フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« フランケン・オカダの二枚舌 | トップページ | まーったく、何をしておる »

2010年8月22日 (日)

偏西風、南国鹿児島に吹く 後編

おやっとさあ、ふんのこてがっち、ぬっかねえ。(お疲れ様、本当にむちゃくちゃ、暑いですね)・・と、怪しいカゴンマ弁(鹿児島弁)をちりばめながら、拙ブログの鹿児島帰省編も最後となりました。他にも「青雲編」だとか「シップードトー編」も有ったのですが割愛いたしますです。

 ・・で、やって参りました鹿児島県・薩摩半島の最南端「長崎鼻」であります。鼻というのは岬の突端を意味するらしくって、鹿児島なのになぜ「長崎」なのか知りませんが、全国にも「長崎鼻」という岬が点在するようです。興味のある方はご自分でお調べになって下さいね。

Kagosima_033

Kagosima_036

<長崎鼻の本当の突端、云わば鼻毛みたいなもんですかね>

 雄大な景色が眺められると観光客がわんさか・・とはいかないようで、岬に続く小道には長崎鼻ご当地ソングが流れる、昭和っぽーい雰囲気あふれる店が並んでいます。

Kagosima_038

Kagosima_037

このウミガメのはく製。
需要があるから販売しているんでしょうね。私はガキの頃から何度も訪れているけれど、在庫回転しているのか、と気になる。ひょっとして、40年前から同じものだったりして。
「亀は万年」と言いますから「生きていれば、1万40歳」なんてことで、世相を映してたりして。

Kagosima_034

<岬から見る「薩摩富士」開聞岳>

頂上が桜島と同じように、またも雲に隠れているのが残念です。
そこで、使い回しで申し訳ないが、去年撮影した「JR日本最南端の駅・西大山駅」から望んだ開聞岳の写真をアップいたしますです。

82_002

<マニア垂涎の駅ですよ。薩摩富士の別角度はこんな感じであります>

で、腹も空いてきたしメシでも・・、ということで。

Kagosima_024

この辺りの人気スポット、開聞町・唐船峡そうめん流しにやって参りました。

Kagosima_025

でも、その流しているそうめんが、なぜか小豆島の「島の光」なんですね。残念感がそこはかとなく漂います。

Kagosima_026

<ピンボケですが、これは店の看板を撮影したものです>

皆さん丸いテーブルを囲んでいますね。水流がぐるぐる回っているテーブル水路にそうめんを投入して、それをすくって食すという方式の「そうめん流し」である。正確に言えば「回転そうめん」という感がなきにしもあらず。

でも、テーブル式の利点は、雨どい方式が上流で知らない他人が食べていて「なにをしているか分かったもんじゃない」という潔癖症の方の疑心暗鬼には安心感がありますな。

さて、ここで残念なお知らせが。
実はここに訪れたのが午後2時過ぎ。だが、食券を求める行列が万里の長城のように、列の尻尾がカスミに隠れて見えないのですね。仕方なく流しそうめんを諦めてしまいました。

そうめん流しって、どんなもんかと興味のある方は検索で見つけたブログへどうぞ。

http://blog.goo.ne.jp/mi2nari/e/d9a579230f6e5ef7bec26a440a00fb66

Kagosima_027

<ムラサキイモソフトクリーム>

・・で、悔しいのでソフトクリームを食べた。
結局、食事は九州で幅を利かせているファミレスチェーンで499円のカレーを食べた・・、というなんだか敗北感あふれる鹿児島の旅だった。
まあね、お盆の帰省だし、こんなもんでしょ。

しったい、だれたあ(疲れた)。

« フランケン・オカダの二枚舌 | トップページ | まーったく、何をしておる »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「流しそうめん」ではなく「そうめん流し」ですか。なんだか灯篭流しとか白線流しみたいな和の風情がありますね。でも写真を見ると、それぞれの客が勝手に家庭用流しそうめん器で食事しているようで、ちょっと侘しいというか何で大行列するほど流行っているのか不思議なくらいです。しかも小豆島かよ! 小豆島へ行って食えよ!

ところで沖縄にいた時、友達の家の玄関にはだいたいウミガメの剥製が飾ってありましたが、今はどうなんでしょうねえ。グリンピースやシーシェパードに叩かれないのか心配です。

やきとりさん
そうなんですね「小豆島で食え」というのもむべなるかな。
このテーブル式そうめん流しを発案した人が、この町の時の町長だそうで、ソフトから入らずにハードからという日本の産業構造の欠点を具現化していますなあ。

でもまあ、至る所にふんだんに流れる湧水の清涼感と、地元産の鰹だしを使った、めんつゆ(やきとりさん好物)と相まって美味いのは確かなんですね、これが。
地元の人間が「盆や夏には行くな」と言うほど人気なんです。
で、夏に行くなと言うことは・・、年中無休でやっていまして。
・・そうです、真冬にも「そうめん流し」があるんですね。ストーブをそばに置いて「そうめん流し」(笑)。

ところで、ウミガメのはく製は外国に嗅ぎつけられるとヤバいですね。「タートル」とか言う映画が出来たり、またその上映を反対するウヨ連中が騒いだり。

somethingさん。今晩は。

いつもながら、いい写真ですね。圧巻です。

お陰さまで、南九州への旅情を誘われました。

hamhamさん
お久しぶりです。
いやあ、テキトーな写真ですみません。
訪れてやって下さい。

こんばんわ!
こちらでは はじめまして! おじゃまいたします(笑)。

somethingさんご一家、の旅行に便乗させて頂いちゃった気分。
このところ、旅から遠ざかってる身なので、写真がうれし!です。
海なし県の海好きで、岬や開聞岳の風景に大喜び(笑)!
ソフトクリームも とってもおいしそう!

回転そうめん・・・めずらしいものをみせて頂いた気が(笑)。
きっと、小さなこどもは こーゆーの、大好きだろうなあ・・・。

おお!ちろさん。
よくお越しくださいました。なんのお構いもできませんが、ま、ま、ゆっくりして行って下さいまし。
そんなにお喜びいただき恐縮でございます。回転そうめんは・・(笑)そうめん流しですってば!
全国的には珍しいみたいですね。私は見慣れていますけれど。またいつでも寄って行って下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/49219940

この記事へのトラックバック一覧です: 偏西風、南国鹿児島に吹く 後編:

» 8/22(日) 「日暮し雑記・川の流れのように」 [酔語酔吟 夢がたり]
 ぼやいても・ぼやいても・・暑い! [続きを読む]

« フランケン・オカダの二枚舌 | トップページ | まーったく、何をしておる »