フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アメリカの都合で基地移転取りやめはOKなのね | トップページ | 今さら手打ちの略式起訴 »

2009年12月10日 (木)

なんで、学習しないのかね

 なんだか知らないが、相も変わらず閣僚が引っかきまわすような発言をしている鳩山政権ですな。単純に考えるのだが、鳩山さんが「私が最終的に決める」と言っているんだから、それまで黙っていれば良いのに、マスゴミに対してグチャグチャと。問題を複雑にしてるのは閣僚自身だろが。アホ。

キタザワ大臣:「在日米軍再編にかなり影響が出る。日本の責任は重い」(グアムにて)
あんたはアメリカの国防長官か。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【グアム共同】北沢俊美防衛相は9日午後(日本時間同)、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の年内決着を先送りする日本政府の方針に関し「在日米軍再編にかなり影響が出る。日本の責任は重い」との認識を示した。交渉当事者の一人が日本の責任に言及するのは極めて異例で、波紋を広げそうだ。グアムの米軍基地視察後、同行記者団に語った。

 社民党などが求める普天間飛行場のグアム移設については「日米合意から大きく外れる。期待して何かをすると頓挫する」と、実現は困難との考えを表明した。普天間移設を先送りし、合意にある米海兵隊8千人のグアム移転を先行させることには「一方は片付けるが、他方は後回しというのは難しい」と述べた。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「日本の責任は重い」って言ってるけど、キタザワさんよ、アンタの閣僚としての責任は重くないのかよ。軽々しくペラペラ。
その度に沖縄の人たちが一喜一憂して疲れ果てる、という現実を考えたことがあるのか。
少しでも地元のことが、その空疎な頭の片隅にでもあればそんなに簡単にアレコレと言えるのか?
こいつとこいつの部下、自民のスパイ、ナガシマ政務官をさっさと放り出せば良い。

以前、普天間の移設問題年表をリンクした。もう一度リンクします。

http://www.geocities.jp/unepeace/table-fh.html

  鳩山政権が結論先送りだとかなんとか、自民党とマスゴミが煽っていますがこの流れを見れば前政権も利権塗れの中、一向に結論を出せないのがはっきりしている。

そんな折も折。元防衛次官の守屋が雑誌に語っているそうで。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売新聞  2009/12/09

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091209-OYT1T00049.htm

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)に移設する現行案決定に携わった守屋武昌・元防衛次官は、10日発売の中央公論で、移設問題の混迷の一因が海上埋め立て工事に絡む利権にあると指摘した。

(中略)

守屋元次官は防衛装備品の調達を巡る汚職事件で収賄罪と議院証言法違反(偽証)に問われて1審で実刑判決を受け、現在控訴中。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 この移設問題で暗躍した元官僚が、このように語っているというのは、この問題が基地建設利権で、守銭奴が群がっていた。それで、グチャグチャになり今まで解決できなかった自民党が、この問題で鳩山政権を批判できるかっていうのだ。

再三言うけども。結局、八ッ場ダム建設とおんなじ構図です。外国が絡んでるだけの違い。

 

« アメリカの都合で基地移転取りやめはOKなのね | トップページ | 今さら手打ちの略式起訴 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

ふじふじさんのところに入れたコメントと同じ内容になってしまうのですが、このグアム移転をよく見ていると。

①なにやら、グアム移転は自衛隊も(グアムで)訓練ができるので歓迎。
②沖縄の米基地は、自衛隊も共同使用でできる体制なので作りたい。
*(つまり)自衛隊は、基地は残したい
③普天間の有事の際の大型滑走路機能は、九州に移している。
(本当は大型滑走路は必要がない?)
④キャンプ・コートニーの海兵隊第3遠征軍司令部をグアムに移転。
⑤キャンプ・コートニーの海兵隊隊員数千人を削減
(どうゆうことかというと)在沖米軍(実数13000)のうち、数千人を削減(除隊・削減)3遠征軍司令部(グアム移転)。ようは日本から金だけは引っ張って移転をして、海兵隊はリストラ?

ここから見えてくるのは、2000年グアム移転の話があったときに当初3000人と言っているのは、3遠征軍司令部の3000人をさす。つまり、でこぼこがあって最大18000人言っても本当の実数は13000人でこの中から3000人と数千人(除隊・削減)を引いたら、果たして何人が残るでしょう(笑

この3000が8500人に増加をしていますから、現実にはほとんど沖縄には残らないはずです。
なのよりも、8000人と家族9000人がグアム移動となっていたものが、8500人と家族9000人となっています。つまり、500人増加をしていながら家族は増えていません(笑

ここからは、想像です。
おそらく、グアムには米海兵隊は殆どが移転をするのでしょう。しかし、自衛隊が共同使用をすると言っていまうから、沖縄には米海兵隊が残っているという形が必要です。そこで、麻生の「止力維持のための譲れないライン」という言葉が生まれたのでしょう。この言葉、米軍とも自衛隊とも取れます。最低でも辺野古に基地を作るとなれば「海兵機動展開旅団」つまり3000~20000人程度は残っているよって言わなければ、つじつまが合わなくなります。

じゃあ~、辺野古に長い滑走路は必要かというと、有事の際の大型滑走路機能は、九州に移していることから必要はないので、軍民使用という形です。が、現実には自衛隊が使いたいのでしょう。

では、アメリカ側のメリットはというと、米軍基地の使用料を自衛隊に請求ができます。同時にグアムでの訓練でも使用料を請求をするでしょうが、自衛隊が年がら年中グアムへ出かけたらそれこそ国民から追及をされかねません。

岡田の、嘉手納の話は、米空軍が普天間の問題が起きたときに最初に断ったていることは下河辺氏のインタビュー記事からも知れます。ほんの一時ブッシュ時代に嘉手納の話もあったのですが、これはすぐに消えました。なので本来はありえない話なのですが、「辺野古に長い滑走路は必要か」という部分で考えるとはじめから必要が無いわけですから、形だけの移転を狙ったのでしょう。しかし、アメリカ側が辺野古の滑走路の使用料を考えていた場合は飲める話ではないでしょう。まぁ~、結果は(笑

北沢のグアムでの発言は、参議院の外交防衛委員長を2年務めているわけですから、米軍と自衛隊の裏事情を知っているわけですから、(実際は殆どの海兵隊がグアムに移転をするという事実)ようは、危険の軽減はできるという考えでしょうね。もっとも、米軍そのものの利権と自衛隊の思惑、工事そのものの利権と北沢の手に余るのかも(笑

まぁ~、取り込まれたという見方もありますけどね。

ようは、ちょいと口を両大臣とも開きすぎなのかも。昔の政治家と比べたら軽く感じてしまいますが、どちら側を向いているのか、どちらから圧力がかかっているのか(笑

そのうち見えてくるでしょうね。

udonenogure

udonenogureさん、コメントありがとうございます。
昨日でしたか、テロ朝の「やじうま」に伊波・宜野湾市長が出演していて「2006年に日米合意で海兵隊は大部分をグアムに移転する、となっているのだから、仰る(大谷、ミタゾノなど、出演者を指す)、基地の危険性がいつまでも残ると考えるのは間違いである」と言ってました(笑)。

ご教示頂いた(ありがとうございました、勉強になりました。まだ少し残っていますが)、下河辺氏のインタビューで、米側はそもそも、滑走路は40メーターで良かったそうですね。ただし新しい設備は欲しい。
それが1000メーター、1600メーター、と伸びてきた。そこにはどんな思惑や力が働いたか?自ずと答えが出てきますね。土建利益と、アメリカの抑止効果というのが欲しい勢力が厳然と残っているからでしょうね。
マスゴミもそんな勢力と結託しているので、「日米同盟の危機」と煽る訳でしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46985421

この記事へのトラックバック一覧です: なんで、学習しないのかね:

» 主権者国民の意見を聞いたら 鳩山首相 普天間問題と民主政治の王道 [ブログ blog で 情報交換]
主権者国民が自公政権をNO!と審判し、政権交代が実現し、鳩山新政権が生まれ、新し [続きを読む]

« アメリカの都合で基地移転取りやめはOKなのね | トップページ | 今さら手打ちの略式起訴 »