フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 日曜日なんで、散髪屋の待合で話すような記事(床屋政談) | トップページ | 自身の説明責任は一切無視するマスゴミがまたもやヨタ記事か? »

2010年5月13日 (木)

ドライブ雑談

 私事で10日から三日間、実家のある鹿児島に行ってきた。
高速代をケチる意味で、国道利用の自動車一人旅。
愛媛から九四フェリーで関サバなどで有名な、佐賀関まで渡り、その後は国道10号線でひたすら鹿児島を目指す、ローカル色豊かな鈍行ドライブ。

 途中、大分・宮崎・鹿児島の県境では今、問題の口蹄疫で畜産関係車両の消毒ポイントがあちらこちらにあり、トラックのタイヤを白い消毒液で洗浄している現場を目にした。畜産農家の混乱は、通りすがりの人間には知る由もないが、これ以上の拡散を防止するうえで重要な作業なんでしょう。防護服に身を包んだ係員が、5月とはいえ、すでに暑ささえ感じる南国で大変だなと感じ入った次第。

 ところで、食事では何故か急に吉●家を食べたくなり、日向市内で牛丼を食べた。しかも朝めし。帰宅後、妻に話すと「朝から、牛丼?!」と、驚愕の声を上げられた。変でしょうかね。久しぶりに食べたかったんですよ、いけませんか。

「ご注文の方、以上で良かったでしょうか」などと言う店員。
変な言葉を使うんじゃない、と胸の奥でツッコミを入れながら、黙ってうなずく。
だけど、こういう全国チェーンは敷居が低いのが良い。どこへいっても同じ。

 その点、個人のお店ではこうはいかない。まず扉を開けると、店主と常連さんが「誰が来たのだ?」という視線を一斉にこちらへ向ける。「あ、いや・・、怪しいもんではありません」というオーラを出しながら、オズオズと入っていくというアンバイだ。

 なかには、店のテーブルで宿題をしている子どもがいたりして。
アットホームで良いんだけど、なんだか他人の家で食べている気分の店も。
家庭的と言えば、店の主人が奥さんらしい人を「それじゃない!何度言ったらわかるんだ!」などと叱りながら料理している店では、こちらもつい謝ってしまいそうで、恐縮しながら食べるのだった。

 ・・で、なんの話でしたっけ。
そうそう、牛丼には紅ショウガに七味唐辛子をフリカケて・・と。
そう言えば、知人にその紅ショウガを大量にトッピングする男がいた。それは最早、牛丼とは言わない。ショウガ丼だ、というほど。牛丼屋にとって、利益率を悪化させる男がいましたが、彼は今も元気だろうか。

 そんなこんなで、やはり牛丼は、男一人でむっつり、ワサワサと。
10分以内でカキコむのが正しい食べ方なのだ。並盛とみそ汁、430円也を支払い、そそくさと出て行く。背中には少しばかりの哀愁をまといながら。

とまあ、そんな雑談でした。

 

« 日曜日なんで、散髪屋の待合で話すような記事(床屋政談) | トップページ | 自身の説明責任は一切無視するマスゴミがまたもやヨタ記事か? »

雑談」カテゴリの記事

コメント

九州のうまいもんの話でも読めるのかなと油断していたら、吉○家の牛丼の話ですか! だまされた! で、何を隠そう肉が見えなくなるくらい紅ショウガを敷き詰めて食うのは私です。注文は「つゆぬき」で。白飯の部分を紅ショウガだけで食ったり、タマネギと紅ショウガの甘辛なコントラストを味わったり、肉+飯+大量紅ショウガを口に運んで鼻をツーンとさせたり、各種ヴァリエーションが楽しめます。それにしても鹿児島に行けば黒豚や旨いものが山ほどあるのに・・・もったいない。

やきとりさん

グダグダ記事に絡んで来られるのは、ヤッパリやきとりさんだけですね(笑)。

牛丼は・・、そうですか「つゆぬき」ですか。ハタ迷惑な客だなあ(笑)。
白飯と紅ショウガは意外とイケるんですね。普段は絶対そんな組み合わせはあり得ないのに、牛丼ではアリなんですねー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/48348219

この記事へのトラックバック一覧です: ドライブ雑談:

» 5/13 ・木曜雑記・ [酔語酔吟 夢がたり]
 ヤマツツジ [続きを読む]

« 日曜日なんで、散髪屋の待合で話すような記事(床屋政談) | トップページ | 自身の説明責任は一切無視するマスゴミがまたもやヨタ記事か? »