フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 暑中見舞い | トップページ | 胡散臭いこの上ないネオリベ・アジェンダみんなno党 »

2010年7月26日 (月)

針のムシロ:さっさと参院選のけじめでもソーカツでもすればいいのに

 寒い時にはたくさん服を着て、それでも足りなければ帽子を被り、手袋やマフラーなどをして「防寒する」という方法もあるが、こんなに暑いからといって、まさか全裸で歩く訳にもいかず、警察のご厄介にもなるだろうし。
まして、本当に裸でウロウロしても涼しくならないばかりか、却って暑さも倍増しそうで、対処方法に困る。


 困る、と言えば民主党のエダノマメオ幹事長が責任を追及されて困っていて自信喪失、茫然自失と言われ平身低頭だそう。この男の何を知っている訳ではないけれど、おそらく初めての大きな挫折ではないのだろうかと、勝手な想像をするのですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com

http://www.asahi.com/politics/update/0725/TKY201007250005.html

うつむく民主・枝野幹事長 参院選総括で平身低頭


政権党の最年少幹事長と注目された民主党の枝野幸男幹事長(46)に精彩がない。自ら「人寄せパンダ」と称して参院選で全国を駆け回ったが結果は敗北。噴き出す責任論を前に、論客としてならした枝野氏も憔悴(しょうすい)気味だ。

 「反省すべきところは反省し、今後に生かしていきたい」。23日、参院選総括で党本部に集まった東海ブロックの議員懇談会で、枝野氏は平身低頭だった。

 枝野氏は参院選直後から、地方組織やブロック別の党所属議員の意見聴取を続けている。出席者によると、終始うつむき加減でメモを取り、「その通りです」と相づちを打つだけだという。先週、面会した西日本の県連代表は「自信喪失、茫然(ぼうぜん)自失という感じだった」と振り返る。

 選挙戦で街頭演説の応援に入った1人区18県の戦績は1勝17敗だった。みんなの党との連携に触れた発言などが党内からも批判され、「大変マイナスになった」(長野県連代表代行の羽田雄一郎参院議員)との指摘も受けた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「国民との約束を守らないなんて、そんなバカな事があるか」といった、小沢前幹事長に「大衆迎合だ」と批判はするし。さらに選挙戦の真っただ中に、野党である「みんなの党」との連携も口にするなど、選挙責任者である幹事長にあるまじき発言はするし。
反省だけなら猿でもするぞ、と。

 本人もザンゲしているカン首相の「消費税増税ぶれぶれ発言」とともに参院選民主党惨敗のA級戦犯のエダノマメオさん。
これから、9月の民主党党首選挙に向かって、好まなくても政局になっていくんだろうけども。

 誰が党首になっても、それは『首相を選ぶ』ことになるので、民主党内は混乱していくことになるのでしょうね。
マスゴミは懸命に「カン続投」を流しているけれど、果たしてそれがどういう結果になるのか分かりません。

 だけど、しみじみ思うのは、民主党って何事もスローモーなんですね。
つまりドンくさい。
今回の参院選の総括も、色んな行事や政治日程があるんだろうが、やじうま的に見てると「早くさっさとやれよ」というしかないのですね。どうせやるんであれば。両院議員総会がただのガス抜きかなんか知らないけれど、さっさとやってガスでもなんでも抜けや、と言いたいのです。

 去年の政権交代で国民と約束したことも、今になって参院とねじれで法案が通らない、なんて泣き言をほざくのなら、ねじれていない時に粛々と法案成立に向けてさっさとやっとけ、ボケナス!とついつい言いたくなるのです。

 今になって、チバ・オバ法務大臣が「取り調べ可視化」に向けて発言したらしいが、今さらチバー♪で。
アンタ、落選する前に言っとけということでしょ?

 去年の衆院選で勝ったことが、自分達が未来永劫政権を担うと、そこまでは自覚していないかもしれないが、そんな雰囲気があったんではないのか。
政権も一寸先は闇だ、という意識でスピード感を持ってやらないと何にも進まなくて、山積みの問題ばかりで国民は疲弊していくばかりでしょ。

 一番気になるのがアメリカ様にヘイコラぶりが自民党と見間違うばかりで。
一国の政府だから安全保障という分野も当然くっ付いてくるけども。
防衛はまだしも、誰が武器の輸出までしろって言ったんだろうか?
キタザワ防衛相をさっさと更迭しないと。こいつは官僚トンデモ操り組ですな。

 誰が首相になるにしろ、次の内閣の顔触れががどんな風になるのか・・。
まあ、それにも失望すれば、田舎でさつま芋でも作って限りなく自給をしながら、隠遁生活でもするしかないなと、思う今日この頃です。

 

« 暑中見舞い | トップページ | 胡散臭いこの上ないネオリベ・アジェンダみんなno党 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/48980744

この記事へのトラックバック一覧です: 針のムシロ:さっさと参院選のけじめでもソーカツでもすればいいのに:

» 【国家戦略局】民主党は新代表の下で「国民の生活が第一」の理念に立ち戻らなければならない!【変節菅】 [ステイメンの雑記帖 ]
 垢門出身者が牛耳る官僚機構に籠絡され、「脱・官僚依存」「政治主導」のシンボルであった国家戦略局構想をあっさりと捨て去った変節菅政権であるが、 小沢グループは無論のこと鳩山前首相のグループからも猛批判 が挙がっている!  国家戦略局構想は、09マニフェストで掲げ鳩山前政権の「目玉政策」の一つであっただけに当然の反応であり、先日ネット上で話題となった松井孝治・前内閣官房副長官による 「大きく軌道修正するならマニフェスト編成作業の中でそれを提示するのが筋」 「各省ではなく内閣全体での調整機能の強化が不可... [続きを読む]

« 暑中見舞い | トップページ | 胡散臭いこの上ないネオリベ・アジェンダみんなno党 »