フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 12月8日 再出発 | トップページ | アメリカの都合で基地移転取りやめはOKなのね »

2009年12月 9日 (水)

経済対策7.2兆円

 政府の二次補正予算閣僚会議で亀井金融相と菅副総理が口論した。なんか、大声で20分程もやり合ったそうで(笑)。マスゴミはその場にいたかのような報道をするので、いつも「お前、その場にいたのかよ」とツッコミを入れる私です。誰か、チクル奴がいるんでしょうな。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp

口火を切ったのは菅氏。「なんで金曜日に来なかったんですか」と、亀井氏が4日の同委に出席せず対策決定が遅れたことを批判。さらに「郵政株式売却凍結法案も国民新党のために成立させた」「(元大蔵事務次官の)斎藤次郎(日本郵政社長人事)も認めたのに」とたたみかけた。

 これには亀井氏も猛反論。「郵政は3党合意でやったんだから、言われる筋合いはない」「人事はおれが首相とやり取りして決めたんだ」とまくしたて、「ここでは(対策を了承するとは)言わない。首相が決めたら従う」と態度を硬化。対策了承が閣議に持ち越される異例の展開となった。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 国民が「デフレ状態」でキュウキュウとしてるのに。
ケンカしてる場合か、大人げないぞ(笑)。
マスゴミもコイズミ・タケナカ改革の信奉者が多いから財政規律ばかりですしね。ところで、最近思うのですが、国内債務がほとんどを占める日本の場合、そもそも国の借金って返す必要あるのか?とか(笑)これについては経済評論家・学者などの意見も分かれるそうですね。

 ともあれ、補正というのはメッセージ性の強いもんだ。だから大幅な予算を組むのだという意識のカメちゃんと、このあいだは「デフレ状態にある」と云う認識を示したのに、「財政出動をすれば良いというのはいささか古い」と矛盾を語ったイラ菅さん。

 これですね、私は政府の財政出動は必要だろうし、いくら税収を上回る国債発行が1946年度以来だろうがなんだろうが、やるべきだろうと考えるんですね。従って亀井氏の肩を持ちます。だって「百年に一度の金融危機」ですよ。
しかもアホーアッソーも「全治3年」と、なんの根拠があるのか意味不明なことを言っていたでしょ。(どうも、財務省の振り付けらしいんですね、昔から、3年、というのが財務省のキーワードらしい)

 ところがです、民主党の不ジイの爺さん筆頭に財務省に取り込まれてしまい(不ジイは元大蔵官僚だから先祖返り)予算緊縮型になってしまったかのようです。私が好感持っていたイラ菅さんもその手のうちに。
生活第一はどうしたんだよ、と言いたいのですな。

 でもひとつだけ。
この経済対策で気にくわないのがエコカー減税の延長ですな。
まあね、ヴィッツだとかフィットや、【百歩譲って】プリウス等を許しても。なんで、1400万円以上のレクサスLS600hやベンツのHV車が減税対象なんだと思う。
そんな高級車を買う奴に追い銭は要らんでしょう?


 それはさておき。財務省というのは経済の本によると、もともと緊縮型を志向するものだそうで、じゃ、なぜ緊縮型かというと「予算の自由裁量を維持して、各省庁に対する優位性を保とうとする力と、天下り先確保」だそうです。ようするに、ワシらの言うこと聞いとけばカネは出しちゃる、という事を保ちたいのだそうです。

 やはり、ここは積極財政でしょうか。そうでないとデフレ脱却、(デフレ状態って政府の見解でしょ)なんて無理です。日銀と連動して「買いオペレーション」をして貰い、お金の供給量を増やす。いわゆるインフレターゲットでしょうかね。
だけど、デフレ大好きな日銀は腰が重い。このあいだの日銀金融政策決定会合での方針では「デフレ」を認め、新しい資金供給策を提示したけれど、「買いオペ」まではやらないってんですから。

 日銀の量的緩和策を取らなきゃ、景気回復は無いでしょうね。
結果、景気回復ならず、税収落ち込み、さらに国債発行の悪循環と。
鳩山政権、そうならないように頼んます。

(参考サイト)

http://allabout.co.jp/career/economyabc/closeup/CU20021231A/

http://hiroseto.exblog.jp/11736801/ (広島瀬戸内新聞ニュース)

(参考)

「雇用大崩壊」  田中秀臣著    NHK出版生活人新書

« 12月8日 再出発 | トップページ | アメリカの都合で基地移転取りやめはOKなのね »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ーデフレの根は、深いー
日本社会の致命的な欠陥は、文科省と学校がとことん腐敗していることです。
大学が文科省官僚の天下り機関に変わり、読み書き計算の指導技術も身に付けない教員を排出しています。教科書も指導方法も幼稚でデタラメです。不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人を作る学校は、教育機関の資格がありません。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。この本は、学校現場から愚民化教育の実態、時代錯誤した非効率教育、教育荒廃の仕組みを明らかにした驚くべき書です。
この本こそ、政府が、国民を騙し、子供を虐待し、不登校、引きこもり、ニートにしたことの明白な証拠です。知識時代に愚民化政策を行う者は、国民の敵です。
受験競争で時代遅れの知識を詰め込ませ、世界最低となった大学に進学させ、外国語もIT能力も金融や法知識もない若者を育てれば、貧窮し自殺者が出るのは当然です。失業も倒産もデフレも、文科省の腐敗官僚による悪行が原因です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46976753

この記事へのトラックバック一覧です: 経済対策7.2兆円:

» 麻生の焦土作戦で金がないのは国民が知っているのに、いまさら! [kimekime25]
アクセスに 深く感謝いたします。 国庫に金がない! なんてことは 政権を取る前から わかりきったことではないのか?! 民主が言い出した 霞ヶ関埋蔵金まで エコ対策とか 緊急対策とか誤魔化して 補正で企業・業界にばらまいて あげくに 官房機密費まで 持ち逃げして・・・。 今更国債がとか言ってられる場合かよ 藤井! まだ特別会計に 無駄な金は残っているのに 財務官僚のいいなりで 独立法人への 資金バラマキさえ手が出せないでいて! デフレを認めたなら 税収の大幅... [続きを読む]

» 【経済危機】子供手当や暫定税率の撤廃などのマニフェストを着実に実行すべき【国庫破綻】 [ステイメンの雑記帖 ]
 864兆5226億円。この金額は去る11月10日に財務省が発表した9月時点における国債や借入金などを合計した「国の借金」である。  これはGDP比で約190%に相当するというG7諸国中、ダントツで悪い数字であって、もはや 我が国の国家財政は破綻状態にあると断言して良い!  そんな中、アホウ前政権のよる後先考えない財政出動にも拘わらず悪化する一方の景気を下支えするために、 09年度第二次補正予算が次期通常国会に提出 されるとともに、日銀も一段の金融緩和に踏み切ったところである。  しかるに、そんな ... [続きを読む]

« 12月8日 再出発 | トップページ | アメリカの都合で基地移転取りやめはOKなのね »