フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 検察検証第三者機関の座長にチバオバ | トップページ | 前言撤回得意技 »

2010年10月24日 (日)

雑談:ハッピーハロウィンって何

商魂たくましい連中がなにかの行事にひっかけてひと儲けをと、企んでいるのが近年よく目にするようになった「ハロウィン」ってやつでして。外国の風習を模したモノの横綱がクリスマスなら大関はバレンタインデーでしょうか。もう一つ定着しだしたのが、お返し好きの日本人が飛びつくホワイトデーなんかどこが発祥なのか(明らかにギョーカイサイドらしいですがね)、正体不明なイベントもあります。

無知が服を着て歩いている私は「ハロウィン」ってキリスト教徒の「お盆」みたいなもんだろ、ぐらいに捉えていたんですが、いつの間にやら庶民の生活にも入り込んできているようです。
昨日近くのショッピングモールへ行きますと人だかりが出来ていて、人混みが大嫌いな私としては心の中で罵倒しつつ通り過ぎました。ふとそちらの方を見ると、イイ大人のオバハンがRPGに出てくる魔法使いのような出で立ちやら、仮装した子どもなどがモールの特設舞台ではしゃいでいました。
何がめでたくて、何が楽しいのだろうか。

wikipedia<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3>で調べると、ケルト人の収穫感謝祭の風習がこれに当たるんだそうで、カトリックを信仰する他の民族にも広まり、10月31日に行われるカトリック教徒の「諸聖人の日」のイヴということらしいです。

まあ、そんなこと私にはトーゼン関係ないのですが、なんと言っても、商売人が売り上げ増と集客をもくろみ一般の無辜な人々の財布のひもを緩めようというアザトサが腹立たしいのですね。

今のところ、業界(何の?)もどんな商品を売り出せばいいのか思案中みたいで、ハロウィンにはこれを食べよう!とか、これを恋人に送ろう!みたいな商品は決定していないようです。これが社会に浸透拡散伝染しないうちに撲滅と粉砕しなければいけないと愚考しているところなんですな。

こういった、アザトイ商法に敏感な千葉県在住の「世の中なんでも粉砕撲滅だ」を唱える、老獪ブロガー・やきとり教授に「ハロウィン撲滅委員会」の設立を持ちかけたいのですが。
すでに「恵方巻き」「年明けうどん」と次々に葬り去ってきた実績と手腕を高く評価したいのでありますね。
さて、ご賛同頂けるかが心配であります。

このまま放置しておくと、いつの間にか商魂たくましい連中が「パンプキンパイ」をひとことも喋らず、黙って今年の恵方を向いて丸カブリすれば一年の無病息災がかなうなどと、本来の意味をも大きく逸脱しかねないと老婆心ながら心配しているところであります。

« 検察検証第三者機関の座長にチバオバ | トップページ | 前言撤回得意技 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまです。ハロウィン撲滅委員会千葉支部長のやきとりでございます。当委員会は約10年前に設立されており、毎年このシーズンには積極的に活動を行っています(例:スーパーで商品の横に置かれたカボチャ等のオブジェを棚の奥に隠す、書店で平積みされたハロウィン関連書の一番上を裏返す)。ちなみにキャッチフレーズは「ノーモア・クリスマス! ノーモア・バレンタイン!」でございます。

しかしこのようなたゆまぬ努力は報いられず、敵はここ数年で敵の勢力は拡大傾向にあり、由々しき事態となっております。今年は銀座通りで「反ハロデモ」を計画中ですが、知人に打ち明けたところ、「いい大人が何言ってんだ。子供が喜んでいるなら放ってほけよ」と鼻で笑われました。これは明らかに危険な兆候です。

しかし私は決して諦めません。1人では弱い力も、大勢が集まることで物事を動かすパワーが生れます。ぜひともsomethingさまとも共闘して、今年こそハロウィンを粉砕しようではありませんか! 団結ガンバロー!

>やきとりさん
おお!そうでありましたか。すでに十年前から設立、活動をされていたんですね!知らぬこととはいえ失礼いたしました。
それではおっとり刀ではありますが私も「ハロウィン撲滅委員会愛媛県支部」を立ち上げましょう。このハロウィンは、クリスマスやバレンタインのような惨状は避けたいところです。私も、かのショッピングモールで配っていたハロウィンの広告をゴミ箱に叩き込んでやりました。敵は本当にしたたかで金が絡むとどんな手を使ってでも広めようとしてくるでしょうね。今年はぜひ撲滅してやりましょう!!

ハロウィーン 撲滅 で検索したら引っかかりました。3年前の記事にコメントで恐縮です。私も本当にうんざりしております。積極的に日本から撲滅・抹消したい風習のひとつです。

きださん


いえいえ、古い記事にコメントを頂くのは管理人冥利に尽きます。コメントありがとうございます。
ところで、今日もハロウィンで仮装した子供たちなどがショッピングモールを走り回っていましたよ。
「ハッピーハロウィン」などと、なにがめでたいんだか。
要するに消費者の財布の紐を緩めたいだけの、あざとい「商魂」でしかありませんね。

ご返信ありがとうございました。周囲には、そしてインターネットにも、あまりハロウィーンに反対の立場を表明している人が少ないので、へんせいふうさんのこの記事を頷きながら読んでおりました。全て仰るとおりで、土着ではない、商業主義により創成され宣伝される文化になぜここまで享楽的になれるのか、私には理解できず日本の将来がとても不安になります。子供たちにどんどん染みこんでいるのもとても心苦しく思っています。もっと静かに日本の秋を楽しみたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/49830652

この記事へのトラックバック一覧です: 雑談:ハッピーハロウィンって何:

« 検察検証第三者機関の座長にチバオバ | トップページ | 前言撤回得意技 »