フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ニュース・日本振興銀行の問題って? | トップページ | ワールドカップ・勝ちましたか »

2010年6月14日 (月)

自転車にて

少し前・・といっても一年前?いや2年前か(少し前じゃないね)。

夜の8時ごろ、自転車で道路を通行中、前方に不自然な人影が。

「うん?なんだなんだ」と思っているうちにずんずん近づいてくる・・、というか自分が自転車をこいでるのだが。

お巡りさんだ。

左肩のあたりからは(クッ・・ザー)というトランシーバー特有の音が聞こえている。

なんだこら?オラアなんも悪いことしてないぞ。さらに、文句アッカ!とも叫ぶ(心の中で)。

でもフト考えると、ワタシャ今まで歩道を通行していたし・・、しかも、右側通行だったし!・・と脳内で自分の罪を計算している。

やはり、自転車も軽車両だし罰金だとか懲役だとかなんて恐ろしい言葉がぐるぐる駆け巡る。

いや、いや、自転車に免許はいらないからどうなんだろ?なんてグダグダ妄想する。

そのおまわりさん「お忙しいところすみません」と丁寧に話しかけてくる。

「ちょっと、防犯登録番号見せて下さい」

「あ、はい・・」心の中のエラソーな態度はおくびにも出さず素直に応じる。彼は懐中電灯で自転車のフレームを照らす。

「・・・・・です」とトランシーバーを取り出して、防犯番号を何処かの本部と交信しているようだ。

しばし沈黙。

「・・・・分かりました」と、ナニゴトか本部と交信したのち「盗難が頻発してるもんですから」とのこと。

緊張の糸が切れると同時に思い出した。

「そうだ、私の自転車先月パクられたんですよ!早く見つけて下さいよ」

「届けましたか?」

「もちろんです!」

「そんなためにも、こうしているんですよ」

「そうですか、ごくろーさんです」とやり込められる。

もういいですか、と言い現場を後にしようとする。

「あ、自転車は左側通行ですよ」と背中から追い打ちをかけられた。

少しばかりの敗北感と安堵でペダルを踏みだす。

« ニュース・日本振興銀行の問題って? | トップページ | ワールドカップ・勝ちましたか »

雑談」カテゴリの記事

コメント

東京と千葉の県境にある橋を利用して、自転車通勤していた時期がありました。帰宅時間が深夜12時過ぎになると、橋のたもとに警官2名が潜んでいて、必ず停止させられました。私は絶対に防犯協会に登録しないので、自転車は無シール。「どこ行くの?」「仕事帰りです。ここだって毎日通ってますよ」「ふーん、初めて見る顔だけどな」疑い深げな顔で私を見る警官たち。私が履いている安全靴を指差して、「これで蹴られたら、痛いだろうねえ」などと挑発されたこともあります。まあチンピラに逆らうと怖いから、ヘラヘラ笑うだけの小市民の私でした。

やきとりさん、ありがとうございます。

何故に?自転車の登録はしましょうよ(笑)。

職質は最近こそありませんが、若いころはよくありましたね。
高校時代なんかは日常茶飯事(笑)。挑発するでしょ?奴らは。「いい格好してんじゃん」とか。
やきとりさんの場合、まあ、とりあえず話は聞いておこう、ということじゃないのですか(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/48630145

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にて:

« ニュース・日本振興銀行の問題って? | トップページ | ワールドカップ・勝ちましたか »