フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

新型インフルエンザ ワクチン30億円分の廃棄と去年の大騒ぎ

 去年の春頃から豚由来の新型インフルエンザが大流行。WHOが「フェーズ5と認定」だとかって初めて耳にする(私です)言葉を、さもみんなワタシャ今まで知ってましたよ、てな風でして。
しまいにゃ、パンデミックって何?と、これまた初めて聞きましたけれど・・と、戸惑っている人間(私です)を無視して「バカヤロ、とにかく大変なんだよ」と大騒ぎしたのは記憶に新しい。そして、マスゴミがメキシコでは死者が何人出たとか毎日のように国民の不安煽りまくり。

 この騒動にのらない手はない、「目立つのは今ですぞ!大臣!国民に信頼感を植え付けるチャンスです!」と官僚の振り付けがあったのか、厚労大臣様が夜中にわざわざ記者会見を開き、血走りマナコで「国民の冷静な対応をお願いしたい!」と口角泡を飛ばして喚き散らすのを、これまたマスゴミが当時のクサレ自公政権の凋落を隠す意味合いもあったのだろう、新聞テレビで連日連夜たれ流し。

 おのれが一番冷静になれよとつっ込まれながらも、当時の厚労相・マスゾエネズミ男が「水際で新型インフルエンザの侵入を防ぐ!」と大見えを切って、空港での機内感染調査とサーモグラフィーで帰国者をチェック。修学旅行の高校生の罹患が判明して空港で隔離、足止め。なかにはその高校を罵るバカ者も出る始末。
そうしていくうちに、不安に駆られて従順で大人しい(バカな)国民はいつの間にか、街を歩く人すべて全員がマスク姿の近未来SF小説状態に陥ったのですね。

それが去年ね・・。

そして今年です。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信  2010/03/31

234万回分廃棄の見通し 輸入の新型ワクチン

新型インフルエンザの輸入ワクチンのうち、2月上旬に国内出荷予定だったスイスのノバルティス社製234万回(約30億円)分が31日、使われぬまま使用期限を迎え、廃棄される見通しとなった。

 厚生労働省によると、同社製ワクチンの使用期限は製造から6カ月。今後も使用されなければ、期限が切れ、廃棄されるワクチンの量はさらに増えるとみられる。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 使われないまま、廃棄処分と・・。

 なんと申しましょうか。そりゃ「新型」だからどんな脅威があるのか分からないということもあるでしょう。どんな事態にも対応しなければ、ということもあるでしょうがねぇ・・。
そして、この新型インフルエンザで不幸にもお亡くなりになった方もいらっしゃるけれど。毎年流行する季節性のインフルエンザでもお亡くなりになる人はいるし。

 杞憂というか、あれほど驚天動地の大騒ぎをする必要があったのかどうか?と。アホマスゴミはこの件も検証してほしいね。マスゴミと政治家と官僚の猿芝居だったのかと疑いたくなる。オラ、マスゾエ、なんとか言えってなもんですね。

それに、去年にはこんな記事もありました。拙ブログのエントリから引用します。             

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日刊ゲンダイ   2009/08/25

「政府からのお知らせです」

 仏頂面の麻生首相がこう呼びかける新型インフルエンザ対策のCMが、19日から流れ始めた。首相が登場する政府広報スポットCMは、愛知万博を宣伝した小泉以来というレアケース。それも解散・総選挙直前のこの時期だ。政府広報というより、まるで自民党の選挙運動である。

 内閣府は、「麻生首相自身、新型インフルエンザ対策本部長を務めており、国民に直接メッセージを発する必要があると考えた」と説明するが、会見で十分だろう。一日中流す必要があるのか。費用は政府広報の年間予算(3億円程度)の範囲内でまかなうというが、税金で選挙運動は許されない。不況で民間企業のCM出稿が減っている民放テレビ局にとって、正規料金でCMを出してくれる政府はオイシイ客だ。首相自らのCM出演は、選挙目当てのマスコミ懐柔策じゃないのか、とすら疑いたくなる。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 去年の8月・選挙前、このインフルエンザにかこつけて、時のアホウ総理がインフルエンザ特需?税金で選挙運動?みたいな。これも3億円もの予算です。このスポットCMでマスゴミも利益享受していたみたいですな。

 やはり思うのは、マスゴミの幼稚な報道ですな。何でもいいんですよ、新聞が売れて視聴率が取れれば。言論機関だとか、権力の監視だとか関係なしです。マスゴミは単なる営利企業だということが、改めてよく分かる事例です。

2010年3月30日 (火)

阿久根市市長が掴み合い

 このあいだも取り上げたのだが、鹿児島県阿久根市のタケハラとかいう変人市長が相も変わらず暴れ回っています。
マスゴミがいるからという理由で市議会に出なかったり、遅刻したり。

竹原信一(Wikipedia)

 昨日は掴み合いも演じたそうで、いったいぜんたい何を考えて生きているのか常人には理解不能。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

西日本新聞   2010/03/30

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対立している市議12人が29日夜、同市脇本地区で議会報告会を開いたところ、市民約100人に加えて竹原市長も参加、怒号の中、市長と市議がつかみ合い寸前になる事態となった。

 報告会は、市長の議会への出席拒否や新年度予算の修正経緯などを説明する目的で、同日から市内5地区で開催する。

 初日は途中で、竹原市長が挙手して発言が許され「議会は私を不信任のまま」「この人たちは市政に参加させない」と持論を述べると、会場は「市長辞めろ」「話は最後まで聞け」と非難の応酬に。報告会終了後、市議が市長に「自ら辞職しなさい」と詰め寄り、市長が市議の腕をつかもうとして市民が止める場面もあった。

 竹原市長は「議員がうそをつくと思って出てきた」と述べた。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 さらに去年、庁舎内の掲示板に張り出した人件費総額表示の紙をはがしたとのことで、懲戒免職にした元係長の未払い給与の支払いを、裁判所から命じられているにも拘らず支払いを拒否している問題でも告発され、市の口座も差し押さえられるという異常事態です。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/162047

 まあ、なんでしょうか、ファシストと言っても差し支えないのではないかという感じ。公務員を叩けば「カイカク派」と思っている節がありますね。

 このタケハラ市長、何を企んでいるんでしょうか、世界セイフクでも・・(笑)。ブログ市長と言われ、数々の自説を披露していますね。ともかく、自治体の長に相応しくないことは確実でしょう。

 しかし、この市長に投票した多くの市民が誹りを受けても仕方がないような事態。選挙時には、お互いよく人物を見て投票したいもんですが・・。

 でも、選挙の時は名前の連呼だけだからなー、実際分からんわな、どんな奴か。国会議員も変なのが多いですしねぇ。

2010年3月29日 (月)

政府・与党は言論の自由があるか否や そこんとこ矛盾なく説明してくれよなマスゴミ

 なんだか郵政改革法案、郵貯の「預入限度額引き上げ」などを巡って、亀井さんと菅さん金融、財務デージンの「言った、言わない」で、テレビ番組(サンプロ)で水かけ論をしたってマスゴミ、野党、大喜びで朝っぱらからカシマシイことこの上ない。
まあ~、決してレベルの高い話でないことは間違いないけれど。

 コイズミのバカ息子が「自由がない民主党、自由がある自由民主党」とエンドレスでリツイートしているのと同じで、アホマスゴミも「ウブカタ何某」が党執行部・小沢批判を繰り返した時には「言論封殺!言論の自由がない民主党」と小躍り状態で批判していたくせに、ですよ。

 今度は、閣内混乱、内閣不一致!閣僚がバラバラ、てんで勝手な意見で収拾がつかない!!と批判いたしますです(笑)。そこでネトウヨ御用達3K新聞などが、“閣”分裂と書き立てる、著しい自家撞着のアホぶり。
マスゴミに勤務している輩の脳ミソは腐っているんだろ。記憶喪失にでもかかっているのだろうか。それとも三歩歩けば言ったことを忘れる、かなり都合のよい脳ミソの構造みたいでして。これこそが批判のための批判というやつでしょうな。

 民主党・ウブカタ何某が執行部批判した時には「言論の自由」がないというならば、閣僚が色んな事を自由闊達にモノを言ってるんでしょ。それこそ「言論の自由」があり過ぎるぐらいだし(笑)、言論封殺されていないと思うけれども?私はあまりのことに、素早く逆上して「このヤロー!リングに上がって来い!」とプロレスみたいにマイクパフォーマンスでもしたくなる。

 まあ、要するに何でもいいんだ。
政府と民主党を貶めるのが目的でして、倒閣運動でしょう。

 ところで、コイズミカイカクで郵政民営化が言われ出した頃、時の全銀協会長・瞬間湯沸かし器の西川は郵政民営化するなんて「民業圧迫だ、断固反対だ」と言ってたかと記憶しています。ところがタケナカに鼻薬を嗅がされ、後にちゃっかり民営化後の郵政の社長に納まっていたんですね。

 私も決して亀井さんを全面的に支持しないけれど。オカシイものはオカシイと考えるのです。矛盾してるじゃん、ということで。
今度はマスゴミや財務官僚に取り込まれたか?菅さんなども、亀井さんが郵政改革で限度額引き上げを言うとマスゴミとともに「官の肥大化、民業圧迫だ」となる訳で。結局、郵政は民営化しても「民業圧迫」で、国の管理下においても「民業圧迫」だとなる。つまり、細かいことは抜きにして、どちらにしても「民業圧迫」なんでしょうな。

 銀行は貸し渋りや貸しはがしをして、銀行業務を放棄してるかのような事態で保身ばかり追求してるくせに、民業圧迫とは片腹痛いわ。エラそうに言うんだったら法人税払ってから言えってなもんです。

 最後に、期待した菅財務大臣も財務官僚に取り込まれたかもしれませんね。次の発言はどうとらえればいいのでしょうか。
「自民党の考え方は私たちと基本的に共通している・・、」ですか。

日経新聞

財政健全化法案「自民と考え共通」 財務相や戦略相発言

菅直人副総理・財務相は、財政再建の道筋などの法制化について「自民党の考え方は基本的には私たちと共通している」と述べた。政府が今国会への提出を検討している「財政健全化法案」に、自民党がすでに参院に提出している「財政健全化責任法案」の内容を盛り込む意向を示したものだ。

2010年3月28日 (日)

なくなって良かったもの、よくないもの

 もちろん私は見なかったけれど「サンデープロジェクト」などという偏向番組が今日最終回を迎えたそうで、トットと終われということです。
日和見偏向自民献金のタハラソーイチローのガマガエル顔を見なくなって久しい。最近では浅非新聞の星のニヤニヤ笑いが腹立つとか言われているみたいですね。電波芸者の報道ならぬ、誘導番組は消えて無くなって当然。

 消えて欲しいものがある一方『JANJANニュース』が休刊になるという残念なお知らせもあり。
3月31日を持って暫時休刊とのこと。

http://www.janjannews.jp/archives/2744447.html

『JANJAN』休刊のお知らせ

インターネット新聞『JANJAN』、『ザ・選挙~JANJAN全国政治家データベース』など一連の弊社サイトは、3月31日をもって暫時休刊することになりました。ここに謹んでお知らせ致しますとともに、2003年2月の創刊から今日まで、ご執筆、ご愛読、ご協力いただきました多くの皆さまに、深く感謝申し上げます。

 暫時休刊の理由は次ぎの3点です。

 第1は、急激な広告収入の落ち込みにより社業を支えるだけの収入の見通しが立たなくなったことです。弊社の事業にご理解をいただける広告主を探しておりますが、この不況下でいまのところは困難を極めており、明確な見通しが立つまでの間は休業すべきと判断致しました。

 第2は、IT技術の急速な発展を見せる中で、BlogやSNS、Twitterが普及する以前から創り上げてきた弊社のWebサイトシステムは技術的に少々時代遅れになりました。新しい技術を取り入れたシステムに更新する必要があり、そのためには、この際、ひと休みして新たな構想を練る時間を取りたいと考えるに至りました。

 第3は、インターネット新聞『JANJAN』は、官情報頼り、上から目線、一方通行型の既成のマスコミに刺激を与えるため、ごく普通の市民が記者になってニュースを書くというインターネット時代にふさわしい市民メディアの創造に挑戦しましたが、このところマスコミ側も市民の投稿やブログとの連携を重視する傾向が顕著になってきました。また、弊社をはじめ既存マスコミに属さない報道関係者が長年主張してきた中央省庁の記者クラブの開放も民主党政権の下で徐々に進んできました。こうした点からみて、弊社の所期の目的はひとまずは達成されたと得心しております。

(中略)

2010年3月1日
日本インターネット新聞株式会社
代表取締役社長・竹内謙

 JANJANでは、さとうしゅういち氏とか田中龍作氏を知り、いろいろ貴重な情報を得ました。休刊は非常に残念。

(拙ブログのお気に入りリンクも外しました)

2010年3月27日 (土)

官邸記者会見のオープン化 いささか遅きに失した感ありですが

 官邸記者会見のオープン化の第一歩が昨日開かれたようです。
これが、陸山会土地取引問題でマスゴミネガキャンの最中なら、あの酷い偏向捏造洗脳報道も違った展開になっていたかもしれないのに。それもこれも官邸の問題意識の欠如、先送りの結果でしょうね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信    2010/03/26

共同通信社など日本新聞協会加盟社でつくる内閣記者会は26日、官邸で主催する鳩山由紀夫首相の記者会見をフリーランスやインターネットメディアなどの記者に開放して実施した。首相会見のオープン化は初めてで、首相も「開かれた会見への第一歩を踏み出した」と意義を強調した。

 参加したのは、事前登録した33人(カメラマン含む)で、うち4人が質問。一部にとどまっている閣僚会見のオープン化についての見解をただしたほか、1人は平野博文官房長官に「調整能力がない」として、交代を求めた。

 首相は「国民に開かれた内閣の姿を示す必要がある」として、全閣僚にオープン化を促す考えを表明、平野氏については「大変頑張っている」と述べた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「内閣記者会が~解放して実施した」と、上から目線なのは内閣記者会が主催者だからという理由だろうけれども。
記者クラブが主催というのは権力側が都合のいい情報しか流さないのを防ぐためだとか。ところがマスゴミが報道裁量権を盾に恣意的な編集している今、マスゴミそのものが「しらしむべからず」の権力機構と同じでしょうが。

 『主催者』といいながら国の施設で、国の設備や光熱費を利用させて貰い、国民の税金を「浪費」しながら国民を欺き、自らの既得権益を守る談合組織がエラそうに言うもんです。

 記者クラブ側は95席、フリーや雑誌、ネットなどの記者にはたった18席だったそうで、まだまだ改善しなければならないということでしょうね。「説明責任」を喚くばかりで、官僚お手盛り、検察などのリーク情報などの会見を許しながら、鋭いつっ込んだ質問もできない大手マスゴミはフリーランスの小気味の良い質問の足元にも及ばない。そんな御用メディアは、いずれ消えて行くんでしょう。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.janjannews.jp/archives/2946656.html

(JANJANニュース   田中龍作氏)

筆者は官邸の調整能力のなさを指摘した。普天間、郵政などをめぐって鳩山内閣が迷走するのは、官邸が機能していないからだ。「個人の能力を超えたことを平野官房長官に求めるのは酷だし、国民にとってはもっと悲劇だ。平野官房長官をチェンジすることは選択枝にないのか?」と首相に質した。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 個人的に気になる内容としては、田中龍作氏の鋭く納得できる質問に対するポッポ首相の答えが、上記共同通信にあるように、ヒラの官房長官は「大変頑張っている」という大変緩いものだった、と田中氏も書いています。

 ヒラの官房長官がゴミウリあたりの横やりにビビってしまい、官邸の記者会見が開かれなかったそうですが、個人の能力を超えている官房長官を、「大変頑張っている」などの言葉でお茶を濁そうとする総理はやはりユルいと言われてしまうあたりが、しみじみと情けないのですな。

2010年3月26日 (金)

だから、ゴミウリごときに「愚弄してる」とか言われるのだ

 ゴミウリ新聞が本音では沖縄の事なんか、これっぽっちも忖度していないくせに、鳩山政権を攻撃する材料ならなんでも正義の味方のフリでもしまっせ、とばかり普天間基地移設の問題で政府のグダグダぶりを大喜びで叩きます。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20091215-481540/news/20100326-OYT1T00135.htm

主催者側が「鳩山総理は『最低でも県外』と表明した。沖縄を愚弄する政治に怒りをもって抗議する」との決議案を力を込めて読み上げると、満場の拍手で採択した。住民の女性代表、青年代表たちが埋め立て反対を訴えるメッセージを読み上げるたび、「そうだ」などのかけ声とともに大きな歓声が起きた。  政党代表として来場した民主党沖縄県連の新垣安弘幹事長は、壇上でメッセージを読み上げる番が回って来ると、「民主党への怒りがわき上がっていると思う。本当に申し訳ない」とおわびするしかなかった。  県連の議員団は24日、平野官房長官と面談し、県内移設反対を訴えたばかり。メンバーだった地元選出の山内末子県議は「辺野古に反対しながら、同じ海を埋め立てる案なんて自公政権より悪い。なぜ県外移設に本気で取り組んでくれないのか」と唇をかんだ。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ま、確かに。

 愚弄していると言っていいほどのグダグダの政府の対応です。ゴミウリごときに突っ込まれる鳩山政権が悪いのは当たり前です。まあ、捏造お得意のマスゴミ報道を全て鵜呑みをするのは危険だとも思う。
だがしかし、色んな記事を見ても、ネットの情報を総合して判断しても、およそ、その報道が当たらずとも、遠からずという感じ。

 だいたいが「基地移設の検討委員会の関係閣僚」が無能・ヒラの、フランケン・オカダ、豆タヌキ・キタザワの【官僚の言いなり組】でどんな基地移設が検討されるというのだろうか。県内移設ありきの話に終始するのは日の目を見るより明らかでしょうな。

 それにポッポ総理はなんだろ。思いつきで言ってるのか「政府案は一つにまとまっていなければいけない。3月いっぱいをめどにまとめる努力をしている」と言ったとか。
そんなことを言いながら一方で(お得意のフレーズ)沖縄県とアメリカに2案を正式伝達と言うニュースも流れている。

 一つにまとまっていなければ・・と言いながら2案を伝達って、アホオヤジの私にも分かるように言ってくれよな。
どう考えても思いつきとしか言えないような発言だろが。その半笑いのような顔を見てるとイライラが募るんだよ。
こんな報道がいくらマスゴミとはいえ、ポッポの発言はぶら下がりでだいたい確認できるから、ほぼ間違いない。

それで、政治とカネについて問われたポッポはこう言い放ったそうで。

「『鳩山辞めろ』と言う声を多くの方々から頂けば、当然、私自身かんがみる必要がある」と述べたそうです。

 そんなこんなで、本音はもう辞めたいんじゃないの?と言わざるを得ないのが悲しいですな。

2010年3月25日 (木)

国務に専念しろっていうことです

 組織にいると色んな人間がいるわけですから、なかには気にくわない奴だとか性分の合わない人などが必ずいるし、特にそれが上司だったり会社の実力者に対して文句の一つも言いたいときはあるでしょうね。そりゃ人間だから当然でしょう。

 政治家は個人の集まりですが、政党というものに属した以上、言論の自由というものも担保にしなくてはいけないけれども、政党の綱領だとか規律なんてものがあるんでしょうし。
勤め人なら居酒屋で上司の悪口を言いまくり、酒飲んでクダを巻くというのも有りだろうと思うし、それがストレスの発散にもなる時もありますよね。

 ところが、個人的な集まりでならそれも許されるかもしれませんが、マスゴミを使って組織や個人の悪口を言いふらす。どう考えても納得できませんね。しかも、野党時代なら誰も相手にしないだろうし、ニュースバリューもないだろう。だけど、今や政権与党だという自覚が無いアホ議員が多すぎるんですね。民主党には。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信    2010/03/25

「閣僚は国務に専念を」と小沢氏 前原氏らをけん制

 民主党の小沢一郎幹事長は25日午後、福岡市で記者会見し、前原誠司国土交通相ら一部閣僚が党運営に批判的な発言をしていることに関し「閣僚は国務に専念すればいいし、党は選挙を中心に党務に全力を尽くすのが挙党一致であり、いい結果を生む」とけん制した。

 生方幸夫副幹事長の解任騒動など党内の不協和音が表面化しているとの指摘には「党全体ではみんなで協力する意識は強固になっている」と反論。「力を合わせれば必ず(参院選で)過半数という目標を達成できる」と強調した。

 参院選で改選数2以上の選挙区に複数候補を擁立する方針については「過半数を確保し政権基盤を安定的にする筋道と大義は、どの県連も十分承知している」と堅持する考えを重ねて強調。「(人選については)一方的に党本部で決めるつもりはない」とも述べた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

小沢氏の言うことが正論ですね。

 まあね、立派に閣僚としての仕事を遂行しているんだったら未だしも口先ばかりのくせに、とっとと仕事しろということですね。「口が動くと手がお留守になってるぞ」とよく言われる手合いと同じなのがこのマエハラだとか、エダノ豆男だとかの人間でありますな。
それに、党務だけでも暇な人間もグダグダ言ったりしますね。そんなに暇ならボランティア活動でもしてろ、ということでしょうか。七ブギョウの親分、お花畑肛門ちゃまだとかね。

 後ろから焚きつけて良い気になってるけれど、与党だからマスゴミも相手にするんだということが分かっているのだろうか。そして政治家としてだけじゃなく、人間としても疑問符がつくような発言と行動をするアホタレ共ばかり。自分と自分の党の支持率を下げる原因を作るのを「墓穴を掘る」というのが、その空疎なドタマに入っているのか?と言いたいのでありました。

2010年3月24日 (水)

テレビで初めて見たナマ・ウブカタ・ナニガシ

 今やマスゴミの寵児となったウブカタナニガシ。朝早くからテロ朝の「やじプラ」に出演でございまして。このオッサン、どこからがオデコでどこ迄が顔なのか、面長な方ですが。
初めて生生方(ナマウブカタ)(笑)を見てしまいました。
顔を洗う時も頭頂部あたりまで洗うのだろうか、といらぬお節介を焼いてしまいそうなワタクシ。

 それはさておき、テロ朝の三反園が「幹事長会議に出席しないという批判がありますが」とウブカタナニガシに突っ込んだところ、初めこ奴は「出ていますよ」と言いながら次に「どうせすぐに内容がわかるような会議、出なくても昼には伝わりますから」と意味不明と開き直りを吐くようなオッサンですから、タカが知れているという感じですな。

 まあ、こんなオッサン、もうほっとけばいいのです。マスゴミに飽きられたらそれでお終い。文字通りマスゴミのゴミになって消えて行く運命でしょうから。

 ところで、アホのヒラのが官房機密費の一定期間後の公開を示唆したぽっぽ総理に反旗を翻したみたいで、殿を裏からお支えするだけの、無能な奴が初めて反抗しました。ま、これで奴の更迭の時期がいよいよやって来たということでしょうか。

今日はうっとうしい天気でも有りますし、音楽でも・・。

今日はこんなとこです。

2010年3月23日 (火)

なんじゃそら

 前回の記事でヘタレの生方を批判していたら、今日の午後急転直下、副幹事長職の解任を撤回だと言うことらしいんですね。

なんじゃ、そら。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com

民主党は23日、執行部批判を繰り返したとして副幹事長を解任する方針を決めていた生方幸夫衆院議員について、副幹事長を続投させる方針を決めた。小沢一郎幹事長が同日午後、国会内で生方氏と会談。「もう一度やってくれないか」と伝え、生方氏も了承した。副幹事長解任をめぐっては「言論封殺だ」と批判する声が党内外に絶えず、世論へのマイナスイメージを懸念した執行部が方針を変えた。

 23日午後の衆院本会議で、鳩山由紀夫首相は生方氏と会った際、「何とか穏便にできないか考えている」と伝えた。その後、別の副幹事長から生方氏は「続投の方向だ」と伝えられたという。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 浅非はこうです。

>副幹事長解任をめぐっては「言論封殺だ」と批判する声が党内外に絶えず、世論へのマイナスイメージを懸念した執行部が方針を変えた。

「俺たちが言ったからさ。世論に屈したんだぜ」とでも言いたいんかい。

クズマスゴミは地の果てまでも腐っていますな(笑)。

 まあしかし、ヘタレの生方なんか除名すれば良いのに。小沢さんも顔に似合わずお優しい。

で、ヘタレ生方「 「分かりました。私も民主党議員だから断る理由はない」と。

どこまでもヘタレでして。いい歳をした男が一度口に出したんだったら、固辞して離党するでしょ。フツー。

コンジョなしが。

偏向マスゴミの顔色伺うのを止めて毅然としろよ

 ゴミウリ出身のウブカタ某が小沢幹事長を批判したことについて、偏向捏造世論誘導洗脳機関であるマスゴミが「言論封殺、自由にものが言えない民主党」と再度ネガティブキャンペーンを盛んに行っています。
そして、職を解任するなんて民主主義じゃないと喚き散らしています。
じゃ訊きたいのだが。

 例えばこの、ヘタレ議員出身、ゴミウリ新聞の独裁者ナベツネ・クソジジイに対して、役員が「ウチの主筆はアメリカのCIAのスパイでして、日本の富をアメリカに売り渡すのが目的でやっているんですよ」と、ライバルである浅非新聞のインタビューを受ければどうなるんだよ?さぞかし立派な人格者のクソジジイは鷹揚に構えて「おお、自由闊達でよろしい。これぞ言論機関である我が社にふさわしい発言だ。キミに特別ボーナスをあげよう!」とでも言うのか?

 クサレ新聞の頂点を自認しているマスゴミ界の老害がそんなに優しいとはとても思えないね。おそらく、批判した人間にはお日様の下を歩けない事態が待っているんだろよ。

 今日も今日とて、テレビでは朝から鳩山政権の支持率が30%になったと「危険水域です」と盛んに煽り、「政治とかね」が支持率急落の原因だとマッチポンプ報道を繰り返す。
選挙運動での公職選挙法違反で連座制を適用されるであろう、小林千代美議員が責任を取って辞職しないのが党本部からの差し金だろうと憶測をたれ流し。北教組は教師なんだからと、子どもの教育にも悪影響だと清廉潔白聖人君子のコメンテーターが喚き散らす。
さらにここでも小沢幹事長の意向が働いているのでは、と繰り返し、小沢独裁を印象付けるのだ。

 もう、文句を言うのも飽きてくるぐらい、偏向マスゴミには罵詈雑言も尽き果てそうなんですけれどもね。

だけども・・・。
 かたや、去年の衆院選挙では投票もしたし、支持し擁護したいその政権がお坊ちゃま総理のマスゴミの顔色気にしすぎで、毅然とした対応が出来ないグダグダ感満載で。国民との約束反故と先送りの多いこと。

 毎週のように行われている支持率調査の結果をマエハラとかのアホ閣僚は政治とカネが原因だと、マスゴミの手のひらで踊ることしか知らないし。
バラマキだとの批判もあった、税収不足で出来もしないマニフェストを掲げることは無責任だという論理で公約を見直そうということを言いだしたり。

 副大臣の一人が、世界的に見て法人税が高いので税率を下げたいと言いだした。税収不足をいうのであれば法人税を下げて逆進性の高い消費税を上げるというのだろうか?結局自民党と同じようなことを言いだした。マニフェストでは中小企業の法人税を下げる(18%→11%)とは書いてあるけど。今度は大企業も同列かよ。

 じゃ、税収不足で金が無いのなら、金要らずで即実行可能な、例えば取り調べ可視化法案とかクロスオーナーシップの禁止とかすぐ出来そうな法案も先送りだ。

 或いは、2003年、ブッシュが大量破壊兵器あるとウソで始めたイラク侵略戦争を支持する稀代のペテン師、コイズミが憲法の前文の一部までも持ち出して国民を欺いたイラク特措法も憲法違反とは認めずと閣議決定するし。検察は公平な捜査をしていると閣議決定するし。官房機密費も調査する立場にないと言う。

 ま~、この鳩ポッポ政権ですが。
まだ半年だからと、もう少し見てみようという気持ちも分からんではないけれども。このまま期待し続けてもいいのかな、と考え始める次第で。

例えば麻雀で言えば。

「場」には3枚出ている、【ウーピン】を「カンチャン」で待っているような、凡そ上がれそうにない展開ではないだろうかと、そんな場面を想定したりして。
ふと、そんな感じがする最近でありますです。

 

2010年3月21日 (日)

ちょっと知ってた?ポッポ弟東大首席卒業だって

 世間的には三連休のど真ん中です。昨夜は突風が吹いて近所では雷も落ちたようで、春の嵐でした。
ところで今日、朝から暇にあかせてネットを徘徊していると「日刊ゲンダイ」の記事で面白いのを見つけましたのでご紹介いたします。

 崩壊寸前の夜盗、自民党を離党したハトヤマ弟。
誰にも相手にされず淋しい離党後を送っているかのような雰囲気でして。多くの人が「ポッポ弟、バカじゃね?」と思ったことでしょうね。私もそう思った一人ですが。
だけども、そんなアホ男の一人に数えられるクニオちゃん。なかなかのもんでして。偏差値は異常に高いんだそうですな。
いやね、以前からこ奴が「東大出身」だというのは知っていました。でも、この記事にあるように「東大法を首席で卒業」していたとは知りませんでしたな。

 読んだ時は目が丸くなるというか、点になったというか。とにかく唖然としてしまいましたな(笑)。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日刊ゲンダイ

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20100320007/1.htm

結局、舛添にも与謝野にも振られ、たったひとりで離党することになった鳩山邦夫。

 とくに舛添要一は、邦夫のことを「政治家にとって基本は政策だ。新党をつくるとか、誰と組むとか先にやるからおかしくなる!」と、ケチョンケチョン、歯牙にもかけなかった。

 なぜ、舛添はここまで強く連携を拒否したのか。政界では「あの一言がいけなかった」と“珍解説”が飛び交っている。

「与謝野、舛添に連携を呼びかけた鳩山邦夫は、『日本一、頭がいい政治家・与謝野馨、国民の期待度が高い舛添要一』と、語りかけた。舛添は、その一言が許せなかったのではないか、とみられているのです。邦夫と舛添が、東大法の同期生だということはよく知られている。2人は高校時代から、全国模試の上位に名を連ねるライバルだった。もっとも、東大を首席で卒業した邦夫の方が圧倒的に優秀だった。どうやら、負けず嫌いの舛添は、いまだにそのことを気にしているようなのです。そこに邦夫が、『日本一、頭がいい与謝野馨』と言ったものだから、舛添が『やっぱり邦夫は、オレより自分の方が賢いと思っているのか』とカチンときても不思議ではありません」(永田町事情通)

 あまりにもバカらしい話だが、かつて鳩山邦夫は、「頭の良さ」をめぐって東大法の後輩である片山さつきの一言に激怒したことがあるという。

「まだ財務省の役人だった片山さつきが『鳩山先生は高校時代、全国模試で1位、1位、3位、1位だったそうですね』と聞くと、邦夫は自慢そうに『そうだ』と答えた。すると片山さつきが『私は1位、1位、1位、1位でした』と勝ち誇ったように言ったというのです。さすがに邦夫は、あとから『あの女はなんだ!』とカンカンだったといいます」(霞が関関係者)

 こんな連中ばかりでは、自民党が国民からノーを突き付けられるのも当たり前だ。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 しかも、あのネズミ男マスゾエと同級でライバルだったそう(笑)。高校時代の全国模試では1位を何度も取ったというから、驚きを通り越して呆れ果てる(笑)。この記事を読んで、ボンクラのノータリン親父(私)が感じることは、なんだかこの連中、テストのコツ(だけ)を知っていて、得点を稼ぐ能力が異常に突出しているだけなのか?ということでして。

 だって、今度の自民党離党劇でも周りの人間が何をしたいのか読めないと言うほどのおバカぶりのひとり芝居だし。昔の法務大臣時代は自動的に死刑を執行できるような・・云々とか言ったし。それに「私の友人の友人はアルカイダの友人の輪!」とか言ってたし。今度も私のいとこの、はとこの妻の伯母の友人のアルカイダの弟が・・(笑)。坂本龍馬の遠縁だと、得意げに語って坂本家のご子孫が「激怒」したという。トンデモぶりの列挙にはいとまがない。

 なかでも笑ったのは、きっこのブログで「カブトガニ」と喝破された、片山さつきも東大卒で全国模試連続1位だったと言うのでして。

 それはさておき。まあ、言っちゃ悪いがそんなトンデモ野郎がですよ。仮にも日本の最高学府・東大の首席卒業って(笑)。私が東大関係者なら「言わんといて!」と言いたいところですな。
やはり、政治家には東大卒が多いのですね。前から疑問に思っていたんですが、そんなに頭が良いのになんでアホな醜態や意味不明をやらかすんだろ?ということでして。

 宮崎のナカヤマ某とかいう輩は国交大臣に就任して早速、日教組批判して更迭される意味不明をしたし。今まで選挙に投票したことないのに立候補して謝罪した元アナウンサーだとか、イヤミのネチ村もそうだし。もうお亡くなりになったけど、海外で酔っぱらい会見して首になったお人だとか。
みーんな全部「東大卒」です。

 いつもテレビを見ながら思うんだが「東大には裏口入学のシステムがあるのか?」と。それぐらい凡人には想像を絶する感覚の持ち主が多いということなんだろうか。
ま、ノータリン親父のヒガミですけれども。
昔から言いますけど、天才となんとかは紙一重ということでしょうかね。

2010年3月20日 (土)

ヘタレのくせに言論の自由が無いというウブカタ某とかいうアホ

 せっかく暑さ寒さも彼岸までと、春が近づいてきたっていうのに。なんだか知らないが、ウブカタとかいう民主党のアホ議員がこれが俺の生き方だとマスゴミに小沢幹事長の批判。副幹事長の職を解任されたのですね。小沢氏の失脚を待ち望んでいるアホマスゴミはそんな話題に飛びつき「批判すれば解任とは言論封殺だ」と小沢独裁を盛んに喧伝します。

 言論の自由が無いって・・、もうさんざん言ってるし。要するに、マスゴミに注目して貰いたいだけの売名でしょ。ポッポ弟とおなじ。
こんな連中、ポッポ弟もそうだけど。マスゴミの記者に囲まれている時の顔ったら。喜色満面とはこのことを言うんだと思いますね。

 ま、なんと言ってもこのウブカタがヘタレだと思うのは、文句があれば本人にまず言えよ、ということであろう。それをせずにいきなりマスゴミに登場して小沢批判を展開する。
一般生活でもこんな人間が信頼を得るのでしょうか?ワタシャ、こんな奴とは一生口をきかんでしょうね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売新聞  2010/03/20

民主党の生方幸夫衆院議員は20日、千葉県松戸市で街頭演説し、小沢幹事長を批判して副幹事長を解任されることについて、「民主党は、小沢さんが白と決めれば全部白だという政党になってしまった。言論の自由がない政党が、国民の言論の自由を保障できるのか」と執行部の対応を批判した。

 小沢氏の進退については、「国会で(政治資金問題を)説明し、国民の理解が得られなければ、けじめをつけることが大事だ」と述べ、辞任が望ましいとする考えを示した。生方氏は「多くの議員が党内で声を上げないといけない。『処分されるかも』と口をつぐめば、民主党に未来はない」と訴えた。
             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 >処分されるかもと口をつぐめば民主党に未来はない

 お前の未来が無いわ。
そんな恥ずかしいことを街頭で拡声器を使って大声でがなりたてて。感心すらしますですぞ。

 小沢氏の力を恐れていて、直接モノを言えないおのれが一番ヘタレで情けないくせに「言論の自由が無い」とは笑止。
テメエが正しいと思っているんなら、それこそ、直接小沢氏にぶつけるのが大人の男だろうし、選良たる人間の態度だろう。早稲田でて、新聞記者になった頭が良いのかどうか知らないけれど。私に言わせりゃ、そういうのを「アホ」というのだ。

 お前じゃ、話にならん!上の者を出せ!とクレーマーになってしまいそう(笑)。

 上の者ってポッポ総理ですか(笑)。

 ま、所詮ゴミウリ新聞の出身らしいから、どうせ碌でもない奴なんでしょうな。民主党にはクダラン輩の人材は豊富です。
この件でも枝野豆男が、ウオンバットかヌートリアみたいな・・、どちらにしても、げっ歯類の大ネズミ系の顔をして、「直ちに辞めなければならない部分があったかと首をかしげる」とお得意の小沢批判。

 まったくどいつもこいつも。そんなことを言ってるヒマがあるんならさっさと仕事しろよ。問題が山積だろが。内輪ゲンカの分も給料払ってるのかよ?国民は。

訂正:

記事中ウオンバットをげっ歯類(ネズミ目)のような表記がありますが、正しくはウオンバットはカンガルー目だそうです。お詫びして訂正いたします。

 

2010年3月19日 (金)

再度普天間基地移設問題

 普天間基地移設問題を拙ブログが何度も取り上げるのは、鳩山政権の姿勢、本音が問われる問題だと考えています。これを沖縄県内移設なんていう結論にしてしまったら・・。これから起こるであろう政局を危惧してしまうからです。

 最近聞こえてくるのは、もう沖縄しかないと言う首相はじめ閣僚の発言の多さですね。おそらくそういう方向で事態は推移しているんでしょう。そう思って間違いないですね。今日も例のぶら下がりでの鳩山首相の発言です。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com    2010/03/19

鳩山由紀夫首相は19日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について、「県外は難しい」としたうえで「県外というものも当然、沖縄の県民の皆さん方のお気持ちからすれば、望ましいという気持ちを大事にしたい。難しいけれども、がんばっている」と述べ、引き続き県外移設を模索する考えを強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は、同日の参院外交防衛委員会で、岡田克也外相と北沢俊美防衛相が県外移設について「困難」との見方を示したことに対する政府の認識を問われ、「防衛大臣と外務大臣の発言でありますから、(政府も)その認識だと思う」と述べた。

                            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 これとは別に、岡田外相は「選挙で、県外、国外とは言ったけれども、マニフェストには書いてない」とのたまったそうですから。
これなんか、「口ではそう言いましたけど、契約書に書いてませんからそれについては知りません」と居直った悪徳業者に近いモノの言いようであります。言った、言わない、の水かけ論を言わないのが少しだけマシといった程度でありますな。

 さらに、鳩山首相は「県外というものも当然、沖縄の県民の皆さん方のお気持ちからすれば、望ましいという気持ちを大事にしたい。難しいけれども、がんばっている」とまたもや軽い発言。
望ましいという気持ち?そんな言葉があてはまるのか?

 私は沖縄に親戚もいないし、縁もゆかりもない。だいたい旅行でも行ったことが無い。良い所でしょうし、死ぬまでに一度は訪れたい場所ですが。
そんな私でも、沢山の米軍基地に毎日直面している沖縄の人たちの気持ちを考えると「望ましい」なんて言葉は使えないでしょう。

それを言うなら「悲願」であろう。

 一部のブログでは、沖縄県内移設を決定して、内閣総辞職をするのでは・・。という話もあります。

ラ・ターシュに魅せられて

それがもし本当なら、何をかいわんやということでしょう。

2010年3月18日 (木)

民主党の支持率が落ちているのは「政治とカネ」じゃないと思うのは間違いか

 マスゴミ各社が2週間と明けず世論調査を致します。鳩山政権支持率続落、不支持が支持を上回るとか。しかも各社が微妙に日にちをずらしてやるもんだから、見ている方はほとんど毎週やっているような感覚に陥る。
さんざん偏向報道して、その成果を確かめていると言ったアンバイでして。
わざと迷惑をかけて、隣近所がマイッテしまうのを窓のカーテン越しにこっそり眺めるのが無上に大好きという、タチの悪いとなりの住人と云った風情なんですね。

 そんなマスゴミもさることながら。
民主党の「七ぶぎゃう」とかいう連中は「政治とかね?」が支持率下落の要因だと言います。さらに「小沢幹事長はしかるべき時に決断された方が・・」などと暴言を放ちます。ポッポ総理自身もそう言うんだから世話が無いです。ワタクシ的には残念なことに、菅財務大臣までもが「政治とかね?」が響いてると、発言するに至っては情けないこと甚だしいですね。
ハッキリ言わせてもらえば「お前らアホか?」と言うことです。

 昨日、職場のオッサン連中が休憩時間中に政治問題を語っていました。
まあ、私もオッサンですがね。
私は黙って聞くだけでしたが。
政治ネタをブログで書いてます、なんて言ったことない。そもそもブログを書いてるなんて言わないし(笑)。

それはさておき。

 まあ、皆さんの発言を聞いてると、誰も「政治とかね」が許せん!とは決して発言しませんね。
そりゃそうだ。
仮にですよ。小沢幹事長がですね、東京地検の暴走検察官僚が描いたシナリオ通りで、ゼネコンから巨額の裏金を貰い土地を購入して斡旋利得を得ていたとしてもです。いいですか。仮にですよ。

 ありていに言えば、それが何なの?ということです。
だって、自分たち末端の国民には直接影響が無い。そうでしょう?
ポッポがおっかさんから毎月1500万円「子ども手当を貰っていた」としても。市井の人達が言うのは「知らないなんて。そんなに金が有り余っているんなら、ウチへ持ってこい(笑)!使ってやるから」てな事でして。
「バカヤロ」とは思うでしょうがね。

 それよりも皆が言うのは民主党は嘘つきだ、と言うんですね。
今までの自民党と同じじゃないかと。
今度も沖縄に基地を押し付けようとしているし、後期高齢者医療制度もなんだか先送りだし。取り調べ可視化法案も先送りだし。
ガソリンの暫定税率も廃止にならないし、子ども手当もとりあえずみたいだし。今度は高速道路が首都高とか阪神高速の距離別料金導入の検討したりで、結局値上げ部分があるとか。

ようするに。
人間は自分にとって、さらにカネにまつわる政策が不利に働く方が腹が立つし、裏切りだと思うでしょう。もっと言えば詐欺じゃんかよ、という国民の思いに繋がるということが理解できないとしたら。

 そんな国民の気持ちを斟酌できない、偏差値だけは高いけども、結局専門バカでお坊ちゃまのアホな連中は、いずれ国民から見捨てられるんでしょうね。その良い見本が、ドロ船から逃げるように離党者が出ている、腐って自滅している党があるでしょうが。

2010年3月17日 (水)

ソーリ、そんな認識だったんですかね

 今日のネオリベ浅非新聞のネット版で見たんですが。鳩山首相の素顔を良く知る人の人物像なんてのを掲載してまして。
なんかポッポ総理はTwitterの書き込みを通しての反応に「厳しい意見もあるんだ」なんてえことをのたまっているそうでして。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.asahi.com/politics/update/0317/TKY201003160527.html

asahi.com    2010/03/17

人の声は良く聞くが…素顔知る人の首相評

発足から半年で支持率が半減した鳩山政権。人の話はよく聞くが、決断力に欠ける――。首相の素顔を知る人からは、そんな人柄が裏目に出ているとの声があがる。

 「厳しい意見もあるんだ」。広告ディレクターの佐藤尚之さん(48)は最近、鳩山首相が書き込んでいるツイッターへの反応について、首相自身からこんな話を聞いた。

 首相が正月から始めたツイッターやブログは、佐藤さんが昨年秋に勧めた。「情報はトップダウンでなく、生活者が共感しながら発信しあうボトムアップの時代」。首相は「トップダウンは僕も嫌い。やろう」と応じたという。

                ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「厳しい意見もあるんだ」って・・。あのねぇ。無いとでも思っている方がどうかしてる。宇宙人とか宇宙脳などと云われる所以でしょうかな。直接国民の声を聞けるからって始めたTwitterなんでしょうよ。

 それに、こんな首相の人物評。別に「素顔知る人」でなくても、おおよその見当はついてるわい。拙ブログでもこれ位の「人物評」書いてます。しかもこの記事が正しいのだったら、当たりだし(笑)。この広告ディレクターって、誰やねん。まさか便通の社員じゃないだろね。それにそんなこと、改めて言われなくても、当たり前田のクラッカー。お亡くなりになった藤田まことさんの「てなもんや」時代のギャグだけども。クダラン記事を書いてっと、耳の穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタいわしたろか。ということです。

 それよりも、くどいようだけども。
「厳しい意見もあるんだ」って言うような。こんな認識のポッポ総理って・・。
今日の所はこれぐらいにしとくか。

 

2010年3月16日 (火)

アホな離党劇より深刻な普天間問題

 昨日は、クダラン野党の独り相撲か、或いは「いつもの事」と云われて相手にもされないような、ポッポ弟のアホらしいニュースをネタにしました。
案の定、ネズミ男なんかは慎重な姿勢だというし「新党を作るという、話ありきではない」なんていきなりトーンダウンだし、おばあちゃんのイメージをとことん貶めたヨサノなんてのも「お話を伺ってからです」と少し腰が引けてるみたいだし。

 権力がないから右往左往してるんだっていうのがミエミエな「政界再編願望」劇場でしょ。そんな出たり入ったりするおバカな離党劇より、民主党のおバカが普天間基地移設問題でクソバカ発言していますな。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

THE JOURNAL 

(動画付きです)

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/03/post_518.html

長島防衛大臣政務官:普天間基地移設問題 野党時代の「県外・国外」案は修正する

普天間基地の移設先が「当面は沖縄周辺になる結論に至りつつある」と語った。それにともない野党時代の民主党の公約で、「県外・国外」移設案を含んだ「沖縄ビジョン」は修正する方向にあることを示した。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「結論に至りつつある」とか言っていいのか。
この、おもかじイッパーイ!のウヨ男・政務官が決めて良いのでしょうかね。基地移設検討委員会の立派なヒラのカンボー長官殿がいらっしゃるのに。よけい駄目か。国家主権とか沖縄の負担軽減とか、何にもないということでしょうか。だから、アホのヒラノは、「ゼロベース」って繰り返し言ってるのかね。

 去年の暮れには総理がアメリカに辺野古移設を約束したとかいうニュースも流れていたし。もう駄目かもしれないですな。この問題が政権の命運を左右するという意識が全くないようです。
そんなにもアメリカの意向を気にするんなら自民党と同じで。
「米国通帳」でも持っていて、ポイントを貯めているんでしょうかね。

2010年3月15日 (月)

ポッポ弟 離党届出す 自民ホーカイか

 ドロ船が沈みそうだから逃げ出そうということなのか、ネズミ男やヨサノなんかが去年の総裁選挙では立候補しなかったくせに、自分たちが選んだ総裁を批判したりしていますな。そんな中、目立ちたがり屋のポッポ弟が「完全に覚悟が出来ている」と新党を視野に云々、と言ってると思っていれば。今日15日、自民党に離党届を提出したみたいですね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com    2010/03/15

http://www.asahi.com/politics/update/0315/TKY201003150280.html

自民党の鳩山邦夫元総務相は15日、党執行部に離党届を提出した。鳩山氏は党執行部批判を強め、14日のテレビ番組でも、新党構想について、「覚悟は完全にできている。新党は絶対にできる。(5月の)連休前でしょうかね」と語っており、夏の参院選を新党で戦う意向を示していた。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 さすが資産家のおぼっちゃま。「金なら持ってんどー」とばかり行動が早いですね。おっかさんからカネを兄貴よりたくさん貰っていたというから。
「政治とかね?」という、適当感あふれるポッポ弟らしいですね。
結局カネと権力の切れ目が離党のドウキ、息切れなんでしょ。

 だいたい、ヨサノやマスゾエネズミ男は新党を作るカネがない、と云われていて。政党交付金は1月1日の政党要件を似て交付されるもの。だから今は動けないと言われていました。あとはヨサノが乗るかもしれませんが、ネズミ男が動くか、ということなのでしょうか。

 これに対して、みんなの党「自民の中のコップの争い」と取り合わず、と共同通信の講演会で発言したそうで。マスゾエはこっちにひっつくか(笑)。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031501000409.html

共同通信   2010/03/15

みんなの党の渡辺喜美代表は15日、都内で開かれた共同通信の「きさらぎ会」で講演し、自民党の与謝野馨元財務相や鳩山邦夫元総務相らが新党結成に意欲を見せていることに関し「バラバラで、コップの中の争いにしかみえない。線香花火になってしまう」と指摘、批判的な考えを表明した。

(中略)

 講演後、記者団に対し、「与謝野氏とは(政策の違いがあり)一緒にやることはない。鳩山氏よりは舛添要一前厚生労働相の方が近い」などと語った。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 まあ、基本的にどうでも良いことなんですが。離党者が続出で崩壊のカウントダウンが始まったかのような自民党です。
哀れタニガキ総裁。「みんなでやろうぜ」って言っても反抗する人間ばかりで「外に向かって言うのは遺憾だ」というのが精いっぱいでして。ヘタレのカトウの乱の時「あんたが大将なんだから」と、さらにアカンタレビビりのお人だから、なんとなく同情してしまいそう。

 ところで「総裁」っていう名称ですが、権力の座にある時はそれを聞いてもそれなりに違和感なく。でも、権力の座から滑り落ちた今、「自民党総裁」なんていう底抜けにエラソーな語感が、お笑いと若干の涙を誘うのですな。大好きなチャリンコが縁なのか、自民党は借金も119億円ともいわれ、自転車操業を余儀(よぎ)なくされていますね。
サイクリングヨギ。

2010年3月14日 (日)

ホワイトデーとか、みんなお返し好きですね

 今日3月14日は誰が決めたかホワイトデー。全く埒外のオヤジはななめ50度下からのヒガミ光線を発するのだった。
たんまりチョコレートを貰ったモテ男はお返しに頭を悩ましていることだろう。嬉しい悲鳴か知らないが、予算と品物を何するかとせいぜい苦しめばいいのだ。返す刀で女性も切るのだった。「ワタシィ~、ホワイトデーには何々が欲しいの~」とか、「金額はいくら以上よ」とか言わない。

無償の愛に生きなさい。

 ところでホワイトデーなるもの、欧米では存在しないそうで、暇なので調べてみた。「お返し」文化のある日本独特のものみたい。バレンタインデーが定着するに従って、お返しをするようにしては如何かと、77年に福岡の「石村萬盛堂」というところが提唱したそう。それ以降、80年には全国飴菓子工業協同組合が「愛に応えるホワイトデーキャンペーン」を始めたそうだ。

・・・やはり。
チョコレートだけでは飽き足らず、あくまでも売り上げ増をたくらむ菓子業界の深謀遠慮であったか。
まあ、こんなにも「お返し」の好きな国はないのではないかと思うぐらいで本当にみんなお返しが好きだ。そこにつけ込む製菓業界と「全日本なんとしてもお返しをしなければ恥でございますわよ世話人の会」(そんなもんありません)が結託しているんだろう。 

 以前聞いて、へえ、と思った話だが、病気で入院していた人がお見舞いを頂いた。幸い全快して退院したので、お返しとして快気祝いを送った。ここまではよくある話で。ところが「内祝い」である、快気祝いを貰った人が「お返しのお返しを」と・・。お店の人に「こんな場合の『のし』の表書きは?」と訊くそうで、困った店員は「御礼で良いんじゃないのでしょうか」
それじゃ、エンドレスだろう。「お返しのお返し」とでも書いとけば。

 もうひとつ。転勤や退職などで同僚、友人から「餞別」を頂いた。それに対して「お返し」をしたい人たちがいるそうで。
私の感覚では御餞別とは「お別れに際してみんなの気持ちです」という意味であろう。それにお返しをする、ということは「してはいけなかったのか?」ということに繋がると思うのだが。

もっと言えば「てめえ、餞別して悪かったのか?」「おうよ、俺を追い出して、オメエらせいせいしたんだろう」と思わず騒動の種に・・。老婆心だろうけれども、そんなことも危惧するのだった。

 調べるとやはり、餞別にお返しは必要ないとのことで、餞別のお返しはしない方が無難であろう。どうしてもお礼がしたいという向きには手紙で礼状でも書けばいいとの事。

なんにしろ、昔からタダほど高いものはないと言われる所以か。

 

2010年3月13日 (土)

魚肉ソーセージで飲む

 酒飲みというのは、邪魔くさい存在だと世の中の奥様方は思っていることであろう。食事だけをするというのであればカレーライスでも、シチューでもそれで済むのだが、例えば「今日のおかずはシチューよ」と、呑み助のオヤジに言うときっと眉を八の字に曲げて、口角は下方45度に下がってこう言うのである。

「えー、それだけかあ?」本当に世話が焼ける存在である。
今日は夕食が一人。

おかずは肉じゃがだ。これだけでも酒のさかなとしても良いんだが、何か物足りない。冷蔵庫を物色すると魚肉ソーセージがあった。
これでもいいか。

001

これだけだと創作のうねりも芸術性のかけらもない。そこはやはり、ひと手間かけて頂くのが良いんでございますわよ。奥様。

そこでマヨネーズをかけてみた。

003

 

うーん、どうかと思う、という声が聞こえてきそうだが、意外とマヨラーの私は許せる範囲であった。

ようするに何でもいいのである。酒さえ飲めれば。

002

今日は焼酎のお湯割りだ。

ただ、ガキの頃から魚肉ソーセージは好きだったなあと遠くを見つめる。
幼き頃同級生の女の子がソーセージの包装ビニルの皮をむくのをまるで手品でも見るような思いで見た記憶があるのだった。

などとブツブツ言いながら飲むんですね。どちらにしても。

「謙遜と謙譲の音楽」やきとりさんの、「~で飲む」をパクリ・・、いや頂きました。

2010年3月12日 (金)

変な見出しや恣意的な編集をするアホマスゴミ

 密約の連発でございまして。いかに前政権がアメリカの意向を汲んだことをして来たかということ。沖縄の返還密約でもNY連銀に無利子預金をしていたというニュースが流れています。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同   2010/03/12

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031201000780.html

 財務省は12日、1972年の沖縄返還に絡む財政上の日米密約問題をめぐる調査結果を発表した。日米両国の財政当局の交渉に基づき、約5300万ドルを日本政府がニューヨーク連邦準備銀行の口座に無利子で預金したことが判明。日銀も約5千万ドルを無利子預金しており、合わせて1億300万ドルを超える資金が、約26年間にわたり米国に預けられ、事実上放置されていた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 日銀分と合わせて一億ドルを超える巨額の資金が「放置」って。
国というのは国民から徴収した税金は自分のもんだという意識で、どんな使い方をしようが知らせる義務はないとでも思っているんでしょうな。

 ところで、この同じニュースなんですが、niftyサイトのニュースでは見出しがこうなるんです。

       日本政府がNY連銀に無利子預金(共同通信)

 http://news.nifty.com/cs/topics/detail/100312247133/1.htm

 これを目にした時、今の政府がそんな秘密処理をしていたのか?と思ってしまい急いで記事を読んだ次第です。
変ですよね。恣意的なものを感じるのは私だけかな。

 まあ、そりゃあの腐敗独裁政権だった自民党政府も一応政府だったんでしょうから(笑)間違いではないけれども。見出しに大きく政府、としか書かないのは如何なものか。読者に予断を持つように仕向けているとしか思えないですな。見出しだけしか読まない人は「とんでもない民主党鳩山政権だ」と憤慨しつつ、すぐさまテレビ欄でアホ馬鹿バラエティーを検索する・・、そんな人も多いと思いますぞ。

 それはテレビも同じでして。先日のテロ朝のスーパーモーニングで、全国の無駄な98もの飛行場、みたいな特集をしていた。その特集自体はべつにどうこう言うこともない。「こんなにも需要予測のズサンな立て方でどんどん飛行場を作っていったのです」と開港したばかりの茨木空港を批判していたので、それはそれで良いんだが・・。

ところが、コメンテーターが「本当に前政権は無駄なことをしていたんですね」などのコメントいう人が、誰ひとりいなかったように見えました。言わないのか、言わせないのか?

マスゴミ不信に陥ってるので、こんなところにも腹が立ちますな。

2010年3月11日 (木)

前政権の闇を、これからもどんどん公表して欲しいものです

 国民には「知らぬ存ぜぬ」で通し、非核三原則を堅持しています、などと大ウソをついてきたクサレ自民党は、政策立案能力もないし、丸投げをしてきた分官僚の云うがままに振り付けされて国民を欺いてきたのですね。

 今度は外務委員会で、歴代の首相外務官僚を参考人招致しようということらしいですが。

http://www.asahi.com/politics/update/0311/TKY201003110256.html

 官僚の守秘義務を解除してまで切り込もうということらしいですね。ただ、フランケンオカダの姿勢には違和感を禁じ得ないのですが。
しかしまあ、こういう動きをどんどんやって欲しいものですな。だいたい政権交代したら、過去の自民党の悪行三昧が白日の下にさらされると、メチャクチャ期待してたのに、逆にクサレアホマスゴミと暴走検察の、先手必勝作戦で防戦一方じゃないですか。

 今は沖縄返還密約、核持ち込み密約などがマスゴミを賑わしていますが、こんなもんじゃないでしょうね。「激震」なんて言う言葉が躍るような、隠ぺいされた歴史がもっと沢山あると思いますね。

 ところで、政府の官房機密費で、ヒラの官房長官はこの6か月の引き出し額を公表したみたいです。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com   2010/03/11

官房機密費3億6千万円引き出し 民主政権発足後

 平野博文官房長官は10日の衆院内閣委員会で、内閣官房報償費(機密費)について、鳩山内閣が発足した昨年9月から今年2月までの半年間に毎月6千万円、計3億6千万円を国庫から引き出していたことを明らかにした。塩川鉄也氏(共産)の質問に答えた。

 国庫から引き出した機密費を実際にいくら使ったかについては明らかにしなかった。毎月、6千万円を引き出した理由については「必要と思ったから」。使途については「相手様のあること。情報の収集、使い道を明らかにすることで、国益を損なうことはあってはならない」と、公開に否定的な考えを示した。

 鳩山由紀夫首相は4日の参院予算委員会で、「より一層の透明化を図っていきたい」と述べ、公開に向け基本原則を策定する考えを示したが、10日の平野氏は後ろ向きの姿勢に終始した。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 拙ブログでも、いつもバカにしているヒラのですが、使途を明らかにしなかったのは頂けないかもしれないが、今回の件だけは一応引き出し額を公表したのは評価しましょう。

 しかしこの記事で、改めて感じることはですね、民主党政権の半年で「3億6千万」だったのに対し、あの厚顔無恥なクサレ自民党はたった一ヶ月で「2億5千万」もの大金をどさくさにまぎれてネコババしていたということでして。いかに自民党という夜盗は酷い集団だということがよく分かるというか、証明されていますな。

 ネオリベ浅非新聞が「平野氏は後ろ向きの姿勢に終始した」って批判しているけれども。言っておくが、過去の腐敗政権がいくら使ったって、額を公表したのかよ?
さらに、この記事でも去年・9月の自民党の機密費持ち出しには言及しないのが、おかしいでしょ。

2010年3月 9日 (火)

言うだけ番長口先マエハラをのし付けて自民党へ送りつけましょう

 マスゴミは、最近の偏向捏造偽造報道で視聴者や、定期購読者からの批判や解約が多く、直接的に民主党を責める方針を若干変更したみたいで、民主党の獅子身中の虫を使い、代弁させる方針に変更したみたいですね。
なんと言っても一番ノリノリなのが、ガセメール事件で民主党をどん底まで貶めた、当時の代表、口先だけの男マエハラですね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com   2010/03/09

前原誠司国土交通相は9日の閣議後の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長らの政治資金問題について、「『政治とカネ』の問題に厳しい姿勢を示さなければ(内閣支持率)下落に歯止めがかからない。戦後初めて本格的な政権交代をした歴史的な使命感を持って、当事者がどう判断されるかだ」と述べ、小沢氏の進退問題に踏み込んだ。

 これまで前原氏は、小沢氏の進退について「本人が判断すべきこと」と繰り返してきた。内閣支持率の下落を持ち出すことで、小沢氏に自発的な幹事長辞任を促す狙いがあるとみられる。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 この、口先セイジ。言うだけ番長とも云われ、口は達者ですが。青二才のクソバカが小沢幹事長の進退を云々しているようですね。ところが「政治とカネ」ならば、てめえを任命した、総理も退陣せよと言ってるようなもんでして。完全に閣僚失格発言ですな。
しかもこの、ネオコン浅非新聞も何故か「小沢幹事長の進退問題」とだけいう。完全にグルでしょうかね。

 JALの再建では法的整理の意味も分からず、無駄に税金を浪費したし、八ッ場ダムでは初めに中止だと、ぶち上げたのはいいけれども恫喝知事にやられっぱなしでダム工事の中止もグダグダ。
最近では高速道路の無料実験では値上げになる区間もある、という試算を示す意味不明。値上げになるんなら、無料実験なんかするな、アホタレ。

 大臣の座にありついたら、ヌクヌクと権力の味をしめて、民主党を出て行く根性もないのはバレバレなのに、民主批判をしてくれたらと、マスゴミから銭でも貰っているのでしょうか。

 とっとと、耄碌(もうろく)ジジイの肛門とやら、七ブギョウとか、その他のお友達と自民党のネズミ男とや、偽装自民党別働隊の「み党」とかと一緒にくっつけばいいのだ。
そしていずれまた、ガセネタでも掴まされて口先だけでグダグダ言っていればいいのですな。

アブラを売るより、間違えずに

 人間、ミスや失敗はつきもの。とはいえ、ちょっと信じられないことをする人がいるものです。
セルフのガソリンスタンドで給油の際、油種を間違えて給油する人が多いとのニュースが3Kしんぶんにありました。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

軽自動車だから軽油を入れちゃった!? ガソリンエンジン車に軽油、逆にディーゼルエンジン車にガソリンを入れてしまったことが原因で起きる自動車故障が、後を絶たないという。誤給油の多くが燃料の種類に対する知識不足や、セルフ式ガソリンスタンドでのうっかりミスなどが原因。修理で思わぬ出費となるケースもあり、くれぐれもご注意を-。

http://news.nifty.com/cs/topics/detail/100309245992/1.htm

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 セルフ式のスタンドは若干安いこともあり、我が家も利用しています。笑ったのは、軽自動車だから【軽油】という思い込みですね。ディーゼルエンジンの軽自動車って、聞いたことないわ(笑)。一応免許を持っているんでしょうから、自動車の簡単な構造なども勉強したはずなのに「わかっていない」人も多々いるもんですね。

008

 以前目撃した笑劇。確か栂池高原スキー場で休憩しようとゲレンデ近くの道路を横断したんです。そしたら家族4人乗車のカローラだったと思います。「グワーン」とエンジンをふかしているから何事?と思って、そちらを見てみると。
少し上り坂で、前輪がスリップしまくり。そりゃ、積雪凍結路面ですから・・。

 さらに良く見ると、うん?後輪にチェーンをシッカリ装着してます。
その当時もすでに、カローラなんかはもちろんFWDですから・・・。
運転しているお父さん。さらにアクセル全開です。

グワーン!ズルズルズル。

 余計な御世話かもしれませんが、もちろんお知らせしましたよ。後輪を指さし、両手を顔の前でペケにして。
こんな方々、言っちゃ悪いが運転するのは如何なものかということですね。
 

 

2010年3月 8日 (月)

内閣改造しないのですか 2

 民主党らしさがないから。と、支持率続落についてのコメントを述べた鳩山総理。なんだ、分かっているじゃん、と思う一方。
内閣改造は今、考えていないと。

 考えて欲しいのに。
無能な官房長官(略してカンチョー)や、口先だけで、高速料金は値上げになる?とか不思議なことを言うマエハラだとか、自分の選挙でキュウキュウとして、検察に借りがある法務デージンのオバハンだとか、もう勝手なことを言うな、というのにあちこち行っては「普天間基地県内移設を示唆」する防衛デージンとか。全部とっかえろ!と。(他にもいるんですが)

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

asahi.com    2010/03/08

首相は、報道各社の世論調査で内閣支持率が低下していることについて、「せっかく政権交代したのに、民主党らしさというか、本当に民主党に期待していたものが必ずしも見えてこない、むしろ前と変わらないんじゃないかという思いが国民の間に広がっている。我々も厳しく受け止める必要があるし、それを打開していかなきゃならない」とする一方、「ただ、だからといって内閣改造をするという発想を持っているわけではない」と語った。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 以前にも書いたんですが、鳩山さん、コレコレと言いながら、必ず最後に「イッポウで」というんですね。【ポッポー】とばかり思っていたんですが、違うみたいですね。

 暴走検察やクサレマスゴミの事などいろいろあるんですが、政府がキチンと今までの主張と整合性を取りながらいらんな政策を決定していくこと。私はこれを期待したんであって、マスゴミや木っ端役人はその後ゆっくり料理すりゃいいのだ、と思っているんですね。

 あと、自滅党のアホーアッソーと一緒に、一杯やった肛門ちゃま。チホウが進んで自分は民主党のナンバー2だとノタマッテるそうなので、早く隔離しろということですかね。県連に金を納めず助成金だけはしっかり貰っているそうですから、お花畑ブリは偽装かもしれませんが。

時事ドットコム

自民党の麻生太郎前首相と民主党の渡部恒三元衆院副議長が4日夜に都内で会談していたことが5日、分かった。会談は麻生氏が呼び掛けた。両氏は、小沢一郎民主党幹事長の進退の行方が夏の参院選に影響を与えるとの認識で一致した。

2010年3月 7日 (日)

普天間基地移設問題 覚悟を持って臨むと言った総理だけど

 一応年度内に予算が通過する目途が立ち、今のところ最大の懸案事項と言えば「政治とカネ」・・・、違います(笑)。アホマスゴミに洗脳されてしまいそうです。冗談はさておき、普天間基地移設問題です。
なんか昨日は、自滅党のアクニン面オオシマ幹事長がポッポ総理にケンカを売ったみたいですね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信   2010/03/06

自民党の大島理森幹事長は6日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を5月末までに決着させるとの約束を果たせない場合は鳩山由紀夫首相は退陣すべきだとの考えを示した。那覇市内で記者団に「解決できなければ当然、鳩山首相は退陣に値する。国際的、国内的に信頼を得られない」と述べた。

 これに対し首相は「一つ一つの政策の実現に向けては覚悟を持って臨む。当たり前の話だ」と述べ、決着に自信を見せるとともに、できなかった場合は退陣も辞さない考えを示した。都内で記者団に「その(できなければ退陣する)覚悟はあるのか」と問われて答えた。

 首相は同時に「一つ一つの国民への約束を守るために全力を尽くすのが新政権の基本的な方針だ」と表明。自民党の小泉純一郎元首相を念頭に「以前の内閣は『公約は守らなくても大したことはない』と言った。国民はそういう政治に鉄ついを下した。それだけに約束は約束としてしっかり守らなければならない」と述べた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 テレビニュースでも見ましたが、オオシマが那覇市内ですかね。「かりゆし」かなんかを着ちゃって「ここまでこの問題を引きずってきて・・」云々と、エラそうにほざいてました。
あのね、何度でも言う。この問題を14年間も引きずってきたのはクサレ自民党。この14年、どこか他所の国の政党がやってたのか?ま、アンタの党はアメリカのポチ政党だからそうかも知れんが。
しかし厚かましいにも程があるっちゅうもんですな。

これに対し、ポッポ総理。

「以前の内閣は『公約は守らなくても大したことはない』と言った。国民はそういう政治に鉄ついを下した。それだけに約束は約束としてしっかり守らなければならない」

 久しぶりに反論しましたな。ペテン師コイズミの開き直り発言を引き合いに出しましたか。これぐらい言ってもバチは当たらん、売られたケンカは買わなきゃね。もっと言えってなもんですが。
ただ、ポッポが言う「約束」が何を指しているのか。自分の言ってきたことを反故にするのかが最大の焦点でしょうね。

 マスゴミによると、ヒラのカンボー長官との意見の相違が見え始めたっていうことらしいんですけれど。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100307ATFS0601106032010.html

首相と官房長官、普天間巡り呼吸合わず

鳩山由紀夫首相が米軍普天間基地移設問題を5月末までに解決させるとの決意を繰り返すなか、首相と平野博文官房長官のちぐはぐな発言が3月に入って相次いでいる。この問題の責任者である平野氏が首相に逐一、状況を知らせず、自らの裁量で一定の地ならしを進めようとしていることも一因とみられる。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 だいたい、そんな「能力の限界野郎」をいつまでも官邸に置いてるアンタが悪い、と言わざるを得ないですね。それにこの記事にあるようにヒラのが自らの裁量で押し進めているとすれば、(だけどヒラのに、そんな裁量があるかね。疑わしいが)良いチャンスじゃないの。さっさとヒラの官房長官を更迭するしかないでしょ。

 最新ニュースでは、海兵隊の本拠地グアムへの移転、14年までにというニュースもありますね。

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030601000785.html

「首相にグアム移転を提言 普天間問題で川内氏」

 優柔不断な?(そう見える)ポッポ総理。見ている国民もハラハラでして。
沖縄の人たちは胃が痛くなるような状況が続いてるのが、本当に分かっているんでしょうかね。

2010年3月 6日 (土)

鹿児島県阿久根市のタケハラ市長って何?

 鹿児島県阿久根市に変人市長がいて、物議をかもしているなとは横目で見ていたんですが、ここ最近変人ぶりに磨きがかかって来たみたいですね(笑)。
確かこの人、一度市長を失職したけども、再度選出されたように記憶してますが、当選時の弁で「私を選んだ市民の皆さんの責任ですから」と言ったようですな。

タ(ワ)ケハラ市長。どこか関西方面の知事さんとダブるんですね。印象が。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100306-OYS1T00488.htm

市議会は4日、市長の欠席により流会し、5日も午前10時に開会したが、市長が姿を現さず休憩となった。議員は午後3時40分から全員協議会を開き、5日は流会とし、10日に改めて総括質疑を行うことを申し合わせた。ところが、市長は同3時50分頃、突然議場に現れて市長席に座り、数分後、全員協議会を終えて議場に戻った数人の議員と鉢合わせした。

 市長は「まだ(議会は)できますよ」と笑みを浮かべながら言い、議員の1人が「あんた、何言ってるんだ」と詰め寄った。市長が「会社だったら午後5時、6時まで仕事するでしょ」と反発すると、別の議員は「じゃあ、なぜ最初から出席しないんだ」と批判し、議場を後にした。

 市長は流会後、報道陣に「議会が(自分の開会してほしいという)要求を受け入れなかったということ。まだ時間はあった」と述べた。

 反市長派の古賀操市議は「我々は市長をずっと待っていた。今ごろになって出席するとは、遊んでいるとしか思えない」と怒りをぶつけた。市長派の石沢正彰市議は「せっかく出席したのだから、時間を延長してでも総括質疑を再開するべきだった」と話した。

 浜之上大成議長は記者会見を開き、「10日には市長が出席すると思っている。これ以上市民に迷惑をかけてほしくはない」と述べた。

(ゴミウリ新聞)

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 ホンットーに、低レベルと言っていいほどの惨状ですね。低レベル核廃棄物。前日はこのアホ市長は「マスゴミがいるから」と議場に現れなかった。今度は何故か遅れてきたそうで。

市長は「まだ(議会は)できますよ」と笑みを浮かべながら言い、議員の1人が「あんた、何言ってるんだ」と詰め寄った。市長が「会社だったら午後5時、6時まで仕事するでしょ」と反発すると、別の議員は「じゃあ、なぜ最初から出席しないんだ」

お前ら、小学生の喧嘩か。くっだらねー。

とくにボケハラ市長(名前が変わっているし)。「まだ時間ありますよー」
よう言いますわ。
この市議会でも税金が浪費されているんだろうが。職員の給与をブログに書いたり、貼りだしたりする前に。
てめえ自身の給与を返還しろって、言いたいですね。

 まあ、本当に情けない思いの市民でしょうが、それこそ選んだ責任を問われますね。
脱力でこれ以上言う気もないけれど。

どいつもこいつも、洗顔せっけんで顔を洗って出直した方が良いですね。

アクネだけに。

2010年3月 5日 (金)

機密費公表に意欲って、初めっからやれよな

 このニュースを目にして「やっと」という感想しか浮かばないですね。
なんで、初めからこういう対応が出来ないのか逆に不思議であります。ポッポは「すべて、ヒラのに委ねている」とカンボー長官に丸投げしていたってことみたいですけど、だいたいヒラのみたいなボケナスを重宝するポッポの思慮不足にがく然とします。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

鳩山首相、機密費公表に意欲 「民主らしさ」で浮揚狙う

asahi.com   2010/03/05

 民主党は野党時代の2001年、国会に機密費の厳格な支出基準や公開を求める「官房機密費流用防止法案」を提出したが、当時の与党の賛成を得られず廃案になった。

 首相はこの法案をもとに、機密費公開の基本原則を策定する考えだ。機密費の支出先や時期、金額などについて記録することを官房長官に義務づけ、機密費の秘匿性に応じて、10~25年後の公開を目指す。4月から1年間かけて支出内容の必要性を吟味し、公開時期や機密費総額の圧縮などを検討する方針だ。

 機密費の公開については、平野博文官房長官が昨年11月の記者会見で「オープンにすることは考えていない」と公開を拒否。首相も「すべて官房長官に委ねている」と消極姿勢だった。一転して公開に前向きになったのは首相や小沢一郎幹事長の政治資金問題で政権への「逆風」が強まってきたからだ

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 似非リベラル新聞、浅非が「一転して公開に前向きになったのは首相や小沢一郎幹事長の政治資金問題で政権への「逆風」が強まってきたからだ」と偉そうに言ってるけれども、官房機密費では【そんなものあるんですか?】とトボケまくりのヒラのをのさばらせてきたのが原因で、「政治とカネ(笑)」以前の問題だろが。
ま、機密費も「政治とカネ(笑)」系の話ではあるが。

 それに、外務省の機密費上納問題でも、フランケン岡田は「上納はあった」としながらも、前政権時代に遡って調査しないという弱腰ぶり。
外務省の金を他に流用するのは明らかに財政法違反だろう、という指摘ですね。例えば文科省の予算を防衛省で使っていいのか?ということらしいですね。なるほど、そりゃそうだ。分かりやすい。

 クサレ自民党は憲法改正をにらんで徴兵制の検討、天皇の元首明記を言ったり、ますます保守化を強めているとの報道もあり。戦前回帰を目指しているのか、【イヤーな感じ】を漂わせ。二度と自民党に政権を取らせてはならないと強く思う今日この頃、しっかりせいよ民主党よ、ということなのであった。

2010年3月 4日 (木)

デフレ時代の花 PBブランド「第3のビール」についての一考察(笑)

 そろそろ暖かくなりまして、ビールがうまい季節へと進んでいきます。仕事の後の一杯目のビールは、ホントたまりませんねー。
喉を冷え冷えビールが通過するときの感覚は「あー生きてて良かった~」と本心から思える一瞬で有りますな。「つまみは何でもいい!美味ければ」、と当たり前のことを、少々逆上気味に語ってしまいます。

 夏はきっぱり、ビールである、と断言してしまっている私は、たまにチュウハイを飲む程度で、ほとんど春先からビールで通してしまう。
ところが貧が鈍している我が家では本物のビールのご尊顔は、正月や客が来たときなど、年に数回拝める程度でして、だいたいが「第3のビール」でありまして。トホホなんですな。

 少し前迄は、キリン「のどごし生」だったが、最近はアサヒの「クリアアサヒ」を飲んでまして。ま、一社に独占状態にならないよう、我が家なりに独禁法などにも気を使っている次第です(笑)。プレゼントキャンペーンで小さいラベルがある時は、もちろんメーカーに拘りませんね。今はアサヒを集めていまして、クリアアサヒ6本パックを狙っていますぞ。
ま、ようは味にそんなに差がないというのが大きいのですが。

 ところで、大手スーパーなどのPB商品で第3のビールが出ていたのですが、かなり格安で、イオンの「トップバリュ麦の薫り」とかは一本100円だったので「大助かり!」と喜んでいたのに、あまり流通がないのですね。今まで一度か二度購入して飲んだ程度で、その後店頭では見なくなりました。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ダイヤモンドオンライン

昨年の夏、100円ビール類の登場に小売り市場がわいた。

 イオンとセブン&アイ・ホールディングスの大手小売り2社が、“第3のビール”のプライベートブランド(PB)商品を7月24日の同日に発売したためだ。両社共に生産はサントリー。国内メーカー製造によるビール類のPB登場は初めてだった。

 ところが、イオンの「トップバリュ 麦の薫り」は、わずか半年で店頭から姿を消すことになった。当初の販売目標は年間3000万本(125万ケース)としていたが、初回生産分の26万ケースで、12月に生産を終了したのだ。

 一方のセブン&アイの「THE BREW ノドごしスッキリ」は、今年2月までに70万ケースを販売し、今後も生産・販売を継続する予定だ。イトーヨーカ堂などスーパーに加え、セブン&アイ傘下のコンビニエンスストア・セブン-イレブン全国1万2000店の販売力によるところが大きい。

 さらに、両商品に命運の違いをもたらした要因は価格設定にあったようだ。イオンの「麦の薫り」は350ミリリットル缶が1本100円での販売。これに対して、セブン&アイの「THE BREW」は、初回投入分限定で6本パックは600円だったが、1本での販売は123円だ。

 価格決定権は、小売りにあるとはいえ、「かなりインパクトがある」(ビールメーカー)という単缶100円の販売価格は、メーカーからすると他の小売りとの関係に影響を及ぼしかねない。当初からあった価格や売り方に対するイオンとサントリー両者の思惑の違いは最後まで解消されなかったと見られる。イオンは販売終了について「あくまでも商品戦略上の判断」という。

 鳴り物入りの投入で世間の注目を集め、ライバル、セブンと火花を散らした割にはあっけない幕引きとなった。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 うーんそうか、そんな事情があったんですな。
うちの近所はイオン系しかなくて、西日本に展開していないイトーヨーカ堂のスーパーは無いんです。従って「THE BREW」ってのは見たことがないのです。やはり一本100円は魅力なんですが、いろいろと販売側とメーカーとの駆け引きなどがあるんでしょうね。

 もう少し頑張って、出し続けて欲しかったなあ。
でも、国と同じで、我が家のデフレ状態もなかなか抜け出せませんな。

2010年3月 3日 (水)

トヨタ自動車が厳しい状況で「ザマア」って思ってしまうね、悪いけど

 トヨタ自動車の大量リコール問題でちょっと前のニュースですが、創業家の豊田社長がアメリカの公聴会に出席。アメリカの厳しいツッコミに参ったんでしょうか、その後の全米の販売店などが支援してくれたと、感極まって声を詰まらせる場面があったそうですね。
非常に厳しい方で恐縮ですが「ナニ、泣いとんじゃ」とテレビに向かって、ツィートしてしまいました。まあ、今の社長は若干気の毒な面もあるような気がしますけれども、でも当然以前から役員だったんでしょうし、責任を感じろということですな。

 わが世の春を謳歌した、元社長の奥田某などを引っ張り出せと言いたいところです。アンタらに泣かされた人間がどれだけいると思っているんでしょうかね。もちろん下請け企業苛めもあったろうし、派遣労働者、期間従業員の大量解雇等々。今回の品質問題とは直接関係ないが、今までの大企業の驕り高ぶった態度から、トヨタを擁護・応援しようなんて気はまったく起こりませんね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

夕刊フジ

 トヨタ車の品質問題をめぐる米上院の公聴会が日本時間3日に行われ、これで米議会vsトヨタのバトルはひとまず収束を迎えた。下院では豊田章男社長(53)がつるし上げを食らったが、そこまで大事になった背景には「トヨタの議会対策の失敗がある」(現地関係者)という。議会へのロビー活動で問題の拡大を封じ込めようとして、ドツボにハマってしまったというわけだ。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 実際、日本国内で売れなくても構わないと、アメリカの市場に並々ならぬ力を注いでいたトヨタですから、今回の問題は痛手でしょう。
しかし、ホームの日本でも「おごる平家は久しからず」、などと言われてしまい、応援しているのは唯一、大得意様を持ち上げるマスゴミばかりです。
我が身の所業をチットは反省し、これからたっぷりと悲哀を感じろと言いたいス。ジャストインタイムで仕事を切られた人の泣きたい気持ちはそんなもんじゃありませんぜ。

 経団連も便所野郎から会長が変わり。最近、家電や自動車などの輸出型企業の幹部ばかりが、会長を務めていた経団連も、政治献金をしない方針だそうでして、世の中も変わっていくようです。
だいたいが、経団連。昔、消費税アップを唱えるのが不思議な気持ちだったんです。消費税を上げれば消費が落ち込むことを心配する経営者が多いと思っていれば「輸出戻し税」なんてのがあり、消費税が高いほどもうかるという仕組みを利用して提言していたのでした。

 私の印象は、クサレ自民党=経団連=トヨタ=キャノンと連なっていて、とてもじゃないが許せる気持ちにはなりませんな。

2010年3月 2日 (火)

自民党も民主党も似たような口先男が居るのだった

 去年からの「新型インフルエンザ」騒動で政府の重要なニギヤカシを演じたM添が自民党内で、チャリガキ降ろしを公然と表明。幹事長の悪代官、O島が「M添氏は批判の資格がない」とさらに批判。泥試合の様相を呈している?そうですね。♪

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

時事ドットコム

自民党の大島理森幹事長は2日午前の記者会見で、舛添要一前厚生労働相が参院選前の谷垣禎一総裁の辞任に言及したことについて、「そういうことは言うべきではない。舛添氏は(大敗した)昨年の衆院選の時、内閣にいたはずだ」と述べ、同氏が麻生内閣の閣僚だったことを挙げ、党運営を批判する資格がないとの認識を示した。
 大島氏は、舛添氏が新綱領づくりに携わったとして「舛添氏は自覚と責任を持つべきだ」と批判。党の支持率が低いとの指摘に関しては「そんなに低い支持率なら長崎県知事選や町田市長選、石垣市長選で負けるだろう。実態は必ずしも言われているようなものではない」と反論した。 (2010/03/02-13:00)

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 M添って確か、国内にインフルエンザを入れない!なんて検疫を強化宣言して夜中に記者会見、マスゴミと一緒になって大騒動。結局、マスク製造業者と製薬会社を儲けさせただけのネズミ男でしたっけ。

 こ奴が新党や、清和会別働隊「みんなno党」と連携を模索してるそうですから、もっとやれやれーと思う。
だけど実現すればの話、これで自民党の分裂か?なんて。潰れてくれたらありがたい。聞くところによると、民主党の小沢批判の急先鋒、口先オトコM原などともコソコソしてるそう。
M原は夕刊フジも「言うだけ番長」と揶揄していて。アホの腐痔参詣グループにしては分かってるじゃん。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

夕刊フジ   2010/03/01

前原誠司国土交通相が突出している。「政治とカネ」の問題を引きずる民主党の小沢一郎幹事長に自発的辞任を促したと思えば、大規模リコール問題で揺れるトヨタ自動車にも大苦言を呈したのだ。ただ、一連の発言はあまりにも評論家的で、民主党幹部や所管大臣としての当事者意識や責任感は希薄。まさに、「言うだけ番長」といった評判が定着しつつある。

 「(内閣)支持率が下がり、選挙も負けている状況では、国民の歴史的な負託に応えられない。(小沢氏には)どうすれば参院選に勝てるのか、考えていただくことが大事だ」

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 ちなみに、知らない方のために。「言うだけ番長」とは昔の漫画「夕焼け番長」からきている、おやじがよく言うギャグですね。(あっ、知ってますか)
「み党」のW辺や自民党の「口先ネズミ男」と民主党の「言うだけ番長」等々、良く似た連中がひっつき回って新自由主義党を立ち上げるんでしょうか。だけど、こいつ等ってどいつもこいつも「風呂屋の桶」で前に進むのか。

 まあ、民主党はM原とか、それについて行くアホな連中は、熨斗(のし)を付けて差し上げた方が良いですな。ヒラのも忘れずに持って行ってね。

2010年3月 1日 (月)

重いものを背負っていないから、早く走れないというバカ都知事

 やっと終わったみたいですね、オリンピック。マスゴミはメダル獲得がいくつになったとか、これでチットは静かになるかな。メダルでお腹が満たされる訳はなく、うるさいよ。
いつも拝見する、いくつかのブログさんも力が入っているようです。
ワタシャ、フィギアスケートなどの採点競技は苦手で、見るんならもう断然、アルペンのダウンヒルが好きです。あの疾走感とスリルがたまりません。でも、今回は全然見なかったですけど。

昔々、富良野のワールドカップが行われていたダウンヒルコースを滑ったことを思い出しますぞ。

プルークボーゲンで(笑)。

 東京都ジジは「銅メダルで狂喜する馬鹿な国」と言ったとか。
じゃ金メダル取ったらば。狂喜乱舞、欣喜雀踊、提灯行列したりして。
それなら賢いのでしょうかね。
都ジジはゴミウリのナベツネと一緒にさっさと、ワンツーフィニッシュしてほしいもの。

 思うんですけど、メダルはその選手のものでしょ。価値も名誉も含めて。その選手が引退後スポーツキャスターになったり、タレントになったりするときの印みたいなもんです。中にはその競技に残り、コーチを目指す人もいるんでしょうが。それも向き不向きがあるし。
タレントが売れなくなれば政治家目指して、いつか、自民党あたりから立候補する場合の大きな武器になるんでしょうしね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.asahi.com/national/update/0226/TKY201002250536.html

asahi.com

「銅(メダル)を取って狂喜する、こんな馬鹿な国はないよ」。東京都の石原慎太郎知事は25日、バンクーバー五輪の日本選手の活躍に対する国内の反応について、報道陣にこう述べた。

 同日あった東京マラソン(28日開催)の関連式典のあいさつでも同五輪に触れ、「国家という重いものを背負わない人間が速く走れるわけがない、高く跳べるわけない。いい成績を出せるわけがない」と話した。

                            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 まったくなに言ってんだか。
「重いものを背負って」早く走ったり、遠くへ飛べると考える方がどうかしています。物理を無視していますな(笑)。
昔のソ連などの「ステートアマ」を賞賛してるのか。
こういう考えは右も左もないようで。
いやいや。

オリンピック誘致や東京マラソンだとかなんとか。この人はこんなんが好きなんでしょうね。他に楽しみ無いのかね。
こ奴のやってることって、ただのジジイの道楽ですね。

 

 

 

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »