フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

エダノマメオ:テメエの面見てると不快指数がウナギ昇りだぜ

 昨日もこの男を批判したけれど、報道によると逆ギレしやがったみたいで許せん!という気持ちが沸々と湧いてきて、ただでさえジメジメ天気で不快指数が高いのにエダノマメオの大ネズミ系の顔を見てると腹立たしいこの上ないですね。

Nutoria1

              <エダノマメオ幹事長の休日>

 小沢前幹事長が現執行部をまっとうに批判したことについて、さらに逆ギレ発言で小沢批判をヒートアップしているようです。このげっ歯類は。
まあ、決して私も小沢信者ではないのですが、この野郎のモノ言いは「なんだテメエ?!」と言いたくなるような輩ですね。

        ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010062901001012.html

民主党の枝野幸男幹事長は29日夜、小沢一郎前幹事長が参院選に向け衆院選マニフェスト(政権公約)を見直した現政権を批判したことに関し「硬直的な考え方をするのは結果的に国民に迷惑を掛ける無責任な大衆迎合だ」と強く反論した。遊説先の香川県綾川町で記者団の質問に答えた。

 一方、小沢氏は山形県鶴岡市での街頭演説で「皆さんと(衆院)選挙で約束したことはやり遂げないと、国民の信頼は勝ち取れない」とあらためて主張した。

 枝野氏は法人税収の大幅な落ち込みに触れ「経済環境の変化に基づき、国民に理解を求めたいというのが今回のマニフェストの趣旨だ」と強調。小沢幹事長時代の昨年末、公約に反してガソリン税などの暫定税率の実質維持を決めたことに言及し「もうお忘れになっているのかな」と皮肉った。

         ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 小沢氏の至極真っ当な正論に、大衆迎合だと小沢氏を批判したようですが、その「大衆迎合」マニフェストでオマエも去年衆院選で選出されたんだろが。それを変更すると言うのなら、衆院を解散してもう一度国民に信を問え、と言うのだ。

 権力に就けば、それに連綿としがみつくことしか知らない権力亡者のくせしてなにが「大衆迎合」だ。マニフェストが実行できない理由に法人税の大幅な落ち込みを上げながら「法人税を削減」と公約に明記してある民主党の矛盾をどう説明するんだ?言ってみろ、このヌートリア野郎が。

 なにが経済環境の変化?予算要らずの公約も国民との約束を反故にしてきただろうが。派遣法改正も骨抜き、取り調べ可視化もしない。そしてなにより普天間の辺野古沖移設。

 カンナオトが記者会見で「継続している政策は改めて公約として挙げなくても引き続きやっていく」とか、信用ゼロの怪しいモノ言いしていたけれど。
フランケン岡田などは「選挙では国外、最低でも県外と言ったけど、マニフェストには書いてない」と居直った連中と同じですからね。


 まあ、こんな世間知らずの新自由主義野郎のげっ歯類は「みんなno党」と一緒になって野党暮らしでもしている方がお似合いですな。

 

2010年6月29日 (火)

ネオリベか!

 政策協定を行い、その上で協力しながら選挙戦を戦うのならまだしも。
敵である野党と選挙後連携したいと言うなど、およそ正気の沙汰とは思えない発言をした民主党の枝野マメオ幹事長。
で、その相手の「みんなの党」のワタナベヨシミーから「バカも休み休みに言え」と言下に拒絶されてしまったようです。


 このヌートリア・エダノは、まったくなに考えてんでしょうか。
カン首相も連立の枠組みに言及したりするそうですから、何をかいわんやという、なかなかにアホらしさ満開の選挙戦です。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com

http://www2.asahi.com/senkyo2010/news/TKY201006280410.html

参院選後の連立の枠組みをめぐる発言が活発になってきた。28日にはみんなの党の渡辺喜美代表が「民主党とみんなの党が一緒にやることはない」と連携を完全否定。与党の国民新党は、民主党とみんなの党との連携に不快感を示した。

 発端は民主党の枝野幸男幹事長の27日の発言だ。枝野氏は記者団に「みんなの党とは行政改革や公務員制度改革について、かなりの部分が一致している。政策的な判断としては一緒にやっていける」と語り、連携に期待を寄せた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「み党」のワタナベヨシミーは「官公労組の支援を受けている以上大きな政府から脱却できない」と言ったそうですから、こ奴らは知っての通り、新自由主義の小さな政府思考です。

 それだけハッキリしているのに連携したいと言うのは、明らかに「国民の生活が第一」との決別でしょうか。ポスターの右下に「小さく」書いてある、その文言を黒塗りして欲しいですね。


 政府の規制を撤廃して放任自由主義、市場に任せてトリクルダウン経済をやろうとする党と、行政改革等でかなりの部分が一致するっていうことは、民主党の現執行部はネオリベだということの証左なんでしょう。

しかし、結果が出る前の選挙戦最中にいう言葉でしょうかね。しかも幹事長が。

 

2010年6月27日 (日)

選挙戦たけなわ

 参院選が公示され、選挙戦たけなわです。
まあ、雨が降ってたりジメジメしているのにゴクローなことです。
選挙カー同士がすれ違う時に「エール交換」をするの止めてくれ、ウザイから、本音でやり合えば面白いけど、と記事に書いたのですね。

すると、どうやら本当に東京で、ガラの悪いジジイたちが本音マイクパフォーマンスをしたみたいですね(笑)。

日刊ゲンダイ

http://gendai.net/articles/view/syakai/124798

「たちがれ」なんて枯れたイメージとは違って、ジジイどもは血気が盛んですな。

まあ、そんなものはこっちに置いといて。
今度の参院選は去年と違って盛り上がりに欠けますな。ネットでも政権交代支持の勢力も二分されているみたいですし。なんかマスゴミの調査だと民主党は52~4議席(+-)らしいですね。

菅政権を「生温かく見守る」人たちは、私から見てもちょっとな~・・と言う感じです。

政策も実行してないのに駄目だ駄目だと言う。誰が首相になってもダメだと言うのか。財政を再建すると言ってるのに、消費税増税だけが独り歩き」という趣旨で菅政権を擁護しているようです。

 財政再建を叫びながら法人税を減税するという、民主党の公約の大きな矛盾に気がつかないのでしょうかね。
『輸出戻し税制度』を廃止すれば、強欲大企業とマスゴミは消費税増税!とは言わなくなるでしょうから、そうならないと分からないのでしょうね。


 普天間では沖縄の負担軽減を言いながら、日米合意を守っていくと言う嘘っぱちを、菅政権にはまだ深謀遠慮があるんだと言うトンデモお人好しもいます。今は「生温かく」より冷たく刺すような視線が大事なような気がします。

かと言って、投票行動をどうすればと悩み多いこの選挙です。
私の選挙区(一人区)は民主、自民、共産、その他の立候補です。しかも民主党の人は去年衆院選で社民党から出て落選した人です。もういっぺん社民党から出んかい(笑)。

毎日新聞の「えらぼーと」をしてみました。自分と政党との一致度を測るモノサシだそうです。

http://mainichi.jp/select/seiji/eravote/

上記は私の結果です。
意外と思われるかもしれませんが、私は社民党と近いのでしたね。しかも共産党とも(笑)。
去年の衆院選の時の結果も民主党との相性は70数%でしたけれども。

父親が入院していまして。
ブログ更新が滞ります。申し訳ありませんがご了解ください。

2010年6月22日 (火)

郵便不正事件:懲役刑求刑ですと。厚かましいにも程がありますね

 検察のでっち上げ事件と言われている、郵便割引制度不正事件で元厚労省局長・村木被告の求刑が行われたそうです。

素人目には、証拠なしで検察のストーリーだけの求刑で裁判の体をなしていないのでは、と映ります。無罪求刑した方が良かったんじゃ?

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日jp

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100623k0000m040063000c.html

郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、障害者団体と認める偽証明書の作成を部下に指示したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)に対する論告求刑公判が22日、大阪地裁(横田信之裁判長)であった。検察側は懲役1年6月を求刑した。

検察側は論告で「村木被告の指示は優に認められ、証明は十分」と主張した。ただ、横田裁判長が「村木被告の指示で偽証明書を作成した」と述べた厚労省元係長、上村勉被告(40)の捜査段階の供述調書など主要な証拠を採用しなかったため、証拠不足から推測が目立つ内容になった。

 村木被告は一貫して「一切覚えがない」と無罪を主張している。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

証拠を採用されなくて、憶測で求刑されたらたまったもんではないですな。

まあしかし、この裁判の担当検事も内心やってられないでしょうね。(^^)

捜査担当の検事を罵りたい気分では?

でも、保身と組織防衛のためなら親でも求刑する、ということでしょうか。

「上司である被告の指示なくして、部下がやるはずもなく」と完全な憶測です。

「法と証拠に基づいて」なんて、これから言えません。

「憶測と捏造に基づいて」と言うべきです。

なんか、「盗人猛々しい」という言葉を検察に対して言いたくなるのは、大いなる皮肉ですな。

2010年6月21日 (月)

今日は夏至、「ゲスの菅ぐり」は止めて下さい!増税分は社会保障に使うんです!カンナオト

 タイトルを某超有名ブログ風にパクッて・・、いや、真似て見ました(笑)。一応念のために言うと、(夏至)と(ゲス)をカケていますのよ、奥様。
ウチの内容は、アチラの面白いのと違ってグダグダですがね。


 梅雨真っ盛りです。でもって、7月11日が投票日の参院選。
ウチのフローリングなんか歩いただけでベタベタするし、この、うっとうしい&クソ暑い時期に毎年、毎年、選挙しやがって。政府はチッタァ国民の心情を考えたことがあんのか?!
えっ?!

・・という本音は横に置いといて。
去年の衆院選の前にも書きましたけれど。選挙カーの候補者名連呼はまだしも。ライバル候補同志が道路上で選挙カーですれ違う時、お互いの健闘を讃えあうのを止めて欲しいのですね。

「○○候補のご健闘をお祈りいたします!」

「ありがとうございます!△△候補の益々のご健闘をお祈りいたします!」

というエールの交換は止めてくれ。うるさいからよ。

「テメエなんか落ちろ!バーロー!」「うるせい!事務所に追い込みかけるぞ!」などと、本音を言い合うのならまだ面白いですけどね。

               
               ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

閑話休題

 ツッコミどころ満載の「ア菅政権」です。
消費税増税論議を始めると息巻いているカンナオト。増税分は介護・医療などの社会保障に回します、と街頭演説で言ってるみたいです。
だけれど、2015年度までに基礎的財政収支(プライマリーバランス)を、今の赤字の半分に減らすと、財政の立て直しにも言及しています。


なんかおかしいですなあ。財政の立て直しを言うくせに、増税分を社会保障に回すと・・。
やっぱり嘘っぽいです。そして、消費税を増税するけども、逆進性には還付などの配慮を致します、と言うのですね。
だけど、還付するんなら、税収は丸々増えないし。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

民主党マニフェストより~

法人税率引き下げ
法人税制は簡素化を前提に、国際競争力の維持・強化、
対日投資促進の観点から見直しを実施します。
あわせて、中小企業向けの法人税率の引き下げ(18%→11%)、
連帯保証人制度、個人保証の廃止を含めた見直しを進めます。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


 しかも、上記の公約にありますように、法人税は減らします!と言っていますね。「強い財政」を謳うんなら、法人からも税金がっぽり取ればいいのです。900兆になろうとする財政の赤字を減らしたいのでしょ?消費税だけでは追いつきませんぜ。さらに、国の借金の9割は国内債務の日本とギリシャを同列に考えるカンナオトはやっぱり経済音痴なんでしょうか。

 マスゴミは「法人税が減額されれば、設備投資や従業員の待遇改善につながるから良いことだ」みたいな論調が流れていますが、設備投資が増えることはあっても従業員の待遇改善が望めるのか?


 役員報酬と内部留保・株主配当だけ増やしてきて、給与は目減りばかりしてきたこの国の守銭奴企業が、そんな再配分に配慮してくれるのなら、ここまで格差が広がって来たのだろうか?

 しかも、(輸出戻し税)で消費税増税分を、輸出型大企業(トヨタ、パナソニック、キャノン等)の利益が増えるだけですし。
企業にとって、ウハウハのオイシイとこ取りの民主党公約ですね。というか・・自民党案と違うのでしょうか。


 或いは、世界で一番高い税率の日本の法人税で企業は海外に逃げます!と言います。法人税が高いから海外に逃げて行くんでしたっけ?
おかしいな。
この間まで、派遣法改正すると企業は海外に逃げて行きます!工場は国内から無くなり産業の空洞化(そんなことをほざいてる輩の頭が空洞化してるんじゃないのか)が起こります!とも恫喝していたね。
ご都合主義ですなあ。

 何かあればすぐに企業は、海外に逃げて行くぞと、労働者(国民)を人質に脅かすのですな。守銭奴大企業や御用経済評論家の姑息な詭弁でしかないのです。
例えば、ホンダの工場が中国で待遇改善のストライキが起こり、賃金アップの要求に応えざるを得なくなったそうです。つまり、派遣法改正で使われた言い訳の「安い労働コスト」という「大義名分」である中国で操業する意味は無くなりつつあるそうです。

 でも、企業は中国での事業展開は止めないと言ってるそうですな。
中国での製品販売を期待してとのことです。そりゃ、13億人のマーケットは魅力でしょうよ。早い話が企業にとって、国内であれ海外であれ、安くてたくさん造れて、たくさん売れれば良いだけの話でしょ。
税金は大きな問題ではないと思いますがね。

 それにですよ。対日投資を促進するって、外資が日本の企業に投資して、株を持てば外資に買収されたとかって委任状争奪戦だなんだって大騒ぎするんでしょうよ。要するに乗っ取られたくないのでしょ。少しだけ・・、乗っ取らない程度に買ってね♪、と言うのもご都合主義でしょ。
ハゲタカ外資がそんなもんで満足するのか?

 つまり、民主党の公約はウソっぽいと言うしかないのですが。こんな公約を前にして・・。うーん、参院選の投票先となると悩ましいところなんですね。
比例区は決まっているんですが、私の場合、選挙区はどうしましょうかねえ。
悩むところです。

2010年6月19日 (土)

「あ菅政権」消費税10%アップのぶち上げは、普天間基地問題隠しだね

 普天間基地移設問題は何一つ解決していないし、この8月末に日米合意の内容(移設場所と工法を決定することの)期限が来るのです。


 拙ブログでも何度も書いていますが、ポッポ政権はこの普天間問題で総辞職したんですね。それを検証もせずに「日米合意を踏襲する」と言っている「あ菅政権」はどうも厄介な問題を蒸し返したくないのでしょうな。

 それをほとんどスルーしているマスゴミです。ただ、日刊ゲンダイがそれに言及しています。
大手マスゴミは消費税アップを誘導したい財界とタッグを組んで「あ菅政権」を後押ししている。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日刊ゲンダイ   6月14日

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000116426/1.htm

●自ら「米国と官僚の手先」を証明

 何だかおかしくないか。あれだけ大騒ぎした沖縄の「普天間基地移設問題」報道が、鳩山前首相の辞任以降、パッタリやんでしまった。基地問題は片付かなくても、首相が辞めたから一件落着というのか。

「沖縄県民の民意を尊重しろ」「怒りを知れ」とテレビ・大新聞が声高に叫んでいたのは、つい2週間前のことだ。5月28日、日米両政府が合意に至ったといっても、移設先に「辺野古」が明記され、沖縄県民の県外移転の期待を裏切られた。沖縄の怒りは続いたままだし、だから社民党は政権を離脱した。その日米合意を菅政権は「継承」の方針だから、大マスコミに信念があるのなら、民主党政権を叩き続けないと筋が通らないのだ。

 ところが、政治面から社会面まで埋め尽くしていた普天間問題の新聞記事は、首相交代できれいサッパリ消えてしまった。テレビに至っては、「鳩山さんは沖縄県民の思いをどう受け止めるのか」なんて力説していたコメンテーターが、今はヘラヘラしながらサッカーW杯の勝敗を予想しているから呆れる。

 基地移設に反対する4月の県民大会に出席した名護市民がこう言う。

「『5月決着が最大の焦点』『基地問題を考える転換期』と大々的に取り上げられた嵐のような報道がウソのようです。だいたいマスコミは、世論調査で菅政権の支持率がハネ上がったことばかり報じているが、鳩山前政権であれだけ騒いだ『普天間問題』は設問に含まれてもいなかった。結局、マスコミは鳩山前首相を辞めさせるために県民を利用したのです」

                ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


 二言目にはカンナオトは「沖縄の負担軽減をしながら・・」と言いながら「日米合意を守る」と言う訳です。
辺野古に移設することが沖縄の負担軽減になるはずはなく。大きな矛盾を吐いているのです。

 ここで話が変わるが、消費税増税論議です。参院選前に「自民党さんの10%を参考にしながら・・」とこれまたふざけたモノ言いです。自民党の案を言うのなら民主党の看板降ろせと言いたいのだけれど。


 それよりも、確信犯的に「あ菅政権」は普天間基地の問題を隠そうという意図がアリアリですな。大多数の国民は、遠い沖縄よりも身近な消費税に関心が行きます。それを狙って、普天間問題を塩漬けにしようと言う風な感じがします。まあ、姑息なもんですな。


 センゴク(つぶし)官房長官が「事業仕分けしても無駄は大して出てこない。消費税増税しかない」とシャーシャーと言い放ったと言いますから。いったいあの事業仕分けって何だったのか。枝野マメ男とレンホーの為のモノだったのか。

○普天間問題で「沖縄の負担軽減に配慮して・・」と。

○消費税問題で「消費税増税は逆進性に対処して・・」と。

 
どちらも同じように、「配慮を示す」と言ってるのですね。

さあ~、ここまで「マニフェスト」反故と裏切り行為の続いてきたポッポ、「あ菅政権」です。二人ともトラスト・ミーと言っていましたが・・。


まあ、怪しいと考える方が自然でしょうな。

変な数字を出すゴミウリの世論調査

 CIAのスパイ・ナベツネが君臨する悪の帝国ゴミウリ新聞が、アホな記事を書いていまして(まあ、今に始まったことじゃないけれど)。早稲田と共同で対面世論調査をしたそうです。

 下らん誘導設問なのは分かり切った話なんですが、それを隠そうともせず不可思議な数字を出しています。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ゴミウリ新聞

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news1/20100618-OYT1T01313.htm?from=main3

読売新聞社と早稲田大学が12~13日に共同実施した面接方式の全国世論調査で、民主党に「期待している」と答えた人は63%となり、鳩山前内閣当時の前回調査(3月27~28日実施)の46%から大幅に上昇した。

 民主に政権担当能力が「ある」との答えも60%(前回46%)に回復した。

 昨年衆院選での政権交代については「良かった」が73%に上った。自民党からの政権交代は依然として好意的に受け止められ、菅首相への交代を機に、民主への評価を再び高めたと言えそうだ。参院選後も民主中心の政権が続いてほしいと思う人は56%で、「そうは思わない」34%を上回った。

 ただ、民主に「失望している」は67%で、前回69%と同水準だった。鳩山前内閣の「失政」が影響したようだ。政権交代によって日本の政治は「良くなった」は47%だったが、「悪くなった」も34%となった。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 よく読んで頂くと分かりますが、民主党を「期待している 63%」・「失望している 67%」ってどうなんよ?
フツー割合って、足して100%じゃないのですか?

私がバカだから計算間違っているのか?

えーと・・63+67=・・やっぱり130じゃないか!クソボケゴミウリ新聞が。

しかも、この記事で(複数回答があります)っていう断りもない。それとも別の対象にそれぞれ違う質問をしたのか?そんなアホな調査があるというのか。

仮に、複数回答があったとしてもだ。

 まったく相反する「期待する」と「失望した」が重なる答えを言う程の「超B層」にでも訊いたのかよ。そんなもんを記事にしてエラソーに、年収1000万円オーバーもとってやがるのか、ゴミウリの記者は。
こんなもんに毎月金払って読んでいる人間の気が知れんな。

 まあ、ゴミウリが嘘っぱちの数字を弄して「菅官政権」をヨイショする訳は早い話が、民主党・アカン政権はアッチ側に寝返った証拠でしょうね。

2010年6月18日 (金)

可視化:チバ・オバ=現実的ではない。民主党公約からも消えた

 民主党の公約から「取り調べ可視化」が消えたそうだ。
法務省の勉強会でもすべての事件で一律に行うのは現実的でないという中間報告を出したそう。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2010061800389&j1

時事ドットコム

法務省は18日、犯罪取り調べの録音・録画(可視化)について、「すべての事件で一律に行う必要性は疑わしい」とする中間報告をまとめた。報告は、取り調べの全過程を録音・録画するのか、一部にとどめるのかは引き続き検討するとした。同省は今後、警察庁とも協議して、可視化の対象とする事件の範囲などを決める方針だ。
 中間報告は、検察庁が2008年中に受理した事件約199万2000件について、公判請求したのはわずか6%(11万9000件)と指摘。さらに、裁判員制度の対象となる最近の重大事件(年間2千数百件程度)のうち、自白の任意性が争われた事件は3%程度にすぎないとし、「相当な負担・コストをかけてもメリットに見合わないことが懸念される」と強調した。
 その上で、すべての事件を可視化することは「現実性にも欠ける」と、一部の事件に限定せざるを得ないと結論付けた。また、可視化する事件でも、取り調べの全過程で実施すれば裁判での証拠調べが長時間に及ぶなどとして、「録音、録画を行う取り調べの範囲についても、さらに検討を要する」とした。(2010/06/18-11:59)

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まあしかし。なんと申しましょうか。

法務大臣チバ・オバって何にもしないばかりか、中間報告とはいえ「事件が多くて現実的ではない」とノタマッタそうで、役に立たないだけでなく害になっていますな。今度の参院選で改選ですか・・、フーン。

アメリカのドラマなんか見ていると、取り調べの場面で音声録音の場面が出てくるが、「何月何日、取調官誰々、容疑者誰々」と言い、レコーダーのスイッチを入れるだけだ。それのどこが負担だというのでしょうかね。弁護士同席は要求がある場合だけだし。

四の五の言わずに、邪魔くさいからと言えばいいのだ。
それに民主党の公約からも消えているし、もうこの件は終わったと言うことでしょうね。

追記

民主党員のさとうしゅういちさんも、「いったいどうしたことか?」と書いています。

やはり「アカン内閣」ですな。

2010年6月17日 (木)

自民党機密費持ち逃げ;やっと受理されたそうです。時間かかるなあ

 去年の「自民党下野ナウ」のドサクサまぎれの官房機密費2億5千万円ネコババ問題をやっと検察が正式受理したとのことです。

大阪の市民団体が今年1月、地検に告発していたのにこれまた、時間がかかりますな~。

上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場というブログにありました。

(引用開始)

~(3)ところが、この刑事告発については、その紹介後、正式に受理されていなかったことを知りました。

それゆえ、関係者から依頼を受け、私は、東京地検特捜部に提出する意見書を書きました。

それでも、なかなか正式受理されなかったようです。

(4)今月初めに、内閣官房報償費(機密費)情報公開訴訟の原告、訴訟代理人らが集まり、色々話をし、情報交換などもしたとき、上記告発が正式に受理されたことを教えていただきました。

(5)後日、頂戴した「告発受理の報告書」によると、この刑事告発は第三次まで行われ、告発人の数は100名を超えているようです。

正式受理は「3月末」だったそうです。


(引用終わり)


地検は郵便不正事件の冤罪でっち上げ裁判での失点を取り返そうということなのだろうか?

さっさと捜査して、自滅党の官房機密費持ち逃げを明らかにして下さいな。

2010年6月16日 (水)

過ぎたるはなお及ばざるが如し

 最近感じることを少しばかり。

 見ていると新しく菅政権が誕生してから以降、政権交代を支持していたブログやネットも論調が二つに分かれて行くようです。
あくまでも民主党支持で押し通す人々。それに反して、もう民主党を支持できないと民主党批判を展開する人たち。

 拙ブログは、その中間に位置するみたいです。民主党を是々非々で見て行こうという気持ちです。変だと感じれば「姑息」だと言うし、「詐欺的」だとも言います。それが普通だと思いますが?

 私は以前、菅さんに凄く期待していた時期があります。去年小沢氏が代表を辞任した時、後任に鳩山さんが就いたけど、菅さんが・・と本音では思った。だが、政権に就いたのちの菅氏の言動などや行動に疑問を持ち始めたのも事実です。

 けれど私は、選挙区では民主党候補の名前を書くでしょうね。それは他に選択肢が無いというのもあるけれど、せっかく政権交代したのに早々と結論を出すのも性急過ぎると考えるからです。

 以前、自民党がコイズミ、アベ、フクダ、アホウと政権たらい回ししていた頃「選挙をしろ、民意を問え!」と言っていた筈の人々。だが今、鳩山政権が崩壊したのち総選挙をしろ、という意見が少ないのが納得できないのですね。

 何度も国民不在の政権たらい回ししてきた腐敗自民党は論外でありますが。
であるなら・・。何回もたらい回ししたのは許せないが、一度目だから許そうということなのだろうか?そういうのはダブルスタンダードとは言わないのだろうか。

 民主党は衆院で308議席も持っているのに、解散するのはあり得ない、必要もないなどと、急に大人の発言するのは如何なものか、と言いたいのですね。

 まあ、そうは言っても、私もその気持ちはそれなりに理解はします。「絶対に総選挙しろ!」とも思いません。
だが、唯々諾々と、無批判なのがどうか?と言いたいだけなのだ。

              ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 消費税アップとセットで法人税を下げるのか、という疑惑もある税制論議では、菅政権は消費税増税だけを唱えている訳ではないと、擁護する人もいる。政府税調の神野直彦氏の考えは違うと。

 法人税を下げるのは慎重だと、富裕層からの所得税の累進を上げるつもりなんだという趣旨だ。或いは消費税の還付もあるのだという話みたいです。政府は法人税下げでまとまっている訳でないと。

 それについて、見てみないと分からないけれども、そう言う観点から税制の抜本的な見直しなら論議してもいいかもしれない。


じゃそれはそれとして・・。これはどうなのか?

 菅政権が表明している問題で、普天間基地移設は前政権がどさくさにまぎれて合意した「日米合意」を踏襲していくというのは賛成なのだろうか。辺野古の水域に1800メートルの滑走路を造るという合意内容に。

 それについても、菅政権を無批判に応援していくというのだろうか?このあいだまで鳩山政権の対応を批判していたのに。もう外国と合意したモノは覆すのは難しいから仕方がないということでしょうかね。

               ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 下らない「政治とカネ」問題。これで総理を辞めることになったとポッポは言ったけれど。ポッポのおっかっさんの子ども手当はどうかとおもうけれども。
西松献金も陸山会土地取引も暴走検察の「小沢失脚」を狙ったもので、官僚が民意を無視し、政治を動かそうとした話だと思っている。

マスゴミや世論が小沢=悪人を喧伝すればするほど、少なからずシンパシーを感じます。

でも、かと言って私は小沢信者でもありません。

過ぎたるは、なお及ばざるが如し。

無批判に陥ることの危険性を考える必要がありますね。

2010年6月15日 (火)

民主党・「元気な日本を復活」させるそうです

どうやら国会も6月16日で閉幕となり参院選も7月11日の投票ということになりそうです。

そこで、民主党の選挙ポスターが出来たそうです。
今度のキャッチフレーズは「元気な日本を復活をさせる」だそう。

もう「国民の生活が第一」の看板は下ろすということでしょうか。なんか寂しいですな。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.dpj.or.jp/news/?num=18381

(民主党サイト)

 安住選対委員長は「参議院選挙の準備に忙殺されていたが、肝心要のキャッチフレーズと、全国展開をはかるポスター、ビラづくりを進めてきた」と前置きしたうえで、「本日、ようやく菅内閣、奇兵隊内閣が国民の皆さんにお伝えするキャッチフレーズとポスターができたのでお披露目をさせていただく」とした。

 新しいキャッチフレーズについて安住選対委員長は「『元気な日本の復活させる。』という言葉」と発表。あわせてポスターを紹介し、「日本を元気にしたいという、そんな思いを込めている」と語った。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ま、元気は出したいのですが、イメージが何処かの腐敗野党に近いような気がするのは私だけ?

ところで、選挙には行きますよ。

私の場合、選挙区は民主党で仕方がないとして。

比例区はこのブログの左にある「勝手にお気に入りリンク」の中の人が立候補予定なのでその人に入れようと思っています。

謙遜と謙譲の音楽・やきとりさんじゃありませんよ(笑)。立候補します(6月12日のエントリー)

参院選挙の非拘束名簿式比例代表制は個人名を書いても良いのだそうです。

政党名を書かなきゃ、と誤解している人が多いとか。

棄権なんかしたらブログで文句言う資格が無くなりますからね(笑)。

ワールドカップ・勝ちましたか

大方の予想を裏切って、そうですか、勝ちましたか。

昨夜の11時からの生中継も見ずに寝てしまった私です。

ところが朝の5時ごろから何故か目が覚めてしまい、代表戦に興味はないと言うくせに、そういや昨日「日本―カメルーン戦」やっていたよな、とスカパーを見ると。

な、なんと。勝ってしまっているではありませんか。

松井大輔(グルノーブル)から本田圭祐(CSKAモスクワ)のホットラインがつながったようです。

松井の左足に持ち替えてのクロスが功を奏したみたいな感じ。

まあ、流れの中での得点は立派ですな。

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061401000495.html

スマンかった、と手を合わせつつ。

またこれでオカダ監督がヨイショされるんだろうなと、思うと少し複雑。

W杯の海外での初勝利ということですね。はい。

次戦は最新FIFAランク4位の強豪オランダです。

去年の親善試合では0-3とケチョンケチョンでした。

目指せ勝ち点1!・・って。

うーん、そんなとこでしょうか。

2010年6月14日 (月)

自転車にて

少し前・・といっても一年前?いや2年前か(少し前じゃないね)。

夜の8時ごろ、自転車で道路を通行中、前方に不自然な人影が。

「うん?なんだなんだ」と思っているうちにずんずん近づいてくる・・、というか自分が自転車をこいでるのだが。

お巡りさんだ。

左肩のあたりからは(クッ・・ザー)というトランシーバー特有の音が聞こえている。

なんだこら?オラアなんも悪いことしてないぞ。さらに、文句アッカ!とも叫ぶ(心の中で)。

でもフト考えると、ワタシャ今まで歩道を通行していたし・・、しかも、右側通行だったし!・・と脳内で自分の罪を計算している。

やはり、自転車も軽車両だし罰金だとか懲役だとかなんて恐ろしい言葉がぐるぐる駆け巡る。

いや、いや、自転車に免許はいらないからどうなんだろ?なんてグダグダ妄想する。

そのおまわりさん「お忙しいところすみません」と丁寧に話しかけてくる。

「ちょっと、防犯登録番号見せて下さい」

「あ、はい・・」心の中のエラソーな態度はおくびにも出さず素直に応じる。彼は懐中電灯で自転車のフレームを照らす。

「・・・・・です」とトランシーバーを取り出して、防犯番号を何処かの本部と交信しているようだ。

しばし沈黙。

「・・・・分かりました」と、ナニゴトか本部と交信したのち「盗難が頻発してるもんですから」とのこと。

緊張の糸が切れると同時に思い出した。

「そうだ、私の自転車先月パクられたんですよ!早く見つけて下さいよ」

「届けましたか?」

「もちろんです!」

「そんなためにも、こうしているんですよ」

「そうですか、ごくろーさんです」とやり込められる。

もういいですか、と言い現場を後にしようとする。

「あ、自転車は左側通行ですよ」と背中から追い打ちをかけられた。

少しばかりの敗北感と安堵でペダルを踏みだす。

2010年6月13日 (日)

ニュース・日本振興銀行の問題って?

 銀行法違反(検査忌避)で警視庁から家宅捜査を受けた日本振興銀行が検査を受ける前に取引に関するメールを大量に削除していたと報道されています。設立者の一人で今年会長職を事実上解任されている元会長、木村剛氏はタケナカへーゾーとお友達だとのことで、なんだか胡散臭そうな話がゴロゴロしているみたいです。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信   2010/06/13

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061301000491.html

 銀行法違反(検査忌避)容疑で家宅捜索を受けた日本振興銀行の元執行役ら数人が、金融庁の立ち入り検査が始まる前に会議を開き、違法性のある取引に関する電子メールの削除を決めていたことが13日、同行関係者への取材で分かった。

 メールの削除に必要なパスワードは行内で2、3人しか把握しておらず、この元執行役は本来知る立場になかったという。

 警視庁捜査2課は、木村剛前会長(48)や元執行役らから任意で事情聴取しており、メールが削除された経緯などについて調べている。

 金融庁の立ち入り検査は、昨年6月から今年3月まで行われた。

 同行関係者によると、金融庁は昨年5月末、同行に立ち入り検査の実施を通知した。この時期に元執行役ら数人が会議を開き、対応を協議。この席でメールの削除を決めたという。

 その後、元執行役が中心となり、検査が始まる同6月16日までに、商工ローン大手SFCGとの間で行われた違法性が高い取引に関する業務メールなどをサーバーから削除。残りを立ち入り検査で提出したが、金融庁側は検査対象のメールがないことを指摘していた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 昨日の「愛川欽也のパックインジャーナル」を見ていたら、元会長の木村剛氏は日銀出身で、コイズミタケナカ時代に金融庁の検査マニュアル作成チームに入り、とっても厳しい検査マニュアルを作成した人だと、ジャーナリストの二木氏が語っていた。

 で、その後東京JCで20億円あれば銀行が出来るとかっていって銀行を設立。その後、出資した人間と揉めたり、出資した内の一人がそれを利用してコイズミチルドレンとして当選したのが自民党のタイラ某だとか。

「ハハーン・・」という感じで、人物がつながっています。

 金融監査マニュアルを作っておいて、その後銀行を設立するってのは・・。
話を聞いているとマッチポンプじゃないの?という感想を抱きましたね。
それに中小企業向けの銀行だとの理念で設立したのにどうも変な方向に走っていたみたいで、旧商工ローンへの融資で出資法違反か?という高金利を設定してた?とのこと。

木村剛 wikipedia

 当時異常な早さで銀行免許も下りたそうだし、権力を背景に怪しい連中が群がって取り組んだカネ儲けだったのですかね。事件の全容解明を待ちたいですね。木村氏はこのココログでもブログをやっていたけれど、多くは語らず「反省・自粛して」現在休止しているみたいです。

(週刊!木村剛)

http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-6f54.html

新自由主義・自己責任のお人は、マスゴミが大好きな「説明責任」も忌避したのでしょうか。

2010年6月12日 (土)

 民主党の公約が決定したそうな

 去年の衆院「政権選択選挙」で、私も政権交代を支持しました。だけどそれは鳩山政権であって、それが退陣した今、やはりおかしいと感じますね。民主党は野党時代、自民党に対して首相をコロコロ変えて「政権たらい回し」だと批判していました。「民意を問え」とも言っていた。
その伝で言えば、本来総選挙をしなくてはいけないですな。いくらマスゴミの世論調査で高い支持率だろうがなんだろうが。
だから、民意を経ていない政権は積極的には支持できない、というのが私の感想です。

 それはさておき、衆院選で発表したマニフェスト(最近この言い方も腹が立ってきた。公約でいいと思う)を今度民主党は参院選挙で見直すというのはおかしいと思う。ありていに言えば口当たりの良いことを撒きちらし、一度権力を握っておいて・・、じつは財政が苦しいので見直しますと。
それは・・言いたかないが「詐欺的」だと感じるのは間違いでしょうか。

 事業仕分けなんて強制力もないものに時間を割き、特別会計に手を付けず、財政が苦しいというのも変な話です。

 とくに菅首相は、財政危機に対して「強い財政」とかよく分からんもの言いで増税に言及し出したようです。その中には消費税増税が入っているみたいで、さらに法人税減税を公約に掲げているみたいだとマスゴミは報道しているようです。ただし、民主党は全容を発表したわけではないので不明なようですが。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

子ども手当満額見送り 民主、参院選公約決定

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061101001030.html

共同通信   2010/06/11

 政府、民主党は11日夜、菅直人首相(党代表)を議長とする政権公約会議を党本部で開き、参院選マニフェスト(政権公約)を決定した。財政再建の観点から、子ども手当について2011年度以降の現金満額支給(1人当たり月2万6千円)を断念するとともに、15年度までに基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字を10年度の2分の1以下とする目標を掲げた。基本路線としては、首相が掲げる「強い経済、強い財政、強い社会保障」実現をアピールしている。

 ただ、全容の公表は来週の国会閉会後に先送りになった。野党から国会審議で追及される事態を避ける思惑があるとみられる。消費税増税の方向も示しているとみられ、これまでの政府と党の実務者によるマニフェスト企画委員会の論議では「次期衆院選後の消費税を含む税制の抜本改革」を公約に明記することで一致している。

 子ども手当については「財源を確保しつつ、既に支給している1万3千円から上積みする」とした上で、上積み分について「地域の実情に応じて、出産一時金や保育・給食、ワクチンなどの現物サービスに代えられるようにする」と盛り込む。財政健全化の目標では「20年度までに基礎的財政収支の黒字化達成」も併記する。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 子ども手当(貯金するんじゃないよ)の満額支給が無理なのはまだ許せるとして、基礎的財政収支の赤字圧縮を挙げるということは、当然増税するという話になるんでしょうがね。

 消費税ばかりを増税する、それとセットで法人税を下げるという方向は見過ごせません。トンデモ民主と言わなきゃならないですね。
消費税が導入されて22年。その間に累計224兆円の消費税が徴収されました。一方法人税はこの22年間に208兆円もの法人税が減税されてきたそうです。

 つまりこの国は、財政が苦しい苦しいと言いながら、ザルで水をすくっているようなもんですな。水をすくうのならせめて洗面器ですくえよ、と。
百歩譲って消費税を上げるとしても(逆進性は歯止めをかけて)法人税も上げるのが当たり前でしょう。
財政が苦しいのだったら。

 まあ、まだ全容がハッキリしていない民主党の公約ですが、来月の選挙なのに、発表を控えたのが、国会で追及されるのを恐れて国会閉幕後にしたというのが事実だとしたら、やはり最近の民主党の姑息さが表れていますね。

2010年6月11日 (金)

ワールドカップ開幕でしたか

 ワールドカップ南アフリカ大会が今日から開幕ですが、日本国内ではいまいち盛り上がっていないそうでして、やはり代表の戦績不振がモノを言っているようです。まあだけど、本大会に出場するだけでも「良し」とした方が良いみたいですね。

 代表DF、田中・マルクス・トゥーリオが親善試合で、コートジボワール代表のドログバをタックル一発、病院送りにして、同じグル―プで、彼の郷里ブラジル国内で「よくやった」と言われたというニュースが流れたのがワールドカップらしいです。

 私は代表戦に興味が消えうせていまして。クラブチームの方が面白いでしょう。
それに代表監督のオカダ氏が・・、まあ、ありていに言えば気にくわない(笑)、ということも大きな原因ですが、代表戦はつまらないというか。
テロ朝などが「絶対に負けられない戦いがある」とかって暑苦しいし。

 記者会見などのオカダさんの引きつった顔を見ていると、どうも勝てそうにない気がするのは錯覚でしょうか。
ところで、そのオカダ監督が初戦で負ければ交代か?と夕刊フジで出ていました。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://news.nifty.com/cs/sports/soccerdetail/fuji-zak20100611020/1.htm

岡田ジャパン末期・・・初戦敗れれば監督途中“解任”も

日本協会・犬飼基昭会長(67)は「どんなことがあっても岡田を更迭することは考えたこともない」と繰り返す。しかし、岡田ジャパンは末期的な状況だ。民主党が代表を鳩山氏から菅氏に代えて支持率がV字回復したように、サッカー日本代表も体制一新が必要か。岡田監督途中解任が、日本サッカーを救う最後の手段となっている。

夕刊フジ

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

 監督交代すれば支持率が驚異的な回復した民主党と同じように展開が変わるとか?関係ないにも程がある(笑)。
さすが夕刊フジですな。

2010年6月10日 (木)

自民党・スキャンダルより政策で攻めて欲しいと身内からも言われてますぜ

 菅新体制になり、民主党の支持率が驚異的なV字回復しました。このことで野党自民党はもとより、雨後のタケノコ政党も危機感露わに、マスゴミ露出機会を狙っています。

 殆ど自前の政策がなくて、「政治とカネ」批判とスキャンダル探しの自民党は意地悪な姑も裸足で逃げ出しそうな陰湿なアラ探しに終始しているようで、閣僚の事務所費問題などに活路を見出そうと必死のパッチです(言い方が古いですね)。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信  2010/06/09

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060901000686.html

井聡国家戦略担当相をめぐる事務所費問題が9日浮上し、「クリーンな政治」を掲げる菅内閣は「問題ない」と火消しに躍起になった。一方、自民党は事実関係を確認する質問主意書を国会に提出するなど追及する姿勢を強めた。

 荒井氏は同日夜、官邸で記者団の質問に答え「適正に経理管理されている」と重ねて強調。菅直人首相は記者団に「弁護士など専門家も含めた党の調査で『問題なし』という結果が出たと聞いている。一つの結論が出たのではないか」と述べ、幕引きを図った。

 民主党は8日に荒井氏から報告を受けて調査。細野豪志幹事長代理が9日午前に急きょ記者会見し、事務所費の明細を示しながら「適切な計上」と明言した。迅速な対応は、退陣した鳩山内閣と同じ「政治とカネ」の問題が生じれば、政権への打撃は計り知れないと懸念したためだ。

 これに対し、自民党は同様の事務所費問題があるとして川端達夫文部科学相と蓮舫行政刷新担当相を加えた3氏に領収書などの書類提出を求める質問主意書を提出。参院選に向け、内閣の「クリーン」という印象を打ち消したい考えだ。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 自民党さんは重箱の隅をつつくというか、山芋を掘るというか。悲しいことにそれしかないのでしょうね。
蓮舫女史なんか「問題ありません。問題があるというのでしたら、ご納得いただけるまで説明いたします!」と、「キッ」となっていました。
怖いですねー。

 自前の政策といっても、菅政権は消費税増税論議をしたいと積極姿勢だし、沖縄問題は自分たちの合意した案と、さほど変わらない日米合意をした民主党に攻め手を見いだせないのが実情なんでしょうね。というか・・、あまり変わらないのじゃないかと・・(笑)そうなるとイデオロギーだ、とばかり・・。

 まだ政治家辞めていなかったアベシンゾーが「陰湿な左翼政権」と菅新体制を舌鋒シュルドク批判していまちゅ。
・・いかんいかん、変な言葉遣いになってしまいました。

 で、自分たちは「た党」と「そ党」(ややこしいから略称です)と連携して、「明るい保守」だと。ただ単に形容詞を替えただけなんですが。
「明るい、ナショナリスト」とでもすればウケたんでしょうがね。

 で、これを聞きつけたコイズミのご子息に「私たちの世代はそういうことには関心がない」と言われちゃって、残念です。
「違う面で訴えて行きたい」とのこと。その違う面とは「ガッキー」ことタニガキ総裁は「まじめですから」というTシャツを売り出したそうです。
まさか、「ふまじめですから」とは書けないでしょうね(笑)。「自民闘まんじゅう」に続く第2弾の物販に乗り出したそうです。

 スポンサー離れで赤字決算のマスゴミテレビ(TBSなど)が通販でなんとか生業をしのいでいるのと同じ構図でしょうかね(笑)。

 

2010年6月 9日 (水)

普天間問題・同じ処理をするくせに首相をすげ替える姑息

 鳩山政権が崩壊したのは「政治とカネ」が原因ではないことがハッキリしているのに、当事者であるポッポが「政治とカネ」だったと述懐するのは理解に苦しむのです。
なにが「政治とカネ」だ。「原因は私の失敗とか、ね」とでも認めろ。
政治家というものは自身の政策や、政権運営の拙さからくる失敗には目を覆うのですな。

 閣僚のそれぞれ勝手な発言、ポッポ自身の迷走。結果、普天間基地移設問題で国民の頭越しにアメリカと合意した。
そのことが地元の反発ひいては社民党の連立離脱となり支持率急落、政権不安定、選挙を控えての危機感で、内閣総辞職したんでしょ。

 で、引き継いだ新政権が、その問題の検討することもなく「普天間問題は日米合意事項を守っていく」というのは、どう考えても納得が出来ない。

 であるなら、ポッポ政権がそのままやれば良かったのだ。
辞める必要が無い。同じやり方するのになぜ、金かけて表紙の付け替えをする必要があるのだろうか。
でしょ?同じ処理の仕方するのになんで人を替えるのだろか。

 ただ単にその場かぎりの批判をかわすためだった、と言われても仕方が無いですな。
さらにここへきて、フランケン・オカダ外相(最近ますます人相が悪くなっている)は8月末は技術的な検証をする期限であり、地元の理解を得るためのものではないとのたまったそうで、沖縄の理解なんてすっ飛ばして工法や移設場所を決定しようということみたいだ。

 もうひとつ、この問題の戦犯の一人キタザワ防衛相は地元の理解は難しいと言い、それでも日米合意事項を守ると言ったらしいから・・。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060901000561.html

共同通信   2010/06/09

沢俊美防衛相は、9日の記者会見で、米軍普天間飛行場を沖縄県名護市辺野古崎と隣接水域へ移設する日米合意に関して「8月末に沖縄の合意を取り付けることは必ずしもきちんとできるとは思っていない」と述べた。

 8月末までに日米共同声明に明記された代替施設の位置や工法についての地元合意を得ることは困難との認識を示したものだ。

 地元合意を得られなくても日米合意の実現を目指す考えを示唆した発言とみられ沖縄側の反発が強まる可能性もある。ただ、北沢氏は「日米で合意に至るプロセスをできる限り透明性を確保しながら沖縄の皆さんにお伝えしていく」と述べ、沖縄の理解を得るため交渉状況を説明する考えを強調した。

 代替施設の場所と工法に関し、北沢氏は「住民生活の環境にどういう影響を与えるか。現行案とどういう関連性があり、どれほど違うのかを逐一、現地の皆さんに提示していきたい」と述べた。

                ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 時間をかけて説明しても地元が納得しなかったら、そのときはどうすんだよ。まさか、強制執行でもしてやろうということなのか。

 「外交は継続」だとか知った風な事を言ってるけれど、アメリカ様は「外務大臣と防衛大臣が留任で良かった、継続してやれる」と歓迎してるんだ。
裏を返せば、人が変われば政策も変わるということを心配してんじゃないのか?

まあ、菅政権はこんな調子で、ポッポ政権と同じ轍を踏むんでしょうね。

 

2010年6月 8日 (火)

外国語ニュース番組ついてのウダウダ話

 ときどき見るCNNだとか、BBCなどの外国ニュース番組です。
まったくからっきし、英語ダメダメの私にとって音声は日本語同時通訳しか分からないのですね。

 あれって、なんでライブで同時通訳してるんでしょうか?
しかもネイティブの音声にかぶせています。それだけでも聴き取りにくいのに、通訳が日本語になっていない時(かなり多い)があるんですね。

 まあ、直訳というか。
和訳していないので聞いていると隔靴掻痒というか。「あー、もう!」と言いたくなるのですね。

メキシコ湾沖の原油流出事故の続報です。えー・・フロリダ沖までオイル・・原油が流れ・・私は・・その・・現場を直視できません・・えーつまり・・この映像を元にしているんですが・・水鳥の・・BP・・つまり事故を起こした会社ですが、オバマ大統領の・・、は・・、現地に訪問・・現地を訪問して・・批判をかわす・・との事で行った・・のですが・・現地ではまったく批判が大きくなっているようです】

そこへ、スタジオのキャスターと現地記者の会話が入る。
さらに混乱に拍車がかかります。

ルイジアナのトーマス記者です。はい、こんにちは。どうも・・、どうですかそちらは?・・批判が大きい漁業関係者に・・批判を強硬にしている・・漁業関係者に聞きました・・『私は・・それを許すことができません・・いつに・・なれば・・漁を再開できるのかまったく見通しが立っていません』・・、と現地では悲観的です。そうなると・・大変な様子で・・対策はたたない・・ということでしょうか?ハイ・・そう思います・・】

その時には、映像が切り替わっています。会話をひとりでやるんだもの無理がありますわな。

アフガンの映像になっているのに、原油流出の通訳が終わっていなくて、ようやく【トーマス記者でした。ありがとう】

 ・・と言ったところでさらに次のアフガンのニュースを語り出すんですね。今度は追いつかなくてはいけないから、さらに早口で意味不明になったりします。

私は・・が・・・を、そのことで・・そこのところを決めなくてはいけません。それが・・ペラペラぺラ】と最後のペラペラは早口でなんの事だか意味不明です。

 ・・申し訳ないけれど、特別急ぐでもないと思うので1時間ぐらいかけてゆっくり日本語に意訳して放送しても不都合はないと思うのでありますね。

ま、見なきゃいいだけなんですがね。

ウダウダ話でした。

2010年6月 7日 (月)

菅首相誕生で民主党支持率アップはやっぱり不思議

 菅新体制が新聞マスゴミの調査では支持率がかなり高い数字を叩き出しています。まだ陣容も全て判明していないし、政策もなんら実行していない段階で。マスゴミの誘導で、小沢排除したからこれだけの支持が集まったのだぞと言いたいがための数字なのでしょうかね。

                              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com     2010/06/05

http://www.asahi.com/special/08003/TKY201006050315.html

朝日新聞社が4、5の両日実施した全国緊急世論調査(電話)によると、菅直人新首相に「期待する」人は59%で、「期待しない」33%を大きく上回った。参院選比例区の投票先で民主は33%と、鳩山由紀夫首相の辞任表明に伴う前回調査(2、3日)の28%からさらに上昇し、自民の17%(前回20%)と大きな差がついた。首相交代の効果はいまのところくっきり表れている。

 昨年の衆院選直後の調査で、首相就任が確実だった鳩山氏に「期待する」は63%だった。菅氏はこの時とほぼ同程度の期待を集めている。

 背景には菅氏の「脱小沢」の姿勢に加え、改革の進展や民主党の変化への期待があるようだ。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 いかにムードに流されやすいB層国民だと言いたいのか。マスゴミが見下しているように感じるのですが。まあ、ミノモンタしか知らないようなオジ、オバに聞いてるんでしょうがね。
反小沢とか非小沢とか脱小沢とか。
マスゴミは色分けしたがりますな。昔は「非自民」とか「反自民」とか言ってましたが、小沢氏は、たったひとりで政党に匹敵するようです。

 菅首相が官僚に取り込まれている危惧というのは、私も感じています。文字通り「官政権」にならないかと。
ワタナベ老害ジジイ率いる「七奉行」とかの連中が幅を利かせているようです。官房長官にセンゴクだし、党の要職、幹事長にえだの豆男という布陣を見て私自身もかなりがっかりしています。しかも鳩山政権を崩壊させたA級戦犯の閣僚が(岡田、北沢、前原)と留任とあっては頭に血が上ろうというもんです。平野がいないだけです。
ネットでは「反菅」を買っているようです。

 ま、しかし。
ここは民主党・菅政権の政策・姿勢を見て行くしかないです。
第二自民党になっていくだとか、ネオリベ民主党がハッキリ打ち出されれば終わりですけれどもね。
新政権が誕生したからって、問題が解決したわけでもない。特に普天間基地で「ヘタ打った」前政権と同じ日米共同声明を守るみたいな・・。外交を一度にひっくり返すようなことはできないというのでしょうが。
しかし、それだと同じ結末が待っているようです。この問題をまだ軽く見ているみたいです。

代替施設の位置、配置及び工法に関する専門家による検討を速やかに(いかなる場合でも10年8月末日までに)完了させ、検証及び確認を次回のSCCまでに完了させることを決定した。

 上記の日米共同声明にあるように、8月末までに工法その他を検証の完了(しかし公文書ってなんでこんなややこしい言い方をするんでしょうか)することを確認するとのことですが、また8月に問題が再燃ですよ。

マスゴミはこのあいだまで「沖縄を愚弄する鳩山政権」とかって批判しているけれども、その問題は残っているのに、今や普天間の「ふの字」も触れないように感じます。変ですね。

 まあ、結局辺野古沖に杭を打つような決定だと、菅首相にとっても「クイが残る」結果となるでしょうね。

2010年6月 6日 (日)

基本的に変ですね

ある問題で失敗をした会社があります。

それで失脚した社長の後継新社長が「前の社長のやり方を続けます」と言っています。

しかも、最大の原因だった問題点を「そのまま」と。

その失敗に加担した役員連中も大半が残るようです。

取引先は、新社長に「色々あった、専務を無役にしたのが良かったですね」と褒めています。

実は取引先は腹にイチモツ、手に荷物。

奪われたシェアを取り返そうと必死のライバル会社と通じていたんですね。

顧客は「問題点の改善は?しないのか?話が違う」と怒っています。

そんな会社は変ですね。

 

2010年6月 5日 (土)

菅内閣の発足までしばらく

 私の地方は今日あたり、むし暑さを感じました。
夏の扉は、松田聖子が開けなくても毎年開く訳でして。
いっちょうシャワーでも浴びるかと、夜勤明けのモーローとした頭で漠然と考えるのですが、行動に移すまでに小一時間。

 シャワーのカランを捻ってお湯を首筋にかけると、ようやく思考回路がガタピシときしみながら動き出します。
そうしますと、つい、何を考えるともなく自然とブログネタを考える。今日は政治ネタで行こうか・・。でも、もう政治ネタはあまり書きたくないな・・とか。

 総辞職した鳩山内閣・ヒラの無能官房長官が、最後の官房長官会見で「高尚な事をひとつ」と前置きしたうえで「月に叢雲(むらくも)、花に風」とか言ったそうで、必ず立ち塞がるものがあると言いたかったそうです。首相辞任のA級戦犯がよく言うよ、と(笑)。アンタが叢雲だろが。
その後に「風に吹かれて川端柳、そぞろ歩きの徒然に・・」と続くのかよ。

でもやっぱり、民主党・菅首相・代表選任のニュースか・・、と考えたり。

 これから進む人事の報道を目にすると、とんでもない連中がクローズアップされていますね。官房長官にセンゴク・潰しが内定だとか、幹事長にヌートリア・枝野豆男だとか。私も「なんじゃそれ!」と言う思いが交錯するような酷い人事案です。

 だけど、ご本人、菅直人氏が「人事は白紙だ、土日にゆっくり考えたい」とノタマッテいるにも拘らず、マスゴミがアーダコーダと、決定したかのようにかしましい。それで、ネットでもそれらの報道を目にした人たちが「民主党はもう支持できない」とか、かなり怒っているようですね。

 私は菅直人氏が財務大臣に就任した当初、かなり期待しました。1月9日のブログでも「菅 財務大臣に期待」とエントリーしています。

就任会見で菅氏は次のように述べていました。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com   2010/01/07

「いろんなところに『隠し金庫』があるとすれば、それをオープンにする」と述べ、特別会計などに眠る「埋蔵金」の実態を公開する考えを表明した。政治主導で財務省の情報公開に取り組む姿勢を示し、「霞が関を変える一つのモデルにしたい」と抱負を語った。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 だがその後の菅さんは、特別会計に手をつけないばかりか、財政危機に関して「自民党さんと同じ思いで有ります」と言ったり、消費税増税論議を始めるのになんのためらいもないと言った趣旨の発言を聞くにつけ、急に財政規律派に転向したみたいで、この人も完全に不況レジュームの財務官僚に取り込まれたな・・と、私も思います。

 だけれども、普段、マスゴミと言ってるんだったらもう少し落ち着いて・・。とか
なにより、奴らの偏向誘導報道の可能性があるし。それこそマスゴミの思うつぼでしょうか・・・。と考えたりもする。
ただ一点、菅さんの様子をもうしばらく見てみたいと思う理由は、ここ最近の首相は全て首相経験者の子息か孫で、お金持ちで「名門」ばかりです(ケッ)。

 世襲お金持ち政治家からフツーのサラリーマン世帯の市民運動家出身という点で、一般庶民の気持ちも少しは分かってくれるんではないかと・・、つい、淡くて甘い気持ちを持ってしまいそうな今日この頃です。
だけど人間は移ろいやすいものですからね、分かりませんねえ、と言うのが本音のところですけども。

 ・・・などとぼんやり考えていれば、一度洗った頭髪にもう一度シャンプーをかけてしまい「何してんだろか」と自分を罵倒しながら、慌ててお湯でシャンプーを流した・・。でもよく考えれば、もう一度洗髪したってよかったのに、と。
勿体ないことをしてしまったと反省する、うすらバカ親父のグダグダな日常でありました。

・・、と結局政治ネタになってしまいました。

2010年6月 3日 (木)

首相の辞任に苦言を呈する、フジサキ「忠米」大使をクビにしろ

 鳩山首相が辞任したことについて、海の向こうから「苦言を呈した」人物がいるそうだ。このニュースをサラッと流し読みした時、アメリカ様がこの4年間に4人もの首相が変わったことについて批判を言っているのか?と誤解をしてしまった。

 ところがよく読むと、日本の木っ端役人がエラソーに、何様か?と言うほどクソ生意気な物言いをしているようで。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com   2010/06/03

「総理は長く務めてほしい」 駐米大使、辞任に「苦言」

【ワシントン=村山祐介】藤崎一郎駐米大使は2日の定例記者会見で、鳩山由紀夫首相の辞任発表について、「総理は一国の顔。できれば長く務められ、世界各国首脳と長いつきあいをされていくことが望ましい」と述べた。日本の首相の短期交代が続くことに、異例の「苦言」を呈したかたちだ。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 去年年末。当時、普天間基地移設問題で迷走を続ける鳩山政権に対し、辺野古沖の埋め立て現行案を履行せよ、という意味合いで「怒ってるんだぞ」と言いたいアメリカ様が「ちょっとこっちへ来い!」と、このフジサキ駐米大使を急遽呼び出したとの報道が流れた。

 ところが、国務省のビルにアタフタと駆け付けた【急遽】呼ばれたはずの、フジサキをマスゴミのカメラが、車から降りてくるところを待ちかまえていた、と言う噴飯ものの猿芝居を演じたクソ官僚でしたな。
のちに、アメリカの報道官が「国務省は彼を呼び出してはいない。彼の方から会いに来たのだ」と訂正報道がされていました。

 マスゴミと結託して「アメリカ様がお怒りになっているんです!辺野古沖以外はダメです!」と、したいがための茶番劇を演じた、芯まで腐りきった官僚至上主義、官僚支配思考の輩です。

そんな木っ端役人が、あろうことに。

>総理は一国の顔。できれば長く務められ、世界各国首脳と長いつきあいをされていくことが望ましい。?

 どんな脳みその構造をしているのか知らないが、厚かましいにも程があるというもんだ。
テメエが画策したとおり日米合意したんだろが。アメリカのポチ野郎のくせに、思惑通りになったんじゃないのか?
どの口が、首相に対して「苦言」を吐いているんだ。

 駐米大使というポストは、外務省では、次官よりも偉いそうですな。
次期首相は、こいつら木っ端役人供を懲戒免職することから始めて欲しいね。

2010年6月 2日 (水)

鳩山首相辞任

午前中に鳩山首相が辞意を表明、辞任しました。

 各マスゴミ・テレビ大騒ぎです。
ここ最近、鳩山さんを見ていると、細川護煕さんを思い出してしまった。
私感ですが、目のあたりが非常に似ているように感じます。
事の顛末も似たようなことになっていくようです。
私としても鳩山、辞めろと言ってた手前。致し方がないというか、当然というか、そんな考えもありつつ・・。
しかし一方で残念だとも思うし。

 
 そして、反民主勢力は鬼の首を取ったかのように大喜びです。腐敗自民党が「投げ出しだ」と批判していた。
オノレらが何を、何処を、どう取って、そんな戯言を言えるというのだ。
自分たちが行ってきた悪行三昧と、投げ出しと、たらい回しを忘れたというのか?黙って「なんでも反対」票だけ投じてろ。

 まあ、こうなった以上、次の政府は官僚とマスゴミと真っ向から戦える強い意志を持ったリーダーの元、しっかりした「お友達内閣」なんかじゃない政権を作って欲しいと思うけれど・・。でないと同じ轍を踏むことになる。
特に官僚に取り込まれ組の無能官房長官・平野、忠米・岡田、北沢、口先・前原、千葉・オバ、腰ぬけ・中井。二度と政府に入らないで頂きたいです。

 首相は「職を賭して」とか「職に縋りつくような事はしない」などと、発言をしていました。せっかく就任した総理の座、身捨つる程の覚悟が有るならば・・。
何故、自分の信念や政治理念を押し通す覚悟がなかったのだろうか。
くだけた言い方をすれば、どうせ辞めるつもりがあるくらいなら、自分の信念に従ってやりたい事を堂々とやればよかったのだ、と言うしかない。
大勢を占める国会、何に遠慮する必要があるのだろうか。それでダメなら辞めるだけ。今の結果も同じでしょう?

 政権につけば素人が言うように簡単ではないのだ、と言うのでしょう。だが素人から言えば、それをやってのけるのが政治家のプロフェッショナルたる所以だろう?何度でも言う。【政治とカネ】なんかが政治不信の原因じゃないのです。「野党時代に見えなかったものが政権に就けば分かるようになり・・」そんな愚にもつかない、言い訳にもならない言葉を並べるようでは、その時点で首相は責任を放棄していると言えます。

 同時に小沢幹事長も辞任しました。代表・首相が辞任となれば、党の幹事長も辞めるだろうと思っていました。
マスゴミは鳩山氏が小沢幹事長に辞任を迫ったみたいなことを言ってますが、そうだろうか?昨夜まで続投の意思を表明してた首相に「鈴をつけた」のは小沢氏しかあり得ないでしょう。
「俺も辞めるから、あんたも辞めろ」だったと感じますが。

                               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp    鳩山首相首相辞任表明:両院議員総会詳細

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100602mog00m010005000c.html

(鳩山発言 一部抜粋)

~社民党より日米をより重視した。けしからん。その気持ちがわからないでもありません。だがどうぞ、社民党さんと協力関係を模索していきながら、今ここはやはり、日米の協力関係をなんとしても維持させていかなければいけないという、この悲痛な思い。ぜひみなさんにもご理解をいただきたいと思っています。私はつまるところ日本の平和、日本人自身でつくりあげていく時を、いつかは求めなければいけないと思っています。アメリカに依存し続ける安全保障、これから50年、100年続けていいとは思いません。そこのところもぜひみなさん、ご理解いただいて、だから鳩山がなんとしても、少しでも、県外にと思ってきた、その思い、ご理解を得られればと思っています。その中に今回の普天間の本質が宿っているとそんなふうに思っています。いつか、私の時代は無理ですが、あなた方の時代に日本の平和を、もっと日本人自身でしっかりとみつめあげていくことができるような、そんな関係を、現在の日米の同盟の重要性はいうまでもありませんが、一方でそのことも模索をしていただきたい。私はその確信の中で、社民党さんを政権離脱に追い込んでしまった。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 >社民党より日米をより重視した。けしからん。その気持ちがわからないでもありません。

【社民党より日米を重視した、けしからん。】
まだ分かっていない、と言わざるを得ませんね。
社民党がどうのこうのなんて・・、それは自らが招いた結果の話です。
沖縄よりも・・、日本国民よりも、アメリカを重視した。そのことを国民は怒っているのです。日本国の首相が国民よりも他国を重視した、その姿勢が許せないということなのだが。

 なにより、官邸の要といわれる官房長官に平野ごときの労組専従上がりで、人の上前をハネルことしか知らない、無能な人間を配した首相に責任があるが、平野官房長官、岡田外務相、北沢防衛相、この連中が最大の戦犯でしょう。鳩山首相が辞めた以上、これらの人間もさっさと辞任するべきだ。

 官僚の手のひらで踊るしか能がない。それぞれが勝手な発言。
支えるべき首相を引きずり降ろしたのは誰あろう、こんな官僚御用達政治家。ひょっとして、岡田あたりはこの事態を待望していたのだろうか。
この連中こそ議員辞職しなくてはならない。

 一部マスゴミなどは、次の首相は菅副総理・財務大臣だろうか、という見立てみたいです。
菅氏も最近は、次は自分の番だと感じていたのか、一切発言をせずに高みの見物をしているように見えました。財務官僚に籠絡されているようだし、この人も変節したように見えるのですけれど。

この後の展開は五里霧中というところでしょうか。

2010年6月 1日 (火)

クールビズの不思議

 今日から6月。
衣替えの季節ということで、このブログもテンプレートを変更いたしました。色調はあまり変えずに、マイナーチェンジといったところです。

 ところで、政局一色で大変な政府与党みたいですが、今日のテレビを見ていると、例の「クールビズ」ですか?首相以下、閣僚みんなカラーシャツを着用っていうことらしく首相も、かりゆしなんて着ていました。(亀井氏除く)

 あれもどうなんでしょうか?前政権からのお約束みたいです。なんで継続するんでしょうかね。
それに格好が良ければまだしも、なんだかパッとしない趣味の方が多いようにお見受けいたしますね。

 ドン小西とか、ピーコに激しくファッションチェックされそうで、こんなところでも批判の種を作らなくても・・と、老婆心ながら心配いたします。
少し前、鳩山首相が「リアル鳩カフェ」で着ていた五色のシャツが如何なものか?とマスゴミが揶揄していました。
自慢じゃありませんが(自慢してるし)、拙ブログをよく見ていただいてる方はご存知かもしれません。4月5日のエントリーできっちりチェックしていました。

 ところで、いつも不思議に思うのですが、クールビズって暑い夏を乗り切るためにスーツ・ネクタイをやめて、適切な設定温度の空調で電気使用量の無駄遣いを改め、それが温暖化防止の一助になるという目的のものだと・・。

 だけど、毎年見てるとそのうちに政治家さん(に限らず一般人もそうですが)はノーネクタイの長袖シャツにスーツの上着を着用するのですね。
あれはどうなのか?暑いでしょ、あれは。
私は半袖シャツにネクタイしますけども。
それでも暑いのに。

【ネクタイ外すより上着脱げよ】と、毎年つっ込んでいるんですが。「クール」でもなんでも無いと思うのは私だけでしょうかね。

 

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »