フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 魚肉ソーセージで飲む | トップページ | ポッポ弟 離党届出す 自民ホーカイか »

2010年3月14日 (日)

ホワイトデーとか、みんなお返し好きですね

 今日3月14日は誰が決めたかホワイトデー。全く埒外のオヤジはななめ50度下からのヒガミ光線を発するのだった。
たんまりチョコレートを貰ったモテ男はお返しに頭を悩ましていることだろう。嬉しい悲鳴か知らないが、予算と品物を何するかとせいぜい苦しめばいいのだ。返す刀で女性も切るのだった。「ワタシィ~、ホワイトデーには何々が欲しいの~」とか、「金額はいくら以上よ」とか言わない。

無償の愛に生きなさい。

 ところでホワイトデーなるもの、欧米では存在しないそうで、暇なので調べてみた。「お返し」文化のある日本独特のものみたい。バレンタインデーが定着するに従って、お返しをするようにしては如何かと、77年に福岡の「石村萬盛堂」というところが提唱したそう。それ以降、80年には全国飴菓子工業協同組合が「愛に応えるホワイトデーキャンペーン」を始めたそうだ。

・・・やはり。
チョコレートだけでは飽き足らず、あくまでも売り上げ増をたくらむ菓子業界の深謀遠慮であったか。
まあ、こんなにも「お返し」の好きな国はないのではないかと思うぐらいで本当にみんなお返しが好きだ。そこにつけ込む製菓業界と「全日本なんとしてもお返しをしなければ恥でございますわよ世話人の会」(そんなもんありません)が結託しているんだろう。 

 以前聞いて、へえ、と思った話だが、病気で入院していた人がお見舞いを頂いた。幸い全快して退院したので、お返しとして快気祝いを送った。ここまではよくある話で。ところが「内祝い」である、快気祝いを貰った人が「お返しのお返しを」と・・。お店の人に「こんな場合の『のし』の表書きは?」と訊くそうで、困った店員は「御礼で良いんじゃないのでしょうか」
それじゃ、エンドレスだろう。「お返しのお返し」とでも書いとけば。

 もうひとつ。転勤や退職などで同僚、友人から「餞別」を頂いた。それに対して「お返し」をしたい人たちがいるそうで。
私の感覚では御餞別とは「お別れに際してみんなの気持ちです」という意味であろう。それにお返しをする、ということは「してはいけなかったのか?」ということに繋がると思うのだが。

もっと言えば「てめえ、餞別して悪かったのか?」「おうよ、俺を追い出して、オメエらせいせいしたんだろう」と思わず騒動の種に・・。老婆心だろうけれども、そんなことも危惧するのだった。

 調べるとやはり、餞別にお返しは必要ないとのことで、餞別のお返しはしない方が無難であろう。どうしてもお礼がしたいという向きには手紙で礼状でも書けばいいとの事。

なんにしろ、昔からタダほど高いものはないと言われる所以か。

 

« 魚肉ソーセージで飲む | トップページ | ポッポ弟 離党届出す 自民ホーカイか »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/47808467

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトデーとか、みんなお返し好きですね:

« 魚肉ソーセージで飲む | トップページ | ポッポ弟 離党届出す 自民ホーカイか »