フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

大晦日考

いよいよ今日で2010年も終わり。
押し迫ってまいりました、って言いますけれど。考えてみますと、時間が流れて一月一日になるということだけでございまして。それは毎月毎月、表記が変わるだけの話。それも便宜上勝手に決めた時間の単位でしかないのに。そこになにか、けじめ、とかを求める人間様であります。

昔と違い、今の世の中便利になって、・・というか、便利すぎて自らが「年の瀬の締めくくり」という区切りの単位を曖昧にしているいるくせに「いよいよですねえ」とマスゴミなどもダダ流しでして。大掃除して日頃のほこりを払って新しい歳を迎えませう、と。

昔はそりゃね、だんなさん。
大晦日はオヤジが午前中家じゅうひっくり返して掃除三昧、「おかん」は市場へ買い出しに。端的な話、買い物ひとつとっても正月前に買いだめしておかなければ生活できない、という事情があったから色んな買い物を済ませて・・、と主婦は忙殺されていたのですね。

掃除していたオヤジも夕方になれば疲れてきて「ま、こんなもんか」と磨き上げてもさほど変わり映えしない我が家を眺めつつ、ようやく諦めます。ガキどももお手伝いから解放されてほっとする。すでにオヤジは今晩の酒方面へと関心が移っていき。・・で、夕方になれば大晦日のご馳走でございます。我が家の場合はその多くが「すき焼き」でしたな。牛肉を食べるのは久しぶりとガキどもも高揚しています。

夜になれば、レコード大賞、紅白とテレビ番組が目白押し。明日の仕込みでなお忙しい「おかん」が台所に立っていて、オヤジが「コッチ来てテレビを見んか」と勝手な言い草。しかしそのオヤジも知らない歌手が出てきたりすると「くだらん」とブチブチ言いながら高いびき。

・・と、昭和の大晦日を回想してしまいましたが。

商店も正月三が日はキッチリ店を閉めて、閑散としている商店街、というのが文字通り正しい月「正月」だと認識している旧世代としては、今のように元日から各種スーパーが「元旦も朝9時から営業!福袋セール!!」ってやるもんですから。

それでも人々は、大晦日にはスーパーは買い出しの人でごった返し、ガソリンスタンドでは洗車機に車が長蛇の列。やっぱり区切りをきっちり迎えたいという気持ちが働くんですかね。

私はと言えば。「へっ、何が大晦日」と半分ふてくされています。
その「便利を提供する側」のサービス業に従事しているもんですから明日、元日から仕事です。今日はつかの間の休日。ですから朝からエビスビールを飲んでご満悦です。

今年は私的にも身内の不幸が重なりロクでもない年でしたが、政治・社会もロクでもなかったですなあ。果たして来年はチットでもよくなるか・・と期待する方がアサハカでヤボか・・と書かなければならないのが悲しいですなあ。

では、このブログを訪問して頂いた皆さん、良いお年をお迎えください。

2010年12月29日 (水)

エビゾーもオーモモもオイラには関係ねーよ、とつぶやいた

昼飯時の職場で流れる地上波テレビ。

自然と集まる視線の先。

どーでもいいぜ、オーモモとエビゾー。

小沢政倫審もオーモモもエビゾーも、ごった煮のワイドショー。

こういうのを昔から「ミソもクソも一緒」と言う・・。

まあ、しかし。節操がないのは政権もマスゴミも共通ですな。「た党」と連立しようとしてみたカンカラカン政権も、エビゾー、オーモモの後に小沢政倫審出席をたれ流すマスゴミも根っこは一緒のような気がします。

テメーの利益しかアウトオブ眼中のようで。

条件付けたとか小沢批判のカン政権ですが、センダニ・マブチの問責がクローズアップされるのが困るんだそうですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

GOMIURI

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101229-OYT1T00008.htm

西岡参院議長は28日、国会内で民主党の岡田幹事長と会談し、来年1月の通常国会召集前に、参院で問責決議が可決された仙谷官房長官と馬淵国土交通相を交代させるよう求めた。

関係者によると、西岡氏は「通常国会が開会したら、仙谷氏らを代えるしかない」と岡田氏に伝えた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

セイリンシンに無条件で出席しろという腐乱嫌オカダなどのココロはこの辺りだそうで。だけど、カンカラカンはこの内閣を「いいチームだ」(笑)とノタマッタそうです。

権力しがみつきのカンカラカンの目を「死んだサバ」とか言う人がいましたが、「腐ったサバ」が正しいのでは。

サバの生き腐れと言うほどです。意味は違うそうですが。

この首相も生きながらにして腐っていくみたい。

2010年12月27日 (月)

哀愁する

正月用にいも焼酎「黒霧島25度 紙パック」を購入。
焼酎はアルコール度数25度という商品が多いけれど、以前に38度という、いも焼酎をを飲んだことがある。これぞ「いも焼酎」という感じで、すこぶる旨かったなあ。・・正月用といいながら、すでに飲んでしまった。あと、姉から貰ったエビスビールがあるので来年の正月はリッチだ。

関係ないけど、久しぶりにCDを購入。小野リサの「コンプリート・ベスト」
寒い今こそ、ボサ。ここ何日かテレビを見ず音楽を流した。

一般テレビの「雑音」とは違い、音楽を流すと薄汚れている我が家の部屋も違う空間になったように感じるのが不思議。テレビをつけても音楽専門チャンネル。・・で、音楽関連。

スカパーのミュージック・エアを何の気なしに見ていたら、2005年に行われた野口五郎の35周年ライブをやっていた。野口五郎を別に見たくはなかったが、番組解説を見れば「あの、サンタナも認めた、ギターテク」とあった。
それはともかく、その後サンタナの「smooth 邦題(恋はメラメラ)」が始まる。なんとなく「哀愁のヨーロッパ」が聴きたくなる。

理由は定かではない。
私の場合、この曲はしたたかに飲んだ後ふらつく足でさまよった大阪の夜を思い出す。

チョ―キングがたまりません。

2010年12月25日 (土)

再会談も

仕事が久しぶりに二連休となりまして。24・25日とアベック(古いな)にとって重要なイベント・クリスマスに一切関係ないオヤジがこの両日に休みを頂いて良いのだろうかと、内心忸怩たる思いが・・・ある訳もなく(笑)。家でゴロゴロ、クダを巻いています。

「クダ」と言えば、菅カラカンソーリが連合の古賀会長の計らいで小沢氏と再会談したというニュースが流れていまして。「低気温のエクスタシー」さんで見たのですが、その会談に向かうカン首相の形相に並々ならぬ意気込みを感じるんですな(笑)。http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/situation/101225/stt1012251208003-p1.htm

ま、結局なんの収穫もなく会談は終了した模様だそうです。
カンさんあなた、もう会う必要がないとか言ってませんでしたっけ。

ところで今日、CSの朝日ニュースターで「愛川欽也のパックインジャーナル」を見ていたら元財務大臣藤井のジイさんが出演していまして。この問題について、内部抗争だとかそんなものはないし、民主党が分裂する訳がない、と口をへの字に曲げて言ってました。

財政面とマニフェストの問題など予算編成について、少しぬるい愛川氏のツッコミに対して、今度の事業仕分けでは初めから削減してきたり、会計検査院が無駄を多く指摘するなど、充分に政権交代した意義があるんです、としたり顔で我田引水してました。このジイさん、野党時代この番組に出ては「財源については、予算の組み替えで10兆円、20兆円すぐ出てきます」との大風呂敷を何度も聞いたんですがね・・。

そんな人がノタマう「分裂する訳がない」という言葉は逆の意味だろうな、という感じですか。

2010年12月24日 (金)

よりによって

今日二本目の記事です・・。まず最初にポチっと・・。

などと言うノーテンキブログがありますが。

カンカラカンのどこが平和リベラル勢力(笑)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.47news.jp/news/2010/12/post_20101224190301.html

民主党が「たちあがれ日本」(平沼赳夫代表)に対し、連立政権づくりに向け入閣を要請していたことが24日、分かった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これをどう思うか、カンカラカン政権を支持しているアホな連中に聞いてみたいもんです。

「ふざけやがって」二題

いやね、前から高速道路無料化の実現性には疑問符をつけてはいました。けれど、ETC利用でなくても全国一律料金にはするだろうと、タカをくくっていたんですな。我が家では、今や高速利用者の8割がETC利用だと言われている中、車にETCを装着せずに頑張ってきたのですね。土日祝日限定というので、我が家的には利用頻度が少ないと思っていたし。

ところがしかし、この新料金制度は平日もETC利用限定だということだそうで。民主党は野党時代、高速料金自動収受システムが官僚の天下り温床だと批判していたくせに、そのETC限定料金にするとは。
つまり、詐欺商法に匹敵しますな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.47news.jp/news/2010/12/post_20101224123901.html

馬淵澄夫国土交通相は24日、高速道路の新料金について民主党の玄葉光一郎政調会長らと会談し、普通車の上限料金を平日2千円、土日・祝日(休日)は千円などとすることで合意した。

割引に必要な予算は自公政権下で確保した財源を前倒しして活用するが、新料金終了後の制度は白紙で、来春の統一地方選を意識したばらまきとの批判が出るのは必至。実現が極めて難しくなっている高速道路の無料化政策との整合性も問われそうだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それならそうと、初めっからそう言えや。そんならETC付けてたわい。ホンマ「しばいたろか」と言いたい。

ETCなしでも全国一律料金にするだろうと、信じていた私がバカでしたっていう図式にしてくれましたな。当たり前のように国民を裏切り続ける民主党は、逆に言うと期待どおり、とゆーことかよ。

もうひとつ。

「青少年健全育成条例」っていう戦前戦中みたいな気味の悪いもんを作った東京都のイジハラシンダロー、ファシスと知事が過去の著書との整合性を問われて「そのころ私は間違っていた」とノタマッタそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101218ddm041010056000c.html

石原慎太郎知事は17日の定例記者会見で、72年発行の自著「真実の性教育」(光文社)に「いかなる書物も子供を犯罪や非行に教唆することはない」などと記述していたことを指摘され、「そのころ私は間違っていた」と述べた。「変態を是認するような本は、あのころあまりなかった」と釈明し、条例改正の正当性を強調した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そのころも何も(笑)。

アンタは昔も今も間違いだらけじゃないのか。

2010年12月20日 (月)

菅・小沢会談、平行線

今日20日、小沢さんとカン首相が会談し、カン首相は改めて政倫審の出席を要請したと報じられています。カンは小沢氏が強制起訴の議決が出る前の「いつでも国会で決定されれば出席をして説明する」と言ったのを言質にとり「そう言ったではないか」と迫ったとか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20101220-OYT1T00624.htm

「小沢氏、政倫審には議決があっても出ない」

菅首相(民主党代表)は20日午前、首相官邸で同党の小沢一郎元代表と約1時間半、会談し、衆院政治倫理審査会(政倫審)への自発的な出席を要請した。

 小沢氏は強制起訴されることを理由に出席を拒否し、首相は小沢氏に招致議決に向けた手続きに入ることを伝えた。小沢氏側は強く反発しており、党内情勢は緊迫している。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

検察審査会が議決した起訴すべしという決定を受け「この問題は司法の場で取り扱うようになったので、立法府である国会で説明する必要はない」とする小沢氏の発言の要旨は、民主党現執行部がテメーらの政権維持のため野党との取引材料と共にマスゴミにすり寄り、捏造世論調査でもして貰い「支持率上昇」を目論んでのことで、保身と権力しがみつきの道具に小沢氏の首を差し出そうということだと、そんな企みが明らかだからでしょう。

2007年の参院選勝利「国民の生活が第一」のフレーズと共に躍進し、09年の衆院選で政権交代を成し遂げた当時の代表・幹事長を「政治とカネ」という特捜検察の作・演出ストーリーで切り捨てようとする政党は、所詮「よそ者」を排除しようとする姑息な集団としてしか映りません。出席しようがしまいが強制起訴された時点で、離党勧告をするつもりなんだろうから「セイリンシン」もクソもあるかという感じがしますが。

拙ブログも恥ずかしいことに、財務大臣に就くまでカンカラカンを支持していました。ところが大臣になったら「自民党の考えかたは基本的には私たちと共通している」とか言いだしたカン財務大臣。
こんな財務官僚に取り込まれた発言を聞き、これに愕然としだしたところ、普天間問題で苦しむ鳩山政権を見殺しにして、一切表舞台に出て来ず次期ソーリの座を虎視眈々と狙っていたであろうカンナオト。これ以降、こ奴は信用ならんと思い出した次第です。

市民活動家出身だと言い、リベラルだという印象をふり撒き(未だに平和リベラル勢力だという能天気ブログもありますけどね)、それなら武器輸出三原則の見直しなどをノタマう内閣の最高責任者のどこが平和リベラルな政治家だというのだろうか。

政権に就いてからほとんど前政権の自民党と寸分違わぬ、いや、それ以上に右傾化した政策や運営をしてきたカン政権は、去年の政権交代に思いを託した多くの国民の代表政府だとは到底思えないですな。トットと政権崩壊でも党崩壊でもしてくれた方が国民のため。

私など、民主党の詐欺的手法のせいでとことん政治家不信に陥ってしまい、どんな政治家も政権の座に就けば、変節転向し「国民の生活が第一」という理念を捨て去るのではないか、と疑心を抱いたりする気持ちになる。それほど民主党・現執行部の罪は重いと言えるでしょう。

小沢新党が年内にも噂され、政界ガラガラポンが行われるのでしょうか。

2010年12月19日 (日)

お手盛り労使協調国家

法人税を5%減らしたところで、それが雇用確保や賃金上昇、ましてや雇用者増に向かうなどと本気で思っていないくせに、それをその理由の柱にして記者の質問に答える空きカン首相。

そうかなるほど、そのために法人税減税したんですかあ、とアホな国民が納得すればしめたもの、ぐらいに考えているんでしょうな。
それを歓迎する経団連。そんなものぐらいで貪欲な俺たちの腹は満たされないぜと思っているのに、ま、減るんならそれは構わないけれど、ということですか。

大企業がエコポイントだとかエコカー減税だとか税金投入の経済振興策に乗っかって売り上げを確保したのは紛れもない事実。なのに、さらにその上法人税を減税してあげる、・・なんて大企業に優しい国でしょうか。
その不足分は個人の増税で賄うという基本姿勢。またぞろ消費税増税を打ち出すでしょう、カン内閣。

日本の法人税は世界でも高いとかいうけれど、そもそも法人税は黒字企業からしか徴収しないうえ、しかも色んな軽減措置で実質40%の法人税を納めている企業なんか皆無だという話です。ソニーなんか実際に18%程度にまで減免されているそうですから。もちろん銀行なんて一切税金を納めていないというのは有名な話。

そこで、政権与党の支持団体、「連合」傘下の電機連合が来年の春闘、早々と賃上げを断念というニュースを目にした時にはこの国全体がお手盛り労使協調路線だと思ってしまう。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/262921.html

電機業界はエコポイントという国民の税金で売り上げ確保していながら、国民である労働者に再分配をせず、それを労働者側自らが辞退するというお手盛り国家の図式が見えてくる。そんなことでは一向に景気は良くならないばかりか、そうやって権力者や大企業側に「いい顔」する一部の連中だけが潤う結果に、と考えてしまうのです。

ことは春闘賃上げのことだけでもないでしょう。
日本最大の労働組合組織の連合がこの体たらくでは、非正規雇用の改善、派遣法の改正など画に描いた餅に終わるでしょうね。何より「大企業男性正社員」中心の考えしかない連合などという馴れ合い組織が本気で派遣法改正を政府に訴えた試しがありませんからね。御用組合の見本ですな。

そんなお手盛り組織が今の政権与党とくっついているんですから、全てが権力側と言っても差し支えがない状態ですか。

2010年12月17日 (金)

寒いです

日本列島の上空5千メートルに-30℃の寒気団が到来とかでこの年末一番の寒さとなってしまいました。この寒々しさに足並みをそろえるように、拙ブログもこの12月20日で丸二周年を迎えることとなりました。お陰さまでこのブログも場末の弱小ブログに育つことが出来ました。弱小に育つというのも変か(笑)。やっぱり見て頂いているということがモチベーションになりますゆえ、これからも応援の「ポチっと」を、伏してお願い致します(伏してないし、だいたい「ポチっと」のボタンなんか無いし)。

寒いと言えば東京のイシハラシンダロー都知事は「青少年健全育成条例」をとうとう通過させてしまいました。マスゴミインタビューで「当たり前だ」とか、口を尖がらせてイイ歳をしやがって拗ねた表情するばかりの極右知事はテメーのオレ様基準だけが正しいんだと、着々と独裁者の地位を築いております。アニメのイベントに出展しないとか言う出版社側に「来なくていい!」とか言いやがっていましたね。

民主党都議団が賛成に回ったとかで、いつものように変節したのかどうか、よく知らないけれど情けない思いですな。漫画家や出版社はゼネストを打てばいいんです。強権振り回し知事には強硬策しかないでしょ。

このジジイといい、ゴミウリのナベツネといい。憎まれっ子世にはばかるとはよく言ったもんで、齢(よわい)を重ねて首を垂れるどころか、ますますふんぞり返りやがってます。

ところで話変わって、浅否新聞のフナバシ主筆が退任していたそうですね。
定期購読者激減で二期連続赤字の責任を取ったのでしょうか。アメリカ隷属で不当に宗主国を誇張賛美する浅否新聞もこれで少しは悔い改めて偏向報道を止めれば(改めるわきゃないか)、また取ってやっても良いぞ・・・と、まったく思わんですなあ。

2010年12月16日 (木)

「たこ焼き」がニュースみたいでなんとなくたこ焼きを食べた、という。

歩き方に問題があるんだろうけど足に「歩きタコ」ができます。特に足の小指と薬指の間に出来るタコが大きくなると、歩くととても痛い。そんな時、私の場合は古くなった安全カミソリで角質化した硬いタコを削り落すのです。

胡坐をかいて、そしてその皮膚の削りカスを宣伝チラシなどで受けるため、足の下に敷いておきます。削り終わると結構たまります。
「ハイ、みそ汁のダシに」と言いながら妻に見せると、かなり本気で嫌がります。もちろん冗談でして。

そんなアホなことを本気で言う訳はないのですが、顔を歪めて露骨な嫌悪感をあらわに致します(笑)。だからよけい毎回したりして。
歩きタコを削るとすっきり、痛みも消えてしまいます。

でもって「たこ」つながりですが(笑)。
大阪市も大きなタコを削りたかったのだろうか、永年土地を占拠していたたこ焼き屋に立ち退きを要請していたそうで、店側が立ち退いたというニュースが流れています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101216dde041040071000c.html

店舗が市道を不法占拠しているとして大阪市が撤去命令を出していた大阪・道頓堀の人気たこ焼き店「大たこ」が16日未明、店舗を自主撤去した。台車の付いた店舗を車でけん引して移動させ、72年の開業以来初めてこの場所から撤退した。市は行政代執行による強制撤去を16日に実施すると予告しており、直前に大たこ側が折れる形になった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

関連ニュースで、前日の報道では大阪市職員がこのたこ焼き屋が立ち退かないことに腹を立てたのか、雨の日に店先で傘を振りまわし、たこ焼きを台無しにしたという威力業務妨害容疑で逮捕されるというオマケも付いたみたいですな。

どうも最近の役人は国、地方を問わず「義憤に燃える」のか、流出させたり、振り回したりするんでしょうか。それだけ職務に真剣に向き合っているんだと言えなくはないみたいですが、その熱意を出す方向が間違っているんじゃないかと(笑)。

閑話休題

このたこ焼き屋「大たこ」は72年開業だとかで、大阪にいた頃、道頓堀で私も見た記憶はありますが買って食べたことはない。有名店で人気があったんだそうですね。大阪でたこ焼きと言えば名物ですが、ソースなどをかけないたこ焼きが美味かったことを思い出します。たしか、26号線沿い鶴見橋近辺にあったお店ですが今もあるんだろうか。あと、千里中央の千里セルシーにあった(今もある?)たこ焼き屋も美味かった記憶がありますな。

・・で、今日は久しぶりにたこ焼き。

Takoyaki_002

近くのスーパーで買ってきました。
あまり美味くはなかった、という・・。まあ、今日はこんなとこで。

2010年12月15日 (水)

カン首相、諫早湾開門上告断念だとか

いくら、アキカンだとて自分が野党時代に吠えていたことはさすがに覚えていたようで、諫早湾干拓事業潮受け堤防水門の常時開門の高裁判断に上告は断念したようですね。前回の記事を書いた後、このニュースです。上告するだろうと思っていたのでちょっと意外(笑)。

もし、これを上告していれば、カンソーリの「政治生命は終る」と保坂展人氏もそのブログで語っています。

保坂展人のどこどこ日記

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/77e70e2b56e7959446f37a3b3766e8d6?fm=rss

まあそら、誰が考えてもそうでしょうね。私も野党時代のカンが「水門のギロチン」に抗議していたニュースはハッキリ覚えていますもんね。
それを平気な顔をして上告するようだと終わりでしょ。

でも、漁業の佐賀県側は喜んでいるけど、農業の長崎県側は開門に反対だそうで、一筋縄ではいかないようです。途中で「やっぱり上告します」なんて・・。

それよりも・・、それまで首相のイスに座っているかどうかが心配でしょうか。

2010年12月13日 (月)

視察行くんなら、諫早湾へ行けよ カンソーリ

カン首相って視察で支持率回復だと思っているのでしょうか、あちこち行っては腰砕けなことを言って、さらに支持率を下げるような事ばかりしているようです。ハローワークに行って「やっぱり就職を探しているんですか?」と求職者の男性に訊いたとか。

ふつーの大人なら、それも一国のソーリとあろうお方なら「どのような仕事を希望されているんですか?求人が少なくて厳しいですか?」と、それぐらいの言葉を言えんのか?って。

それも、「就職」を探すってなんだ?「就職」を探してどうするんだよ。「仕事」だろが探しているのはよ。もっと言えば「やっぱり・・」って、ハローワークで仕事を探す目的以外に、何かする事があるってえのなら、教えて欲しいもんだ。

次の日は、農業生産法人の視察して、カメラの前でおにぎりを食べて作り笑顔だけはいっちょ前に。そんなパフォーマンスばかりで、冷血コイズミのマネして支持率が回復すると思っている節がありますな。

そんなに視察したいなら諫早湾にでも行けって思うのだが。
野党時代あれだけ潮受け堤防の建設に反対し、その後も開門しろって政府に迫ってきたんだろ。

現在、福岡高裁が「常時開門せよ」って判決出したんだから、喜び勇んで「私は昔からこの堤防には反対していました」って言えるだろが。それが「整合性」ってやつじゃないのか。
ところがところが不思議な事に、いまや権力者になった途端「上告」するって、どーいうことだ?これも教えろよ、アホカン。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://mytown.asahi.com/areanews/nagasaki/SEB201012090051.html

民主党政策調査会の農林水産部門会議が9日、参院議員会館であり、国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の常時開門を命じた福岡高裁判決について、党、農水省側双方から「上告はやむを得ない」との考えが示された。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まあ、党もその代表も、結局野党時代に言っていることは全部ウソでして。詐欺師と言われても仕方がないですな。野党時代に言ってる政策が全てウソで固めていたんです、と認めているようなもん。

何が有言実行内閣。チャンチャラおかしいわい。

そんなこんなで、だから国民が大きく頷く「空きカン」と言われるんだろうけれど。支持率低迷の原因は相変わらず「政治とカネ」で。
小沢氏が説明責任を果たさないからだと、妄想しかできない腐った脳みそを持っている連中ばかりが固まっている現執行部は、だから、クサレ政権だというんです。

誰を信じていいのか・・・。と、当然そうなりますわな。

「政治とカネ」が原因で政治不信にはならん!!と、口を酸っぱくして言っても無駄なのか。

2010年12月10日 (金)

グダグダ政局

グダグダカン政権の末路が見えてきたのか、政局が慌ただしくなって来たようです。自民党の「小沢抜きなら大連立可能」だとイシバが語ったとか、ゴミウリのナベツネ総統が蠢いているとか。さらにセンダニ官房長官も自民党との連立は可能だとほざいたり。

さらにさらに、小沢外せば政権浮揚だと考えている腐乱嫌・オカダは野党協力欲しさの小沢差し出しに政倫審を利用する始末。小沢氏が出席を拒めば「処分」というおぞましさ。「政治倫理」の欠片がないのは、民主党現執行部だろうと誰でも考えるだろうし。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010120901000617.html

民主党執行部は9日、小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会への招致議決を無視した場合、除名や離党勧告の処分も選択肢から排除しない姿勢で臨む方針を固めた。また公明党に対し政倫審での議決で賛成するよう要請、公明党は応諾した。政治資金問題を抱える小沢氏に厳しく対応する公明党と同じ立場を取ることで、来年の通常国会での公明党の協力を得たいとの思惑があるとみられる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こうなったら政権維持の為に何でもしまっせ、というなりふり構わぬ民主党。小沢派が出て行っても大した数じゃないと踏んでいるのか強気の民主党執行部。

自民党と大連立だとか、公明党とだとか、あるいは社民党と復活かだとか。要するに何でもええ。しがみついとけ、そのうち何とかなる・・ぐらいにしか考えてないクサレ政党は来年中には雲散霧消しているかもしれません。

まあ、まかり間違っても、あと五十年も生きられないだろうし。
どうなろうと知ったことか・・という気分になったりする今日この頃ですね。

ウチのパソコンメモリ増設

ウチのパソコン、二年半前にチープな機種を買ったのでメモリが512MBしかなかったのです。NTTのセキュリティソフトをインストールするときも「このシステムのメモリは1GB以上を推奨します。よろしいですか」などといちいち確認してくるし。ええい、やかましい!よろしいですかも何も、どんなメモリを使おうが俺の勝手だ!と今まで使用してきました。

評判があまり芳しくないみたいだけれど、ヴィスタはそもそも1GB以上を推奨だそうですね。ファイルが蓄積され無理がたたっていたのか、フリーズすることが多くなりました。しかたなく昨日電気屋に行き、増設用のメモリを購入することに。

まず寄ったのがB電器。
1GBのメモリが一つしか在庫がないとのこと。1GB×2のフルスペック仕様にしたい私としてはもう一つ欲しい訳でして。何枚もぶら下がっている「この商品カードをレジまでお持ちください」なのに、在庫が一つとはどういうこっちゃ、と憤るけれども。仕方がない諦めよう、と店を後に。

もう一軒、その近くのK電器に寄るとこちらでは在庫あり、しかも1GB×2で7740円と格安。なんかチェーン店の新装開店協賛セールとかで安かったみたいです。
さきのB電器では二つ買うと11600円になるところだったので、非常に得した気分。

そして今日、「壊したらどうしよう」と恐る恐るパソコンに装着。
おかげさまで、なんとかめでたく2GBのデュアルチャネルメモリの増設に成功。

いやあ、快適です。
サイドバーにいろいろ貼り付けているブログなどのアクセスに非常に手間取っていたのがウソのようにサクサク表示されるし。
スムーズな表示は精神衛生上非常に宜しい、ということみたいですね。

2010年12月 7日 (火)

自転車でケータイ、って高校生に多いのだろうか

夜の道の向こうから、ほの白く照らされた顔だけがこちらに向かってくる。その顔の主は自転車に乗っているようだが、無灯火である。近づくと携帯の画面を注視しながらチャリンコをこいでいる高校生らしき人物。

一時もケータイから目が離せない、という輩が多いですね。私も業務連絡上(家人や兄弟親戚、そして文字通り仕事で使う程度)必要なんでケータイは所持していますがね、あれほど常にケータイを見なければいけない用件って何だろう?って素朴な疑問がいつも渦巻くんですな。

他人のケータイ画面など覗き込んだことがないので分からないけれど、聞くところによると多くの場合ゲームなどをしているんだそうですけれど。よく見るスタイルは常にケータイを手に持ち、画面を開いてなくても上腕と二の腕で造り出す肘の角度が、45度から38度に設定されているかのように歩いている人々。

先の高校生も若い人の特権である根拠のない自信で「俺様はさ、ケータイ画面を見ながらでもチャリンコごときで事故るわけねーじゃん」とか思っているんでしょうな。

・・で、今日は当地では12月の雨。
しとしと冷たい雨が空から落ちているというのに、車から見た光景は、雨具も付けず女子高生が雨に打たれながら、特に急ぐ風でもなくケータイを見ながらタラタラとチャリンコをこいでいます。
危ないですぜ。

今さらだけど、世の中には「ケータイがなければマジ死ぬー」と言う人間が増殖しているそうですな。そんな下らんことで死ぬなよ、とゆーか。どうせ人間皆死ぬんだから何も別に焦らなくても、とも思う。

「ケータイがなければ死ぬー」じゃなくて「ケータイがあるから死んだ」なんてことに。だいたいお譲ちゃん、そのケータイ防水機能付いてんのか?
老婆心ながらそう思いますがね。

2010年12月 5日 (日)

チャーハンは白ご飯の夢を見るか?

今日の昼飯。

タイマーで仕掛けてくれていて、ほかほかのご飯が炊けています。オカズを作るのが面倒くさいので近くのスーパーまで徒歩数分。惣菜コーナーでオカズを物色する。特に食べたいな、というものがなく食指が動かず逡巡している私の目に「チャーハン」が飛び込んできたのです。

・・まさか白ご飯にチャーハンはなあ・・、と!!

そこで私の頭の中に、先だってのなめぴょんさんのブログ記事、白メシの友達はどこまでかというエントリーにコメントした私の言葉「白メシとチャーハンは有りかと」が何故かふいに甦って来たのですね。

笑いを取ろうとしてバカな事を書きこんだだけですが、なめぴょんさんの「チャーハン+白メシ、ぜひ挑戦を!」というコメ返がありましたし、やっぱりやらなきゃ男がすたる。なんだ結局口先だけのどこやらの国のエラいさん達と変わらんではないか!、という悪魔のささやきが耳元で聞こえるのです。

・・で買って参りました(泣)。

001

<うーむ、こういう並びはあまり見たことがないですな>

白ご飯は少なめに盛りつけました。なにしろ、ご飯にご飯の屋上屋ですからね(笑)。・・で、早速試食です。

まず白ご飯をひと口。まあ、白ご飯である(あたりまえ)。そこへすかさずチャーハンを口に放り込む。感想は・・、一応味の変化がある。・・変化はあるので、「オカズ」としての範疇に入る・・と言えなくもない、という感じです。そして当然不味くはない訳ですし。まあ取りあえず、なんの、なんのと言いながら食べ続ける。

白ご飯を先に片づけた。
食べた感想は・・、そうですなあ、ヘタクソな奴が調理した、醤油などの味付けがまんべんなく全体に絡んでいない、ところどころ白い状態のご飯粒がダマになって残っているチャーハンを食べさせられた・・・、という感じだと言えば分って頂けるでしょうか。

こんなに「もっさり」した食後感ったらないですね(笑)。結論を言うと「まあ、喰えなくはない」と言ったところでしょうか。やはりチャーハンは「ご飯もの」として食べなくてはいけませんなあ(反省)。
「チャーハンは白ご飯の夢を見るか」などと、センスオブワンダーなタイトル(どこが)だけれども、相も変わらず下らん記事ですんません。

まあ、日曜日だし、読んで頂いた皆さんの暇つぶしにでもなれば良かったかなあ・・と。
良い子はマネをしないよう。
・・しないか(笑)。

2010年12月 4日 (土)

官房機密費、ドブに捨てているようなもんか

センダニ官房長官が官房機密費(内閣官房報償費)の使途を公開する考えがないことを表明したうえで「公開するとしても何十年後だ」とノタマッタそうです。まあ、何十年後はテメエらもこの世には確実に存在しないし、その時に税金の無駄遣いや浪費ぶりが白日のもとに晒されても「ワシャ関係ないもんね。知ったことか」ということでしょう。

しかも、鳩山政権時代は月6000万円の支出だったものが、この4月以降毎月1億円を払いだしていると野党の質問主意書に答えたんだそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101203-OYT1T00873.htm

昨年9月の鳩山政権発足から今年2月までは、毎月の支出額は6000万円だったと平野博文前官房長官が国会で説明していたが、今年度は毎回の支出額が大幅に引き上げられたことになる。共産党の塩川鉄也衆院議員の質問主意書に答えた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

仮に、毎月1億円の機密費を利用し良好な政権運営しているならまだしも、情報が集められずに「害交」するなど失態の連続で、国民の税金をドブに捨てるような使い方しているのに「使途を公開しない」などと居丈高な態度はどうなのだと。

毎晩のカン夫婦や取り巻き連中とくりだす料亭や一流ホテルの豪華美食の支払いに消えているんじゃないだろうな。支持率が1%になっても辞めない、としがみつく権力の味は相当オイシイのでしょうな。

カンカラカンは「政治とカネ」問題には無縁です、「クリーンでオープン」だと、のたまい首相の座に就いたけれども「政治金」を浪費する権力亡者になってしまったようで。
「クリーン」と「オープン」が聞いて、へそで茶を沸かすっちゅうねん。

2010年12月 2日 (木)

青少年の健全育成な条令が18禁販売規制で育成が健全に出来る?

「明日のジョー」ちばてつやさんや「こち亀」で有名な秋本治さんなど、著名な漫画家が東京都の条令案「青少年健全育成条例」に反対しているのはその条令の文言があいまいで、拡大解釈され、規制の対象が広範になる恐れがあるということだろうと思うのですね。

東京都知事は「過激な性描写など、子どもの目に触れさせたくない」とか言うけれど、どこまでが過激じゃなくて、過激なのかの線引きが曖昧模糊としているからでは。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

18歳以下に販売を規制する対象として~

漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く。)で、刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・・ということらしい。

で、「刑罰法規に触れる性交」って、言わば強姦だとかの類だろうか。
すると、合意の上での性交を「過激に」描いている作品は構わないのでしょうか。トーゼン、「そ、そんなものも認められません!!」と言うんだろうしねえ。

それに、刑罰法規に触れるとなれば、暴力シーンなども青少年の健全な育成には有害だという話になって行くような気がしますな。「非実在青少年」などというおよそ日本語とは思えないような言葉を考えつくような連中ですからね。

それに18禁販売規制したって、買う奴はどうしたって手に入れるんでしょうしね。昔「ビニ本・エロ本」の自動販売機が夜になるとその内容物が分かる仕組みになっていましたけれど、それを目指して中高生がチャリンコでウロチョロしてました(笑)。

まあ、あれです。
東京都がどうしてもこの条例を通すということならば、出版社も漫画家も東京都では、一切の漫画アニメなど、出版物の販売を止めればいいんじゃないのかな。「業界の自主規制です」として、その中には「アンパンマン」も「ドラえもん」も含む、ということで対抗すれば良いんじゃないのでしょうか。

イシハラシンタローさんは都民の金をジャブジャブ使い放題で、自分の倫理観は欠落しているくせに、他人には道徳を押し付けるのですな。
その代わりと言っちゃあなんだが、戦争が好きなようだし。
その代わりになっていないし。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »