フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 藤井さんの後任は | トップページ | 相も変わらずツッコミどころ満載のジミントー »

2010年1月 7日 (木)

自由、責任、公正、気品のある社会の公器ってなんですかね?

 「テレビに言論機能は与えられていない」

 まあ、大それたモノ言いですな(笑)。これは、ド素人の私が考えたのでもなくて、ヨミウリ系のテレビ局の偉いさんが言った言葉です。1993年のテレ朝、当時の椿報道局長の発言で「非自民政権の樹立を後押し」したとされたことに対して、日テレの当時の氏家社長が語ったそうです。テレ朝・椿報道局長問題とは、詳しくは下記にリンクを張っていますから、興味のある方はそちらを参照してみてください。

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/tsubaki1.html

 簡単に言うと、この問題は1993年細川内閣が発足し、初めて「非自民政権」が誕生した時のこと。当時のテレ朝の報道局長の椿さんという方が、民放連の会合でつまらんことを口走ったんだそうです。ま、軽率という誹りを言われるのは間違いないですな。

 その内容とは『とにかく非自民政権が生まれるよう報道せよ、と局内で指示した』ってことを言ったそうです。それを誰かが録音していたのかどうか。それが産経あたりに流れ「報道の公平を著しく欠く」と大騒ぎ、そして自民党が問題を国会にまで持ち込み、その報道局長を証人喚問したという問題でした。ま、自民党から産経に流れたネタかもしれませんが。

 とにかく、その問題で当時の産経や読売が何を言ってたか。冒頭の言葉はどういう意味かと言えばテレビでは、免許事業の放送法の規定に照らせば政治的な言論や発言はできない、と言ってるんですね。
あれ?おかしいですねえ。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1993年10月14日  当時の読売新聞の解説

新聞の場合は新聞倫理綱領で、言論機関としての立場から『評論は世におもねらず、所信は大胆に表明』することを確認する一方、『自由、責任、公正、気品』を保つための自己規律を確認している。報道の自由を乱用することは『社会の公器』としての自己否定につながるとの認識による。

 言論機関である新聞と異なり免許事業である放送の場合は、とくに放送法で『公共の福祉に適合』することなど、事業の目的を明記し、『不偏不党』(一条の二)、『政治的に公平であること』『報道は事実をまげないですること』(三条の二)などを義務づけている。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

(赤字は管理人)

 報道や言論の自由はある、と前置きしながらもですが。あのゴミウリがこんな偉そうなことを(笑)。
前段に書いてある、新聞倫理綱領がこんなだったら、今のオマエらの偏向・捏造・検察リーク記事満載の新聞紙面が「自由、責任、公正、気品」とどこを探してもその欠けらもないんだが。なにが「社会の公器」。噴飯ものですな。特にネトウヨ同人便所紙壁新聞の3Kなんか、令状持って家宅捜査しようが何しようが、これらの「自己規律」の言葉が出てこないと思いますがね。それらの倫理綱領は1993年に置いてきたのかよ。え?クサレマスゴミさんよ。

 ま、衰退メディアである新聞はこっちへ置いといて。後段の部分はテレビに関して書いてるのですな。要するに、免許事業であるテレビという媒体は政治的に公平であることや、不偏不党を求められているということらしい。

 ということはですね、テレビって政治的言論をしてはいけない存在なんですね。いや、これは私が言ってるんじゃなくて、ゴミウリや3Kなどのクサレマスゴミが言ってる訳でして。奴らの言質を素直に解釈してるだけで(笑)。

 つまり、例えばテレ朝(またかよ)の報道ステーションで、プロレスアナのフルイタチなんかが、藤井前財務相の辞任を取り上げ「小沢氏との確執、小沢、鳩山に対するあてつけ辞任、小沢支配がますます強まる危険性?」なんてーのを放送するだけで、放送法違反、営業停止(放送禁止)措置を取られてしまうのですよ。もちろんフジや日テレ、TBSもおんなじ。論評する人を通じても放送してはいけません。

 ところが、テレビ局は今も自由に政治報道してますね?朝ナマとか、何だとかその他たくさん。変ですよね。

 ここで、ネタばれです(笑)。リンク先のサイトを読んで頂けたらお分かりのように、ただし、これらの論理の展開は間違いだそうです。放送法一条の二などは「放送法の目的」そのものを言ってるだけで、放送事業の目的や放送事業者の目的を謳っているものではない、という解釈が正しいのだそうです。この事件はそういう自民党の政治家や何かが間違った、うがった解釈でテレ朝を非難した結果だそうです。

 つまり、「テレビは言論の機能があっても良い」というのが正しいそう。それにしても、結局いつものように、ゴミウリや3Kはてめえらの都合のよいように解釈しているのはお笑い草ですな。

 そういう嘘っぱちを、1993年のゴミウリ新聞や3K新聞は自民党と結託してる訳でして。今も昔も捏造報道をする、という証拠でしかないわけです。
自民党の狗という事実は一緒でして。
要はマスゴミはマスゴミという結論ですな。

« 藤井さんの後任は | トップページ | 相も変わらずツッコミどころ満載のジミントー »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/47227840

この記事へのトラックバック一覧です: 自由、責任、公正、気品のある社会の公器ってなんですかね?:

» 馬脚を現したというかいい加減な記事を書く朝日と産経 [雑感]
  藤井裕久氏が財務大臣を辞任をした事で、昨日は大騒ぎであった。9月16日に鳩山内閣が誕生をする前に、藤井裕久氏が財務大臣になるのならないの、やれ小沢氏が反対しているだのと大騒ぎをしていたのを思い出した。 小沢氏自身は、現実には組閣に口出ししていないというのが、本当のところであるが、周りが小沢氏に気を使ったものまで小沢氏のせいにされたのではたまらない。 まぁ~、中には 居酒屋で小沢氏の悪口を言って新聞にスッパ抜かれた「間抜け」 もいたのだが、それも小沢氏が「あいつは入閣をさせるな」と言った訳ではなく... [続きを読む]

« 藤井さんの後任は | トップページ | 相も変わらずツッコミどころ満載のジミントー »