フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« イシハラ命名の新党が「たちあがれ」と命令口調なんですが | トップページ | 床屋政談アラカルト »

2010年4月 8日 (木)

オカダさん 政権を担う自覚を持つというのは、官僚の振り付け通りに言うことか

 オカダ外務大臣が社民党の対応に苦言を呈した。
「アレも駄目、これも駄目では・・、与党の自覚を持って欲しい」と偉そうにぬかしたそうですね。
別に社民党を擁護する訳ではないが、それはあんた達が、沖縄県内移設の案しか言わないからでしょうが。
キャンプシュワブ陸上案とホワイトビーチ埋め立て案しか政府からは聞こえないぞ。だったら、「アレも、これもダメ」となるしかないだろ。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com      2010/04/07

岡田克也外相は7日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、社民党が県内移設に反対していることについて「『これはダメ』『あれはダメ』ではなく、共に政権を担うものとして自覚を持ってやっていただくことをぜひ期待したい」と批判した。

 衆院外務委員会で同党の服部良一議員に答えた。同党は沖縄県の勝連半島(うるま市)沖合やキャンプ・シュワブ(名護市など)陸上部への移設案に反対している。岡田氏は「移転先がないということになれば、現状が固定されるリスク(危険)が当然ある。8千人の移転も実現しなくなる」とも述べた。

 一方、社民党の福島瑞穂党首は会見で「内閣、与党の一員として自覚をもって(米領)グアム、テニアンを提案している」と反論した。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 >アレもダメ、これもダメではなくて、政権を担うものとしての自覚・・云々

  だいたいアメリカ側も「地元合意のない案はダメだ」と言ってるにも関わらず、アホのヒラのだとか、このフランケン・オカダだとかが、沖縄の意向を無視した移設先をあっちこっちでベラベラ喋る。そっちの方が「政権を担う自覚がある」とは、とても思えないね。

 基本的にアメリカの軍事施設の基地だし、【沖縄に置いてやっている】ということでしょうが。主権国家としては。
植民地か?日本は(事実上そうなんだろね、いまだに)。
「出て行って」と言うだけだろが。それを沖縄米軍基地の将来を、こうしてああして、などとマメダヌキ・キタザワ防衛相たちが言及するって、凄く変ではないか?キタザワさんよアンタはアメリカの国防省勤務かよ?
それこそ内政干渉に当たると思うけれどね。

 マスゴミが報じるこの陸上案と埋め立て案。私はとても正気の沙汰とは思えないのですね。ありていに言えば自民党の土建利権政策が復活したかのような印象です。今度は徳之島が浮上しています。或いはトカラ列島の「宝島」だとか。

マスゴミが言うことは眉唾だとしても。
政府の動きはあたらずとも遠からず、と言う感じがしてならないのです。

 

« イシハラ命名の新党が「たちあがれ」と命令口調なんですが | トップページ | 床屋政談アラカルト »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/48032206

この記事へのトラックバック一覧です: オカダさん 政権を担う自覚を持つというのは、官僚の振り付け通りに言うことか:

» 4/8 木曜雑記。 [酔語酔吟 夢がたり]
 思いあがり [続きを読む]

» 核拡散&核軍縮 [雑感]
 昨年の今頃は、北朝鮮のテポドンの騒動であった。その後、核実験そして6月には中距離ミサイルの発射準備の話と繋がり、国連安保理では、北朝鮮に対する制裁決議を採択するための協議が行われたのであった。 昨年も、国連安保理での厳しい制裁に対し、中国は疑問視をし採択に時間を要している。 今年は、6日にオバマ大統領が「核戦略見直し(NPR)」で、核兵器の拡散防止を最優先に掲げている。しかし、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の5つの国は、「合法的に」核兵器を保有している。 国際社会は核兵器を持つ国がこれ... [続きを読む]

» やまとんちゅう @ ラ・ターシュに魅せられて [木霊の宿る町]
政治ネタがでてくるブログ(ラ・ターシュに魅せられて、カーリング漬け、曇りときどきパリ)をリンクしてから、木霊の宿ではなるべく政治ネタをとりあげないようにと自制している。政治板への投稿も少なくなっていて四月に入ってからはROMに徹している。昨日久し振りに の4月9日記事に投稿した。http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-date-20100409.html 「ラ・ターシュに魅せられて」は永田町界隈のニンゲン像をおもしろおかしく描く記事が多いのだが、この日は沖縄問題... [続きを読む]

» 林雨 第五十二回 ウォルフレン論文 [木霊の宿る町]
この論文の要旨を書いたものの、長いし、読みにくい日本語だと反省しています。もっと短く、そしてもっとリズム感のある日本語を心掛けて書いたものを4月15日の記事に載せることにしました。 | おのま | 2010/04/16 4:43 AM | http://onomar.jugem.jp/?day=20100327林雨 第五十二回 ウォルフレン論文 小野冬生 http://www.japancanadajournal.com/nbsp;nbsp;nbsp;&... [続きを読む]

« イシハラ命名の新党が「たちあがれ」と命令口調なんですが | トップページ | 床屋政談アラカルト »