フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

恵方巻き撲滅委員会愛媛県支部報告

早いものでもうすぐ2月。するとまたギョーカイあげて、あの、イベント月間に突入ということでございまして。早速「恵方巻き」が手ぐすね引いて待ちかまえています。

恵方巻き撲滅委員会千葉支部のやきとりさんによりますと、今年は関東ではあまり大々的なキャンペーンは見られないというリポートがありましたが、なんのなんの。こちらではスーパーの店頭では「エッホ!エッホ!恵方巻き!!今年は南南東!」とかまびすしいのですな。

なんかいつも南南東近辺が「恵方」みたいですな。悔しかったら鬼門を恵方にしてみろって、悔しくないか(笑)。

今朝、ゾンビテレビTBSのニュース番組でやっていたけれど、全国で豆まきをするより恵方巻きを食べるという家庭が増えているそうですよ、やきとりさん。そうなると当然ギョーカイも鼻息が荒くなるのですね。

デパートの三越では一本10,500円也の高級恵方巻きを売り出したそうです。中身はヒラメやウニイクラ、イセエビなどを巻き込んで海苔の上にはご丁寧にも金箔をまぶしてある途方もない恵方巻きです。具沢山なものだから「かぶりつく」という訳にはいかないそうで切り分けて食べていましたな。しかも「おいしい」と言いながら。

「黙って恵方を向いてまるかぶり」じゃなかったのかよ。逸脱も甚だしいのですな。なにが「恵方巻き」。
それに色んなバリエーションも紹介していて「恵方ピザスティック」だとか「スイーツ恵方ロール」だとか「恵方大福」だとか。
「恵方大福」なんて巻いてないし。ただ「恵方」と名乗っているだけなんですね。

そうなると何でも「アリ」でして。
恵方手巻きすしはまだしも、恵方うどん、恵方そば、恵方ラーメン、恵方お好み焼き、恵方焼きそば、恵方ギョーザ、恵方厚揚げ、恵方ワイン、恵方吟醸、恵方ウィスキーとキリがない。そのうちにもう一方の大イベント、バレンタインデーとコラボかなんかしちゃったりして「恵方ショコラ」なんてものを売り出すかもしれない。

んでもって、食品ギョーカイだけがもうかるのを黙って指をくわえて見ている訳にはいかん!とかで車ギョーカイ、家電ギョーカイも参入と相成りまして。
「節分限定!恵方プリウス」とか「薄型テレビ恵方46型アクオス!大阪から見て南南東の亀山工場で作りました!」とか売り出したりして。

んなアホなことを許すまじ、なんて。

2011年1月29日 (土)

だから代表戦はいやだね

サッカーは好きなスポーツだ。
私はクラブチームのサッカーが好きだ。セレッソ大阪のファンでもある。
海外だと最近金満バブルのヨーロッパは好きじゃない。どちらかというと南米あたりのリーグにシンパシ―を感じる。カンピオナート・ブラジレイロなんか良いですねえ。

何度かこのブログでも書いてきましたが「日本代表」は、もういいでしょという感じ。ニュースで結果を知る程度というのが多いパターンとなっている。去年のW杯もダイジェストを見たぐらいで。

ちょうどアジアカップでオーストラリアとの決勝が今夜行われるそうで、日本が優勝できるかどうか、ということに関心が集まっていますがね。まあ地上波見ないし、勝つ時は勝つだろうし、負けるときゃ負けるんだし(あたりまえ)。

ところが、AFC(アジアサッカー連盟)主催大会の放映権を握っているテロ朝が「絶対に負けられない戦いがある」と鬱陶しいキャッチコピーで煽るものでさらに嫌気がさすのですね。

何が「絶対」だ。人間の所業で世の中に「絶対」なんてことがあるかよ、と反発を覚えるのですな。視聴率を取ってアンタの利益は上がるかも知れんが、却って選手にプレッシャーを与えるだけの下らんモノ言いでしかない。そんなマスゴミテレビの暑苦しい番組なんか見ずに、明日のニュースで知れば良いじゃん、ということです。

だからテレビでは見てないが、日本との試合で韓国の選手がゴールを決めた後のパフォーマンスで、サルまねをしたとか。いや日本を意識したモノじゃなかったとか、スコットランドのサポーターに対してだとか、マスゴミがうるさく物議を喚起。これだから代表戦は鬱陶しい。それに「サルまね」じゃなく、「サルのまね」が正しいでしょうが。

http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012801000619.html

「スポーツは良いナショナリズム」なんて嘘っぱちだということでしょう。でかい日の丸振りまわし、旭日旗を持って行くバカも居るし。

そんなナショナリズムバリバリで差別意識もチラホラする話題より、ドイツ・ボルシアドルトムント所属の香川真司がその韓国との試合で右足の小指を骨折をし、今季絶望という方が「痛い」のだ。
ドルトムントがブンデスリーガで首位を快走しているのはこの香川の活躍が大きくて、所属のクラブでは「どうしてくれる!」という思いだろう。JFAに対して補償を求めたいでしょうな。

私もセレッソ大阪出身の香川のリーガでの活躍をひそかな楽しみにしていたのに、たかが代表の試合ごときで。個人のサッカー人生の方が大事です。
ホント、どうしてくるのだ!と強く言いたいのでしたね。

2011年1月28日 (金)

疎い=詳しく聞いていないという意味

「そういうことに疎いので」と言う一国のソーリもなんだかアホだし、それを批判する野党も野党だし。伝えるマスゴミも「市場を軽視した発言と捉えられかねない」などと言いやがるし。

それを、カン首相が拍車をかけるのですね。どう聞いても「疎い」とは単に「知らない」という意味だろうけれど。一斉に批判されて釈明に追われているようです。新たな解釈がなされたみたいで「疎い」とは詳しく聞いていない、と言う意味だそうで。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.asahi.com/politics/update/0128/TKY201101280155.html

菅直人首相は28日午前の閣僚懇談会で、米格付け会社による日本国債の格付けが引き下げられたことに「そういうことに疎いので」と述べた前日の発言を自ら取り上げ、「詳しく聞いていないという意味であり、格付けに詳しくないということではない」と釈明した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

詳しく聞いていないならその時にそのまんま、そう言えばいいはずなのにねえ。権力にしがみつく執着心だけは人一倍強いが、釈明は人一倍へたくそです。

だいたいがアメリカの一民間会社が勝手に作った格付け。それをマスゴミは「市場の信頼感が・・」とか言いやがって、スポンサー(アメリカ様関連)の意向で批判するだけだし。

スタンダード&プアーズ(wikipediaより)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%26%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BA

格付けは、発行体の信用力に関する格付け(発行体格付け)と特定の債務に関してその債務者の信用力の格付け(個別債務格付け)に大別される。この格付けの対象である債券発行側から手数料収入を得て格付けを行うというビジネスモデルとなっている。

債券を発行する側が手数料を払って格付けを依頼するビジネスモデルです、とな。今は規制がかかっているそうだけど。素人から見ると、こんな会社はどう見ても基本的にマッチポンプだろ、と思ってしまいますがね。

「そんなもん、サブプライムローン関連をAAA(トリプルA)にランク付けしたいい加減な会社がナニぬかしてけつかんねん!」と、それぐらいのコト言えない、度胸のない人間が首相をやっていることがこの国の不幸でして。それを宰相不幸というのでしょうな(使い回しのネタですんません)。

2011年1月26日 (水)

久しぶりに本を読む

先日、久しぶりに図書館で本を借りてきた。

椎名誠「ギョーザのような月がでた」というエッセイ集ともう一冊。

シーナさんは相変わらず各地をずんずん突き進み、どたどたと駆け回っているようだ。その中の一編に「オーハ島喜譚」というのがあって、沖縄県久米島近くの離島へ行ったという話です。

まあ、怪しい探検隊の流れでまたもや天幕生活をしたというまことにシーナ氏らしいいつもの文章でして。

それとはまったく関連がないのに昨日ですか。この島の名が報道されていました。

英国人英語講師・殺害容疑の男が逃亡生活中に、この「オーハ島」に潜伏していたというニュースがこの文章を読んでいた時に流れてきたので少し驚きましてね。この離れ小島は人口が五人(シーナ本による)だそうで、そんなところへヨソ者が来ればすぐに分かるような所だろうと思うのだが、逃亡者としてとにかく行けるかぎり地の果てへという、焦燥感みたいなものがあったのだろうか。ハブも多いんだそうで。

それにこの男、四国で遍路旅をしていたともいう。私もまったく関係ないけれども四国在住者として何かしら、その辺りのなんとなくもあったりなかったり、という感じですな。

話変わって。

もう一冊は斉藤貴男「非国民のすすめ」
自分でもこの二冊の選択基準がよく分からない。

少し前の本で2004年刊かな?まだ全部は読んでいないが、今のところその中の一文で印象に残っているのは、著者が新聞記者時代にプライベートで乗っていた車で、踏切の一時停止を怠ったそう。警官に「氏名と職業!」と言われて新聞社の名刺を出したところ態度が一変、敬礼までしてくれたそうだ。

そーかー。なるほどなあ。ズブズブな感じが出ていますなあ。
警察も新聞社の記者には敬礼するんだあ。ちなみに、3K新聞だったとか。
新聞社を辞めれば「敬礼の栄に浴する」など、そんなことは一度もないそうだ。

2011年1月22日 (土)

タイトルの由来みたいな

ここは「偏西風にのって」というヘンテコな名前のブログ。時々「偏西風」というキーワードで検索してここへやってくるモノ好き・・いや失礼、そんな方も居るようだ。おそらくその方々は気象現象の『偏西風』を調べたいのだろうけれど、残念なことにこのようなブログで当方としても遺憾に思う。

で、ヘンテコなタイトルだけど特に深い意味はない。
しいて言えば数年前ブラック企業そのもので偽装請負の会社にコキ使われていた頃、自転車でその会社まで通っていた。自宅との位置関係は東に仕事場があり西側に自宅と、距離にして数キロだった。

冬になって、会社に向かう場合は東へ行くので自転車のペダルが電動アシストを受けているみたいで楽なのだが、立ち仕事を12時間やった後には、自宅は西へと向かう。そうなると冬の強い季節風に逆らうことになる。もちろん何段変速などの高級自転車ではない。
俄然ペダルが重くなるのだ。

その後、リーマンブラザースショックが起こり、ここぞとばかりにそのブラック企業から不当解雇の憂き目に。あまりに勝手な派遣切りの理不尽に憤り、同僚を誘って労働組合を結成した頃、疲れ果てた足で重いペダルをこぎながら「偏西風にのっていきたいよなあ」とぼんやりと考えたりした。

・・とまあ、タイトルの由来らしきものを書いてみた、というだけの話でした。

2011年1月21日 (金)

スッカラカンは「脱・脱官僚宣言」だと(笑)

一度握った権力の座を死守するべく、昼夜問わずその事のみに全力を傾注するスッカラカン政権。そのためにはテメーが声高に喚いていた理念もなんのその。反省のポーズでも謝罪でもなんでもしまっせ、という究極のご都合主義は、どこぞの温泉地に旅行に行っては必ず殺人事件が起こる陳腐な2時間ミステリーテレビドラマも裸足で逃げ出すでしょうな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.asahi.com/politics/update/0121/TKY201101210126.html

政治主導、反省・行き過ぎ… 菅首相「脱・脱官僚宣言」

菅直人首相は21日午前、内閣改造を受け各省事務次官らを首相官邸に集めて訓示し、民主党が掲げる政治主導について「現実の政治運営の中で反省なり、行き過ぎなり、不十分なり、いろいろな問題があった」「いい形の協力関係をお願いしたい」と述べた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

官僚の言いなりでしか政権運営できないことへの言い訳を「官僚の皆さんごめんなさい」と謝って、恭順の姿勢を・・、ありていに言えば、ちぎれんばかりに尻尾を振っている訳です。

鳩山政権時代、戦略相(笑)だったこ奴は「イラカン変じてダマカン」と言われ、存在感の希薄さを指摘され焦ったのか「官僚なんて大馬鹿ばかりですからね」と記者会見で大見え切っていたと思うのだが。それが今では行き過ぎなり不十分なり・・とこうだから。

それで、浅否にまで「脱・脱官僚宣言」と揶揄される体たらく。そのココロはエダノが「政治主導なんてウカツなんてことを言ったお陰で忙しくて」と愚痴を吐いた延長線上にあるみたいで、官房長官と首相の二人三脚、まずは上手い滑り出しを見せたようです。

御同慶の至りだわ。

2011年1月18日 (火)

ガソリン何故にバカ高いのだ。

これだけ円高なのに、いつまでもガソリンがバカ高いのってどーゆーこっちゃ、と憤る。当地ではリッター135円だ。ついこの間まで隣町のスタンド(セルフ)が132円だったので、会社もあるし、そこで入れていた。ところがそこもついに135円になってしまった。

だいたいアレですな、ガソリンはどういう基準か知らないけれど「同一地域同一価格」を実施しているみたいだ。そこの地域は全て横並びの価格である。良いんでしょうか?これって「価格カルテル」に当たらんのか?独禁法に引っかからないのかね。よく分からんけれど。皆さんの地域は如何でしょうか。なんかネットで見た記事で「リッター128円になった!高い」とか。
・・なに言ってんだ。私にすれば「安いじゃん」ということである。

大手ガソリンスタンドチェーンでバイトしていた知人が「地元の組合が価格を合わせるようにって、毎日うるさくやって来る。店長が仕事にならん、と言ってた」というような話をしていたことを思い出す。
公取は何をしているんだ!と言いたいくらいですな。

値下げはゆっくりのくせに、マーカンタイル取引所で原油価格が上がれば速攻で上げやがるし。しかもガソリン税に消費税をかけるTAX・オン・TAXだし。

さらに、看板には「レギュラー135円」って大書きしているくせに、会員だとかには2円引きをしているのですな。まあ、実質133円なんだけどね。だけど、これも二重価格っていわないのでしょうかね。

まあ、企業も悪辣だけど、公取の仕事サボタージュと共に、詐欺政党ミンシュ党が一番悪いですな。
暫定税率を恒久税率にしやがって。私んちは地方の貧乏所帯だけど、地方だから余計、車は必須なんだ。なにが「ガソリン値下げ隊」だボケナス。

さっさとこんなクサレ政権は解散しろ!ってことですな。

2011年1月15日 (土)

首相と官房長官の会話

PAT:謙遜と謙譲の音楽

            (閣僚名簿を発表するエダノ新官房長官)

K:えーと、今度の内閣はなんて名づけようかな。

E:宰相不幸内閣でいかがでしょうか。

K:おい、字が違うよ。それに、コロコロ首相が変わるのは良くないが、いつまでも同じキャッチフレーズでは面白くないんだよ。

E:そうですね、コロコロ変わっているのはシュショウじゃなくてシュチョウ、なんちゃって。ハハ・・。

K:笑えないよ。君は何か?今度の改造で官房長官に抜擢してやった私に対してそういう口をきいていいのかね?

E:ああっ、も、も、申し訳ありません。すみませんすみませんっ。私は根がウカツなもんですから「政治主導」なんてウカツなことも言っちゃう民主党と同じようなもんで・・。ついホントのことを言っちゃうくせがありまして。

K:よけいに悪いよ。それに、官房長官とは首相の女房役と共にスポークスマンとしての役割があるんだから、言動には本当に気をつけてくれたまえ。

E:えっ?女房ということは、毎晩、カンさんと美味しい料理を一緒に食べられるんでしょうか。

K:そうそう、ノブコは美食に目がなくて(笑)・・、違う!ヒトの話を聞きなさい。言葉を選んで慎重にって、言ってるんだよ。

E:たとえばどんな言葉がいけないんでしょうか。

K:そうだな「消費税増税」は禁句だ。「税と社会保障の一体改革」と言うように。

E:・・なるほど。上手いこと言いますねえ。あと他には?

K:「マニフェスト」も禁句だ。まあ、あれは死語だけどな(笑)。おっと、それと「撤回」も禁句だからね「見直し」というように。ちゃんとメモしろよ。

E:えーと、タブーが多いですね。ノブコとマニフェストと、撤回・・・と。

K:「ノブコ」は違うだろっ。

E:まあまあ、お互いウィンウィンで行きましょうよ。

K:そうだな、今度の改造内閣で政権浮揚といきたいもんだな。なにか良い知恵はないかね。

E:自民党比例復活当選のヨサノさんもいるし、SENGOKUさんは党の代表代行だし、浮揚の目はないかもしれませんねえ。

K:しれませんねえ、って他人事みたいに。それにセンゴクさんの表記でローマ字は止めなさい。

E:そうだ!施設にランドセルを送るとか。

K;会話はキャッチボールだろ、耳たぶは大きいくせにヒトの話を聞いていないな。

E:タイカン・マスクとか・・。

K:おっ、それいいねえ。

E:でも、体感したくない、と言われたりしてですね(笑)。

K:面白くないよ。ウィンウィンの関係だろ。

E:そうですね、同じメンツでまたやりますか。

K:そうそう、自民党は政権たらい回しって言われたけれど、ウチは閣僚たらい回しだから・・・、言わせんなっ。

2011年1月13日 (木)

時代はパシフィック

日本ハム、ドライチの斉藤佑樹がマスゴミの寵児となっているようですな。「斉藤佑樹」と言われてもピンとこないのは、私などは「ハンカチ王子」として認識していたりして。「斉藤」というと元横浜大洋のリリーフエースだとか、ゴミウリ軍の「コング」斉藤などを思い出してしまうオヤジ世代です。

北海道日本ハムの二軍の本拠は千葉の鎌ヶ谷にあるとかで。だから千葉近郊のファンとしては一軍で活躍すると北海道に行っちゃうし~、などと、複雑なファン心理だそう。

でもって、そこの寮から手を振ったといって、マスゴミ大騒ぎでして。「あっ、手を振っています!」と女性リポーターが黄色い声で叫ぶのですな。
報道陣が手を振れとリクエストしているくせに、そりゃあ、手ぐらい振るだろ。

最近はハンカチ王子とは言わないみたいで「佑ちゃん」とか言うんだそうですね。長嶋が「いいねえ、佑ちゃん」と言ったとか言わなかったとか。ゴミウリ軍には「沢村」というピッチャーが入ったんだろ?伝説のピッチャー「沢村栄治氏」と同じ姓なのにゴミウリとして「メガプッシュ」はしないのかな。ゴミウリ・日テレ・報知の帝国グループではプッシュしているんでしょうかね。

まあしかし、パ・リーグに人気どころが集まりますなあ。日ハムにはダルと中田もいるんでしたか。
ここ何年も、(十年以上?)パ・リーグに人気と逸材が集中していると思うなあ。それに実力もパ・リーグの方があるし。時代はパ・リーグなんでしょうなあ。

私のチーム、トラ君と言えば・・・、今や「タイガー」と言えば「マスクだろ」と言われたりして。

2011年1月11日 (火)

いも焼酎の肴は?

こう寒いと、いかにビール好きの私もさすがにあまり呑む気になれない。「暑い」というくらい暖房を良く効かせた部屋ならばどうかなとも思うけれど、貧乏所帯の私んちのコタツ程度ならば、350mlの缶ビール一本やっつけてしまう頃には体は芯の底から冷えてくる。

夏のクソ暑い時期にいくらビールを飲んでも体が「冷える」なんてことを実感する訳はないが、基本的に「ツベタビール」は体を冷やす効果があるみたい。夏だと逆にカーッと火照ってくるのだが。

そこで、このクソ寒い日にはヌクヌクを求めて、いも焼酎のお湯割りへとなだれ込む。ただ、焼酎にピッタリの酒の肴ってよく分からない。ビールだと枝豆だとか唐揚げとか、私の場合焼きそばもそうなのだが、これがあれば幸せ、という組み合わせがある。

だが「いも焼酎」となると、うーむと考え込んでしまう。「さつま揚げ」という同郷の名物があるがあのテンプラ、本場モノは割と甘いので酒のアテとしては如何なものか、と考えてしまう。まあ、ネリモノが一般的で「板わさ」辺りが無難だろうか。

・・で、問題は今日の夕食だ。

カレーライスが献立に上っている。そうなると夕飯のおかずを肴に呑む、というのが難しい選択となる。ビールとカレーならば全然問題なくグビグビパクパクイケるが、先に焼酎を呑むとすればまさかカレーを食いながら焼酎を飲むのも変な感じだ。それに、酒飲みの習性としてメシを食った後だと酒が進まないのだ。

・・と困ったような事を書いているが、なんだかんだ言って結局呑むのだけれど。
またギョニクソーセージあたりをビニール包装ムキつつ、ちびちび飲むか。

Siranami_001

2011年1月 7日 (金)

マスゴミ傲慢体質露呈

きれいごとばかり並べ、実は強欲新自由主義の手先・浅否新聞が、またもやエラそうにゴタクを並べていますな。広島市の秋葉市長が退任会見を開かずにYOUTUBEにコメントを投稿した。それについて気に入らないようで噛みついている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.asahi.com/politics/update/0105/OSK201101050127_01.html

民主党の小沢一郎元代表が動画配信サイト「ニコニコ動画」の番組に出演するなど、既存のメディアと距離を置く政治家が目につく。この傾向について、橋元良明・東京大大学院教授(コミュニケーション論)は「編集されたり、批判的なコメントを加えられたりすることを嫌がる権力者に都合のよい手法」と分析。さらに、「国際的に関心の高い問題をめぐる投稿は、ほぼリアルタイムで翻訳されている現状もある」と世界につながるネットに期待をかけた可能性も指摘。「既存メディアのフィルターを通さず、直接伝えようとする政治家は今後増えていくのではないか」と予測する。

(太字部分筆者)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・・と、ニュースで舌鋒鋭く(笑)、秋葉市長を批判。生中継で会見の模様を伝えろというのは、それこそ当事者の偽らざる気持ちだろう。マスゴミがテメーの都合の良いように編集したりカットしたりされ、それがあらぬ誤解を生むことだってあるのだろうが。

私も秋葉さんのオリンピック誘致は反対ですが、だからと言ってここまで悪しざまに書くかな。

それを言うにこと欠いて、お得意の小沢批判を織り交ぜて、わざわざ小沢氏の名前を使うという姑息な報道ぶりをみると、浅否は主筆のフナバシが辞めたぐらいでは腐った部分が取り除けないほど、芯まで腐りきっているんでしょうな。

仮に記者会見を開いたところで新聞紙上でも小さな扱いであったり、テレビの放映枠に入らなかったり、あるいはまったく報道しないことだってあるだろが。
それを「報道の自由」だ、報道するかどうかは「報道機関の裁量」だ、などとまったくもって我田引水手前味噌な記事ばっかり書き殴っているくせにどの口がそんなことを言うのだろうか。

このニュースで取りあえず切っておいて、更に返す刀で社説で秋葉さんを批判すると言う往復ビンタの扱いで、マスゴミ様に逆らうとこうなるんだぜ、と言わんばかり。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

浅否 1月7日社説

ユーチューブは、ネットの特性をいかして簡便に自己表現できるメディアだ。政治家がこれを利用して主張を打ち出すことは悪くない。

 しかし退任表明という節目に、言いたいことだけを一人で語る様子は、かつて「新聞は大嫌い」とテレビカメラだけに向かって話した佐藤栄作首相の引退会見を彷彿(ほうふつ)とさせた。

 秋葉氏は「マスコミを通すと、考えが正確に伝わらない」と考えているのかもしれない。だが耳の痛い指摘や質問を避けたいがために会見に応じないのなら、政治家としての見識を疑う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

と、怒髪天を突く勢いだ。よっぽどお気に召さないらしい。

ならばテメーらが誤報や恣意的捏造記事を書きまくってその結果、冤罪や世間の批判に晒された人達に対する「説明責任」はどうなんだ。小さく訂正記事でお茶を濁し「お詫びし訂正いたします」のたった一言で片づけているくせしやがって。

>耳の痛い指摘や批判を避けたいがため~。

おお、よう言うた。
これから誤報がある度にその都度、記者会見を開いて世間のマスゴミに対する耳の痛い話や指摘を聞いて貰おうか。

クサレマスゴミのくせして、テメーのことは、マイナス30度の寒気団の居座る上空5千メートル級高さの棚の上にあげやがって。浅否さんよ、今年の決算も赤字確定だぜ。

2011年1月 6日 (木)

年頭雑感

  • カンカラカン首相のご尊顔、官邸での撮影はフリーランスの記者はご法度だそうです。

http://www.janjanblog.com/archives/27858

(janjanブログ・田中龍作氏の記事)

別にあんなクソかったるい、腐ったマナコした60過ぎ男の写真を撮りたい訳ではないだろうけれど、一応アレでも首相だからな。いまや、独裁国家の体を成しているようだ。

  • ノダセーコが男児を出産。

前の議員との関係を解消して、いま事実婚関係にある男性の精子を第3者の卵子で体外受精したとか。とゆーことは、別に前の議員の精子でも良かったんではないかと。

  • スカスカおせち

売る方も売る方で悪どいですな。返金して、社長を止めればOKてなことで。
買った人は、ちゃんと返金されるかどうかまで心配でしょうな。
まあしかし、食いもんをネットで注文しますかな。少なくとも私はしません。

  • 浴室を覗こうと・・・石原ノブテルのSPを逮捕。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110106-OYT1T00335.htm?from=navr

本人かと思った。

  • ブログのアバターっていうのですか?仮想自分イラストは・・・。

私のこのブログ運営サイトでは、衣装やらアイテムを実際の金で購入するんだそうで。

信じられナーイ。

  • カンカラカン、年頭あいさつで「不条理を正すと・・」

アンタの内閣は公約(マニフェスト・死語)の撤回が溢れかえっていてなあ。

新年金制度の公約撤回示唆(厚労相)

高速道路無料化撤回示唆(国交相)

「平日にデートできる財務省」撤回します。(ノダ財務相)

2009年衆院選の公約、12年度までに見直しへ(ゲンバ戦略相)

その公約で政権とったアカツキには~、全て、撤回と見直しか。
それこそを「不条理」というのだ。

この詐欺政党め。

2011年1月 5日 (水)

アンチエイジング

喪中につき新年のご挨拶は遠慮しています。ってブログでも書くんだろうか・・、ってもう書いていますが。

当たり前だけれども、正月をキッチリ休んだ方々はこれからまた仕事かあ、とブルーな時間を迎えているんでしょうけれど。
フフフフ、ザマミロ。私は元旦からすでにフルスロットルで働いていますことよ。

かと言って、私、明日も明後日も仕事。まったく腹立たしいかぎりで、貧乏ヒマなしとはよく言ったもんです。
・・で何かを書いて皆様のご機嫌を伺おうと思うけれども、さて、何を綴ればいいのか。

元旦から働いて、今の為政者の豪華美食の米粒ひとつ、高級牛肉の「サシ」の部分のひとかけらの代金支払いの税金ために働いているなんて、間違っても思っては駄目ですよ。精神衛生上よろしくないのでね(笑)。

話変わって唐突ですが、人間歳を重ねれば色んな所に変な兆候が出てまいります。
今日風呂に入ろうと服を脱げば、ふと視線の先に私の乳首の周り、ニュウリンっていうのでしょうか。・・オッサンのニュウリンなんて想像したくないでしょうけれども。想像しなければいいのだ(笑)。

それはともかく、そこに「チチ毛」っていうのでしょうか、若い時分から生えているんですけれど(笑)。そいつがですね、そのうちの一本が「白髪」になっていたのです。まあなんと申しましょうか、果てしなく愕然としたというか情けないというか。

「このやろ」と言いつつ引き抜いて事なきを得たのですが、私の場合、白髪体質みたいで、今のところ頭髪はなんとか体裁を保ってはいますが、白髪がかなり目立って参りました。「シルバーグレーの紳士」と言いますが、それも土台がカッコいい人間がシルバーになったりグレーになったりすると良いんでしょうけれど。

・・まあ、頭髪はそんなところですが、そのほかの体毛は若い時には「ありえない」現象が起こって参ります。
今日は「チチ毛」の白髪に肩の力が抜けたんですが、その他に眉毛などに異常に長い毛が混じったりするようになります。

朝、顔を洗って何気に鏡の中の自分を見ると、眉毛がまぶたの辺りに垂れ下がっていたりすると、スゴーク年寄りくさーい自分と対峙するのですね。

眉毛と言えば元首相の村山さんが有名ですけれども、あんなに眉毛が長くなって、ヘタすると三菱鉛筆・ユニのHBが二本ぐらい軽く乗ってしまう(別にユニのHBでなくても良いのだが)状態になるまで放置するのもいかがなものかと思うし。そんな時は、速攻でハサミで切りそろえる訳です。

あと、「耳毛」ですね。あれって何のために生えてくるんだ「耳毛」。
必要があるというのなら根拠を示せと言いたいぐらい。「産毛」というレベルじゃないほど黒い毛が生えてくるのです。オッサンで頭髪は淋しいのにそのほかの部分が「フサフサ」というのも悔しいし変でしょ、ねえ(笑)。

いまそこでオッサンをバカにしている若人よ、あなたも何時かそうなるんですよ(笑)。

よくは知らないけれど、頭髪は女性ホルモンで、体毛は男性ホルモンだとか?年齢を経て微妙なバランスが崩れるんでしょうかね。人間歳は取りたくないもんですなあ。

訂正

「シルバーグレー」って何?「ロマンスグレー」に訂正いたします。
すみません。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »