フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ネオリベか! | トップページ | エダノ幹事長によると?マニフェストは「生モノ」です・・。いや、生き物だ、と。 »

2010年6月30日 (水)

エダノマメオ:テメエの面見てると不快指数がウナギ昇りだぜ

 昨日もこの男を批判したけれど、報道によると逆ギレしやがったみたいで許せん!という気持ちが沸々と湧いてきて、ただでさえジメジメ天気で不快指数が高いのにエダノマメオの大ネズミ系の顔を見てると腹立たしいこの上ないですね。

Nutoria1

              <エダノマメオ幹事長の休日>

 小沢前幹事長が現執行部をまっとうに批判したことについて、さらに逆ギレ発言で小沢批判をヒートアップしているようです。このげっ歯類は。
まあ、決して私も小沢信者ではないのですが、この野郎のモノ言いは「なんだテメエ?!」と言いたくなるような輩ですね。

        ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010062901001012.html

民主党の枝野幸男幹事長は29日夜、小沢一郎前幹事長が参院選に向け衆院選マニフェスト(政権公約)を見直した現政権を批判したことに関し「硬直的な考え方をするのは結果的に国民に迷惑を掛ける無責任な大衆迎合だ」と強く反論した。遊説先の香川県綾川町で記者団の質問に答えた。

 一方、小沢氏は山形県鶴岡市での街頭演説で「皆さんと(衆院)選挙で約束したことはやり遂げないと、国民の信頼は勝ち取れない」とあらためて主張した。

 枝野氏は法人税収の大幅な落ち込みに触れ「経済環境の変化に基づき、国民に理解を求めたいというのが今回のマニフェストの趣旨だ」と強調。小沢幹事長時代の昨年末、公約に反してガソリン税などの暫定税率の実質維持を決めたことに言及し「もうお忘れになっているのかな」と皮肉った。

         ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 小沢氏の至極真っ当な正論に、大衆迎合だと小沢氏を批判したようですが、その「大衆迎合」マニフェストでオマエも去年衆院選で選出されたんだろが。それを変更すると言うのなら、衆院を解散してもう一度国民に信を問え、と言うのだ。

 権力に就けば、それに連綿としがみつくことしか知らない権力亡者のくせしてなにが「大衆迎合」だ。マニフェストが実行できない理由に法人税の大幅な落ち込みを上げながら「法人税を削減」と公約に明記してある民主党の矛盾をどう説明するんだ?言ってみろ、このヌートリア野郎が。

 なにが経済環境の変化?予算要らずの公約も国民との約束を反故にしてきただろうが。派遣法改正も骨抜き、取り調べ可視化もしない。そしてなにより普天間の辺野古沖移設。

 カンナオトが記者会見で「継続している政策は改めて公約として挙げなくても引き続きやっていく」とか、信用ゼロの怪しいモノ言いしていたけれど。
フランケン岡田などは「選挙では国外、最低でも県外と言ったけど、マニフェストには書いてない」と居直った連中と同じですからね。


 まあ、こんな世間知らずの新自由主義野郎のげっ歯類は「みんなno党」と一緒になって野党暮らしでもしている方がお似合いですな。

 

« ネオリベか! | トップページ | エダノ幹事長によると?マニフェストは「生モノ」です・・。いや、生き物だ、と。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/48755880

この記事へのトラックバック一覧です: エダノマメオ:テメエの面見てると不快指数がウナギ昇りだぜ:

» 【政治のプロ】「国民の生活が第一」を守るためにも小沢グループに一票を投じるべきだ【青二才】 [ステイメンの雑記帖 ]
 6月が過ぎ去り、いよいよ2010年も後半戦に突入したわけだが、政界は7月11日の参院選投開票日に向け各党がラストスパートに入っている。  そんな中、お子ちゃま六奉行どもが牛耳る菅「選挙管理」内閣と民主党現執行部は、やることなすこと全てにおいて裏目に出て、多くの国民から見放されつつある。  それもこれも、お子ちゃま六奉行どもが 本質的にアマチュア政治運動家に過ぎないため であるわけだが、そんな連中によって 心血注いで作り上げた必勝態勢が破壊されるのを怒り心頭に発した小沢前幹事長と無能なお子ちゃま六奉... [続きを読む]

» 2010年参院選とミセス・ロビンソンの関係 [静かなる革命2009]
「ミセス・ロビンソン」はサイモンとガーファンクルがコンサートのオープニングで必ず歌う,言ってみれば彼らの「テーマソング」である.アメリカ映画「卒業」(1967年)の中でも使われた.このアップテンポで軽快な歌の中にアメリカの大きなトップシークレットが隠されているという話をあなたはどこかで聞いたことがあるだろうか?この歌の歌詞を100%理解すれば,この歌と2010年参院選がどう結び付くのかという疑問にも答えを見出すことができるだろう. Mrs. Robinson by Simon and Gar... [続きを読む]

« ネオリベか! | トップページ | エダノ幹事長によると?マニフェストは「生モノ」です・・。いや、生き物だ、と。 »