フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« DISCO | トップページ | 新聞購読を止めました »

2009年11月 4日 (水)

お粗末愛媛県警

 世の中には俄かに信じられない出来事がたまに起こる。
私が住む愛媛県でも「んな、アホな」という事件が起こったのだ。本当にフザケルな!というお叱りをを受けるような事件だ。

 警察が容疑者を護送中、その容疑者に逃げられるという失態を犯している。しかもそのお粗末な内容に、お口はあんぐり、膝をがっくり折り、鎖骨から上腕骨および肩甲骨が外れ、明日のジョーの「両手だらり作戦」も真っ青なほど、脱力するような事件である。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

愛媛新聞  2009/10/31

 31日午後3時15分ごろ、今治市常盤町4丁目の通称ドンドビ交差点付近で、今治署に恐喝容疑で逮捕され護送中だった本籍同市、住所不定、無職安倍健史容疑者(26)がワゴン型護送車の窓から逃走した。県警は県内全域に緊急配備するなどし、単純逃走容疑で行方を追っている。
 今治署と県警留置管理課によると、同署は29日、知人男性から40万円を脅し取った容疑で安倍容疑者を逮捕し31日午前、松山地検に送検、松山地裁への拘置請求が認められ、同署に帰る途中だった。護送車には運転手含め署員3人が乗車。同容疑者は手錠と腰縄を付けられていたが、いずれも外してスリッパと共に車内に残し、信号待ちで停車中に右側のスライド式窓を開け飛び降りた。靴下で東方向へ走って逃げた。現場は今治市の繁華街。
 安倍容疑者は身長169センチ、体重約70キロ。茶色の長髪で、灰色トレーナー上下姿。

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 テレビニュースでは、同乗していた警察官は「手錠が外れていたのを認識していた」そうで、ここで最初の「なんで?!」という疑問が湧く。
外れていたのなら、きちんと嵌め直しゃいいだろが!!と誰でも突っ込む。

 次に運転手を除き、二人の警官がいながら、「抵抗されたから」と言って手錠を嵌めなかったことを百万歩譲ったとしてもだ。護送車のスライド式の窓を開けて出て行ったことが信じられないのだ。如何にすばっしこい人間でも、通常出入りを想定していない窓からの脱出には早くて10秒から、ドンくさい奴なら30秒近くかかると思うが。1~2秒で出ていくのは無理だろうと思う。ということは、そこから出ていこうとする容疑者を、漫然というか、呆然というか、ただ黙って、じーっと見つめていたことになる。

まるでコントだ。

これを職務怠慢と云わずして何と言うか、私には適当な言葉が浮かばない。「寝とったんかい!」ボケナス。普通は容疑者を挟むようにして両脇に警官が座る規定がある、ということだが、それよりもなによりも、呆然自失で容疑者が窓から出ていくのをお見送りになった、とゆーことの方が信じられなーい、だ。アホタレ愛媛県警。
で、11月4日 14:10現在まだ捕まっていない。

 愛媛県警は数ヶ月前も非番の警官が、岡山でひったくりをやらかし、高校生二人組に取り押さえられ、あまつさえその高校生に「世も末だ」と言われてしまい、究極のアホタレぶりを犯したばかり。情けない思いをしたんじゃないのか。裏金作りでは元警官の仙波さんが、勇気ある内部告発しているにもかかわらず「知らぬ存ぜぬ」で切りぬけようとするような不埒な県警だし、聞こえてくるのは再三の不祥事に呆れ果て、絶句してしまうしかない県民の嘆き節だ。

 

« DISCO | トップページ | 新聞購読を止めました »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/46671447

この記事へのトラックバック一覧です: お粗末愛媛県警:

« DISCO | トップページ | 新聞購読を止めました »