フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 暇なくせに下らんことを聞く、野党自民党 | トップページ | 重いものを背負っていないから、早く走れないというバカ都知事 »

2010年2月25日 (木)

郵便不正利用事件 検察の心理的圧迫を受け供述した

 郵便不正利用事件です。検察はお友達のテレビマスゴミも言いだしたほど、不利な展開が続いています。村木厚子被告の公判で村木被告の元部下が証言し再度、被告の事件への関与を否定しました。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

時事通信  2010/02/25

障害者割引郵便悪用事件で、虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長村木厚子被告(54)=休職中=の公判が25日、大阪地裁で開かれ、部下だった元係長上村勉被告(40)が前日に続き、証人尋問を受けた。同被告は捜査段階で村木被告の指示を認めたことについて「取り返しのつかないことをして申し訳ありません」と涙ながらに謝罪した。
 上村被告は検察側の質問に対し、偽の証明書作成は独断だったことを改めて証言。記憶と異なる供述調書に署名せざるを得なかったとし、「後悔している。一刻も早く拘置所から出たいと自分のことばかり考える卑しい自分になった」と説明した。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ゴミウリ新聞ではこう書いています。

 >検察側は「取り調べ検事が、あなたの手を押さえて、無理やり書かせたのか」と質問。上村被告は「心理的な圧迫をかけており、同じことだと思う。そうしないと逃れられなかった」などと涙ぐんで反論した。

 まあしかし、これで民主党を狙ったのかと言われている、検察の描いたストーリーが完全に崩壊してしまいましたね。そもそもが、検察官ってどれだけ頭が良くて偉いのか知らないけれども、検察がその事件の構図や話を供述によって作り上げるという、検察ファッショと言っていい程。人の人生をむちゃくちゃにする権利が何処にあるのかと言いたいです。

 検察や警察が取り調べ可視化、弁護士同席を嫌がる合理的な理由が分からない。否認している事件だと起訴が難しくなるからか。確たる証拠がなければ起訴できなくても仕方がないですな。

 一般論として検察や警察って、仕事をやり直すのが嫌なんでしょうね。例えばAという容疑者が浮かんだ。でも調べるとハッキリした証拠もない。本人も否認してる。だけども、新たな容疑者をイチから捜査して割り出すのが邪魔くさい。
うがった見方かもしれないけども、どうもそんなことじゃないか、と思うのですがね。「もう、こいつでいいだろ。こいつを犯人にしてしまえ」という心理が働くような気がします。

 どうやらそんな考えが根底にあるから、「検察の見立て、ストーリー」なんてのがあるんじゃないかと。裁判になった段階で、容疑者が供述をひっくり返すのが遺憾だと思うのならば、どう考えても検察側が自己防衛の為に、取り調べ可視化をするのが筋でしょう。
可視化、弁護士同席を積極的に支持しないのは全く理解できない。

 政府、与党は可視化法案も出し易い環境になったと思うし、とっとと提出するべきだと思います。

« 暇なくせに下らんことを聞く、野党自民党 | トップページ | 重いものを背負っていないから、早く走れないというバカ都知事 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

検察の出鱈目な取調べ手法がこれだけ明らかになっても権力の非を正すべきメディア(記者クラブ既成メディア)が非難一つしない異常さには開いた口が塞がりません…
こんな社会で今まで生きて来たのかと思うと情け無い…また、こんな社会で孫たちは育つのかと思うと可哀想でなりませんよ…
と思う人は‥感じる人は多いでしょう。

somethingさん、こんばんは。
民主党は可視化法案を2年先延ばすとか、スットボケたことを抜かしてます。検察に対してビッになっちゃったんでしょうか。千葉大臣は参院選で落ちるので、もう、どうでもいいですが、鳩ポッポにはシッカリしてもらいたいですな(-.-;)

官僚天下り排除、郵政民営化、この二つはポッポ内閣に裏切られた。果たして「指導力の無さ」は、深謀遠慮なのか辛抱遠慮なのか。
普天間移設の結果を観て見極めたいと考えている。
可視化法案への優柔不断はいただけない。本日の検察の郵便不正利用事件問題は確かに千載一遇とも言うべきものであろう。ちょっと優柔不断ぶりが目に余っても来ている。

>よんじゃるさん

マスゴミにとって検察などは権力の範疇に入っていないのでしょう。いわゆる「メシのタネ」ですから、ご機嫌を損ねると新聞の紙面に空白が多くなるからでしょう。検察官僚は自分の出世と退任後の利益の為、大物を狙って事件をでっちあげる。そんなところでしょうね。


>さとしさん

千葉のオバハンは落選させなければダメですね。石川議員秘書の恫喝10時間の取り調べは「そんなことは全くなかった」と答弁しています。ふざけています。
何故、こうなんでしょうか。ポッポが悪いですね。


>Greenさん

政府与党をとりあえず、見極めて行くことになるんでしょうが、首相の優柔不断ぶりは目に余ります。ブレが多すぎる。
だけど、自民党や「み党」なんかはお断りだと、私は考えています。スカッとしませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/47661499

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便不正利用事件 検察の心理的圧迫を受け供述した:

» 捜査方法にメスを [高知に自然史博物館を]
 なみいるマスコミが異口同音に洗脳報道を繰り返す中,「週刊朝日」の報道がひとり輝いている.3月5日号は「検察政局の果て」と題して,石川知裕氏へのインタビュー記事「新聞・テレビはデタラメだらけ」,松田光世氏による記事「検察は政治資金規正法を勉強しているのか...... [続きを読む]

» 【腐敗】村木元局長に無実の罪を着せ、石井議員等を貶めようとした巨悪は徹底的に糾すべきだ【冤罪】 [ステイメンの雑記帖 ]
 これまでも何度か拙ブログでも取り上げている 「障害者割引郵便悪用事件」 であるが、これまでの公判での各証人の証言により、厚労省の村木厚子元局長の冤罪は明らかであり、 民主党の石井一参院議員を貶めようとした大阪痴犬特騒部のシナリオは崩壊 したと言えよう。  となると、宦官ジミン政権下で発生したこの事件に関しては、 犬察当局が何故か塩田元部長を立件しなかった ため、公文書を実際に偽造した上村元係長のみが罪に問われることになる。  ところがここにきて、 この事件の背後に宦官ジミンの超大物前代議士の元秘書... [続きを読む]

« 暇なくせに下らんことを聞く、野党自民党 | トップページ | 重いものを背負っていないから、早く走れないというバカ都知事 »