税減税は財政再建にはプラスになりまセーン」とこれだけは至極当たり前なことを言ってますな。

    当ったり前だろが。
    消費税上げても法人税減らせば「ザルで水をすくっているようなもん」っていうのは「サル」でも分かるというのだ、アホカンだら。

    2011年2月15日 (火)

    ポッポさんの耐えられない軽さ

    今さらそんなことを言われてもなー。鳩山氏 抑止力は方便 インタビュー 沖縄タイムスってのが話題になってますが。素直っちゃあ、素直。
    素人が想像していることと大差がなかったという点でいささかがっかりしたりして(笑)。

    拙ブログの去年のエントリー、手抜きで申し訳ないですが。

    2010年5月4日 「鳩山政権 普天間問題でかなりヤバい領域に突入したみたい

    (引用開始)

     丁寧な物言いで慇懃な態度ですが、やっていることは結局自公政権と同じですな。この男、たしか・・「辺野古の海を埋め立てるのは自然への冒涜だ」とかノタマッていませんでしたか。じゃ、くい打ち工法は自然への冒涜ではないという考えなのか。この昼行燈ソーリは。
    沖縄県民の思いを大事にしたい、とも言ってましたね。

    「海外という話もなかったわけではないが、日米の同盟関係、近隣諸国との関係を考えた時、抑止力という観点から難しく。現実には不可能だ」

    この発言がすべてではないかと思います。官僚の意向が透けて見えるようですな。完全に上書きされています(笑)。

     岡田外務大臣が「選挙では確かにそう(海外、県外へと)言ったが、マニフェストには書いていない」とイケシャーシャーとぬかしてましたが、それがこの政権の本音だったのかと思うと、情けなくて仕方がありません。発言した当の本人、ポッポは違うだろうと一縷の望みを抱いていましたが、もうダメみたい。

     だけども、この政府案が実行されることは困難を極めるでしょう。沖縄は勿論、徳之島でも強烈な反対にあうでしょうし。まだ具体的な政府案は決まっていないとも発言したようですが、海外への移設は否定しています。

     まあ、これだけはハッキリしています。この普天間基地問題だけじゃないということです。これからもいろんな問題や案件で、政府の見解や政策の発表があるでしょうけど、これからの私は信用しないことが多くなると思います。
    これが政治不信だということ。「政治と金」なんかが原因じゃないのだ、とマスゴミやポッポに言いたいです。

     
     この政府は、一事が万事こんな調子で推移していくのでしょうか。政治主導とは名ばかり、官僚に取り込まれて、結局今までの自民党政権とさほど変わらない。そんな政府になっていくのでしょうか。
    本当に悔しくて残念ですが、私が期待して投票した、マニフェストに書いてある理念のような政権にはならないかもしれませんね。

     官僚に取り込まれたかのような首相がトップでいる限り、民主党にどれだけ立派な考えを持った政治家がいてもダメでしょう。
    この日の会見で、最後に記者が「総理、総理。海兵隊の抑止力って何でしょうか―」と問いかけたが、なにも言わずに去った首相の態度が、すべてを物語っているようです。

    (引用ここまで)

    鳩山さんの発言で各方面に波紋を広げているようで。政府は火消しに躍起になったり不快感を示したりと忙しくって。

    それにこの人。この問題で連立解消となっただけに、社民党のみずほタンが「私は方便でクビになったのか。本当にひどい」と憤っていますが。

    そうじゃなくて。

    発言の本質に怒って下さいよね(笑)。それじゃただの私憤だ。

    2011年2月13日 (日)

    パナ労組ベア見送り

    パナソニックグループ労働組合が今年の春闘ベア見送りという発表をしていて。もうホント情けないというかムカつくというか。さすがヒラの元官房長官みたいなヒトを輩出したあっぱれ、御用組合のカガミですな。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011021101000339.html

    パナソニックグループ労働組合連合会(60組合、約7万人)は11日、大阪府門真市で中央委員会を開き、2011年春闘でベースアップ(ベア)に相当する賃金改善要求を見送る方針を決めた。ベア要求の見送りは2年連続。

     パナソニックは11年3月期連結決算で通期の純損益が3年ぶりに黒字化すると見込んでいるが、円高や原材料価格の高騰などで経営環境が厳しいと判断。同労連が加盟する電機連合が、ベアの統一要求を見送ったことも考慮した。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    別にパナの関係者でもなんでもないのですがね。逆に、ここの製品だけは絶対に買うまいと一人不買運動をしているくらい大嫌いな会社です。国民の税金でエコポイントなどと、エコでもなんでもない、ただの企業助成金でしかないものでさんざん儲けやがったくせにです。

    それで国民でもあるそこの従業員がその再分配を要求しないってどうい事だ!と心底憤るのですな。この労組は記事にあるように7万人だそう。家族などを含めればおそらく20万人規模の関係者がいる訳です。

    その多くの人々が賃金が上がったことによる経済効果ってどれほどのものになるのか。労働組合がこの体たらくでは景気回復なんて当分望めないですね。労働組合の社会的責任は何処にあるんだ、と。

    エコポイントでは7千億もの税金が使われたという。しかも、その恩恵を受けていない国民の負担も含まれている。さらに経産省が二酸化炭素排出量の数字をいい加減な計算していたそうで、実際には大きな環境改善に繋がっていないとか。

    税金で商売し、儲けた金を内部留保にまわし、これなら二重に搾取していると言われても仕方がない強欲大企業。
    そしてそれに「まずは雇用確保でございます」と手もみで愛想笑いをする労組という図式って、前にもブログに書きました。

    http://good-hiro1.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-d513.html

    組合の権利を放棄しているようなものです。

    2011年2月12日 (土)

    ホッピーを飲む!

    いつかきっと・・、って思いながら幾星霜。ついにその日がやって参りました。スーパーのリカーコーナーで「ホッピー」を発見。
    関東在住の方にとっては、なに?それがどうしたのという感じでしょうが、ワタクシ生まれて初めてそれを目にした訳です。それくらい関西人には馴染みがないものなんですね。

    よくお邪魔するブログのkabumasaさんや、やきとりさんの記事で「居酒屋でホッピーを2杯飲んで・・」などというのを読むたびに飲みたくなるばかりでして。オッサンの胸は恋焦がれるのですね。

    で、もちろん即買い。

    Hoppi_003

    なになに・・、低カロリーで低糖質しかもプリン体0とあるではないか。健康にも良さそうであります。ここで無知を晒す訳ですが、ホッピーってそれ自体はただの炭酸飲料でしたか。アルコール0.8%とありますからアルコール飲料の範囲なんだろうけれども。

    美味しい飲み方として、「甲類の焼酎1に対して5の割合のホッピーで、勢いよく注いで混ぜるな」、とあります。残念なことに我が家には乙類の麦焼酎しかありませんでした。外は寒いしもうこれでいいやと麦焼酎を投入。

    Hoppi_004

    ・・てわけで、世間的には3連休なので昼間っから飲んでしまいました。肴はスーパーで買ってきた「タコのから揚げ」です。

    色といい泡立ちといいビール状のものなんですね。つまり焼酎のビール割みたいなもの、という認識で良いんでしょうか。焼酎のビール割は「バクダン」って言うのでしたか。

    飲んだ感想ですか・・。うーん。まあ・・。

    次に見かけた時は絶対買う!!という訳では無いなあ、という感じですね。

    エジプト大統領辞任

    エジプトのムバラク大統領が辞任をしたというニュースが駆け回っていますな。大衆が30年間も続いた「独裁」政権を倒したということですか。30年も一人の人間が権力を握っていたということに驚きを禁じ得ないのですが、このムバラクさんテレビで見る限り若いですなあ。

    1928年生まれだそうでことし83歳になる。それでもまだ辞めないと頑張っていたんですかな。凄い権力への執着心というしかないのですが。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011021201000182.html

    【ワシントン共同】オバマ米大統領は11日、ホワイトハウスで声明を発表し、エジプトのムバラク大統領辞任は「国民の変化への熱望に応えた」ものだと歓迎。エジプト国民が民主化を求め平和的な抗議行動で「国を変え、世界を変えた」ことは歴史的だと称賛した。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    アメリカ様が辞任を歓迎しているようです。次にできる政権が「親米」でなければ困る訳だろうから、これからいろんな謀略が飛び交うのでしょうか。それと、民衆の勝利だと高揚しているのですが、次の政権が「何処やらの国」と同じように前の政権と変わらない、それより酷い政権だとすればがっかりするのは国民でして。

    政権交代に期待した、そして期待はずれに愕然としている日本人からもお祝いと「あまり期待しすぎないで」と忠告をしておきましょうか。

    無バラクに なって歓迎 バラクオバマ  字余り
    お粗末さまでした。

    2011年2月11日 (金)

    臆面

    「君の瞳に恋してる」と訳した人には素直に敬意を表するのです。

    Can’t Take My Eyes Off Of You

    なかなか言えません、「君の瞳に恋してる」なんて。
    あなた言えます?実際に女性の前で。

    ま、偏屈な私に言わせると、「そんなことを臆面もなくシャーシャーと言えるのは稀代の結婚詐欺師かなんかだろよ」という身もフタもない言い方になってしまうのですな。

    ところでこの唄、私は82年にヒットした曲を聴いて好きになったのですが、調べますと原曲は67年にフランキー・バリーという人が作ったそうですね。知らなかった。知らなかったついでにもうひとつ。私はついさっきまでクインシー・ジョーンズ作曲・プロデュースだと思っていて(汗)。

    まあ、それはともかく。当時のディスコ調にアレンジされたノリの良いテンポとメロディーが好ましい曲であります。長らく民放の占いコーナーで流されていたことでも有名です。

    このユニットは3人ですが、おそらく想像するところいわゆる「企画もの」なんでしょうか。今も活動してるんでしょうか、してないでしょうねえ。
    しかし後ろでコーラスとダンスを担当しているオトコ二人がなんとも言えず。

    私にはその振り付けやポーズがなんとなく、山上たつひこの「喜劇新思想体系」に出てくるマッチョ男を思い出させるのですね。

    2011年2月10日 (木)

    どうでもいい話

    ニュース拾い読み。

    どうでもいい話。

    Googleニュースの政治カテゴリーに針供養 岡山共生高校の生徒たち、「物を大切に」気持ち込め 岡山というのがあってですね。

    記事を読んでみたんだが、どうにもこうにも「政治」とは無縁なニュースで。日頃お世話になった「針」をこんにゃくに刺してねぎらう、っちゅー話のどこが政治やねん!とツッコミを入れさせてもらう。

    次。

    久しぶりの党首討論で自民党のタニガキ党首の解散要求に。

    急がば回れ、政局より大局とブログに書いたそう。
    そんな、こんにゃく問答要りません、ってここにつながるんですかあ。こんにゃくが。

    ところで。

    耳かき店で性的サービスってニュースが目を引く。
    耳をかかずにナニをかくんだろうか、ととぼけてみる。
    まあ、耳をかいてもぞくぞくして気持ちいい時もあるんだけれど(笑)。

    それでトートツだが、昔の会社の同僚に耳のかき過ぎで、おそらく外耳炎になっているんだろう奴が、常に耳かきを携帯していましてね。まあ、そいつがところ構わず「耳をかき」だすので閉口した、というのを思い出す。

    一緒に歩道を歩いていても急に立ち止まるので振り返ってみると、耳をかいているんですな。
    気持ちが良いんだろうね、眼が半眼になったそいつが居ました。

    ちゅー、どうでもいい話。

    2011年2月 9日 (水)

    選択肢がないのか

    私は東京都民でもない田舎モンで、関係ないのですけれどもね。今度の都知事選挙っていろんな人物が立候補を噂されていますな。「土建化せんといかん」のチョウシコクバルや居酒屋チェーンのワンマン社長だとか。民主党は駒がないとかですが、襟立てレンホーさんが噂されていたり。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110209/plt1102091610004-n1.htm

    zakzak

     都知事選では、自民党が石原知事の4選出馬の環境づくりを進め、東国原氏も出馬に前向き。民主党には蓮舫行政刷新担当相(43)を推す声があり、共産党は小池晃党政策委員長(50)の推薦を決めた。いずれも知名度が高いが、渡辺氏の勝算はあるのか。

     政治評論家の浅川博忠氏は「石原氏が出れば、勝ち目は薄い。ただ、渡辺氏は実業家として実績があり、マスコミに露出して知名度もある。公約次第では民主・自民に属さない新しい政治家として有望だ。宮崎県知事を1期で退任し、いわば職場放棄をした東国原氏よりは上位とみる。次期衆院選も視野に入れているとすれば、ここで名前を売って損はない」と言う。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    石原都ジジもまだ出るかも知んない、と季節外れの幽霊みたいな言い方されていて。
    こう言っちゃあ正式に立候補表明している共産党の小池さんに悪いけれども、投票する選択肢がない、という感じですかね。

    うーん、この居酒屋チェーンのお人。どう転んでもOKみたいな感じで。だけどこの人が知事だと都職員は長時間労働になるかもしれない。

    トランプのカードゲームみたいに「総トッカエ」って、立候補者をリセットできる制度があれば選挙に行くんだが・・みたいな人も多いんではないかと思うけれどなあ。

    2011年2月 4日 (金)

    私はその場その場でいい加減なこと言うので信用してはいけません。―スッカラカン

    あまり大きな声では言いたくないけれど。

    所詮、政治家なんていい加減なことを言って、テメーのゼニ儲けに精を出して、そして権力に座ってふんぞり返りたい輩がその多くを占めていると思って間違いないのでしょうがね。

    だけど、ここまではっきりとテメーのいい加減さを認められると、怒りを通り越して呆れ果てるというか。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    共同通信

    http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020101000314.html

    菅直人首相は1日の衆院予算委員会で、前回衆院選で自民党の比例代表で当選した与謝野馨経済財政担当相の起用と、比例議員の離党を批判したかつての自らの発言に関し「その場その場でいろいろな発言をしているので、すべてに整合性があるとまでは言わない」と述べた。過去の発言との矛盾を事実上、認めた形だ。

     首相は民主党の参院選比例代表で当選した議員が離党した際に「議席を党に戻すべきだ」と主張していた。

     自民党の鴨下一郎氏は与謝野氏に議員辞職を求めたが、与謝野氏は「議員を続けることは有権者への責任だし、私のモチベーションを維持するのに必要だ。国民への責任はいい仕事をすることで果たしたい」と拒否した。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    どちらかというと納得したというか(笑)。

    「その場その場でいろいろな発言をしているので、すべてに整合性があるとまでは言わない」

    ・・・その場その場で。

    ・・・いろいろな発言をしているので。

    しかも「発言をしている」ですぜ。

    している」つーことは現在進行形かよ。

    「矛盾」などというレベルじゃないだろう。

    宣言しましたな。

    私の言うことを信用する方がバカですよ、と。

    2011年2月 2日 (水)

    もだえ苦しむ権力中毒者、みたいな

    野党に秋波を送って権力維持を図るカン政権。もはや政党政治の体を成していないというか。野党にすり寄るくせに身内を排除するという矛盾を認識しているのでしょうか。だからスッカラカンだと言われるのですね。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    共同

    http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020201000166.html

    菅直人首相は2日の衆院予算委員会で、社会保障と税の一体改革の中核となる年金制度について「民主党案をベースとするが、そのままスライドするのではない」と述べ、民主党案にこだわらず野党の意見を取り入れて修正する可能性に言及した。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    協議に応じなければ「歴史に対する反逆」と、ある意味(笑)大仰な言い方で野党の反発を招きまして。「ジャッカンの言い過ぎがあったら謝りたい」と平身低頭のカンソーリ。
    頼りにしていたナンミョウ党にも袖にされつつ、もはや暗闇の中を手さぐりで進むことしかない政権運営です。

    閣議の冒頭、自分が席に着くまで全閣僚が起立して待ってくれている(コイズミ時代の踏襲)、という優越感と、毎夜の豪華美食だけが心のよりどころなんでしょうか。

    マスゴミがレクチャーした、小沢排除で支持率回復という真っ赤な嘘と、官僚の権益保持と責任回避のなか「もだえ苦しむ権力中毒者地獄の官邸」となっていくようです。

    2011年2月 1日 (火)

    弁護士が「有罪を得られるよう、できるだけのことをしたい」などと、世も末

    検察が起訴しないとした。それを不服とした検察審査会は「弁護士」が検察官役となって被疑者を起訴するという制度とか。その弁護士が「検察審査会の議決に従って有罪判決が得られるよう、できるだけのことしたい」と言うに至っては、素人として率直に言うと「世も末だ」という感想を抱きます。

    実体があるのかないのか、検察審査会なるものが強制起訴するべきだとした陸山会土地取得の件で、検察官役の弁護士が「良心には恥じない」と言及したことは、裏返せば「良心の呵責」があるからこそ、そういう言葉を吐くのだろうと思う。

    私は小沢支持で夜も昼も明けない、という立場ではないけれども、今回の強制起訴に至る一連の流れは、明らかに特捜検察が描いた「ストーリー」が破綻しているにもかかわらず、牛のよだれの如くダラダラと続いているとしか見えないのです。

    このおよそ一年以上にも渡る、長い「小沢追い落としキャンペーン」は明らかに何らかの「意思」が働いている、と考えるのが普通の思考力を持った国民ならば当然であろうと。

    今までにネットで触れたいろんな情報を総合しても、冤罪、あるいは、もし万が一、罪に問われることがあったとしても、政治資金収支報告書を「修正して申告」という程度で終わる話でしょう。実際に多くの政治家は、今現在もそういう対応していて、それでなんのお咎めも受けてはいない。「4億円もの額を・・」とかいうマスゴミ。そんなものは関係ないと思う。金額の多寡ではない。逆に政治資金で漫画や下着、あるいはキャバクラへ行く方が、その「セコさ」に余計むかつくと思いませんか。

    色んな論点がありますが、私が判断の柱にしていることは、特捜検察が描いたストーリーは案外単純で、ゼネコンからの「裏金、贈収賄疑惑」だということです。当時野党の党首だった小沢氏には職務権限がないので贈収賄で立件は無理です。そこでゼネコンからの裏金で土地を取得した。その土地で小沢は私腹を肥やそうとしたんではないかと。その一点で「巨悪」小沢を逮捕できると踏んでいたように思うのですね。

    ゾンビテレビTBS、ゴミウリ系やあまたのくされマスゴミを使って秘書が5千万円を授受した現場を見た、などというガセネタを流して、風を吹かしたけれども、証言の信ぴょう性がない。これぞ!という確証が得られないので単純に起訴をしなかった、出来なかった、というただ単にそれだけの現実でしょう。

    本当のところ、小沢氏が政権の座に就けばどのような政策を進めるのか、支持できるかどうか、今の段階でどうこう言えないけれど「政権交代」に一票を投じた国民の多くは、・・少なくとも私は、国民と約束した公約(マニフェスト)を「見直す」などと騙る、詐欺師的なスッカラカン政権がその期待にこたえるとは到底思えないのです。

    国民にとって当たり前の言葉「国民の生活が第一」を掲げる政治家を抹殺しようとうごめく連中。
    それは野党や既得権益を守ろうとするクサレマスゴミも当然だが、権力維持にのみ全精力を傾ける民主党現執行部とスッカラカン政権も含まれるのだ。そこには「国民の生活が第一」という思考回路など毛頭もないということ。それは、傍目に見て処分の軽重段階が意味不明だけれど、現民主党執行部が小沢氏を「離党勧告」という「勧め」よりも「党員資格停止」という処分を考えているという報道が何よりの証明でしょう。

    « 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »