フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

普天間問題認識のボヤキ話

 いやあ、二日酔いでして、ブログを書く気が起こらんのですわ(笑)。
まあ、どうせいつものウダウダ話で終わるのでしょうが。今日を入れて今年もあと二日。取り敢えず平穏に年末を迎えられそうで良かったのかな。

 政権交代は本当に良かったし、今年一番の出来事だろうと思う。二度と自民党なんかにゃ、戻りたくないけれど、やっぱり不満や、つっ込みどころなんかも色々出てくる。全部賛成ということは無理だろうし、あり得ないのですが、ポッポさんねえ。お母さんの「子ども手当」では辞める必要はないと思うのです。
ですが、相変わらず言葉、発言が軽いのですな。

 鳩山さんは、自分で発言の軽さを反省しておきながら、「普天間基地移設のグアム移転は難しい」「アメリカの意向は大事だ」と言い。
ヒラの官房長官はそれを翻す。「グアムを排除するつもりはない」とウチ消したのですが。
今度は岡田外務相は混ぜっ返すのですね「辺野古案は生きてる」
いつものようにみんな勝手な発言して、マスゴミに批判材料を与えまくっています。恒例行事か。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

朝日新聞   2009/12/26

鳩山由紀夫首相は26日のラジオ番組収録で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先にグアムを挙げる意見が政権内にあることについて「抑止力の観点からしてみて、グアムに普天間(の基地機能)をすべて移設させるということは無理があるんじゃないか」と述べ、実現は困難との認識を示した。

朝日新聞  2009/12/28

平野長官は鳩山由紀夫首相が否定したグアム移設について「グアムを排除するつもりはない」と述べ、検討委員会で議論する考えを示した。

共同通信  2009/12/29

岡田克也外相は29日、記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をめぐり、日米が合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)に代わる移設先探しについて「より良い移設先が出てくれば、そっちにすれば良い。出てこなければ現在の案が生き続けている」と述べた。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 上から時間が流れて行くのですね。マスゴミの恰好の餌食(笑)。
しかも、ポッポさんはこのラジオ番組で、こうも言ってるそうです。

>「各閣僚も自分の思いを、勝手にとは言わないが正直に話されてきた。しっかり打ち合わせをして、話すべきでないところは話すべきではなかった。本来なら、1人だけが発言するようにとどめておかなければいけなかった」と述べた。

 もうコントでも見ているような感じですな。なんだかな~(笑)、ということで。年末ぐらいピシッと締めて下さいよ、頼むから。

まあ、ボヤキはこれ位にしますか。

明日、大晦日は更新できるかどうか分かりませんが、このブログにお立ち寄り頂いた皆さん、どうか良いお年をお迎え下さいませ。

2009年12月28日 (月)

政治利用?その後の自衛隊横須賀ツアー

 マスゴミが報じるのを信用なんか出来るか、と言いながらも私などのド素人はテレビやネットからのニュースに頼らなければならないジレンマを抱えている訳でして、報道の取捨選択を自ら行うという、高等テクニックを駆使しなければやっていけないこの国は、どこかのサイト(忘れました)で、「報痴国家」だと書いてました。
上手いこと言うもんだと感心したけれど、フト考えればゴミウリ系で「ホウチ新聞」なんてのが有ったなと。字が違うか(笑)。

 鳩山さんは27日から、インドへカレーを食べに行ったみたいで、カレーライスなら横須賀自衛隊基地の海軍カレーを、シンジローと一緒に食べればよかったのに♪と、さりげなく絡みつつ、前の記事、政治的利用を禁じた自衛隊法違反の件を蒸し返すのですが(笑)。田岡氏が予告されてた、アエラの小さなコラムです。これを新聞・TVで見たことが無い。
やっぱり、スルーですか。
マスゴミの面目躍如というところですな。抜かれた記事には無視を決め込むのか、それとも新人議員にすがりつく、終わってしまった野党に「武士の情け」かな?

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

田岡俊次の特ダネ記者魂   アエラ   12月22日

自衛隊法は自衛隊員に許される政治的行為を「選挙権行使」に限っていて(同法61条)、自衛隊法施行令87条には禁止される政治的行為の一つとして「政治的目的のために国の庁舎、施設、資材又は資金を利用し、又は利用させること」が挙げられている。その「政治的目的」の定義(同86条)には「特定の政党その他の政治団体を支持し、又はこれに反対すること」が含まれている。小泉氏は「自民党再生のために」この見学会を企画した、と語っているから、自衛隊の庁舎、施設、資材を政治的目的に使った疑いがあり、利用させた責任者は外形的には自衛隊法違反として「3年以下の懲役又は禁錮」にあたる可能性がある。演説については「艦の見学と厚生センターでの昼食、休憩を許可、案内しただけで、政治演説をするとは思わなかった」と故意を否定することはできようが、演説がなくても政党が党勢拡大のために自衛隊を利用すること、それを許すこと自体に問題がある。

(引用抜粋)

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 これを問題にしないマスゴミって何なのだろうか。それにしても、系列の浅非もどうなのだと、強く思いますね。

 じゃ、仮に法違反じゃないとすれば。
もし次に、共産党が同じような企画を立てた場合、例えば「志位委員長と行く、自衛隊ツアー」なんてのが出たらどうすんの?
或いは「志位さんと自衛隊舞鶴基地見学、『蟹工船』朗読ツアー・オプションでカニ食べ放題」なんてのが自衛隊に提出されれば、その対応は?自衛隊は受けるのか?ということですな。スジとしたら同じ野党だし、受けなきゃいかんけれども・・。

受ける訳ないわな。

共産党もそんな企画しないだろうけど(笑)

だけども、話とすればそういうことなのです。実際、その時自衛隊はどうするのか?ぜひ見てみたいなあ。
 

2009年12月26日 (土)

いつもの年末風景

 やれやれ、クリスマスがやっと終わって、ホッと一息というところ。ひたすら昭和くさいオヤジの私には合わない風潮で、この時期はなんとなく居心地が悪いものだ。
じゃ、逆に聞くが、花の独身時代は居心地が良かったのか?と問われれば、すみません。良くありませんでした、と即座に謝ってしまうのだが。
記憶にあるのは、こういうイベントのときに彼女が居たことない、ということか。クリスマスしかり、バレンタインしかり。
世の中から無くなれば良いのに、と思ったことも一度や二度じゃない。

 クリスマスが終わったら、次は当然正月だろうけども、その前に年末・年始休暇で「帰省ラッシュや、日本脱出で成田などが大賑わい」などというニュースが、マスゴミの年中行事でダラダラ流される。飽きもせず毎年同じ編集をするもんだと、手枕で横になってテレビを眺めるいつもの年末風景。

 帰省は許せるが、日本脱出で海外へという連中のインタビューを見てると、全身にヒガミ根性が満ち溢れてくる。

「グアムへ4泊5日で、夫からのプレゼントですの」

「ヨーロッパ1週間行きます。ウフフ、自分へのご褒美です」

 多くは語るまいが、私の目つきは半眼になり少し凶悪な光を帯びてくるのが自分でも分かる。(なんか悪いことしてんじゃないのか?この不況に)なんて考えがかすめるけれど、そんな妬みの心を押し込んで、お茶を一杯。

 ところで、商戦は早くも次のステージへいってる訳で、未だ正月も来ていないこの段階で、スーパーのチラシなんかでは「節分の恵方巻き、予約承ります」なんていう文言が躍っている。まだ正月三が日終わってないやんか、というオッサンのツッコミ虚しく、商魂はたくましくなるばかり。
ケツを押されてばかり、あまりにも早い生活サイクルではないか。チットはゆっくりさせろ、と言いたくなる。

 恵方巻きって、大阪からいつの間にか全国に波及したみたいだが、大阪でも昔はメジャーな風習ではなかったような気がする。私の両親は大阪の「地」の人間ではなかったので知らなかったのかもしれないが、私がそれを知ったのは社会人になってからだった。
これも要するに、バレンタインのチョコレートと同じで、巻きずしを売らんかなということなのだろう。

こんなものに踊らされまいぞ、と思っていても家人が買ってくれば、きっと黙って食べるのだろうな。

2009年12月25日 (金)

鳩山政権の抵抗勢力

 鳩山献金疑惑って、お母ちゃんのお金をいつの間にか秘書が自分の政治団体に入れちゃって、それを他人の名前を使って報告していた。という鳩山総理の説明でしょ。まあ、政治資金規正法の虚偽記載ではあるんでしょうね。で、担当者が略式起訴、と在宅起訴ね。聞くところによると略式の方は30万円の罰金命令だったそうで、なんか、万引きの罰金50万円以下よりも少ない額だそうですね。

 アホウが「とてつもない金持ちで」って言ったそうだけども。ポッポ総理は私が睨むところ、そんなレベルではありませんね(笑)。
去年のリーマンショック【アホウはルービン・ブラザースとぬかしたそうで(笑)、相変わらずですが】でポッポ弟が「40億円ぐらい損した。兄貴もそれぐらいパーになったんじゃないかな」と漏らしたそう。それを聞いた記者が鳩山総理に確認したところ、「うーん、そんなもんじゃないかな?」と言ったというんですから(笑)。

 そんなレベルの大金持ちですよ、鳩山家は。だから、普通の感覚でモノを言っちゃダメ。月々の1500万円が何処へどう流れたか、使われたか、そんなもんあなた。ご本人が分かりますかいな。
で、母親からの贈与だということで贈与税を納付すると。それで良いんじゃない?なんで辞める必要があるのかよく分かりませんな。
結論が出たっていうことですが、選挙前から発覚している案件ですよ。それで本人も当選して、政権交代したと。それ以上でも以下でもないと思いますが。

 世論が決めるっていうことみたいですが、マスゴミは捏造世論を形成するかもしれません。従って私は、辞める必要はないと、ここで宣言しておきましょう。この10年間で7人も総理が変わる異常事態のこの国です。6人はクサレ自民党の人ですが(小渕、モリ、コイズミ、アベ、フクダ、アホウ)。政権投げ出しやら、放り投げやらが有った国がどれだけ疲弊するか。これ以上、短期間でリーダーが変わることは国民の為にならないですね。
やること、てんこ盛りで一杯あるんだよ。辞めたりしてる場合か。

 話変わって、コイズミがよく言ってた、「抵抗勢力」っていう言葉ですが、今の鳩山政権は4つの抵抗勢力がありますね。

1・ 官僚

2・ マスゴミ

3・ 土県ヤ知事

4・ 自民党

 4番目は終わっているからどうでもいいけども(笑)。
2・3番目は今日は割愛します。マスゴミは言わずもがな。土県ヤ知事は、まあ、昨日も神奈川の独裁知事を批判したので。

 1番目の官僚は、このあいだ駐米大使のフジサキ某が自作自演でやったのか、ヒラリー・クリントンおばちゃんに急遽呼ばれたって、国務省に出掛けたけども、車から降りてくる大使を、マスゴミのカメラが待ち構えていたそうで。あとで、アメリカの報道官が「呼んではいない」と(笑)。「彼が立ち寄ったんだ」と。

 これなんか、「川口探検隊」みたいですね。「我々は前人未到の洞窟に足を踏み入れた!」って、そこにはカメラが待ち構えていて、探検隊が入ってくるのを撮影してたりするのとおんなじ(笑)。(これを知っている方は、私と同じで、オヤジ、オバですね。)

 そこまでしても、普天間基地の辺野古移転を履行させたいという外務省官僚の策略だそうですね。しかもすぐバレルようなお粗末な筋書きで。

 こんな連中(宮内庁の助平ハゲも勿論)をさっさと放り出してしまうことを総理にはお勧めいたしますね。
そうそう、記者クラブ解体も忘れずにね。

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/12/post_451.html

上記リンク:THE JOURNAL参照

 

2009年12月24日 (木)

神奈川県知事がエラそうに言えるのか

 民主党の目玉政策、子ども手当が既存の児童手当と合わせて支給されるそうで、原口総務相の説明では、来年度のみの暫定措置だそうです。所得制限をしないことや、財源が苦しいということも有るんでしょうがね。
所得制限を実施となれば、個人の所得を把握するのに、事務の煩雑さや費用などがネックになり、それこそ自治体の負担が大きいと思うのです。

 ところが、これとは別に財源の地方負担について、各自治体の首長が反対を表明していまして、民主党のマニフェストなんだから全額国費負担でやって欲しいということですな。おなじみ大阪府“トッチャンボーヤ”知事は勿論、宮崎の“土建化せんといけん”知事がワーワー、言うてますな。

 だけども、この「子ども手当」という制度が無ければ、来年度も児童手当はやっぱり負担しなければならないのでしょ。地方の交付金も増えるって言うし、文句あっか?という感じなんですが。ガソリンの税金も減らなかったじゃんよ。
昨日もわざわざ、中国からの記事で関西の3知事が批判したと伝えていますね(笑)。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信  2009/12/23

【杭州(中国)共同】京都府の山田啓二、大阪府の橋下徹、兵庫県の井戸敏三の3知事は23日、政府が2010年度に支給する子ども手当に地方負担を求めると決めたことについて「地域主権に真っ向から反する」「話し合いのプロセスがなかった」と決定に至る過程を厳しく批判した。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 これとは別に、神奈川県のマズザワ知事などは強く政府を罵っていましたね。この人、元民主党なのにえらく攻撃的だなと思って調べれば、イジワル都知事や、埼玉の飢えだ知事ともお友達で、中田元横浜逃亡市長と盟友ですから、推して知るべしか。それに確かこ奴は、アメリカへ行って、普天間基地の移設は辺野古へ、とやっていた奴だな。このヤローは。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日テレニュース24  2009/12/12

子ども手当地方負担ならボイコット~7知事

 「『子ども手当』を地方に負担させるのなら、公約違反であり、憲法違反である。国が強行するなら、我々は徹底的に戦う」-子ども手当の一部を地方自治体に負担させる案に対し、知事らが強く反発し、11日、地方負担がある場合、手当支給の業務をボイコットすると宣言した。

 神奈川・松沢成文県知事は11日、大阪・橋下徹府知事ら計7人との連名で、子ども手当の地方負担に反対する要請書を厚労省・山井和則政務官に手渡した。要請書では「国が財源を工面できないからといって、子ども手当の一部を地方に負担させるのは地方自治の侵害だ」と主張している。その上で「国が強行した場合には、子ども手当の支給に関する業務のすべてをボイコットする」と山井政務官に伝えた。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 しかしよく見ると、このニュースは12日のニュース記事です。それを何故か今日のテレビで何度も流しています。そこにも違和感を覚えるのですけれど。いつものマスゴミ情報操作報道だろうか。

 しかしまあ、吠えるもんですな。この辺りの連中の発言は全て、「私の自治体からカネを出すんなんてとんでもない。絶対反対!その代わり補助金はタンマリ出せ!そして口は出すな」という、全面的にエゴの塊なんですね、聞いてると。

 神奈川県といえば、ついこのあいだ、職員の裏金作りと、さらにその金をパチンコに流用なんていう不祥事が発覚していませんでしたかね?
マズザワ知事さんと幹部が雁首そろえて頭下げてたんじゃないのか。県の予算を削減して裏金作るつもりで、地方負担反対って、叫んでいるような気がするけどもな。
そうやって、裏金作っている余裕があるんじゃないの。しかもパチンコかよ。えっ!?何千万円とか言ってなかったっけ。まー、よく負けるもんだ、ちょっとは勝てよ(笑)。

 この問題で、その他の自治体では支給が始まったとして。仮に7県の知事がボイコットすればどうなるか?それこそ大変でしょうな。 
ポッポ首相がひ弱な感じで、恫喝すりゃ何とかなると思って、埼玉の飢えだ知事なんかと組んでやってるけれど。
いい加減にしないと「なんでうちの県だけ子ども手当ナシなんだ?」と県民の怒りで、えらい騒ぎになりそうな気がしますがね。

追記:2009年12月25日

このエントリ記事で、マズザワがやはり記者会見しているもようでして、訂正いたします。やはり「憲法違反だ」と強く国を批判していて、神奈川県民が他の県よりも少ない支給額でも戦うって、ほざいています。

それを、勝手にお前が独断で決めて良いのか?それが民主主義か?どう見ても、クソ知事こそが独裁だろう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0912240040/

神奈川新聞   2009/12/25

 政府が子ども手当に地方負担を入れるため、現行の児童手当を形式的に存続させることを決めたことについて、松沢成文神奈川県知事は24日、「姑息な手段で、地方自治や地方の行政執行権を保障した憲法にも違反する。ボイコットし、あらゆる法的措置を講じていく」などと述べ、児童手当の県負担分を2010年度予算案には計上しない方針を明らかにした。

 児童手当の県負担分は09年度で143億円。神奈川県内の子ども手当受給者は他の県よりも少ない額しか受け取れなくなる恐れも出てくるが、知事は「そうならないよう戦い続ける。国に翻意を促したい」と強調。一方で、「国が強行するなら、そうなる可能性がある。(その場合は)神奈川らしい方式も同時に考えたい」と、独自の対策を行う可能性を示した。

 知事はまた、現行の児童手当についても「違憲の疑義がある」と指摘。「児童手当をつくるときも地方は何の相談も受けず、一方的に負担を増やされてきた。我慢を重ねてきたが限界がある。司法の場で決着をつける必要がある」と述べた。

 「受給者の理解が得られると思うか」との質問には、「分からない。これからは厳しい批判もあると思うが、国に負けっぱなしで全部負担に応じて、県が財政再生団体になってもいいかと聞いたら、皆さんも考えてくれると思う」と答えた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アメリカの手先知事がふざけまくっていやがりますね。

 

2009年12月23日 (水)

使い捨ての派遣・期間労働

 人件費を労働コストと称した企業側にとって、都合の良い派遣という労働形態。でも、一般の人から見れば好きな時間帯、好きな期間に自分が都合よく働いているんだろう、という認識で派遣を見ている人が多いのが現状ではないかと思うのです。

 去年の今頃は「年越し派遣村」がニュースを占拠した感がありました。それについて、無理解な輩が「安易に派遣を選び努力もしない、その人自身が悪いのだ、自己責任だ」という酷い言葉を浴びせる。
しかしそう批判しながら一方で、仕事を選り好みしてると罵倒するのです。東京都ジジなんて「仕事を斡旋しているのに、あれも嫌、これも嫌という。人生の姿勢としていかがなものか」と言う訳です。

 「安易に派遣なんていう仕事を選びながら」、と言いつつ、「あれも嫌これも嫌・・選り好みしやがって」という矛盾を吐く訳です。そんな連中が政府が今開いている、派遣法改正審議会で使用者側として妄言を喚いているそうです。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ブログ広島瀬戸内新聞ニュースより。

派遣法審議会傍聴報告+キャバクラユニオン結成記者会見報告
栗田隆子

朝八時、厚生労働省・合同庁舎9階会議室で行われた「第141回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会」はぎっしりと人が詰まっていた。
ほとんどがスーツを着た男女。傍聴席側からみて右手に使用者側代表、その反対に労働者側代表、そしてちょうど正面に公益側が座っている。
ちょうど使用者側の発言が聞こえてきた。
「製造業派遣の禁止というものは大変困ります。5年前とは違い、中国も伸びている。インドだって車が作れる時代になっている。グローバリゼーションが波及しており、派遣なしには企業は成り立たないのです。製造業派遣にも女性はおりますし、製造業派遣にも例外を設けて欲しい」と秋山さんという使用者側の女性が話をしている。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 ようは、製造業派遣の禁止を言う与党の方針に対して、反対する使用者側の意見はこうです。「グローバリゼーションで中国やインドと競争して勝ち抜かなければ企業は生き残れない」と言っています。
だから、製造業派遣を禁止しないで、という論理です。

 中国やインドという国と、企業は人件費やコストの面での競争をしようと、本気で思っているのでしょうか?日本と、例えば、中国との収入や物価の違いを考慮に入れた発言だろうか。
世界の工場だといい、賃金の安さに飛びついておきながら、その安い労働力の国と戦うという嘘っぱちを言っている。これは確信的にそういう欺瞞を言っているのですね。

 しかも、派遣は「ワークライフバランスにとっても良いことだ」と言い出す始末です。これなんかは便所野郎率いる経団連もよくいう理屈でして、この言葉は本来の意味である個人の仕事と、プライベートの時間の適切な配分というよりも、企業にとっての労働力のバランス(雇用、解雇)を簡単にとり易い派遣労働が「必要で良いこと」だという意味です。
つまりどこまで行っても企業の自分勝手な論理。なにより、今現在も中国やその他の発展途上国で製造しているではありませんか。

 極論すれば、そんなにもグローバリゼーションとやらが過酷なら、派遣労働どころか、製造業は日本から全て逃げ出すことでしょう。だとしたら派遣だけをどうこうしても始まらない。
いまや、3人に一人は非正規雇用の世の中です。正社員だと安穏とし、自分は関係ないなどと、そのことを知ってか知らずか、雇用調整助成金という補助金で自分の首がつながっている、200万人以上の正社員の人達がいる今、派遣労働者や期間社員を見下したりせず、全ての労働者の問題だという意識で捉えなければいけないと考えるのです。
でないと、いつか自分の身に降りかかって来る日も、そう遠くはないことでしょう。

 

2009年12月22日 (火)

暫定

 政府が決定した、ガソリンなどの暫定税率が「実質」据え置きになることについて、税率を廃止して新たな枠で課税する、ということなんですけれども。まあ、仕方がないかあ(アホタレ)、ポッポは謝っているし(もっとシャキッとな)。腹は立つけれどもね。

 民主党のマニフェスト項目の中でいうとウチの家庭で、今、直接関係ある政策といえば、ガソリン暫定税率の廃止と高速道路無料化ぐらいでしょうか。将来に渡ってということなら年金、介護や医療もかかわってくるだろが、子ども手当も高校の無償化も関係ない。だから、実際のところガソリンの価格が安くなるのは期待していた。それが無くなったので、残念ではありますな。

 地方自治体は税収減にならなくてホッとした事だろうし、自動車関連や運輸関連は批判しているそうで。あちら立てればこちら立たずということですか。

 それにしても、相変わらずマスゴミやジミン党はどちらにしてもグダグダ言うんだろ。この間までマスゴミはマニフェスト至上主義はいかがなものかと言ってただろが。やかましいことです。
地味ーん党のオオシマ何某という幹事長が「廃止と言ってたんだから廃止すりゃいいんだ。以上」なんて喚いてましたが、お前たちは福田内閣の時に暫定を維持したんだろが。ボケナス。訳分からんこと言うなよ。

 それよりも、ガソリンのタックス・オン・タックスを止めて欲しいなあ。今の価格は税金にも消費税を掛けている計算です。これらを直ちに是正してほしいもんです。ところで、ガソリンなどの分ははそういうことなんですが、自動車重量税の暫定税率は暫定の部分を半減させる、ということも併せて発表していたのですが、こちらは大きく報道されていませんでした。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>   2009/12/22

首相は今夏の総選挙で「暫定税率を廃止して2.5兆円の減税を実施する」と主張したことから、暫定税率の廃止にこだわったが、税率分の税収を維持することで、国税と地方税をあわせて2.5兆円の減税は実現しない。自動車の購入時や車検更新の際に納める自動車重量税については、民主党の要望通り国税の暫定税率を半分に減税する。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

重量税は車検ごとに支払う税金であるのはご存じのとおり。(wikipedia)

本来の税額と別に、理由は明確ではないが暫定税が上乗せされている。

新車購入時(3年分) 22,500円→56,700円
車検時 (2年分) 15,000円→37,800円
(1~1.5tの場合)

年/2500円×0.5トンが本則の税額

年/6300円×0.5トンが暫定税加算額

(自家用車の場合)    

従って1.5トンの重量の車は車検時、2年/37800円となっている。

 報道では詳しく言ってないので分かりにくいのですが、加算分の半額が減税される、つまり年/1900円程度安くなるのか?こういう点も詳しく報道しろっていうのです。マスゴミ!
国民はこういう点を知りたいのだ。重量税も、40年間暫定だったのですからね。

クリスマスウイークですか

柄でもないですし、クリスチャンでもないので関係ないけれども、世間ではクリスマスで盛り上がっているのですかね。

いつから、クリスマスウイークなんて言い方が。

しかしありゃ、子どもと若い人のイベントですな。

ウチではなーんもしません。イブの夜は鍋物か?(笑)

せめて、ブログだけでもクリスマスらしく、なんて。

ナット・キング・コール   The Christmas Song

2009年12月21日 (月)

支持率急落って、それなら前政権と比べてどうよ

 マスゴミ各社が先週末、鳩山内閣の支持率を調査して発表しています。
これだけ偏向報道で政権叩きしたので、かなり支持を落とした頃だろうと、嬉しそーに、ルンルン気分で調べたみたいですね。                  

            今回          前回より

日テレ        51.8%       -14.5%

FNN         51.0%       -11.5%

毎日         51.0%        -9%

朝日         48.0%       -14%

 なるほど前回調査から支持は落ちているようですな。特に浅非新聞が酷い数字を叩き出していますね(笑)。満足いたしましたか?フナバシ主筆さんよ。

 会社などでは、前年対比という手法が用いられることが多いですな。ところで、前政権の支持率はどうだったか?前政権と言えば、あの、経済のアホウでお馴染み、アホーアッソー政権ですね。ちょっと、ググってみました。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081207-OYT1T00561.htm

読売新聞    2008/12/7

 読売新聞社が5~7日に実施した全国世論調査(電話方式)で、麻生内閣の支持率は20・9%となり、11月初めの前回調査(40・5%)からほぼ半減した。

 不支持率は66・7%で約25ポイント跳ね上がった。

 麻生首相と民主党の小沢代表のどちらが首相にふさわしいかでも、麻生氏は前回比21ポイント減の29%に落ち込み、14ポイント増やした小沢氏の36%を初めて下回った。

 国民的人気の高さを背景に自民党総裁選で圧勝して誕生した麻生政権だが、わずか2か月余で“刷新効果”は消え去った。与党は強い衝撃を受けており、今後、自民党内で首相交代を求めたり、新党含みの動きが表面化したりする可能性もある。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ほほー。
この調査結果はほぼ同時期であり、政権の発足後経過時間も同じ程度ですね。
改めて見ても、笑っちゃう。わははは。

 アホーアッソー政権の08年12月の支持率20.9%(笑)でしたかー。しかもその一ヶ月前の11月初めの調査と言えば・・。40.5%でやんしたかー。前回の約半減ですな。こーゆーのを急落というんだよ、マスゴミ各位。

 それでこの、鳩山政権。51%も支持されているんでしょ。落ちたとはいえ、前政権の多い数字よりもまだ断然高い数字。
立派なもんです。充分でしょ。

 支持しない理由として、鳩山首相のリーダーシップ不足を挙げているそうです。私もイライラするし、なるほどとも思いますが。
でもしかし、この支持率の結果の感想を求められて鳩山さん「叱咤激励と受け止めて」と言ったそうです。
なかなか言えませんよー。

 私みたいな下々の人間なら落ち込んでしまって、暗い表情になったり、または逆切れして「なに言ってやがんでえ、気にするかよ」という強がった態度に出るところですが、さすがセレブ、育ちが違う(笑)。
泰然自若というか、柳に風と受け流す様子というのは、チトばかし見直しましたね(笑)。

 ところで、私が不思議なのが、普天間基地移設問題の先送りについて、反対だという意見が多いそうですが。そうかなー。これは先送りでも正しいと思うのだけども。
それよりもガソリンの暫定税率維持に賛成とかいう世論が多いとは。
嘘だろ、という思いですね。
ま、どうせ誘導的な設問をして、みのもんたのテレビしか見てないような、おばちゃんが「そうですねー、はい。」という調査なんだろ。

 まあ、そんなこんなで、いい加減な偏向報道を繰り広げている、クソ馬鹿クズマスゴミが作為的な数字を出しても気にする必要はないし、万が一それが正しいとしてもですよ。
クサレ自公政権のクサレアホーアッソー政府の数字からみると、ずーーーっと、マシっちゅうもんですな。

 

2009年12月19日 (土)

自民党横須賀ツアー、自衛隊法違反?

 競争率100倍の大人気だった、コイズミジュニアの横須賀基地案内ツアーが大問題か?っていうことらしいですね。
今日、CSの朝日ニュースターでやっている、「愛川欽也のパックインジャーナル」で朝日の田岡氏がこの件を語っていました。どうも、政治的利用を禁じた自衛隊法に抵触する疑いがあるそうです(苦笑)。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売新聞  2009/12/13

自民党は13日、小泉進次郎衆院議員が地元の海上自衛隊横須賀基地を案内するツアーを行った。

 抽選で100倍以上の倍率を突破した参加者には好評だったが、小泉氏は「やらなければいけないのは、自民党は本当に変わったと見られる新たな方針(を示すこと)だ」と気を引き締めていた。

 ツアーは党と有権者の交流を深めるためのもので、小泉氏を案内役に起用し、ホームページで募集したところ、50人の定員に約5200人から応募が殺到した。

 この日は護衛艦「ひゅうが」の艦内を見学したり、旧日本海軍で出していたという名物の「海軍カレー」に舌鼓を打った。参加者から「(兄で俳優の)孝太郎さんとは仲がいいんですか」との質問も飛び出すなど、和やかな雰囲気だったが、「(自民党議員の)顔が見えない」と注文される場面もあった、という。

 茨城県土浦市から来た男性会社員(37)は「小泉さんは意外としっかりしている。自民党の印象も良くなった」と話していた。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 この記事でも書いてるが「やらなければいけないのは、自民党は本当に変わったと見られる新たな方針(を示すこと)だ」と、シンジローが語ったそうで、つまり、クサレ自民党の新たな方針をPRするために行ったツアーだそうですね。
つまり、政治的利用

自衛隊法施行令
(昭和二十九年六月三十日政令第百七十九号)
(政治的行為の定義)
第八十七条 法第六十一条第一項 に規定する政令で定める政治的行為は、次の各号に掲げるものとする。
一  政治的目的のために官職、職権その他公私の影響力を利用すること。
二 政治的目的のために寄附金その他の利益を提供し、又は提供せず、その他政治的目的を持つなんらかの行為をし、又はしないことに対する代償又は報酬として、任用、職務、給与その他隊員の地位に関してなんらかの利益を得若しくは得ようと企て、又は得させようとし、あるいは不利益を与え、与えようと企て、又は与えようとおびやかすこと。
(中略)
十一  集会その他多数の人に接し得る場所で又は拡声器、ラジオその他の手段を利用して、公に政治的目的を有する意見を述べること。

オて朗読し、若しくは聴取させ、あるいはこれらの用に供するために著作し、又は編集すること。
(以下略)

政治的目的のために官職、職権その他公私の影響力を利用すること。

 まず、このツアーを了解した、自衛隊幹部に疑惑がかかるそうですが、田岡氏によると、懲役3年、もしくは禁固3年の刑らしいです。
この文言をそのまま解釈すれば、どうやらアウトっぽいですね(笑)。企画した、自民党にも教唆という問題も有るそうですよ。

来週発売の「アエラ」の記事にもなるそうです。

追記: このツアーには元防衛大臣の「マダム回転すし」も同行していたので、どうなるのか。マスゴミ!(特に3K、ゴミウリ)これも記事にしろよな。

偽装請負が雇用関係なしの不当判決

 あまり人気が無いけども、労働問題を記事にいたします。
今日のニュースで知ったのだけれども、パナソニックの子会社と裁判で争っていた方の判決が昨日、最高裁で出ました。二審を破棄し原告の敗訴としたそうです。

不当判決だと思う。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

偽装請負、最高裁「雇用関係ない」 パナソニック子会社

<asahi.com>   2009/12/18

請負会社からパナソニック子会社に派遣され、違法な「偽装請負」の状態のもとで働かされていた吉岡力(つとむ)さん(35)が、同社との間に雇用関係があるかどうかを争った訴訟の上告審判決で、最高裁第二小法廷(中川了滋裁判長)は18日、雇用関係はないとの判断を示し、この点について吉岡さんの敗訴とした。

(中略)

 吉岡さんは「形の上は請負会社に雇われていたが、実際にはプラズマ社と使用従属関係にあった」と主張し、雇用関係があることの確認を求めた。二審・大阪高裁判決は請負会社が吉岡さんと結んだような契約は公序良俗に違反して無効としたうえで、プラズマ社と吉岡さんの間には「黙示の雇用契約」があり、有効な雇用関係が続いていると判断した。

 これに対し、第二小法廷は、プラズマ社が労働者派遣法に違反した状態で吉岡さんを働かせていたと認めたうえで、「仮に違法な労働者派遣でも、そのことだけで労働者と派遣元の間の雇用契約が無効になることはない」と判断。プラズマ社側が吉岡さんの採用に関与したり、給与の額を事実上決定したりしていた事情がなく、黙示の雇用契約も成立していないと結論づけ、二審判決を破棄した。

 吉岡さんの代理人によると、同種訴訟は全国で60以上ある。今回の最高裁の判断に沿えば、「違法な労働者派遣」というだけでは派遣先との直接の雇用関係が認められないことになる。

判決などによると、吉岡さんは2004年1月からプラズマ社の工場で働いていたが、05年5月に大阪労働局に偽装請負を内部告発し、これを受けて同労働局が是正指導をした。第二小法廷は、内部告発への報復として、プラズマ社が従来と異なる業務を命じたことなどを理由に、計90万円の賠償を命じた二審判決の判断は支持。この部分については、吉岡さんの勝訴が確定した。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 最高裁は、違法な状態の派遣労働だという認定はしているのに、黙示の雇用関係はないという判断をした。この判決の持つ意味はその他の裁判の行方にも大きく作用する筈です。

 違法だという、勇気ある、しかも正しいことを言った内部告発者に対して、報復をするようなブラック企業がなにが世界のブランドだというのか。私個人は前から不買を続けている。パナソニックは、偽善むき出しのCSR(企業の社会的責任)などと言う資格はない。

この裁判長の名前は忘れないでおこう。中川了滋氏。

http://blog.livedoor.jp/fmwwewwmf/archives/2009-12.html#20091217

上記のリンクは、原告の吉岡力さんのブログです。

 不当な判決が出ようとも、「この闘いは私がパナソニックの職場に戻るまで続いていくことになります。『勝つまで闘う』の精神で今後とも闘っていきますので、引き続きご支援よろしくお願いいたします。」と力強く語っておられます。

 私自身も、小さな労働審判を経験したことがあるのですが、労働争議の難しさというのは判事の無理解もかなり大きいと思います。
これからも、本当に大変な思いをされるでしょうが、頑張って貰いたいです。

2009年12月18日 (金)

ガソリンの暫定税率は廃止すると思う?思わない?

 ガソリンの暫定税率をどうするのかという問題で、マスゴミはマニフェスト変更だという論調で政府を批判しだしました。それまでは、財源不足を指摘「マニフェスト至上主義はいかがなものか」と批判していたのですね。今度は看板の掛け替えだ、公約違反だと批判する。まあ、どちらにしても批判する訳ですが(笑)。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信  2009/12/18

 政府は17日、ガソリンにかかる揮発油税の暫定税率を来年3月末で形式的に「廃止」し、本来の税率である本則税率の引き上げを軸に仕組みを改めて、税収を維持する方向で調整に入った。ガソリンの減税は見送る。マニフェスト(政権公約)に掲げた暫定税率廃止と2010年度予算の財源確保の両立を狙った苦肉の策。だが、実質的な税負担は変わらない「看板の掛け替え」との批判は必至で、消費者や関連業界は反発しそうだ。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 もっと笑わせて貰えるのが、クサレジミン党。チャリガキそうさいが、公約違反するなら、国民に信を問えと張り切っておられます。この暫定税率を堅持してきた自民党とすれば、あなたたちの願いがかなって良かったんじゃないかと思うのだが。
まあ、民主党が暫定税率を廃止した一ヶ月後の衆院で再可決して復活した税率だから、それを良しとすれば筋の通った話だけども、今度は暫定税率を廃止しろという意味?アレレ?(笑)

                           ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>   2009/12/17

暫定税率維持「国民の信を問え」 谷垣総裁らが批判

暫定税率維持や子ども手当の所得制限導入などを民主党が内閣に要望したことについて、自民党は「マニフェスト違反だ」と強く批判した。一方で、公明党は一定の理解を示した。

 自民党の谷垣禎一総裁は17日の記者会見で「『ガソリン価格が安定している』と言うが、選挙の時と変わっていない。なぜ選挙の時に暫定税率廃止とおっしゃったのか。国民にもう一度信を問うくらいの覚悟が必要な事態になってきたのではないか」と衆院解散を求める考えを示した。

 伊吹文明元幹事長は派閥の総会で「民主党は選挙で壮大な買収公約を明らかにして議席をとった。しかし、約束通りできなかったといって、党の言っているとおりに(鳩山内閣が)やったら詐欺罪だ。そして自分たちの言うことを聞かないやつには予算をつけないという脅迫罪が加わっている」と批判した。

                           ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 なんだか、詐欺だとか脅迫だとか物騒なことですな。「信を問え」って解散総選挙の事?バカ言っちゃいけません(笑)。そんな邪魔くさい事、年に何度もできるか。それにジミントウは金が無いでしょうが。その他にも「鳩山不況対策プロジェクトチーム」を作って追求するとかって言ってるそうですね。去年アホーアッソーが「政局より政策、経済のアホウ」とかいって、解散を先延ばししてやって来た政策のお陰で税収が9兆円も不足したんでしょ。それは前政権のツケです。それを、就任3か月の政権のせいにするとは、片腹痛いわ。アホ。

 でも、この件はねぇ。私も鳩山政権を支持している(是々非々でね)身ですが、話が違うじゃん、と言いたいところ。アル中の不ジイ財務相がまたもや変な事を(現在の揮発油の税制を廃止するということ?)言い出したので、混乱に輪をかけたような形になっているように感じるんですね。

 で、鳩山総理は相も変わらず、クソ丁寧なんだけれども、言葉が多くして本音が伝わらない談話を発表した後、さっそうと風のように夫人とお手々つなぎ、コペンハーゲンへと向かう機上の人となりましたな(苦笑)。

 すごく穿った見方かもしれないのですが、この揮発油の税率問題は小沢幹事長の助け船ではないかと密かに思ったりするんですな。
違うかもしれない。
でも、民主党の政府陳情で「暫定税率水準を維持する」と言っておいて、そこで鳩ポッポが「いや、このガソリン税率の話は国民とのお約束です。したがって看板の掛け替えなどをせず、廃止します。」と高らかに宣言すれば、首相のリーダーシップでマニフェストを守った!という話になり、ポッポ株が上昇するという筋書きかなと。違うか(笑)。

 要するに、小沢氏が悪役を買って出たと見るのはどうでしょうか。
それは穿ちすぎですかね。ま、私は贔屓の引き倒しなんかするつもりはないので、もしこの変更がマスゴミの言うような看板の掛け替えだとか、そんな詐欺的な制度だとすると、民主党に対する見方も変更しなければならないかもしれない。今は8:2で支持してるけども、是の部分が60%ぐらいになって、非が40%になりますかな。

2009年12月17日 (木)

うかつにそんなとこへ行ったらアカンという見本ですな

 宮内庁長官という役人が政府を批判したことで、今まで広く国民にに知られた存在ではなかったのに一躍有名になり、過去の触れられたくない行為が暴かれたりして(笑)。ウモウダ?いや、ホモオダ(トンネルズのキャラにそんなのが居たっけ)?ハゲた?いや、ああ、羽毛田(はけた)さんか(引っ張り過ぎ)。
この人、自己紹介の時「はけたです。」なんて言うんだろうな、きっと。
で、少し聞き取りにくい時なんか「いや、ご自分でそんな風に仰らなくても、頭頂部を見ればわかりますから、殊更に強調なさらなくても良いですよ」と恐縮してしまうな、私なら。

 どんな考えで会見を行ったのか、天皇の政治的利用だと騒ぎ立てる、3K、ゴミウリのクソ馬鹿マスゴミ・一部の勢力と結託したのか、それは定かではないけれど。雉(キジ)も鳴かずば撃たれまいに、という言葉が有りますね。「ノーパンしゃぶしゃぶ」の顧客リストにその名前が有ったなんて。恥ずかしいというか、嫌ですわね、奥様。

 ところで今日はこの人と関係なく(関係あるかな)、ノーパンしゃぶしゃぶなる物について考えたいのですね。下世話な話題になるかもしれないけれど、ご容赦願いたい。

 まず、しゃぶしゃぶという鍋物を食するという行為において、そんなところへ行こうとする奴らの魂胆がわからない。
大体、飯食いながらそういうなんと云うか・・、その、ミニスカートは履いてるんだろが、そういう格好の女性を見ながら、食いたいか?と言うのが大きな疑問でして。

 その昔、大阪・阿倍野に「スキャンダル」というノーパン喫茶というものがあった(今も有るのかな?)。私は行ったことが無いけども。
おそらく、その流れでいつの間にか、ノーパンしゃぶしゃぶというモノを考え付いた、商魂たくましい人間が居たのだろうと思う。男と云う悲しい性も分からんではない、ナニより私も男である。
けどさあ、旦那。と、急にくだけた言い方になるけれど。ご飯食いながら見たいですか?あんなもん。
それに、保健所認可方面関係はクリアしてるのかな。疑問だらけだ。

 いやなに、私はここで自分が聖人君子だというつもりはサラサラないのです。食事時と言う事に問題があると言いたい。見るなら見る!食欲と性欲の時間ぐらい分けろよな。永い人生そんなに急がなくてもよ(笑)。
きっぱりとストリップかなんかに行けばいいのである。ストリップへ行けばきっと堪能する事だろう。若いころ大阪の九条にストリップを見に行ったけども。それはそれは立派なもんです。「花電車」っていうのかな、アレなんか感嘆してしまいました。

話は横道にそれたけど。

 ここで言いたいのは、メシ食いながらウエートレスと言うのか仲居さんというのか知らないが、女性が自分たちの周りをウロウロするんだろ?行った事がないから知らないけど。それをさあ、鍋にお肉をシャブシャブしつつ、そのスケベったらしい濁りきった、或いは血走った眼でチラチラ横目で盗み見するなんて、およそむっつりスケベの行く場所だなと。

 まあね、姑息な手段で政府を陥れてやろうとする、地の果てまでもいやらしいむっつりスケベの木っ端役人が、喜んで同僚と税金使用の官官接待で行きそうな、風俗形態ではあることは間違いないですね。

2009年12月16日 (水)

アホらし、マスゴミ狂想曲

 今のままの政権が続くと、オマンマの食い上げだと焦りまくっているマスゴミなどが、政府与党に対する攻撃を激化させています。特に自民党べったり、腐痔参詣グループやゴミウリ系等が急先鋒で、ますます反政府と云う色合いを鮮明にしています。ああ、やっと権力を批判する本来のジャーナリズムに目覚めたのかと思ったけれども、よく考えるとこれは連中が望んで反政府側になった訳ではなく、本意ではない点が悔しいのでしょうかね(笑)。

 そんな切歯扼腕ぶりが、今度の天皇会見の一カ月前ルールとか、役人が政府の対応を批判したことに端を発するあの件で、鬼の首を取ったかのように大騒動を繰り広げた事態によく表れていますな。これは現政府を快く思っていない自公政権時代の残党である木端役人連中が困らしてやれと、仕組んだことでしょうか。或いはその裏で操っている、闇の勢力がいるのかどうかは私は知らないけれど。

 宮内庁長官の羽毛田(はけた)氏ですか?はじめ、ワタシャ「ウモウダ」と読んでしまいました(笑)。ネット記事によるとノーパンじゃぶしゃぶの会員だったそうで。なんだ、やっぱりダウンしちゃってるじゃん。ウモウだけに。
と、くだらんオヤジギャグを飛ばしてしまいました。
そんな奴が、皇室のお世話を司るってどういうことなのだ?と調べれば。こ奴を任命したのが例のコイズミで、こんな処までもコイズミは祟りやがるかな、と感慨深いですな(笑)。

 この件で、つらつらとネット見ていると3Kやゴミウリの信奉者がウヨウヨ群がって「内閣総辞職しろ!」だとか「民主党に投票した人には責任を取って貰いたい!」などと吠えています。もし、それが通るなら。腐った自民党政権の悪政や失政で苦しめられた、この50年以上の歴史の責任を、自民党やそれに投票してきた人たちが問われても良いのか、ちゅうことになるよ?うん?(小沢調

 でも、考えれば、私ら自民党やナンミョーを一度も支持してない人間は、今までの900兆円にも迫ろうかと云う国の借金を自民党に請求したいくらい。ま、時効が有るだろうから、コイズミ以降の政権の借金だけでも返せと言いたいですな。なんなら、守銭奴が多い自民党政治家から、国庫に財産を没収すれば、雇用・生活保護・医療や母子加算手当などの財源の足しになるかもしれないね。

 全国100か所近くも、ぺんぺん草しか生えない空港や、50年以上かかっても完成しないダム、13年間も解決出来なかった基地移設問題などなど。枚挙にいとまがないから割愛するけども。それらをどうしてくれるんだよと云うことです。

政権与党に投票した国民が責任を問われないのは当たり前の話で、そんな現象がどこの世界にあるんだっちゅうの。
責任は為政者が負うものです。バカなマスゴミに煽られ、踊らされてるのかどうか知らないけど。右脳しかないネトウヨ連中は、ちったぁ考えてモノを言って欲しいもんですな(ムリか)。

 

2009年12月15日 (火)

トイレットペーパーにもならない新聞

 普天間基地移設問題で政府が来年5月まで、この問題を持ち越すということで意見を調整したそうで、先送り批判がまたぞろ出ております。
さっさと基地なんか叩き出せばいいと思っているので、早く結論出せば良いのに、とは思うけども。

 それでも、辺野古移設現行案を履行せよ、というマスゴミの為にする先送り批判は、なんとか政府を陥れてやろうという意図がミエミエであきれ返るばかりです。この問題以外でも、政府が天皇の外国要人会見で「政治利用」したとかでマスゴミ大騒ぎだが、それこそが羽毛田(はけた)とかいう、そのまんま見てくれ通りの役人を引き連れてのマスゴミ・自民党タカ派による政治利用だろが。

それはさておき。
普天間移設問題でのマスゴミの反応がこれ。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

普天間 移設先触れず 先送り 米の反発必至

東京新聞   2009/12/15

米側は日本側が辺野古移転を容認するのであれば、こうした負担軽減策を検討する用意があることを交渉上持ち出したフシもあるが、あくまで辺野古移転が前提のこと。日本側が日米合意への判断を回避した上、負担軽減を持ち出したところで拒否されるだけとの見方が強い。

 鳩山首相は十四日、官邸で記者団に「(辺野古移設の)原案通りなら、苦労はしない」と述べた。日米合意の白紙化とも受け取られかねない発言で、首相のこうした言動も米側を強く刺激している。辺野古を容認するような内容でない限り、どんな政府方針を示しても、米側が受け入れるような環境にはない。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 比較的マシだと思っている東京新聞ですらこの論調ですから。他は推して知るべし。まあ、しかしこの酷い記事、なんでしょうかね。

辺野古を容認するような内容でない限り、どんな政府方針を示しても、米側が受け入れるような環境にはない。

 なにを根拠にエラソーに【環境にはない。】などと断言しているのだ?アメリカの反発が怖くて、サンパツに行けるか。ボケ(笑)。
まあ、とにかくマスゴミの日米同盟危機を訴える、おなじみのクソ記事ですが、こ奴らがどちらを向いてモノを考えているかの動かぬ証拠。

 「基地は何処にも要らない」という考えはよーく解りますし、そうだとも思う。だけども今は現実的な解決策を模索するという意味で、海外移転、グアムが良いと私は考えるのですが。

http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2009/12/post_201.html

恫喝に怯むDNA

田中良紹の「国会探検」

 90年代の初め、日本の新聞の1面に「貿易摩擦を続けるならアメリカは日本から軍隊を引き上げる」との大見出しが踊った。何の事かと思ったら、下院議員が記者会見で「日本を制裁するため在日米軍撤退法案を議会に提出する」と言ったという。アメリカの政治専門チャンネルC-SPANで早速記者会見の映像を見た。記者会見した議員は伏し目がちで、アメリカ人記者から「撤退して困るのはアメリカでは」と質問されるとしどろもどろになった。選挙区向けのお粗末なパフォーマンスを日本の新聞は何で1面トップに掲載するのかと腹が立った。

 宮沢総理が国会で「最近のアメリカ経済はマネーゲームになり、物を作る労働の倫理観が薄れた」と発言したら、それが「アメリカ人は怠け者」とアメリカに伝えられ、アメリカ議会が大問題にした。「戦争に勝った国がなんで怠け者なんだ」から「日本にもう一度原爆を落とさないとアメリカの強さが分からない」まで恫喝のオンパレードになった。敗戦国は叩くものだとアメリカは思っている。

 そんな恫喝にいちいち反応していたら何も問題は解決しない。ところがこの国のメディアは過剰に反応する。そして情けないのはその報道を鵜呑みにする政治家がいる。昔はそうした報道で政治家に食い込み、「私がアメリカ側と接点を作って上げる」とマッチポンプを専門にするゴロツキ特派員がいた。

(一部抜粋)

 田中氏の仰る通りで、アメリカのお先棒担ぎのマスゴミはこんなクダラン記事を垂れ流し、国民の安心安全を阻害しあまつさえ外国の利益を擁護するような新聞は、それこそ便所紙に利用するには固すぎるし、文字通り「クソの役」にも立ちませんな。

2009年12月14日 (月)

今日はこんなとこで

 いつも拙ブログにお立ち寄りありがとうございます。

 なんとなく、なんだかなあという気分でして。

 今日はYou Tubeの映像でも張りつけて、お茶を濁すことにいたします。

 歌っているGONTITIは珍しいので。

 こんな平和な雰囲気も良いですか。

 冬ですけれど。

 

2009年12月13日 (日)

財務省に取り込まれたのか、呑まれたのか元大蔵官僚財務大臣

 腐爺財務相【だんだん当て字が酷くなる(笑)】批判です。
この人をなんで批判するかと言えば、野党時代、テレビに出ては自民党の財源批判に対して、「特別会計と一般会計、総組み替えするんです、10兆、20兆円すぐ出ます」と言ってたんですね。何度も指摘するけれど。元大蔵官僚がそう言うんだから、間違いないのだろうと。その年齢などから政治家としてのギラギラした野望が見えないという点においても、ワタシャ信頼していたのだ。

 ところが・・・。いざ権力の座についたら、官僚に取り込まれたというよりも、もともとの性質が甦ったか、財務省に先祖返りしたかのよう。財源が無いので削減の一点張り。嘘つきジジイぢゃ。

 端的な例がこれ。
このあいだ、日テレニュース24をぼんやり見ていると「18万人の政権交代」確かこんな題名のドキュメンタリーをしていた。これは母子加算手当の復活に並々ならぬ力を入れていた、民主党・山井厚労省政務官の奮闘ぶりを追いかけたもの。このブログでも6月24日のエントリで記事にしています。でも、これがスムーズに事が運ばない。

 自公政権時代、コイズミの「骨太の方針」って、詐欺的、名ばかりの方針で、社会保障費2200億円削減の煽りを受けて廃止になっていた母子加算手当。 政権に就いたので簡単に行くと思っていれば、なんのなんの。財務省の抵抗にあい、当初10月か、遅くても11月に復活出来ると思っていたのに、なんとか復活はしたけれど12月にずれ込んだ、と山井氏。「マニフェストに書いてある、1丁目1番地の政策がこれだけつまずくなんて・・」と涙目で悔しがっていたのが印象的でした。

 今年度内復活に要する予算は、すでに半分以上経過しているので60億円だったそうで、財務省がこれをズルズル引き延ばした理由が分からない。無駄遣いの削減は当たり前田のクラッカー。
だが、鳩山政権の「コンクリートから人へ」という理念から逆行していると思う。よく言われる、緊縮・不況レジームの財務省官僚特有の抵抗でしょうか。国家予算としては僅かな60億円。それを打ち破れない腐爺氏は財務省そのものになったようですな。

  ところでこの腐爺氏、日刊ゲンダイ記事によるとアルコール依存だそうです。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日刊ゲンダイ   2009/12/08

鳩山首相は、財務省出身の藤井なら財務官僚を抑え込んで財源を捻出してくれるはず、と信じ込んでいたという。ところが、いざ財務相に就任するや、財務官僚と足並みを揃え、まったく財源確保に動かない。財源不足から鳩山内閣が大胆な景気対策を打てないのも、藤井財務相が機能しないことが大きい。本人は酒に逃げ込み、財務官僚とケンカしてまで財源を捻出する気などないらしいのだ。

「もともと、カバンにカップ酒を入れておくほど酒好きですが、最近のアルコール依存は度を越しています。夕方5時まで待てない。早く酔いたいからなのか、焼酎をビールで割った“バクダン酒”をあおっています。ドバイ・ショックに直撃され、11月29日の日曜日に官邸で『緊急閣僚会議』を開いた夜も、翌日夜もベロベロ。番記者が取材しようとしても、泥酔していて支離滅裂、何を言いたいのか分からない。重鎮としてまとめ役を期待されているのに、最近は『自分は調整役はやらない』と開き直っています」(政界関係者)

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 これが本当で、そんな状態なら政界引退して、アルコール依存を治せば。
もういい歳だしさ。鳩山氏の決断が必要でしょう。
この人と、後、えーと、おなじみ「そんなものあるんですか?」ヒラのと、アメリカの代理人、オカダとキター!ザワを辞めさせて。
気持ち悪い自民党万歳右翼ブログと違って、ちゃんと批判するところがウチが正しい証左であった。
しかし、辞めて貰わなきゃ困る人が多いな(笑)。

 

 

2009年12月12日 (土)

今さら手打ちの略式起訴

 西松献金、ニカイルートで政策秘書が略式起訴されたことを受けて、自民党内では若手中堅を中心に、ニカイ氏の役職解任を求めているとか。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信 2009/12/11

二階局長の辞任要求、自民で拡大 執行部苦慮

秘書が偽装献金事件で起訴された二階俊博選対局長の役職辞任を求める声が11日、自民党内で拡大した。辞任要望書が有志議員や地方組織からそれぞれ提出された上、総務会で二階氏の処分を見送った執行部判断について説明を求める声が相次いだ。実母からの資金提供で鳩山邦夫元総務相が役職を辞任したこともあり谷垣禎一総裁らは苦慮することになりそうだ。

 総務会で、大島理森幹事長は二階氏を現職にとどまらせる方針を重ねて示したが、「事実関係と党の方針を説明してもらいたい。地元で説明しなければならない」「説明しても国民が理解しなければ何にもならない」などの不満が噴出。大島氏は「意見は確かに承った」と引き取らざるをえなかった。

 二階氏はこれまで引責辞任を否定。党執行部も処分を見送る方針だったが、鳩山由紀夫首相の偽装献金問題などを追及する上で障害となるとの懸念が広がっている。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 ポッポ弟は兄の失敗を学習して育った、典型的な「二番目の子」的性質でさっさと役職辞任をしたけれど(笑)。
ニカイ氏はゼネコンからの利益供与、斡旋利得も疑われる悪質さからも、頑張って絶対に辞めないでいただきたいです。
何故って・・?、クサレ自民党は何時までもクサレ自民党でいて欲しいから(笑)。こんなことで党内刷新、みんなでやろうぜって勢いついたら困る(笑)。

それに、なんといっても自民党内の役職でしょ。そんなもん辞めても、アータ。

クソの役にも立ちませんな。

2009年12月10日 (木)

なんで、学習しないのかね

 なんだか知らないが、相も変わらず閣僚が引っかきまわすような発言をしている鳩山政権ですな。単純に考えるのだが、鳩山さんが「私が最終的に決める」と言っているんだから、それまで黙っていれば良いのに、マスゴミに対してグチャグチャと。問題を複雑にしてるのは閣僚自身だろが。アホ。

キタザワ大臣:「在日米軍再編にかなり影響が出る。日本の責任は重い」(グアムにて)
あんたはアメリカの国防長官か。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【グアム共同】北沢俊美防衛相は9日午後(日本時間同)、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の年内決着を先送りする日本政府の方針に関し「在日米軍再編にかなり影響が出る。日本の責任は重い」との認識を示した。交渉当事者の一人が日本の責任に言及するのは極めて異例で、波紋を広げそうだ。グアムの米軍基地視察後、同行記者団に語った。

 社民党などが求める普天間飛行場のグアム移設については「日米合意から大きく外れる。期待して何かをすると頓挫する」と、実現は困難との考えを表明した。普天間移設を先送りし、合意にある米海兵隊8千人のグアム移転を先行させることには「一方は片付けるが、他方は後回しというのは難しい」と述べた。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「日本の責任は重い」って言ってるけど、キタザワさんよ、アンタの閣僚としての責任は重くないのかよ。軽々しくペラペラ。
その度に沖縄の人たちが一喜一憂して疲れ果てる、という現実を考えたことがあるのか。
少しでも地元のことが、その空疎な頭の片隅にでもあればそんなに簡単にアレコレと言えるのか?
こいつとこいつの部下、自民のスパイ、ナガシマ政務官をさっさと放り出せば良い。

以前、普天間の移設問題年表をリンクした。もう一度リンクします。

http://www.geocities.jp/unepeace/table-fh.html

  鳩山政権が結論先送りだとかなんとか、自民党とマスゴミが煽っていますがこの流れを見れば前政権も利権塗れの中、一向に結論を出せないのがはっきりしている。

そんな折も折。元防衛次官の守屋が雑誌に語っているそうで。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売新聞  2009/12/09

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091209-OYT1T00049.htm

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)に移設する現行案決定に携わった守屋武昌・元防衛次官は、10日発売の中央公論で、移設問題の混迷の一因が海上埋め立て工事に絡む利権にあると指摘した。

(中略)

守屋元次官は防衛装備品の調達を巡る汚職事件で収賄罪と議院証言法違反(偽証)に問われて1審で実刑判決を受け、現在控訴中。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 この移設問題で暗躍した元官僚が、このように語っているというのは、この問題が基地建設利権で、守銭奴が群がっていた。それで、グチャグチャになり今まで解決できなかった自民党が、この問題で鳩山政権を批判できるかっていうのだ。

再三言うけども。結局、八ッ場ダム建設とおんなじ構図です。外国が絡んでるだけの違い。

 

2009年12月 9日 (水)

アメリカの都合で基地移転取りやめはOKなのね

 アメリカさんのご都合で基地の再編をやって良いのだったら、日本のご都合で普天間も出て行って貰うってことも良いですよね。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京新聞  2009/12/09

 二〇〇六年五月に日米合意した「米軍再編」に基づき、実施されるとした米陸軍第一軍団(ワシントン州フォートルイス)のキャンプ座間(神奈川県座間市・相模原市)への移転が実現しない見通しとなった。複数の米軍筋が明らかにした。 

 米側は普天間移設問題で、日本側に米軍再編の履行を強く求めているが、米側の事情で実施されない部分もあることが浮かんだ。

 キャンプ座間への米軍移転は、〇七年十二月に本土から移設した第一軍団前方司令部のみで終わることになる。第一軍団が世界規模で展開する大規模司令部であるのに対し、小規模な第一軍団前方司令部は「日本防衛」に特化される見通しだ。

 米軍再編の合意文書に「第一軍団」の名称は出てこないが、日米は第一軍団のキャンプ座間移転を念頭に議論を進め、「(陸海空軍と海兵隊の)統合任務が可能な作戦司令部」(中間報告)が移転するとしていた。

 米軍再編では第一軍団の移転を前提に、陸上自衛隊の海外活動司令部である中央即応集団が朝霞駐屯地(東京都練馬区)からキャンプ座間へ一二年度に移転する計画で、一部工事が始まっている。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 もう一部工事始まっているそうだし。どうしてくれるんだよ、アメちゃんよ。
と言いたくなるでしょう?

 この東京新聞が、マシな方かな。てゆーか他が酷い(笑)。おなじみ3K新聞は普天間移設の日米協議で「ルース大使激怒」とかやっていた(笑)。合意通りでないと、日米同盟が損なわれるって危機を煽るのが日本の新聞のする事か。それこそ国益を無視しようっていうのは、このマスゴミでしょうが。

J-CASTニュース

 http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-55725/1.htm

問題になったのは、12月4日に行われた日米閣僚級の作業グループの模様を報じた産経新聞の記事とみられる。

   岡田外相は、

「ルース大使との議論も誰かが見てきたようなことを書いているが、それはまったくの創作だ。もちろんルースさんもしっかりと自らの主張は言ったが、『顔を真っ赤にする』とか、『怒鳴り上げる』とか、冗談じゃない」

 ねつ造バレバレですね。さすが壁新聞。

経済対策7.2兆円

 政府の二次補正予算閣僚会議で亀井金融相と菅副総理が口論した。なんか、大声で20分程もやり合ったそうで(笑)。マスゴミはその場にいたかのような報道をするので、いつも「お前、その場にいたのかよ」とツッコミを入れる私です。誰か、チクル奴がいるんでしょうな。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp

口火を切ったのは菅氏。「なんで金曜日に来なかったんですか」と、亀井氏が4日の同委に出席せず対策決定が遅れたことを批判。さらに「郵政株式売却凍結法案も国民新党のために成立させた」「(元大蔵事務次官の)斎藤次郎(日本郵政社長人事)も認めたのに」とたたみかけた。

 これには亀井氏も猛反論。「郵政は3党合意でやったんだから、言われる筋合いはない」「人事はおれが首相とやり取りして決めたんだ」とまくしたて、「ここでは(対策を了承するとは)言わない。首相が決めたら従う」と態度を硬化。対策了承が閣議に持ち越される異例の展開となった。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 国民が「デフレ状態」でキュウキュウとしてるのに。
ケンカしてる場合か、大人げないぞ(笑)。
マスゴミもコイズミ・タケナカ改革の信奉者が多いから財政規律ばかりですしね。ところで、最近思うのですが、国内債務がほとんどを占める日本の場合、そもそも国の借金って返す必要あるのか?とか(笑)これについては経済評論家・学者などの意見も分かれるそうですね。

 ともあれ、補正というのはメッセージ性の強いもんだ。だから大幅な予算を組むのだという意識のカメちゃんと、このあいだは「デフレ状態にある」と云う認識を示したのに、「財政出動をすれば良いというのはいささか古い」と矛盾を語ったイラ菅さん。

 これですね、私は政府の財政出動は必要だろうし、いくら税収を上回る国債発行が1946年度以来だろうがなんだろうが、やるべきだろうと考えるんですね。従って亀井氏の肩を持ちます。だって「百年に一度の金融危機」ですよ。
しかもアホーアッソーも「全治3年」と、なんの根拠があるのか意味不明なことを言っていたでしょ。(どうも、財務省の振り付けらしいんですね、昔から、3年、というのが財務省のキーワードらしい)

 ところがです、民主党の不ジイの爺さん筆頭に財務省に取り込まれてしまい(不ジイは元大蔵官僚だから先祖返り)予算緊縮型になってしまったかのようです。私が好感持っていたイラ菅さんもその手のうちに。
生活第一はどうしたんだよ、と言いたいのですな。

 でもひとつだけ。
この経済対策で気にくわないのがエコカー減税の延長ですな。
まあね、ヴィッツだとかフィットや、【百歩譲って】プリウス等を許しても。なんで、1400万円以上のレクサスLS600hやベンツのHV車が減税対象なんだと思う。
そんな高級車を買う奴に追い銭は要らんでしょう?


 それはさておき。財務省というのは経済の本によると、もともと緊縮型を志向するものだそうで、じゃ、なぜ緊縮型かというと「予算の自由裁量を維持して、各省庁に対する優位性を保とうとする力と、天下り先確保」だそうです。ようするに、ワシらの言うこと聞いとけばカネは出しちゃる、という事を保ちたいのだそうです。

 やはり、ここは積極財政でしょうか。そうでないとデフレ脱却、(デフレ状態って政府の見解でしょ)なんて無理です。日銀と連動して「買いオペレーション」をして貰い、お金の供給量を増やす。いわゆるインフレターゲットでしょうかね。
だけど、デフレ大好きな日銀は腰が重い。このあいだの日銀金融政策決定会合での方針では「デフレ」を認め、新しい資金供給策を提示したけれど、「買いオペ」まではやらないってんですから。

 日銀の量的緩和策を取らなきゃ、景気回復は無いでしょうね。
結果、景気回復ならず、税収落ち込み、さらに国債発行の悪循環と。
鳩山政権、そうならないように頼んます。

(参考サイト)

http://allabout.co.jp/career/economyabc/closeup/CU20021231A/

http://hiroseto.exblog.jp/11736801/ (広島瀬戸内新聞ニュース)

(参考)

「雇用大崩壊」  田中秀臣著    NHK出版生活人新書

2009年12月 8日 (火)

12月8日 再出発

 放射冷却で、今朝は寒さが一段と厳しく。

 昼からは暖かくなるそう。

 Kouyou_009

 今日、12月8日

 ジョン・レノン没後29年。

 (Just Like)Starting Over

 You Tubeの映像です。

 

 

2009年12月 7日 (月)

選手の発言に便乗、スポーツ予算縮減を批判するアッソーのコウガンぶり

 このあいだの事業仕分けで、スポーツ予算の縮減という方向が出たことで、一部のスポーツ選手が記者会見を開き、「スポーツが大好きなので、スポーツという分野で予算が縮減されるということを聞いて、すごく悲しくなりました。今回、予算が削減されるということでスポーツが苦しくなり、縮減された分、メダルの数も少なくなるかもしれないです」などと、てめえ勝手な弁を展開したそうですな。

 ほほー。予算が増えると、それに比例してメダルを増やせると?
じゃ、増えなければ予算返すのかよ、と重圧をかけたくなるのですな。
そんな、自分の首を絞めるようなことを言って、今から自分にプレッシャーをかけるから「脳ミソ筋肉」だと言われてしまうのが、私は悲しいね。

 さてそこで、この問題に乗じて「俺もいっちょ、ここで何か言わないと収まりがつかねえだろ」とアホーアッソーが出しゃばってきてますな。久しぶりに、こ奴の悪口言えるので記事にしてみました(笑)。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp   2009/12/06

「事業仕分け」で、日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化費を含むスポーツ予算が「縮減」と判定されたことについて、前首相の麻生太郎・日本バスケットボール協会会長は6日「スポーツほど国民に感動を与えるものはなく、縮減と判断するものではない」と批判した。協会理事会に出席した大阪市内で述べた。【堤浩一郎】

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 アホーアッソーは2006年の世界選手権で大赤字を出して、揉めにもめた、日本バスケットボール協会の後任人事で会長になっていたのですね。

2006年バスケットボール世界選手権大会後顛末(wikipedia)

今大会は当初さいたまでの集中開催を予定していたが、諸般の事情によりグループゲームラウンドは分散開催となり経費が膨れ上がり、日本協会へのテレビ放映権などの取り分は少ない契約となっていたなどから、大会運営は13億円もの赤字となった。

日本協会は赤字の半分を負担する補正予算を提出したが、都道府県協会に6億5000万円を負担させる内容だったため、評議員会では地方協会役員が多い評議員の反対に遭い否決。その後も評議員に学識経験者に加えるなどして評議員会を招集したが、流会が続いた。予算自体は2007年11月の評議員会で採決されたが、執行部に対する一部評議員の不信感はなお残り、日本オリンピック委員会(JOC)からの資格停止、その後の執行部刷新に至った。

 >「スポーツほど国民に感動を与えるものはなく・・」
なるほど、そうかもしれない。
アンタらスポーツ団体の役員や政治家などがカネの匂いを嗅ぎつけて、その感動をグチャグチャにしなければな。

 JOCから一時とはいえ、資格停止の処分を受けるような団体は、やっぱり変な奴を会長に選ぶのですな。
そもそもプロリーグ(bjリーグ)とアマチュアのリーグ(JBL)が対立したり、それを統括できない情けない協会会長なんて、団体はまさか自民党が下野するとは思わかったから利用したんだろうし、利権とカネの匂いがするから就任したアッソーとの利害が一致しただけだろうね。

 「カネがない人は結婚してはイカン」などと失言ばかり。モノ言えば唇寒し状態で、尾瀬・釧路に続く、日本三大シツゲンに数えようかと言われていたアホーアッソーは、その実力をいかんなく発揮して、文脈がどうこうじゃなく、もう喋るな!って言われること請け合い。さすがシツゲン大王。

 予算縮減反対って、だいたいオリンピックに出るような選手は色んな助成金やスポンサーがついたりして、記者会見に出てた人間などはリッチだろ。
7人にひとりが貧困状態のこの国で、明日を食えない人間がいるのだ。それらを削ってスポーツをと言えるのか。

 百歩譲って、仮に選手にカネが無くて苦しいのは、こんな政治的な思惑で誕生した協会会長や役員達が沢山存在してたりして、カネに汚い守銭奴が税金に群がって、ピンハネしているからだろうと思うね。

 

2009年12月 5日 (土)

楽隠居のコイズミがエラソーに予言、それを記事にするクソ馬鹿浅非新聞

 ここ十年間。なんといっても不幸だったのは、アメリカにブッシュ、日本にコイズミという二人のネオコンとペテン師が、同時期に国の指導者として君臨したことでしょうか。
その昔には、レーガン、ナカソネなんて組み合わせも有った事を思い出しますな。なんだか、こういう不幸の連鎖と言うか、こんな偶然がある事を呪うしかないのですが、昨日、楽隠居のコイズミが、エラソーに税金寄生生活の分際で鳩山政権の将来を占ってくれたりして、自分のして来たことは、天井高5メートルの最上部に作った棚の上にあげて、大きなお世話を焼いています。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<asahi.com>    2009/12/05 3:01

小泉純一郎元首相は4日夜、自民党の山崎拓元幹事長、二階俊博幹事長代理らと都内で会食し、「鳩山政権は(来夏の)参院選までもたない」と予言した。自民党についても「今は隠忍自重のときだ」と突き放した。

 出席者によると、小泉氏は米軍普天間飛行場の移設問題で迷走する鳩山政権を「今のような朝令暮改では日米関係は完全に不信状態になる」と批判。歳出がふくらむ来年度予算案の概算要求にも「国と地方の債務残高が1千兆円を超えた段階で民主党政権は終わりだ」と指摘した。

 郵政株式売却凍結法が同日成立したことにも「日本郵政株を民間に放出しないと財政再建はできない。自民党が政権奪還してから貴重な財源としよう」とこだわりを見せた。ただ、自民党の現状についても「今はポストが赤いのも電信柱が高いのも自民党が全部悪いという世論だ。2、3年雌伏のときを過ごしたらいい」と語ったという。(山下剛)

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 売国タケナカとタッグを組んで、ここまで日本を疲弊させてきた張本人であるペテン師が今さらごちゃごちゃ「債務残高が1千兆円超えた段階で民主党政権は終わりだ」とノタマッていますが、そのうちの900兆以上はてめえらクサレ自民党が作った借金だろう。
さらに、普天間の基地問題でも、自分の政権時代にグダグダ決着できなかったくせに、何が朝令暮改だ。どのツラ下げてそんな厚かましいことを言えるというのだ。

 「今はポストが赤いのも電信柱が高いのも自民党が全部悪いという世論だ」分かってるじゃん。そうだけども、なにか?(笑)

 鳩山政権が参院選まで持たないとか、ヒトの事をいう前に、アンタが「ぶっ壊した」自民党が持たないそうですぜ。出身母体が潰れて無くなっても、冷血なコイズミには蚊に刺されたほども応えないだろうけどね。それよりも「ぶっ壊す」と言ってた自分の公約を果たすので、これ以上ない喜びなのかもしれないね。

 と、ビシビシ批判する前に。
こういうクダランことを記事にする新聞があるかっていうのだ。
それが三大紙と言われる浅非新聞だからね。今さら引退した人間の戯言を【予言した】ってなあ。
コイズミは予言者になって、名前をコイズミから「オーラのイズミ」とでも改名したのかよ。3K新聞とかゴミウリとかは「米大使一転激怒」とか「日米関係より内政重視」とか、分かりやすいクソアホ馬鹿記事で民主党を批判するんだけども。

 この浅非新聞はこういう陰険な手を使って、一般読者に分からないように、ネチネチ。まるでやぶにらみの軍事オタク・イシバみたいに、民主党を批判する。姑息というか、陰湿というか。
やっぱり購読を止めて良かったと思うのであった。

2009年12月 4日 (金)

ポッポ総理の「一方で・・」はいかがなものか

 普天間基地問題で相変わらず、マスゴミは「日米関係より内政」ってゴミウリを筆頭に煽っていて、さすがゴミウリ。ナベツネがCIAの手先だと言われるぐらい親米ぶりを露骨にして、ちぎれんばかりに尻尾を振っている。

 じゃ、沖縄の人たちよりアメリカが大事か?反対が多い辺野古への移設の結論を早く出すことが良いことみたいに言うが、あんた達ってどこの国の新聞なのだ?

 と、マスゴミを批判しておいて、返す刀で鳩山さんを批判するのですが。ポッポ総理の発言が、どうにもこうにも煮え切らない。この人の発言は、コレコレ、と言っておきながら、「一方で・・」とそれに反することを言うのが常套句みたいになっています。

 昨日あたりは、社民党、国民新党の姿勢を受けて「連立は重い、この問題は論議が尽くされていないので、慎重にやっていく必要がある」と言い、辺野古以外の地域を検討するように閣僚に指示したとあったので、(おっ、海外移転も視野に粘り強く交渉するのか)、ヤレヤレと安心したのも束の間。

 今日の午前のぶら下がりで「辺野古は生きてる・・」と言いだした。辺野古沖に生息しているジュゴンの話かと思ったら違うのだそうで、基地移設の話だった(脱力)。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

共同通信   2009/12/04

鳩山由紀夫首相は4日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、日米合意のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)以外の移設先を検討するよう指示したことを認める一方、「当然のことながら辺野古は生きている」と述べた。公邸前で記者団に語った。

 首相は「日米合意は重い」とした上で「他の地域もないのかということは前から言っている。(移設に絡み連立離脱を示唆した)社民党の問題も出てきている中で(岡田克也外相らには)積極的に力を入れて検証してもらいたいと申し上げた」と説明した。

 米領グアムを移設先とする案には「それは私の案ではない。他の人から出ている話だ」と強調。同時に「グアムに全部移設することが、アメリカによる抑止力を考えたとき、妥当なのかは検討する必要がある」として、慎重な考えを示した。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 頭が良すぎて、記者に突っ込まれる前に反論が頭をよぎるから、つい、一方で・・、と言ってしまうのか?それも辛いのかどうか知らないけど。
ま、しかし。自分でちゃぶ台をひっくり返していれば世話ないや。

追記:

 とにかく鳩山さんには、アホなマスゴミの誘導に騙されないで、海外移設を貫いてほしい。週刊朝日にあったように、こちらがアメリカの債権国だし、手持ちのカードは多いはず。

<こんな優柔不断な奴と飯でも食いにいったら大変ですよ。>

A:お前、何する?

ポッポ:ボクはカレー。

A:じゃ俺は、カツカレー。

ポッポ:あ、いや、じゃボクもカツカレー。

A:じゃおねーさん・・、カツカレー二つね。

ポッポ
そのあたりのところが、やっぱり、カレーと言うのも選択肢として大事ではないかと。一方で、カツカレーと言うのも最近ビタミン不足を心配されていて、豚肉に含まれるビタミンB2等の摂取も重要でないかという事も視野に入れながら決定しなければいけないと。

A:どっちにするんだよ。

ポッポ
やはり、双方の良さというのを検討すべきで、軽々に判断を下せるわけではないと。しかし、一方で、昼休みの時間も限られている訳でして、早く決めてしまわないと、時間も無くなり、ご一緒に来て頂いてるAさんにご迷惑がかかる訳でございまして、出来るだけ早くどちらかにしなければならないと考えているところでございます。

A:おまえな。

2009年12月 3日 (木)

民主党の陳情窓口 「幹事長室」が小沢支配の一本化だというマスゴミ

 マスゴミは鳩山政権発足当時、小沢氏が閣内に入らないことについて、党と政府の二重権力構造、或いは傀儡政権だとかゴミウリ、3K、浅非、ニッケイなど言いたい放題で余程、小沢アレルギーが強いのでしょうね。

 私も小沢という政治家は好きではなかった。何時だったか、「大連立」のときにはゴミウリのナベツネの画策ににあわや・・というところまで行ったし、自民党の金権体質そのもの、壊し屋などのイメージで、民主党・自由党の合併までは嫌悪していたくらい。

 でも、生活第一というキャッチフレーズとともに07年の参院選を勝利し、小沢氏の代表就任が民主党にとって、大きな力を得たことは間違いない。その剛腕と言われる押しの強さも政権奪取には必要だ、と考えが変わった。自公政権の退場劇には小沢氏の存在があったからこそだろうと思う。
もうしばらく様子を見ていかなくてはいけないけれど。
なに、駄目だったら辞めて貰うだけ。そのように国民が監視していけばよい。

 そんなわけで、今度は各地方自治体や各種団体の陳情・要請・提言などの取り扱いを、民主党の県連→【幹事長室】に窓口を一本化すると言うことについて、今朝のテロ朝の番組ではミタゾノが「陳情を民主党の幹事長室に一本化するとなると、二重構造じゃなく、小沢支配の一本化ですね」というようなことをホザイていました。新聞もご多分にもれず次のように。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

NIKKEI NET   2009/12/03

 民主党は2日、党幹事長室に集約した地方自治体や業界団体などの陳情に、優先順位を付けるための判定会議を初めて開いた。政府の2010年度予算編成に先んじて、党が「査定」することになる。表向き、政策には口を出さない姿勢を示していた小沢一郎幹事長の圧力が、公然と政府に及ぶことになる。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 >小沢一郎幹事長の圧力が、公然と政府に及ぶことになる。

 これだから(笑)。いくら政策に口出ししないと言っても、与党の幹事長だし、その力や思惑、考えが「公然と政府に及ぶ」でしょ、フツー。
それに今、小沢氏が一つ一つの政策にアレコレ言ってるというのを聞かないのだけども。

 だったら、「陳情」などというシステムを止めるか?
そうすると、民意を聞かない独裁政治だと、マスゴミは書き立てるのだろう?陳情や要請を「幹事長」ではなく、【幹事長室】に集めるという、このニュースがなんで、小沢支配の一本化になるのだろうか?これについて民主党のサイトではこのように述べている。

 国会内で2日午後、正副幹事長会議が開かれ、新陳情システムによって民主党に寄せられている陳情・要請をどう仕分けし、判定していくかについて協議した。

 冒頭、小沢一郎幹事長が挨拶に立ち、陳情、要請、政策提言に対して年末の予算編成に向けて党として政府と充分協議して行っていきたいとの意向が示されたことを、協議後に高嶋良充筆頭幹事長が記者団に明らかにした。

 小沢幹事長はそのうえで、今まで受け付けた陳情等について充分に精査してほしいと語り、以下の点について判定の基準にしてほしいとの求めがあった。幹事長からの指摘は、(1)総選挙で戦ったマニフェストに沿った要望について第一に考える(2)マニフェストにはないが、小さな予算であっても民主党の政策方向に一致した政策提言、重要な政策があれば見落とさないで拾い上げる(3)陳情・要請のなかでも問題があると判断するもの、逆に、削減したほうがいいという部分について切り込むときには大胆に切り込む。また、行政刷新会議の仕分け以外に、幹事長室として受けた要請等で精査しながら大胆に切り込んで削減できるものがあるかどうかも対象にしてほしい――との内容。

 第4項目について高嶋筆頭幹事長は、分野別の団体の要望は利害がからんでいるため、それらについては政治判断も必要との意向が小沢幹事長から示されたと重ねて説明。そういう方向で各担当副幹事長が判定し、最終取りまとめに当っては輿石東幹事長職務代行を含めた正副幹事長会議のメンバー16人全員での協議のもとに取りまとめを行うとの提案が幹事長からなされた。

 続いて高嶋筆頭幹事長からは幹事長からの要望に沿ったうえで、政府に対しては、政府・民主党の首脳会談という形になるかどうかは未定だが、幹事長が政府につなぐ案件については重点要望という形で対応したいとの考えが示された。

(後略)

 要するに、【幹事長室】のメンバー16名の協議で行うとしている訳で、これこそ民主主義じゃないのか?しかも、陳情案件の仕分けまで行うというのだから良い事じゃないの。相も変わらず、マスゴミお得意の偏向報道には嫌気がさします。

 毎年年末になれば予算を回してもらおうと、各自治体の長なんかが群がって陳情合戦。新幹線や飛行機で東京まで出てきて、高い経費で無駄に税金を浪費、さらにチラシや要望書を無駄に刷って頭をペコペコ下げながら、関係各所に配って回る。そんな今までのふざけた慣例を廃止することの、どこがいけないというのだろうか。

 前クサレ自公政権では「お願いがあるのなら、こちらに来て頭を下げるのが筋だろう」などと、江戸時代さながらのお上意識だった。それを払拭していこうとする民主党の試みが駄目だというのなら、クサレ自民党の族議員が暗躍して利益誘導したり、派閥の長なんかが偉そうにキングメーカー気取りで、アレコレ裏で画策していた今までの制度が良かったというのか。

 自民党の幹事長が一人だったような古い感覚で、小沢氏ひとりが【幹事長室】にデンと構えていて、「君んとこは、この要望と引き換えに、何を持ってきてくれるっちゅうのかね?」というようなイメージを国民に植え付けたいのだろう。あほたれマスゴミは。

2009年12月 2日 (水)

14年間も引きずっている基地移設問題が越年して日米関係にどうだというのだ

 普天間基地移設を越年したとしても日米関係に響かないと、ヒラの官房長官が語ったそう。
ヒラのにしては、マトモなことを言ったみたいですね。

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

時事ドットコム

平野博文官房長官は2日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の結論が来年になった場合、日米関係に与える影響について「節々の動きで信頼関係が全く壊れてしまうことにはならないし、してはいけない。そのことで壊さないような努力をしなくてはいけない」と語った。
 また、年内に決着しなかった際に2010年度予算編成で移転関連経費をどう取り扱うかについては「いろいろ知恵はある」と述べるにとどめた。(2009/12/02-18:37)

            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

当たり前でしょ。14年前からグダグダ引きずってきた問題なのだ。それをアホな自民党のイシバなんかが結論を早く出さない、意見不一致の民主党鳩山政権はいかがなものか、と持って回った言い方で、ねちねち批判しているけれど。
ひょっとしてヒラのさん、この週刊誌を読んだのかな(笑)。

 「週刊朝日」12月11日号に掲載されている「海兵隊は辺野古ではなくグアムに返せる!」という記事がある。
これによると、アメリカ側もグアムに海兵隊の戦闘部隊を移転させる計画があるそうだ。

<週刊朝日   12月11日号>

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20091202-02/1.htm

 もし、この記事が本当だとすると、海兵隊のグアム移転は司令部中心で部隊本隊は沖縄に置くのだという、今までの合意内容と相容れないのではないか。結局、基地の移設工事をしたい土建屋と前政権などの自民党勢力、ゴミウリや3Kなどのマスゴミが一体となり、ごり押ししているだけだ。

 一方、アメリカ側も日本がタダで基地を作ってくれるのだから、乗らない手はない。当然「あ、そう。作ってくれるんならそこでもいいや」という話になりますよね。ていうことで日米合意を結んだのでしょうか。

 アメリカ側とすれば、要するに金の問題な訳だ。地政学的に沖縄でなけりゃいけないという事もないようだ。ここは、鳩山政権の粘り強い交渉に期待したいですね。

 アメリカの米軍再編費用は一兆円と言われている。そのうち日本が6千億円ほど負担するという計画らしいのだが、海兵隊の基地施設が完全に移転すると、30億ドル~50億ドル追加費用がかかるそう。という事は2600億円から4300億円(今のレート)。

 そこで、日本が保有しているアメリカ国債30年物の償還期日が来年11月に迫っているそうで、これがおよそ30兆円に上るとみられているそうだ。
勿論、財政に苦しいアメリカにとって償還するだけの金は無い模様だそうで、これを条件に色んな交渉が出来るはず、とこの記事は結んでいます。

 これを放棄して、安易に沖縄県内移設なんて答えを出すことは許されないですな。

2009年12月 1日 (火)

ロクデナシ知事の再生産は止めよう

 よく言われる、地方分権とか地方主権等がありますな。
これは中央政府の権限や財源を地方へ移管して、真の地方自治の確立だとか言いますけれども。道州制などがニュースになったりします。

 でもよく考えると、今の制度の知事で【あの程度】なんですよ。建設会社の代表取締役といっても差し支えがない連中ばかりだし、東京都ジジに至っては都税は自分のポケットマネーと思っているし。

 或いは、後先考えずにモノ言うアホタレ大阪トッチャンボーヤ知事(大阪弁護士会から非行認定付き)とか、宮崎の“高速道路は一本もありましぇん”嘘つきのO・J・シンプソン知事だとか。その他、枚挙にいとまがない。
そんな連中にですよ、今より大きな権力と金を渡せばどんな惨状になるか。考えるだに恐ろしい。
地方分権に反対ではないけれど、その前に首長の問題が多いと考えますね。

 そこで、またもやそんな連中とタメを張れるかもしれない輩が、俺も知事になってやろうと「ファイヤー!」したそうな。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎日.jp  

来年2月の長崎県知事選(4日告示、21日投開票)に、元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏(52)が無所属で出馬する意向を固めた。2日にも長崎市内で正式表明する。

 大仁田氏は長崎市出身。01年の参院選比例代表に自民党公認で初当選したが、07年の参院選は安倍晋三首相(当時)の政権運営を批判して党公認を辞退、政界引退を表明。06年の長崎県知事選に出馬を検討した。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 選挙運動でリングでも張って「有刺爆裂鉄線デスマッチトーク」とかやって、マイクパフォーマンスでもヤンのかな。

 私の記憶では、コイズミ政権の時、こ奴は後期高齢者医療制度の強行採決の委員会で、お得意の体を張って、大暴れしていたような・・。

 いくら有名人だとか、名前を知ってるだとか、面白がってそんなものに投票するのは、愚の骨頂で有りますね。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »