フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 暫定 | トップページ | 神奈川県知事がエラそうに言えるのか »

2009年12月23日 (水)

使い捨ての派遣・期間労働

 人件費を労働コストと称した企業側にとって、都合の良い派遣という労働形態。でも、一般の人から見れば好きな時間帯、好きな期間に自分が都合よく働いているんだろう、という認識で派遣を見ている人が多いのが現状ではないかと思うのです。

 去年の今頃は「年越し派遣村」がニュースを占拠した感がありました。それについて、無理解な輩が「安易に派遣を選び努力もしない、その人自身が悪いのだ、自己責任だ」という酷い言葉を浴びせる。
しかしそう批判しながら一方で、仕事を選り好みしてると罵倒するのです。東京都ジジなんて「仕事を斡旋しているのに、あれも嫌、これも嫌という。人生の姿勢としていかがなものか」と言う訳です。

 「安易に派遣なんていう仕事を選びながら」、と言いつつ、「あれも嫌これも嫌・・選り好みしやがって」という矛盾を吐く訳です。そんな連中が政府が今開いている、派遣法改正審議会で使用者側として妄言を喚いているそうです。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ブログ広島瀬戸内新聞ニュースより。

派遣法審議会傍聴報告+キャバクラユニオン結成記者会見報告
栗田隆子

朝八時、厚生労働省・合同庁舎9階会議室で行われた「第141回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会」はぎっしりと人が詰まっていた。
ほとんどがスーツを着た男女。傍聴席側からみて右手に使用者側代表、その反対に労働者側代表、そしてちょうど正面に公益側が座っている。
ちょうど使用者側の発言が聞こえてきた。
「製造業派遣の禁止というものは大変困ります。5年前とは違い、中国も伸びている。インドだって車が作れる時代になっている。グローバリゼーションが波及しており、派遣なしには企業は成り立たないのです。製造業派遣にも女性はおりますし、製造業派遣にも例外を設けて欲しい」と秋山さんという使用者側の女性が話をしている。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 ようは、製造業派遣の禁止を言う与党の方針に対して、反対する使用者側の意見はこうです。「グローバリゼーションで中国やインドと競争して勝ち抜かなければ企業は生き残れない」と言っています。
だから、製造業派遣を禁止しないで、という論理です。

 中国やインドという国と、企業は人件費やコストの面での競争をしようと、本気で思っているのでしょうか?日本と、例えば、中国との収入や物価の違いを考慮に入れた発言だろうか。
世界の工場だといい、賃金の安さに飛びついておきながら、その安い労働力の国と戦うという嘘っぱちを言っている。これは確信的にそういう欺瞞を言っているのですね。

 しかも、派遣は「ワークライフバランスにとっても良いことだ」と言い出す始末です。これなんかは便所野郎率いる経団連もよくいう理屈でして、この言葉は本来の意味である個人の仕事と、プライベートの時間の適切な配分というよりも、企業にとっての労働力のバランス(雇用、解雇)を簡単にとり易い派遣労働が「必要で良いこと」だという意味です。
つまりどこまで行っても企業の自分勝手な論理。なにより、今現在も中国やその他の発展途上国で製造しているではありませんか。

 極論すれば、そんなにもグローバリゼーションとやらが過酷なら、派遣労働どころか、製造業は日本から全て逃げ出すことでしょう。だとしたら派遣だけをどうこうしても始まらない。
いまや、3人に一人は非正規雇用の世の中です。正社員だと安穏とし、自分は関係ないなどと、そのことを知ってか知らずか、雇用調整助成金という補助金で自分の首がつながっている、200万人以上の正社員の人達がいる今、派遣労働者や期間社員を見下したりせず、全ての労働者の問題だという意識で捉えなければいけないと考えるのです。
でないと、いつか自分の身に降りかかって来る日も、そう遠くはないことでしょう。

 

« 暫定 | トップページ | 神奈川県知事がエラそうに言えるのか »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、こんばんは。


経団連はいろいろ言い訳して正社員として雇おうとしませんが、大企業の内部留保金は420兆円もあるらしいです。
この10数年で倍になったらしく、これは労働者派遣法が一つの成果になったことは間違いないですね。これでは景気が良くなるはずはありませんよ。民主党もこういった大企業や株式優遇税制に手を付けずに煙草税に手を付けるとは腹が立ちます(-.-;)

さとしさん、コメントありがとうございます。
大企業は国民の税金で補助や優遇政策を受けていながら、いったん自分の懐に入った利益は還元しようとはしません。
それが内部留保でしょう。仮に自民党の政策のように大企業優遇政策をしたとしても、それが、もし、正しく労働再配分されていれば、ここまでの格差は起こっていない、とさえ思えるほど、今さらながら企業の悪辣さが身にしみる年の瀬です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/47094513

この記事へのトラックバック一覧です: 使い捨ての派遣・期間労働:

» 産経は、何故に核密約を書けないのか [雑感]
 今まで核密約に関し産経は一貫して 日本に核を保持をすることに正当性を持たせようとしてきた ように思える。 そのためには、 有事だと騒ぐ必要 があり、また 近隣諸国も核の保有を願っているようだ としなければならない。 つい先日(20日)にも、下記のような記事を書いている。 __________________________________________________________ http://sankei.jp.msn.com/world/korea/091220/kor091220191... [続きを読む]

» 資生堂は女性労働者を派遣切りするな 銀座等で座り込み 列島中に響く  [ブログ blog で 情報交換]
22日、賃金未払いや職場環境の改善を求めて、キャバクラで働く女性ら約10人が22 [続きを読む]

« 暫定 | トップページ | 神奈川県知事がエラそうに言えるのか »