フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 民主党・「元気な日本を復活」させるそうです | トップページ | 自民党機密費持ち逃げ;やっと受理されたそうです。時間かかるなあ »

2010年6月16日 (水)

過ぎたるはなお及ばざるが如し

 最近感じることを少しばかり。

 見ていると新しく菅政権が誕生してから以降、政権交代を支持していたブログやネットも論調が二つに分かれて行くようです。
あくまでも民主党支持で押し通す人々。それに反して、もう民主党を支持できないと民主党批判を展開する人たち。

 拙ブログは、その中間に位置するみたいです。民主党を是々非々で見て行こうという気持ちです。変だと感じれば「姑息」だと言うし、「詐欺的」だとも言います。それが普通だと思いますが?

 私は以前、菅さんに凄く期待していた時期があります。去年小沢氏が代表を辞任した時、後任に鳩山さんが就いたけど、菅さんが・・と本音では思った。だが、政権に就いたのちの菅氏の言動などや行動に疑問を持ち始めたのも事実です。

 けれど私は、選挙区では民主党候補の名前を書くでしょうね。それは他に選択肢が無いというのもあるけれど、せっかく政権交代したのに早々と結論を出すのも性急過ぎると考えるからです。

 以前、自民党がコイズミ、アベ、フクダ、アホウと政権たらい回ししていた頃「選挙をしろ、民意を問え!」と言っていた筈の人々。だが今、鳩山政権が崩壊したのち総選挙をしろ、という意見が少ないのが納得できないのですね。

 何度も国民不在の政権たらい回ししてきた腐敗自民党は論外でありますが。
であるなら・・。何回もたらい回ししたのは許せないが、一度目だから許そうということなのだろうか?そういうのはダブルスタンダードとは言わないのだろうか。

 民主党は衆院で308議席も持っているのに、解散するのはあり得ない、必要もないなどと、急に大人の発言するのは如何なものか、と言いたいのですね。

 まあ、そうは言っても、私もその気持ちはそれなりに理解はします。「絶対に総選挙しろ!」とも思いません。
だが、唯々諾々と、無批判なのがどうか?と言いたいだけなのだ。

              ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 消費税アップとセットで法人税を下げるのか、という疑惑もある税制論議では、菅政権は消費税増税だけを唱えている訳ではないと、擁護する人もいる。政府税調の神野直彦氏の考えは違うと。

 法人税を下げるのは慎重だと、富裕層からの所得税の累進を上げるつもりなんだという趣旨だ。或いは消費税の還付もあるのだという話みたいです。政府は法人税下げでまとまっている訳でないと。

 それについて、見てみないと分からないけれども、そう言う観点から税制の抜本的な見直しなら論議してもいいかもしれない。


じゃそれはそれとして・・。これはどうなのか?

 菅政権が表明している問題で、普天間基地移設は前政権がどさくさにまぎれて合意した「日米合意」を踏襲していくというのは賛成なのだろうか。辺野古の水域に1800メートルの滑走路を造るという合意内容に。

 それについても、菅政権を無批判に応援していくというのだろうか?このあいだまで鳩山政権の対応を批判していたのに。もう外国と合意したモノは覆すのは難しいから仕方がないということでしょうかね。

               ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 下らない「政治とカネ」問題。これで総理を辞めることになったとポッポは言ったけれど。ポッポのおっかっさんの子ども手当はどうかとおもうけれども。
西松献金も陸山会土地取引も暴走検察の「小沢失脚」を狙ったもので、官僚が民意を無視し、政治を動かそうとした話だと思っている。

マスゴミや世論が小沢=悪人を喧伝すればするほど、少なからずシンパシーを感じます。

でも、かと言って私は小沢信者でもありません。

過ぎたるは、なお及ばざるが如し。

無批判に陥ることの危険性を考える必要がありますね。

« 民主党・「元気な日本を復活」させるそうです | トップページ | 自民党機密費持ち逃げ;やっと受理されたそうです。時間かかるなあ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、皆さん、こんばんは

まるこ姫の独り言のコメントを見ると、あきらかに民主党政権支持者は、菅新政権支持と支持しないものの2つに分裂していますね。
民主党政権に変わる党がないので、任期4年、長い目で見るべきと思います。
これまで通り、一応応援するが、間違っていることは正していこうと思っています。
総選挙のマニフェストは有効であり、マニフェストは修正があるものの、路線が180度変わるわけでもないので、早々に判断すべきでないと思います。

鳩山政権は理想を掲げながら、現実との乖離で、結局、迷走しました。
菅政権は超現実路線で行くようです。
今は、官僚など、抵抗勢力と妥協していますが、実権を握り政権が安定すれば、いずれひっくり返すのではないかと一縷の望みを抱いています。
市民派で左寄りの原点をいつか実現してくれるのではないかと思っています。

選挙では鳩山首相ではなく民主党を選んだ人もいるので、1回ぐらいは選挙を経ずに首相交代しても許されるかなと思います。
小澤幹事長の方が首相に向いていて、鳩山さんを選んだと思っていない人も多いと思います。
首相公選制ではなく議院内閣制なので、毎年交代は論外ですが、次期総選挙まで、1回くらいはOKかなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/48645456

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎたるはなお及ばざるが如し:

« 民主党・「元気な日本を復活」させるそうです | トップページ | 自民党機密費持ち逃げ;やっと受理されたそうです。時間かかるなあ »