フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« クールビズの不思議 | トップページ | 首相の辞任に苦言を呈する、フジサキ「忠米」大使をクビにしろ »

2010年6月 2日 (水)

鳩山首相辞任

午前中に鳩山首相が辞意を表明、辞任しました。

 各マスゴミ・テレビ大騒ぎです。
ここ最近、鳩山さんを見ていると、細川護煕さんを思い出してしまった。
私感ですが、目のあたりが非常に似ているように感じます。
事の顛末も似たようなことになっていくようです。
私としても鳩山、辞めろと言ってた手前。致し方がないというか、当然というか、そんな考えもありつつ・・。
しかし一方で残念だとも思うし。

 
 そして、反民主勢力は鬼の首を取ったかのように大喜びです。腐敗自民党が「投げ出しだ」と批判していた。
オノレらが何を、何処を、どう取って、そんな戯言を言えるというのだ。
自分たちが行ってきた悪行三昧と、投げ出しと、たらい回しを忘れたというのか?黙って「なんでも反対」票だけ投じてろ。

 まあ、こうなった以上、次の政府は官僚とマスゴミと真っ向から戦える強い意志を持ったリーダーの元、しっかりした「お友達内閣」なんかじゃない政権を作って欲しいと思うけれど・・。でないと同じ轍を踏むことになる。
特に官僚に取り込まれ組の無能官房長官・平野、忠米・岡田、北沢、口先・前原、千葉・オバ、腰ぬけ・中井。二度と政府に入らないで頂きたいです。

 首相は「職を賭して」とか「職に縋りつくような事はしない」などと、発言をしていました。せっかく就任した総理の座、身捨つる程の覚悟が有るならば・・。
何故、自分の信念や政治理念を押し通す覚悟がなかったのだろうか。
くだけた言い方をすれば、どうせ辞めるつもりがあるくらいなら、自分の信念に従ってやりたい事を堂々とやればよかったのだ、と言うしかない。
大勢を占める国会、何に遠慮する必要があるのだろうか。それでダメなら辞めるだけ。今の結果も同じでしょう?

 政権につけば素人が言うように簡単ではないのだ、と言うのでしょう。だが素人から言えば、それをやってのけるのが政治家のプロフェッショナルたる所以だろう?何度でも言う。【政治とカネ】なんかが政治不信の原因じゃないのです。「野党時代に見えなかったものが政権に就けば分かるようになり・・」そんな愚にもつかない、言い訳にもならない言葉を並べるようでは、その時点で首相は責任を放棄していると言えます。

 同時に小沢幹事長も辞任しました。代表・首相が辞任となれば、党の幹事長も辞めるだろうと思っていました。
マスゴミは鳩山氏が小沢幹事長に辞任を迫ったみたいなことを言ってますが、そうだろうか?昨夜まで続投の意思を表明してた首相に「鈴をつけた」のは小沢氏しかあり得ないでしょう。
「俺も辞めるから、あんたも辞めろ」だったと感じますが。

                               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp    鳩山首相首相辞任表明:両院議員総会詳細

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100602mog00m010005000c.html

(鳩山発言 一部抜粋)

~社民党より日米をより重視した。けしからん。その気持ちがわからないでもありません。だがどうぞ、社民党さんと協力関係を模索していきながら、今ここはやはり、日米の協力関係をなんとしても維持させていかなければいけないという、この悲痛な思い。ぜひみなさんにもご理解をいただきたいと思っています。私はつまるところ日本の平和、日本人自身でつくりあげていく時を、いつかは求めなければいけないと思っています。アメリカに依存し続ける安全保障、これから50年、100年続けていいとは思いません。そこのところもぜひみなさん、ご理解いただいて、だから鳩山がなんとしても、少しでも、県外にと思ってきた、その思い、ご理解を得られればと思っています。その中に今回の普天間の本質が宿っているとそんなふうに思っています。いつか、私の時代は無理ですが、あなた方の時代に日本の平和を、もっと日本人自身でしっかりとみつめあげていくことができるような、そんな関係を、現在の日米の同盟の重要性はいうまでもありませんが、一方でそのことも模索をしていただきたい。私はその確信の中で、社民党さんを政権離脱に追い込んでしまった。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 >社民党より日米をより重視した。けしからん。その気持ちがわからないでもありません。

【社民党より日米を重視した、けしからん。】
まだ分かっていない、と言わざるを得ませんね。
社民党がどうのこうのなんて・・、それは自らが招いた結果の話です。
沖縄よりも・・、日本国民よりも、アメリカを重視した。そのことを国民は怒っているのです。日本国の首相が国民よりも他国を重視した、その姿勢が許せないということなのだが。

 なにより、官邸の要といわれる官房長官に平野ごときの労組専従上がりで、人の上前をハネルことしか知らない、無能な人間を配した首相に責任があるが、平野官房長官、岡田外務相、北沢防衛相、この連中が最大の戦犯でしょう。鳩山首相が辞めた以上、これらの人間もさっさと辞任するべきだ。

 官僚の手のひらで踊るしか能がない。それぞれが勝手な発言。
支えるべき首相を引きずり降ろしたのは誰あろう、こんな官僚御用達政治家。ひょっとして、岡田あたりはこの事態を待望していたのだろうか。
この連中こそ議員辞職しなくてはならない。

 一部マスゴミなどは、次の首相は菅副総理・財務大臣だろうか、という見立てみたいです。
菅氏も最近は、次は自分の番だと感じていたのか、一切発言をせずに高みの見物をしているように見えました。財務官僚に籠絡されているようだし、この人も変節したように見えるのですけれど。

この後の展開は五里霧中というところでしょうか。

« クールビズの不思議 | トップページ | 首相の辞任に苦言を呈する、フジサキ「忠米」大使をクビにしろ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、皆さん、こんばんは

政治と金がずっとついて回る政治運営は厳しいので、参院選間際で、2トップの辞任というのは、二人の政治と金で嵌められたときから、それしかないかなと思っていました。

今日の鳩山首相の演説は原稿無しで、真情を吐露していて、凄く良かったです。
こんな良い演説が出来るなら、ぶら下がりを辞めて、当初から国民に語りかければ良かったと思います。
全てが遅すぎ、当初から自分が前に出て、死にものぐるいでやれば良かったのにと思います。
腹案も漏れてしまった徳之島であり、首相は策士ではなく、ストレートに真面目で正直な人だと感じました。
ただ、平和なときにはいけるかも知れませんが、この激動期の総理には向きません。
夢を語って、腹心の部下が強烈に遂行するというやり方もありでしたが、岡田大臣、北澤大臣が国外・県外移設の実現にそっぽを向いていたから、無理でした。
演説の中で、日米安保はもの凄く大事と言いながら、東アジア共同経済体の重要性も述べるという、両立し得ない矛盾がありました。
その自己矛盾の結果、日米共同声明という重い荷物をあとの政権に残したことは、最大の失敗です。
5月末までに辞めれば、仕切り直しになったのに、本当に愚かな総理です。

辞める気の無い鳩山首相が辞めさせられた腹いせ、最後っ屁が「政治とカネ」発言でしょう。
この言葉は鳩山首相が主権在米でしかなった証明でしょうね。
「政治とカネ」は恣意的な検察による政治家の選別でしょう。
「政治とカネ」は主権在米、官僚依存、既得権益連合軍の生命維持するための道具でしょう。
「政治とカネ」は日本では民主主義を破壊する道具です。
今、これを言う政治家を私は信用できません。
主権在米では政権交代した意味が失われる。
小沢辞任要求で延命できる「グー」と踏んでいた主権在米首相に、小沢さん辞任了承で退陣実現させたという事でしょう。
米国代理人派閣僚の一掃で、本格的新内閣の成立を望みますが、選挙後政界再編まで、小沢さんも民主党の政治から遠ざかる気かも知れませんね。
「国民よ賢くなって選挙で間違った投票しないで欲しい」 これが小沢さんの気持ちかも知れませんね。
テレビ・新聞・検察・代理人派議員に騙されているようなら、国民の幸せは難しいでしょうね。
「政治とカネ」で騒いでいるうちは日本国民の生活は厳しいままだと思います。
選挙前に、増税路線で財務官僚のトラップに嵌る愚かな財務大臣のもとでは小沢さんも選挙放り出しますよ。(笑)
菅さんが首相になって、選挙前に消費税増税宣言するでしょうか?(笑)
誰がなっても最初の一歩は機密費公開して欲しいですね。
それが主権在米路線継続か、本格的に国民主権の政権か、指針になるのではないでしょうか?
マスゴミと戦う首相か、マスゴミに迎合し国民を騙し米国に貢献する政治屋か、ね。(笑)

>愛てんぐさん、今晩は。

誰でしたか、海江田万里氏だったかな。
鳩山首相は「私(わたくし)が無い人なんです」と言ってましたが、我が強くなく私利私欲にばかり拘らない人という意味でしょうが、逆に信念の無い人だという風に聞こえました。あっさり人の意見を聞き入れる。
それも時と場合によりますよね。
そして聞いてはいけない人間の意見を取り入れる、そんなタイプでしょうね。そこがお金持ちの坊ちゃん育ちと言えばそれまでなんですが。

>scottiさん、今晩は。

本当に最後っ屁みたいに「クリーンな政治」とは聞いていて、イタかったです。
検察が起訴できなかった、官僚・マスゴミ連合の冤罪と憶測印象操作の小沢=悪人説をわざわざそこで持ち出すか?と思いましたね。
アンタの方が酷かったんじゃないの?とつっ込まれること間違いなしです。
まあ、次は誰がなるのか、菅さんだろうか。消費税増税をぶち上げているようでは菅さんも期待薄でしょうね。次の人にやって欲しい事は「取り調べ可視化法案」と「記者クラブ解体・クロスオーナーシップの規制」まずこれらを成立させてほしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/48522096

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相辞任:

« クールビズの不思議 | トップページ | 首相の辞任に苦言を呈する、フジサキ「忠米」大使をクビにしろ »