フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« トヨタ自動車が厳しい状況で「ザマア」って思ってしまうね、悪いけど | トップページ | 機密費公表に意欲って、初めっからやれよな »

2010年3月 4日 (木)

デフレ時代の花 PBブランド「第3のビール」についての一考察(笑)

 そろそろ暖かくなりまして、ビールがうまい季節へと進んでいきます。仕事の後の一杯目のビールは、ホントたまりませんねー。
喉を冷え冷えビールが通過するときの感覚は「あー生きてて良かった~」と本心から思える一瞬で有りますな。「つまみは何でもいい!美味ければ」、と当たり前のことを、少々逆上気味に語ってしまいます。

 夏はきっぱり、ビールである、と断言してしまっている私は、たまにチュウハイを飲む程度で、ほとんど春先からビールで通してしまう。
ところが貧が鈍している我が家では本物のビールのご尊顔は、正月や客が来たときなど、年に数回拝める程度でして、だいたいが「第3のビール」でありまして。トホホなんですな。

 少し前迄は、キリン「のどごし生」だったが、最近はアサヒの「クリアアサヒ」を飲んでまして。ま、一社に独占状態にならないよう、我が家なりに独禁法などにも気を使っている次第です(笑)。プレゼントキャンペーンで小さいラベルがある時は、もちろんメーカーに拘りませんね。今はアサヒを集めていまして、クリアアサヒ6本パックを狙っていますぞ。
ま、ようは味にそんなに差がないというのが大きいのですが。

 ところで、大手スーパーなどのPB商品で第3のビールが出ていたのですが、かなり格安で、イオンの「トップバリュ麦の薫り」とかは一本100円だったので「大助かり!」と喜んでいたのに、あまり流通がないのですね。今まで一度か二度購入して飲んだ程度で、その後店頭では見なくなりました。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ダイヤモンドオンライン

昨年の夏、100円ビール類の登場に小売り市場がわいた。

 イオンとセブン&アイ・ホールディングスの大手小売り2社が、“第3のビール”のプライベートブランド(PB)商品を7月24日の同日に発売したためだ。両社共に生産はサントリー。国内メーカー製造によるビール類のPB登場は初めてだった。

 ところが、イオンの「トップバリュ 麦の薫り」は、わずか半年で店頭から姿を消すことになった。当初の販売目標は年間3000万本(125万ケース)としていたが、初回生産分の26万ケースで、12月に生産を終了したのだ。

 一方のセブン&アイの「THE BREW ノドごしスッキリ」は、今年2月までに70万ケースを販売し、今後も生産・販売を継続する予定だ。イトーヨーカ堂などスーパーに加え、セブン&アイ傘下のコンビニエンスストア・セブン-イレブン全国1万2000店の販売力によるところが大きい。

 さらに、両商品に命運の違いをもたらした要因は価格設定にあったようだ。イオンの「麦の薫り」は350ミリリットル缶が1本100円での販売。これに対して、セブン&アイの「THE BREW」は、初回投入分限定で6本パックは600円だったが、1本での販売は123円だ。

 価格決定権は、小売りにあるとはいえ、「かなりインパクトがある」(ビールメーカー)という単缶100円の販売価格は、メーカーからすると他の小売りとの関係に影響を及ぼしかねない。当初からあった価格や売り方に対するイオンとサントリー両者の思惑の違いは最後まで解消されなかったと見られる。イオンは販売終了について「あくまでも商品戦略上の判断」という。

 鳴り物入りの投入で世間の注目を集め、ライバル、セブンと火花を散らした割にはあっけない幕引きとなった。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 うーんそうか、そんな事情があったんですな。
うちの近所はイオン系しかなくて、西日本に展開していないイトーヨーカ堂のスーパーは無いんです。従って「THE BREW」ってのは見たことがないのです。やはり一本100円は魅力なんですが、いろいろと販売側とメーカーとの駆け引きなどがあるんでしょうね。

 もう少し頑張って、出し続けて欲しかったなあ。
でも、国と同じで、我が家のデフレ状態もなかなか抜け出せませんな。

« トヨタ自動車が厳しい状況で「ザマア」って思ってしまうね、悪いけど | トップページ | 機密費公表に意欲って、初めっからやれよな »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、こんばんは。
我が家はサッポロ生とホップの6本パック635円を飲んでます まあ、我が家と言っても一人暮らしですがhappy01
外で飲むときは気にせずタラフク飲むのに、家ではスーパードライすら飲めません。つーか何故か手が出ない(^_^;) ここ何年かで100円ショップに行く回数も増えました。100円パンツも普通に履いております。なんか、この当たり前が怖いですね(*^_^*)

さとしさん、どうもです。

今日も今日とて、第3のビールです、なう。

いま、「なう」というのが流行りなんですかね。

なうがナウイ(死語)。「なう」だとOKで「ナウイ」だと何故ダサいんだろ。語源は同じなのに。

イが付くだけでイガイね、なんて。

somethingさん、我々中年は「ナウイ」でOKなのでは?! 若い方にダサいと言われたのですか? 若い人たちだって我々の年代になればダサいと言われる身になるわけだから気にしなくていいですよ。ある意味この世のサイクルですから(=^▽^=)

さとしさん

ナウイ中年、みんな飲んでる第3のビール。
紳士淑女の必需品。今宵、素敵なあなたのお楽しみ。
のどごしスカッと、男の世界、う~んマンダム。
さあ、飲もうぜ!レッツ、ジョイン!

うー、昭和くさいコピーだ。

somethingさん、こんにちは。
携帯マグに日本酒を入れて野球観戦に行く誰かさんが「ナウ」に感じる今日この頃ですsmile ヒントは公約破りが売り物のあのブロガーです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/47724017

この記事へのトラックバック一覧です: デフレ時代の花 PBブランド「第3のビール」についての一考察(笑):

« トヨタ自動車が厳しい状況で「ザマア」って思ってしまうね、悪いけど | トップページ | 機密費公表に意欲って、初めっからやれよな »