フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 鳩山首相辞任 | トップページ | 菅内閣の発足までしばらく »

2010年6月 3日 (木)

首相の辞任に苦言を呈する、フジサキ「忠米」大使をクビにしろ

 鳩山首相が辞任したことについて、海の向こうから「苦言を呈した」人物がいるそうだ。このニュースをサラッと流し読みした時、アメリカ様がこの4年間に4人もの首相が変わったことについて批判を言っているのか?と誤解をしてしまった。

 ところがよく読むと、日本の木っ端役人がエラソーに、何様か?と言うほどクソ生意気な物言いをしているようで。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com   2010/06/03

「総理は長く務めてほしい」 駐米大使、辞任に「苦言」

【ワシントン=村山祐介】藤崎一郎駐米大使は2日の定例記者会見で、鳩山由紀夫首相の辞任発表について、「総理は一国の顔。できれば長く務められ、世界各国首脳と長いつきあいをされていくことが望ましい」と述べた。日本の首相の短期交代が続くことに、異例の「苦言」を呈したかたちだ。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 去年年末。当時、普天間基地移設問題で迷走を続ける鳩山政権に対し、辺野古沖の埋め立て現行案を履行せよ、という意味合いで「怒ってるんだぞ」と言いたいアメリカ様が「ちょっとこっちへ来い!」と、このフジサキ駐米大使を急遽呼び出したとの報道が流れた。

 ところが、国務省のビルにアタフタと駆け付けた【急遽】呼ばれたはずの、フジサキをマスゴミのカメラが、車から降りてくるところを待ちかまえていた、と言う噴飯ものの猿芝居を演じたクソ官僚でしたな。
のちに、アメリカの報道官が「国務省は彼を呼び出してはいない。彼の方から会いに来たのだ」と訂正報道がされていました。

 マスゴミと結託して「アメリカ様がお怒りになっているんです!辺野古沖以外はダメです!」と、したいがための茶番劇を演じた、芯まで腐りきった官僚至上主義、官僚支配思考の輩です。

そんな木っ端役人が、あろうことに。

>総理は一国の顔。できれば長く務められ、世界各国首脳と長いつきあいをされていくことが望ましい。?

 どんな脳みその構造をしているのか知らないが、厚かましいにも程があるというもんだ。
テメエが画策したとおり日米合意したんだろが。アメリカのポチ野郎のくせに、思惑通りになったんじゃないのか?
どの口が、首相に対して「苦言」を吐いているんだ。

 駐米大使というポストは、外務省では、次官よりも偉いそうですな。
次期首相は、こいつら木っ端役人供を懲戒免職することから始めて欲しいね。

« 鳩山首相辞任 | トップページ | 菅内閣の発足までしばらく »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、皆さん、こんばんは

鳩山首相の腹案である、徳之島移設をばらしたのは、どうも官僚のようです。
本来官僚は政治家の手先となって働くものですが、日本は官僚主導政治で、官僚自体が日本の外交はこうあるべき、日米関係はこうあるべきと、政治家に成り代わって、考えます。
だから、鳩山首相が漏らしたように、官僚依存しとけば楽だったといったように、自民党政治家は楽でした。
官僚の振り付けに従って踊っていれば良かったのですから。
それを政治家主導に変えるというのは。並大抵のことではありません。
自民党政治を否定すると言うことは、イコールで官僚を否定することなのです。
官僚を使いこなすのが政治家と言いますが、政治家よりも実際は実権があった官僚を使いこなすのは至難の業です。
彼らの実績を全否定するのですから、はい従いますと従順になるわけがありません。

官僚幹部は総取っ替えすべきでした。
政権と考えを同じにする専門家に変えるべきでした。
変えれば、アメリカの回し者のような官僚はいなくなり、政策の遂行が邪魔されません。
政権交代ごとに、入れ替えるべきと思います。

愛てんぐさん、こんにちは。

政権交代時、省庁のトップを入れ替えるのは常道でしょうね。今まで政権交代が行われなかったこの国では不幸な事に、それらのノウハウが無いのが全てでした。
政治主導と言うのは手足となって動く官僚がいてこそ機能するのでしょう。
鳩山内閣では官僚が足を引っ張る、というか・・、貶めようとしているばかりでした。さらにそこへ持ってきて無能な閣僚達に手足を縛られこのような結果に。
せめて優秀な閣僚がいれば違った展開があったかも・・。特に官房長官の平野を配した失敗のツケが首相にはね返ってきた。
そういうことだと思います。

somethingさん、こんばんは

http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2009/dec/133952.htm

↑は、アメリカの報道官が「国務省は彼を呼び出してはいない。彼の方から会いに来たのだ」と訂正報道されたと言われる原文です。

参考になれば嬉しく思います。m(_ _)m

<部分引用>
QUESTION:
You said that - “stopped by.” You wouldn’t describe him as being called in on a --

MR. CROWLEY:
All right, let me --

QUESTION:
-- day when the government was being closed and --

MR. CROWLEY:
He was - I think - my - I mean, he - I don’t think he was called in. I think actually he came to see us.

雲さん、コメントありがとうございます。

申し訳ございません、英語がからっきしなもんで・・。

You said that - “stopped by.”

ただ、クローリーさんが“立ち寄った”と答えているのは間違いないですね。
官僚とマスゴミの結託ぶりには、ある意味恐れ入りますね。
「そこまでするか」と。

somethingさん、どうもです。

私も英語は得意ではないのですが.....

---------------
質問者
あなたは、呼び出されたとせず「立ち寄った」と言ったが......

クローリー氏
わかりました、説明します。

質問者
政府の休日にですよ。

クローリー氏
彼は...思う....私の.....つまり.......彼は呼ばれていないと思います。
実際に、彼は私達に会いに来たと思います。
------------------

なんとなく訳してみました....

これが、「国務省は彼を呼び出してはいない。彼の方から会いに来たのだ」と訂正報道された......となる。。
情報の取り扱いは難しい.........m(_ _)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/48533288

この記事へのトラックバック一覧です: 首相の辞任に苦言を呈する、フジサキ「忠米」大使をクビにしろ:

« 鳩山首相辞任 | トップページ | 菅内閣の発足までしばらく »