フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 疎い=詳しく聞いていないという意味 | トップページ | 恵方巻き撲滅委員会愛媛県支部報告 »

2011年1月29日 (土)

だから代表戦はいやだね

サッカーは好きなスポーツだ。
私はクラブチームのサッカーが好きだ。セレッソ大阪のファンでもある。
海外だと最近金満バブルのヨーロッパは好きじゃない。どちらかというと南米あたりのリーグにシンパシ―を感じる。カンピオナート・ブラジレイロなんか良いですねえ。

何度かこのブログでも書いてきましたが「日本代表」は、もういいでしょという感じ。ニュースで結果を知る程度というのが多いパターンとなっている。去年のW杯もダイジェストを見たぐらいで。

ちょうどアジアカップでオーストラリアとの決勝が今夜行われるそうで、日本が優勝できるかどうか、ということに関心が集まっていますがね。まあ地上波見ないし、勝つ時は勝つだろうし、負けるときゃ負けるんだし(あたりまえ)。

ところが、AFC(アジアサッカー連盟)主催大会の放映権を握っているテロ朝が「絶対に負けられない戦いがある」と鬱陶しいキャッチコピーで煽るものでさらに嫌気がさすのですね。

何が「絶対」だ。人間の所業で世の中に「絶対」なんてことがあるかよ、と反発を覚えるのですな。視聴率を取ってアンタの利益は上がるかも知れんが、却って選手にプレッシャーを与えるだけの下らんモノ言いでしかない。そんなマスゴミテレビの暑苦しい番組なんか見ずに、明日のニュースで知れば良いじゃん、ということです。

だからテレビでは見てないが、日本との試合で韓国の選手がゴールを決めた後のパフォーマンスで、サルまねをしたとか。いや日本を意識したモノじゃなかったとか、スコットランドのサポーターに対してだとか、マスゴミがうるさく物議を喚起。これだから代表戦は鬱陶しい。それに「サルまね」じゃなく、「サルのまね」が正しいでしょうが。

http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012801000619.html

「スポーツは良いナショナリズム」なんて嘘っぱちだということでしょう。でかい日の丸振りまわし、旭日旗を持って行くバカも居るし。

そんなナショナリズムバリバリで差別意識もチラホラする話題より、ドイツ・ボルシアドルトムント所属の香川真司がその韓国との試合で右足の小指を骨折をし、今季絶望という方が「痛い」のだ。
ドルトムントがブンデスリーガで首位を快走しているのはこの香川の活躍が大きくて、所属のクラブでは「どうしてくれる!」という思いだろう。JFAに対して補償を求めたいでしょうな。

私もセレッソ大阪出身の香川のリーガでの活躍をひそかな楽しみにしていたのに、たかが代表の試合ごときで。個人のサッカー人生の方が大事です。
ホント、どうしてくるのだ!と強く言いたいのでしたね。

« 疎い=詳しく聞いていないという意味 | トップページ | 恵方巻き撲滅委員会愛媛県支部報告 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

「WBCなんぞより日常の公式戦1試合」と言い続けてるわたくしでございます。
なぜなら、阪神はおれのリアルに、ニポンや日の丸などとは比べ物にならないほど結びついているから。それはそれでいかがなものかとはじゅうじゅう承知してますがねえ。
そして何よりスポーツとは、日々の「終わりなき日常」の中で”生きていることを喜ぶことを罪ではないと信じる”ための、スプリングスティーンでロックンロールな、きわめて個人的な確認行為なのです。
そう。ロッケンロール同様、精神と肉体が両輪になった爆発なのです。
国の威信なんてものはどうでもいい。オレには何の関係もない。
野球の、スポーツの真髄は、国家を背負ったハレの場より、ダラダラ続く退屈なペナントレースの中に時折かいま見える一瞬の永遠にあるのだから。でまた、退屈には退屈の価値もある。
その瞬間を見分けられる見巧者になりたいのです。

なめぴょんさん

おお、アツいコメントありがとうございます。だいたい、その競技をロクに好きでもないのに「日本代表」として大きな大会(オリンピックなど)になると力が入った応援をする、そして普段(国内の大会など、マイナーな場合)は鼻にもひっかけない、という態度は如何なものかと。そしてすぐ「感動をありがとう」とかうるさいのですね。まあ「日本代表チーム」というのはつまりオールスターでもある訳で、力が入るのも分からんではないのですが、じゃ、野球のオールスター、Jリーグのオールスター戦でこれほど大騒ぎするのか?ということです。

>野球の、スポーツの真髄は、国家を背負ったハレの場より、ダラダラ続く退屈なペナントレースの中に時折かいま見える一瞬の永遠にあるのだから。

拙ブログなんかのコメント欄には勿体ないですね。何処か発表の場はないのか(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/50716201

この記事へのトラックバック一覧です: だから代表戦はいやだね:

« 疎い=詳しく聞いていないという意味 | トップページ | 恵方巻き撲滅委員会愛媛県支部報告 »