フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 八ッ場上流の水質問題、いまさら記事にする“シラコイ”大新聞 | トップページ | 岡田外相の偏屈ぶり »

2009年11月15日 (日)

事業仕分け

 事業仕分けです。血税を無駄遣いされたんじゃたまったもんじゃないし、それにこの概算要求額は前政権の影を引きずっていて、かなりの無駄が含まれてんじゃないかなとは思う。どんどんやれって思う一方。予算削減だとか、事業見直しっていう手法はペテン師コイズミ・タケナカ路線でよく言われた「規制撤廃、官から民へ」という構造カイカク論者と親和性が高いのですね。

 だから、これに参加している「仕分け人」にそのコイズミ竹中路線を後押ししていた新自由主義の連中が入ってるって、国民新党の亀井さんが怒ったりしてました。それについては亀井さんの言ってることももっともだと思いますな。

 ところで、事業仕分けってこれですべて決まるんじゃなくて、これを政府に「提言」するんでしょ?最終的にどうなるかは予算編成で決まるっていうのに、またもやマスゴミが「初日に何千億円削減」とか云って見出しで煽るもんだから、国民に「決定!」みたいな予断と偏見を与えるし。
或いは見直しや削減対象になった事業主体にかかわっている連中が「けしからん!」とか「信じられない」とかって不満を漏らしています。

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「事業仕分け」に募る不満=閣僚ら、予算編成で巻き直しも

時事ドットコム  2009/11/14

 2010年度予算概算要求の無駄を洗い出す行政刷新会議の「事業仕分け」は、9日間の作業日程の3分の1を終えた。これまでに800億円を超える事業の廃止を決定。天下り法人が抱える基金や特別会計にも切り込み、削減額を積み上げている。これに対し、標的となる各省庁の政務三役らは不満を募らせており、12月の予算編成に向け巻き返しを図る構えだ。
 「思っていた以上に(削減)額が出ている」。仕分け作業に参加する民主党議員の一人は13日、無駄の洗い出しが順調に進んでいると自信を示した。
 仕分けチームは11~13日の3日間で、事業の廃止を次々と判定。さらに農林水産、国土交通両省などの関連法人が所管する基金や特別会計から約6000億円を国庫に返納するよう求めるなど、衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた政策を優先して実行するための財源確保を目指している。
 仕分けチームが勢いづく一方で、事業廃止の「評決」を受けた各省の政務三役や官僚は不満を募らせるばかりだ。その矛先は、仕分けチームに参加している民間有識者に向かっており、官僚からは「どういう基準で何の権利があって選ばれているのか。まず仕分け人を仕分けしろ」と怒りの声が上がる。

1事業当たり1時間のスピード議論で判定を出すことから、事実上、財務省のペースで仕分けが進んでいるとの反発も強い。原口一博総務相は、財務省所管の「外国為替資金特別会計」の埋蔵金や独立行政法人の造幣局なども「聖域」とせず、仕分け対象に加えるよう求めている。

               ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 この記事で面白いのが『まず仕分け人を仕分けしろ』と怒りの声が・・ってところで。そうなると、【事業仕分け人の仕分け】っていうワーキンググループを作るところから始めなきゃならない。
ほんでまた【仕分け人の仕分けをする仕分け人】って、きりがない(笑)。

 自分の事業が削減されると面白くないし、生活にもかかわる。原口総務相が財務省所管の特別会計や独法の造幣局にも切り込めって言うのはよく分かるし、なんで財務省の事業が少ないのだ?っていう疑問も有るんですね。「聖域なしって言ってたじゃん」そりゃそうだ。

 でも、削減目標額3兆円でしょ?で、国債発行額44兆円あたりにしたい、ということみたいですけれど。仮に3兆円削減したって、事業仕分け後の予算編成で、どうせマスゴミは「過去最大の一般会計92兆円」とかって煽るのはミエミエ。国の借金がこんなに多いのにってね。
アホーアッソーの景気対策が素晴らしい出来だったので(皮肉ですよ)来年度の税収は落ち込むし、赤字国債発行は避けられないんですよね、どっちにしても。

 財務省主導で緊縮財政ばかりだと、景気が底割れすると言われています。ここが難しいところでしょうか。

 私が覚えてるのは、藤井財務相が野党時代、いつも「財源については特別会計と一般会計の210兆、それらをすべて総組み替え」「十兆、二十兆すぐ出ます」って口をへの字に曲げて言ってたんだけども。政権取ったらそれをあまり言わないみたいですが、どうなってんでしょうか。出来ないんなら出来ないって、ちゃんと説明しろよな藤井さん。(しまいにゃ『不ジイ』とかって当て字を入れるよ)

 

 

« 八ッ場上流の水質問題、いまさら記事にする“シラコイ”大新聞 | トップページ | 岡田外相の偏屈ぶり »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

somethingさん、こんばんは。


またイライラしてきましたねsmile
だいたい仕分けする期間が短すぎますよね。これも阿呆アソーが解散を引き伸ばしたせえですね。奴の悪智恵も相当ですよ!

こんばんは、さとしさん。

税金の無駄遣いを止めて、次に何に使うか?それですね。
「国民の生活が第一」と言ってたんならば、そういう使い方をしてくれって。
それだけですね。民主党に私が望むのは。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46770356

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分け:

» 事業仕分けを「文化大革命」に例えてしまう仙谷や、「無税のブルネイなら移住」と言ってしまう鳩山首相らと言葉が軽すぎて配慮に欠ける民主党政権 [憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ]
毎日新聞の記事だが ◆◆◆◆◆◆◆ 仙谷行政刷新相:「仕分け後、政治判断」--毎 [続きを読む]

» 立証する責任は、要求側それとも刷新会議? [雑感]
   行政刷新会議での事業仕分けが何かと物議をかもしているようである。 個別に、何がどうしたこうしたと書いてもしょうがないので、何となくだらだら書いてみたいと思う。もっとも「 無駄を削減することが悪いと言っているわけではない 」ことは先に述べておこうと思う。 「事業仕分け」の人選が悪いという方がおるのだが、「モルガン・スタンレー証券のロバート・フェルドマン経済調査部長」、「金融問題タスクフォースのメンバー川本裕子」、「元政府税制調査会会長の石弘光」、「財務省財務総合政策研究所主任・土居丈朗」と、まぁ... [続きを読む]

« 八ッ場上流の水質問題、いまさら記事にする“シラコイ”大新聞 | トップページ | 岡田外相の偏屈ぶり »