フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 鳩山政権の抵抗勢力 | トップページ | 政治利用?その後の自衛隊横須賀ツアー »

2009年12月26日 (土)

いつもの年末風景

 やれやれ、クリスマスがやっと終わって、ホッと一息というところ。ひたすら昭和くさいオヤジの私には合わない風潮で、この時期はなんとなく居心地が悪いものだ。
じゃ、逆に聞くが、花の独身時代は居心地が良かったのか?と問われれば、すみません。良くありませんでした、と即座に謝ってしまうのだが。
記憶にあるのは、こういうイベントのときに彼女が居たことない、ということか。クリスマスしかり、バレンタインしかり。
世の中から無くなれば良いのに、と思ったことも一度や二度じゃない。

 クリスマスが終わったら、次は当然正月だろうけども、その前に年末・年始休暇で「帰省ラッシュや、日本脱出で成田などが大賑わい」などというニュースが、マスゴミの年中行事でダラダラ流される。飽きもせず毎年同じ編集をするもんだと、手枕で横になってテレビを眺めるいつもの年末風景。

 帰省は許せるが、日本脱出で海外へという連中のインタビューを見てると、全身にヒガミ根性が満ち溢れてくる。

「グアムへ4泊5日で、夫からのプレゼントですの」

「ヨーロッパ1週間行きます。ウフフ、自分へのご褒美です」

 多くは語るまいが、私の目つきは半眼になり少し凶悪な光を帯びてくるのが自分でも分かる。(なんか悪いことしてんじゃないのか?この不況に)なんて考えがかすめるけれど、そんな妬みの心を押し込んで、お茶を一杯。

 ところで、商戦は早くも次のステージへいってる訳で、未だ正月も来ていないこの段階で、スーパーのチラシなんかでは「節分の恵方巻き、予約承ります」なんていう文言が躍っている。まだ正月三が日終わってないやんか、というオッサンのツッコミ虚しく、商魂はたくましくなるばかり。
ケツを押されてばかり、あまりにも早い生活サイクルではないか。チットはゆっくりさせろ、と言いたくなる。

 恵方巻きって、大阪からいつの間にか全国に波及したみたいだが、大阪でも昔はメジャーな風習ではなかったような気がする。私の両親は大阪の「地」の人間ではなかったので知らなかったのかもしれないが、私がそれを知ったのは社会人になってからだった。
これも要するに、バレンタインのチョコレートと同じで、巻きずしを売らんかなということなのだろう。

こんなものに踊らされまいぞ、と思っていても家人が買ってくれば、きっと黙って食べるのだろうな。

« 鳩山政権の抵抗勢力 | トップページ | 政治利用?その後の自衛隊横須賀ツアー »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/47121144

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの年末風景:

« 鳩山政権の抵抗勢力 | トップページ | 政治利用?その後の自衛隊横須賀ツアー »