フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 時代はパシフィック | トップページ | ガソリン何故にバカ高いのだ。 »

2011年1月15日 (土)

首相と官房長官の会話

PAT:謙遜と謙譲の音楽

            (閣僚名簿を発表するエダノ新官房長官)

K:えーと、今度の内閣はなんて名づけようかな。

E:宰相不幸内閣でいかがでしょうか。

K:おい、字が違うよ。それに、コロコロ首相が変わるのは良くないが、いつまでも同じキャッチフレーズでは面白くないんだよ。

E:そうですね、コロコロ変わっているのはシュショウじゃなくてシュチョウ、なんちゃって。ハハ・・。

K:笑えないよ。君は何か?今度の改造で官房長官に抜擢してやった私に対してそういう口をきいていいのかね?

E:ああっ、も、も、申し訳ありません。すみませんすみませんっ。私は根がウカツなもんですから「政治主導」なんてウカツなことも言っちゃう民主党と同じようなもんで・・。ついホントのことを言っちゃうくせがありまして。

K:よけいに悪いよ。それに、官房長官とは首相の女房役と共にスポークスマンとしての役割があるんだから、言動には本当に気をつけてくれたまえ。

E:えっ?女房ということは、毎晩、カンさんと美味しい料理を一緒に食べられるんでしょうか。

K:そうそう、ノブコは美食に目がなくて(笑)・・、違う!ヒトの話を聞きなさい。言葉を選んで慎重にって、言ってるんだよ。

E:たとえばどんな言葉がいけないんでしょうか。

K:そうだな「消費税増税」は禁句だ。「税と社会保障の一体改革」と言うように。

E:・・なるほど。上手いこと言いますねえ。あと他には?

K:「マニフェスト」も禁句だ。まあ、あれは死語だけどな(笑)。おっと、それと「撤回」も禁句だからね「見直し」というように。ちゃんとメモしろよ。

E:えーと、タブーが多いですね。ノブコとマニフェストと、撤回・・・と。

K:「ノブコ」は違うだろっ。

E:まあまあ、お互いウィンウィンで行きましょうよ。

K:そうだな、今度の改造内閣で政権浮揚といきたいもんだな。なにか良い知恵はないかね。

E:自民党比例復活当選のヨサノさんもいるし、SENGOKUさんは党の代表代行だし、浮揚の目はないかもしれませんねえ。

K:しれませんねえ、って他人事みたいに。それにセンゴクさんの表記でローマ字は止めなさい。

E:そうだ!施設にランドセルを送るとか。

K;会話はキャッチボールだろ、耳たぶは大きいくせにヒトの話を聞いていないな。

E:タイカン・マスクとか・・。

K:おっ、それいいねえ。

E:でも、体感したくない、と言われたりしてですね(笑)。

K:面白くないよ。ウィンウィンの関係だろ。

E:そうですね、同じメンツでまたやりますか。

K:そうそう、自民党は政権たらい回しって言われたけれど、ウチは閣僚たらい回しだから・・・、言わせんなっ。

« 時代はパシフィック | トップページ | ガソリン何故にバカ高いのだ。 »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

たらい回しって、孤立しているだけなんです。(笑)
仏滅改造のご愁傷様内閣の死に水とろうなんて議員はいないんでしょう。

scottiさん

うーむ、孤立しているから大臣や党の執行部の使い回しなんですな。まあ、もうどうでも良いんで。
公約裏切りを「見直し」という詐欺政党は潰れるしかないでしょ。

ノリツッコミ(笑)。関東圏の私には思い付かない技であります。それにしても、このコンビはしっくりハマりますね。おおいに笑かしてもらいました。マネしようかなあ。最後にボツネタをひとつ。えーと枝野官房長官とかけまして、電動コケシと解く・・・って、もうバレバレですね。

やきとりさん

も、申し訳ありませんっ。ネタそのものが空っぽなもんで、つい「ノリツッコミ」を使ってしまいます。
でも何故か「会話」っていうパターンしか頭に浮かばない時ってあるんです。またそろそろ本家本元の「会話」を聞かせて下さい。

まったく関係ない話で恐縮ですが、今年もまた「あの寿司」の季節が近づいて参りましたね。ですが、関東地方では心なしか昨年までよりも、盛り上がりに欠けるような気が致しいます。スーパーやコンビニの貼り紙も例年より少なめ、テレビやラジオCMも今のところ見聞きしません。これはやはり我々の活動が実を結びつつある、ということではないでしょうか。やらせイベントを粉砕せよ! 寿司を分解せよ! そして雄叫びを上げながらチビチビと食え! 縁起物だか何だか知らないけど、酒のツマミにしてやれ! 団結ガンバロー! ギャー!

やきとりさん

例の「ノリ巻き丸かぶり」ですか。
それは、我々撲滅委員会の活動の成果だ!・・と言いたいところですが、いやはや、奴らはさらに手の込んだ拡販方法を展開しているようですぞ。曰く節分は立春だけにあらず、とかで立夏、立秋、立冬の24節季も節分だ!と言いつのり、その度に「恵方め」を売りつけようと企んでいるようであります。お疑いなら近くのイオンへ行ってみんしゃい。系列スーパーではそのような活動をしているようです。
もはや、戦いは熾烈な域に達しております。奴らの触手は年越しそば、年明けうどん、三日とろろ(?東北の風習だそう)などと息つく暇もありません。
とにもかくにも撲滅の手を緩めることは危ないと思いますな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/50590875

この記事へのトラックバック一覧です: 首相と官房長官の会話:

« 時代はパシフィック | トップページ | ガソリン何故にバカ高いのだ。 »