フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« もったいつけてのネチネチ批判も、いつもピント外れの石破センセイ | トップページ | やっぱり岡田外相は・・。 »

2010年2月 5日 (金)

検察のパシリ、大手マスゴミに言論の自由をいう権利はないね

 小沢氏不起訴になっても残る疑惑、ということで、印象操作に励む検察の使いっパシリの司法記者クラブマスゴミで有ります。どいつもこいつも腐りきっている訳でして、本心からすべての記者クラブ大手マスゴミ潰れてしまえ、と思いますね。

 ナベツネクソジジイ率いる悪の帝国、ゴミウリ系の日テレは、B層情報弱者洗脳放送に勤しんでまして。腐痔3Kと悪の帝国ゴミウリは世論誘導を競い合っているようですな。(もちろんその他も酷いけど)
どんより曇った暗い冬の空、一羽の真っ黒なカラスが電柱にとまって、辺りを睥睨している。音声はないがカラスの鳴き声が周囲の空気を凍てつかせるのが分かる
そこへ、暗く沈んだ声で女性のナレーションが入る・・。

 こんなスリラーもどきのオドロオドロしい出だしで始まる映像は、何の事かといえば、小沢幹事長の逮捕されている秘書の拘留期限の切れるこの日の朝、自宅から出てくる小沢幹事長の様子を報じているニュースですぞ。ホントに姑息な印象操作もはなはだしく、小沢=悪人をイメージ付ける作戦丸出しです。

 原口総務大臣が「関係者という表現のみで報道するというのは、国民の知る権利において問題だ」と言った途端に「言論統制だ、言論の自由を規制するのか」と噛みついた、大手マスゴミ。
ところが、てめえらは検察の意向を無視した記事を書くと、司法記者クラブから出入り禁止処分を食らうので、検察に都合のよいリーク情報しか書かないくせにナニが言論統制だ。検察のそういう姿勢に「言論統制だ」とは批判しないのかよ。ダブルスタンダードの検察ケツ舐めクサレマスゴミどもめ。

 週刊朝日の上杉隆氏の記事を、さとしさんから送って頂いたので、一部紹介いたします。
さとしさん、ありがとうございます。

週刊朝日  2月12日号

上杉隆

(引用開始)

~弁護士も指摘するとおり、それは事情聴取とは言いがたい卑劣きわまるものだった。
「保育園に子どもが残っています。お迎えだけは行かせてください。その後、また戻ってきます。せめて電話だけでも入れさせてください」
感情を抑えられず取り乱す母親、その前に座る男はこう言い放つ。
なに言っちゃってんの。そんなに人生、甘くないでしょ
もとより、小沢事務所の政治資金規正法違反の捜査で、なぜ石川事務所の秘書を聴取する必要があるのか。石川の秘書時代の仕事を、他の事務所から3年ほど前に移ってきたばかりの新しい秘書が知る由もない。あまりに無謀な検察の捜査。新聞・テレビが一切報じない、その一部始終を「関係者」の証言をもとに再現しよう。
1月26日(火)の昼ごろ、石川事務所に「タミノ」と名乗る男から電話があった。女性秘書に検察庁に来てほしいという。
女性秘書が「きょうも押収品の返却ですか?」と確認すると、タミノは「そうです。あとちょっと確認したいこともあるので」と返した。よく聞き取れなかったので、もう一度確認すると「返却です」と答えた。
女性秘書は、1月15日の石川逮捕以来、2度(22日、25日)、検察庁から呼び出しを受け「押収品」の返却に応じている。今回も同様の案件だと信じた女性秘書は、ランチバッグひとつで検察庁に向かった。
霞ヶ関までは議員会館のある永田町からひと駅である。前日と同じように、コートも着ずに薄着で出かけた。ランチバッグの中には千円札と小銭、ティッシュとハンカチ、携帯電話だけである。
検察庁に着くと前回までとは違う部屋に案内される。するとそこに民野健治という検事が待っており、いきなりこう言い始めたのだ。
「被疑者として呼んだ。あなたには黙秘権があるので行使することができる。それからーー」
事情を把握できずパニックになった女性秘書が、他の秘書か弁護士に連絡したい旨を告げると、民野検事はそれを無視して、逆に、携帯電話の電源を切るように命じ、目の前でスイッチをオフにさせたのだ。それが昼の1時45分、だまし討ちの「監禁」はこうして始まった。

(引用終わり、後略)

 読んだ方も多いかと思いますが、しかし、この民野健治という検事、酷いですね。押収物を返還するとウソをつき、呼び寄せて被疑者としての尋問を行う。このあと、10時間もの恫喝的取り調べ。信じられませんね。戦前戦中の特高警察と変わらないですな。

 この記事に対して東京地検が捜査妨害だと抗議。山口編集長と上杉氏に出頭要請をするという暴挙です。
このことに親会社の朝日新聞はもとより、その他大手マスゴミは一切報じません。これってなんだろうか?自分たちの仲間が官権に圧力を受けているのに、なんの抗議もメッセージも出さない。こんなものがジャーナリズムだろうか。上杉さん、貴方の著書じゃないが、本当に「ジャーナリズム崩壊」ですね。

追記:

 その上杉氏が東京地検に対して厳重抗議として反論しています。

http://www.uesugitakashi.com/archives/51794154.html

〈東京地検特捜部・谷川恒太次席検事送付の「抗議書」の内容は、全くの虚偽であり、このような事実に反する「抗議」は、一般国民に大きな誤解を与え、報道の信用を著しく失墜させるとともに、取材に従事するジャーナリストの名誉を害するものであって、極めて遺憾であり、ここに厳重に抗議する〉

« もったいつけてのネチネチ批判も、いつもピント外れの石破センセイ | トップページ | やっぱり岡田外相は・・。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、こんばんは。 こうして取り上げていただき、ありがとうございます。これ結構、友人、親戚にも送ったのですが、ほとんど無反応でした。これも、米国、官僚が植え付けた思考停止社会の典型ですね(^_^;) これに怒りも何も感じない輩は、人間としての脳が胃下れちゃってるのでしょうね。まあ、愚痴ってもしょうがないですが…


そういえば、石川議員が保釈されましたね。彼には堂々と検察の違法捜査を国会で訴えていただきたいと思います。その上で検察庁の樋渡利秋検事総長以下、大鶴基成、谷川恒太、佐久間達哉、そして、例の民野健治を国会に証人喚問すべきです。国会を空転させ、国民によからぬ誤解を与えた罪は大きい。こういう輩には司法資格剥奪はもちろん、逮捕監禁罪、公務員職権濫用罪でブタ箱に入ってもらいましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/47483383

この記事へのトラックバック一覧です: 検察のパシリ、大手マスゴミに言論の自由をいう権利はないね:

» 今回の騒ぎは、西松事件公判維持のためのものw [雑感]
 ここ二三日、「 一年も、特定の議員(小沢氏)を追いかけて 」という記事や言葉をよく聞く。この言葉は、正しくもあり誤りであると自分は思っている。 ようは、 西松事件(大久保秘書の事件)は、未だに公判中 であるが、 西松本体の事件は「西松建設の全面的な降伏 」で手打ちが済んでいた事をもう一度よく考えた方がいい。 西松建設は、特捜部に全面降伏をし逢坂貞夫・元大阪高検検事長を社外取締役にしたのが、昨年6月(5月15日発表)である。 http://www.nishimatsu.co.jp/press/200... [続きを読む]

» 個室での会話8(※18禁) [謙遜と謙譲の音楽]
ut..mp4 [続きを読む]

» 【祝!保釈】日本社会の「革命的」変革実現の為に先頭に立って闘って欲しい【犬察ファッショ】 [ステイメンの雑記帖 ]
 経済状況が一向に改善しない中、約1年間に渡って継続されてきた民主党小沢幹事長の失脚を謀った東京痴犬特捜部の暴走事件も一応一つの区切りを迎えた。  この間、2度の家宅捜索や水谷建設元会長の証言、さらには情報リークや人権無視の恫喝聴取などありとあらゆる手練手管を使った東京痴犬特騒部だが、結局現職国会議員たる石川衆院議員ら3名を政治資金規正法違反(虚偽記載)という形式犯でしか起訴に持ち込めなかった。  これはハッキリ言って、捜査を主導した 東狂痴犬特騒部の佐久間達哉と最高検の大鶴基成の「冤罪メーカー」コ... [続きを読む]

« もったいつけてのネチネチ批判も、いつもピント外れの石破センセイ | トップページ | やっぱり岡田外相は・・。 »