フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 弱み握られている?共産党と朝日新聞 | トップページ | 検察とマスゴミの明日はどっちだ »

2010年2月 2日 (火)

後ろからグダグダ文句言ってる場合か

 公平公正という言葉は新聞倫理綱領から削除して貰いたい今日この頃。いつまでもエンドレスでマスゴミは検察の顔色伺って世論操作に励んでいます。ここにきて、民主党の中の変な連中がアレコレ言いだしたんだそうで。「小沢幹事長に、捜査の一定の結論が出た場合、一定のご判断をして頂くべきだと思う」と、イッテイの、を連発した枝野“ウオンバット”幸男氏。

 せっかく事業仕分けで、冷や飯組から復活したと思ったら、早速反動分子になるんでしょうか。もし、このまま小沢氏が影響力を残した場合、またもや冷や飯組になるかもしれないのに。なんかよほど自信がおありなんでしょうか。お花畑?ワタナベ黄門ちゃま以下、七奉行って、何を取り締まっているのか、意味不明な連中がつるんでも大丈夫かいな、と心配するんですが。だいたいがガセメール事件であったように、前原(ゼンゲン)取り消すのが得意な、先見に明るくない人がいるんでしょ。あ、そうそう、もう一人、カリフラワーみたいな顔の人もいるそう、なノダ。って。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

夕刊フジ

 小沢氏は1日、自らの進退問題のラインを「刑事責任を問われれば」としたものの、1度吹き出した辞任論は消えない。

 ある中堅議員は同日、「辞任論がしぼむようなことはない。元秘書が(4日に)起訴されたら噴き出す」と指摘。渡部恒三元衆院副議長は「参院選前には、きちっとけじめを付けるのは当然のことだ」と記者団に語った。

 先鞭をつけたのは、渡部氏が命名した小沢氏と距離を置く「民主党七奉行」の面々だ。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 三流タブロイド紙、夕刊フジが「民主党内バトル」って煽っています。

 それも尻すぼみだって、テロ朝の「やじうま」で言われたりして。ま、民主党の中も変な連中がいるんで、これも仕方が無いことでしょうか。
RYOさんから頂いたコメント。
ありがとうございます。

>民主党内の一部に背後から鉄砲を撃つようなヤカラがいますが、この状況をどう捉えているのやら。嘆かわしいかぎりです。トットと出て行け。

 ついでにヒラのとフランケンも連れて行って欲しいのですが(笑)。「みんな」まとめて、(のし)つけて差し上げたいですな。
小沢氏が影響力を落とせば、今度は自分たちが主導権握れると思っている単純偏差値バカなんですね。この問題を引き金に政治主導が頓挫することが分からないのでしょうか。これから先、官僚の思うがママ、言うがパパ。

本当に嘆かわしいですぞ。

 

« 弱み握られている?共産党と朝日新聞 | トップページ | 検察とマスゴミの明日はどっちだ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

前原・枝野・野田の三パカトリオが、またもやケツの青い所を露呈して、コーモンもどきカブレが寝言を言い続ける…マスゴミのネタ元はこやつ等か…?
情けない…ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ …

よんじゃるさん、ありがとうございます。

>3パカトリオって(笑)。
その昔、「三馬鹿大将」って、アメリカのコメディがありましたかね。去年の西松とおんなじ構図ですね。デジャブみたいです。

somethingさん。こんばんは。

>「みんな」まとめて、(のし)つけて・・・
スミマセン。賞味期限切れですけど、よろしいですか?

内輪でいろいろ意見の違いはもちろんOKですが、外からの攻撃に対しては団結しないと。七侮狂(ヒラの加えて八侮狂)の迎合主義にはホントうんざり。

昨夏の衆議院選挙、爺の選挙区では選挙協力で出馬の社民党候補が僅差で落選。(当選はヤジ将軍としてのみ高名なM元行革担当相。家内曰く、ムカツク。)仕方がないので、隣の選挙区の民主党女性議員(比例復活)の事務所にゲキをとばしておきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/47460194

この記事へのトラックバック一覧です: 後ろからグダグダ文句言ってる場合か:

» 末期症状の産経 [雑感]
  産経は、世の中の別の動きに本当に疎いようだ。疎いというよりは、 一部偏執狂的な記者を珍重したゆえに周りが見えなくなってしまっている のであろう。 産経の中にも まともな感覚を持った記者は多数いる はずである。何よりも 退社後に素晴らしい記事や本を書いている方を見かける につけ不思議な思いがしてくる。 昨日、しんぶん赤旗について書いたのだが、赤旗の発行部数は、平日30万部・日曜版は130万部だと言われている。ところが産経は、実質100万部(中には76万部)だとさえいう方もいる。ようは、日曜日の 産... [続きを読む]

« 弱み握られている?共産党と朝日新聞 | トップページ | 検察とマスゴミの明日はどっちだ »